犬の下痢はいつまで様子見して大丈夫?下痢に効く食べ物もご紹介!

【獣医師監修】犬の下痢はいつまで様子見して大丈夫?下痢に効く食べ物もご紹介!

ワンちゃんがお腹を壊すことってよくありますよね。病院に連れて行くべきか、少し様子をみるか、何を食べさせたらいいものか・・。今回は愛犬のお腹事情を探って適切な判断ができるように、実際にどこを見るべきなのか見るべきポイントをまとめてみました。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

健康的な良いウンチとは?

#トイレ中の犬#

愛犬の健康的なウンチの状態を把握しておきましょう。

毎日の排便を処理していればおのずと把握できると思いますが、時には意識して見てみましょう。
一般的な良いウンチとは

  • 硬すぎず柔らかすぎない(地面に付きにくいので容易に処理できる)
  • 適度な水分量でコロンとしている
  • 茶色~こげ茶色
  • 臭いはあまり強くない

などです。
食事の内容や散歩の回数によっても変わってきますが、普段から愛犬のウンチの状態を把握して異常を見過ごさないことが重要です。

下痢になったらどれくらい様子を見る?

下痢以外の症状にも注意して判断しましょう。

#寝ている犬#

食欲はいつもと変わりないか?

普段と同じように食欲があれば、少し様子を見てもいいかもしれません。
ですが、下痢になった原因が食事の内容であれば同じようなものを食べさせるのは厳禁です。何か普段と違う食事内容だったかどうか、おやつの種類なども確認してみましょう。

元気はあるか?

お腹を壊しているだけで食欲もあって元気もあるなら、2~3日は便の状態を確認してみてください。硬さが戻ってくれば安心です。

嘔吐や発熱などはないか?

嘔吐や発熱・脱水症状などがないか確認してください。一般的にこのような症状がないようであれば一過性の下痢であることが多いようです。

下痢に効く食べ物 

#食べ物を見ている犬#

元気があれば、基本的には絶食して様子を見る

下痢の時は胃腸を休めるためにも1日は絶食させて様子を見るのが良いでしょう。何か口に入れてしまうと腸が動いて愛犬が痛い思いをしていまいます。心を鬼にして1日の絶食、できれば半日の絶水もします。

脱水が気になるようでしたら氷をなめさせます。氷はお腹が冷えますので、大量に上げるのは控えてください。
絶食のあとは消化の良いものを少しずつ様子を見ながらあげてください。

乳酸菌と食物繊維は下痢にも有効

乳製品にアレルギーのない子なら整腸作用のある乳酸菌が豊富なヨーグルトがお腹に有効です。食べたことがなければ普段から少しずつ慣らしまょう。乳酸菌といえば「ビオフェルミン」も人間用でありながらワンちゃんの腸内環境を整える作用があるそうです。

食物繊維も食べ過ぎなければ下痢に効きます。サツマイモ・キャベツ・かぼちゃ・ブロッコリーなど、体調の良いときに少しずつあげてみましょう。

食物繊維は食べ過ぎると逆に便秘を引き起こす可能性もあるので与えすぎには注意です。
1日絶食の後にはサツマイモなどを消化しやすい状態で食べさせます。

また葛湯を冷ましてあげるのもお勧めです。くず粉は胃腸の粘膜を保護する役割があるそうです。少し甘みを付けてあげればエネルギー補給にもなります。

改善されなかったら迷わず病院へ!

病院

ストレスでも下痢になりますが、その場合はストレスの原因を無くして運動やスキンシップを十分に与えることが重要です。

しかし、絶食や食事の改善などしても下痢が長引いたり回数がだんだんと増えてひどくなるようでしたら、迷わず病院で受診してください。次の日になっても改善しなければ受診したほうがよいでしょう。

中毒性の高いものを食べた場合や感染症・伝染病などは命にかかわることもあります。ひどい嘔吐が伴ったり、急激に水様便になるならば早めに受診してください。

「犬が元気なく辛そうにしている時はすでに病気が進行している」というのを耳にしたことはありませんか?犬は本能的に体調の悪さを隠して、特に飼い主さんには元気に明るく振舞う動物なのです。

下痢はそんな体調の変化が分かりやすい形で表れたものです。愛犬からのメッセージと受け止めて、できる限り痛みや不快な症状を軽減してあげたいものです。

普段から愛犬の状態を観察することで、ちょっとした変化も見逃さず適切に対処できる準備をしておきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。