犬の寒さ対策!過ごし方のコツと暖房グッズの注意点

【獣医師監修】犬の寒さ対策!過ごし方のコツと暖房グッズの注意点

お気に入りに追加

一般的に犬は寒さに強い動物であるというイメージを世間から持たれがちです。しかし、犬の体感温度は種類や特徴などによって異なるものであり個々に合わせた寒さ対策が求められます。犬が感じる寒さと様々な対策に迫ってみました。

22614view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

皆さんの愛犬の冬支度は整っていますか?

本来、犬は被毛で体温調節を行う動物で、特に寒い国原産の犬種では、冬にはフワフワとした暖かい毛に生え換わることで厳しい冬を乗り越える動物です。
しかし、エアコンの効いた部屋で私たちと過ごすことが当たり前になった現在、犬の体感温度を管理するのは飼い主さんの大切な役目となっています。
愛犬と健康に冬を過ごすために必ず知っておきたいこととやっておきたい寒さ対策とは?

犬が感じる寒さや乾燥について

赤い洋服を着たジャックラッセル

犬が普段生活をするのは、低い位置で私たちの足元や地面に接しているところです。
こういった低い位置は冬場の冷たい空気が溜まりやすく、お腹の毛がとても薄い犬は下からくる寒さをより敏感に感じ取るため、私たちが想像する以上に寒さを感じていると思われ、寒さが原因となって様々なことが起こると考えられます。

病気

寒さによる飲水量の減少は、尿を濃縮させ結晶や結石など泌尿器系の病気の要因となり、喉の渇きに鈍感になる高齢犬では特に注意が必要です。フードをふやかして与える、缶詰タイプのフードを混ぜる、すぐに水が飲めるよう家の中の給水ポイント増やすなどして飲水の機会を増やしましょう。

暖房器具による肌の乾燥や低温やけど

寒いからといって長時間にわたりファンヒーターなどの風の吹き出し口付近に犬を近づけることは、肌の乾燥を招き、温風にあたり続けることによる低温やけどの危険性があります。

鼻やのどなどの粘膜の乾燥

鼻やのどなどの粘膜が乾燥すると細菌やウイルスへの抵抗力が弱くなります。加湿器を利用して部屋の乾燥を防ぎましょう。

犬種による寒さの感じ方の違い

雪をかぶった犬

犬には、チワワやヨークシャテリアなどの小型犬からセントバーナードやグレートデンなどの大型犬まで様々なサイズの犬種が存在しています。
この体のサイズの違いは、体の成長スピードや寿命だけでなく寒さ対策にも大きく影響しています。体の小さい小型犬の方が地面からの距離が近くなり足元からの冷えに対してより敏感になるため、大型犬よりも寒さに弱い犬種が多く存在します。

また、犬は種類によって毛の生え方が異なっており、長くかための毛(オーバーコート)のみが生えているシングルコートの犬種(ヨークシャテリア、シーズーなど)と、オーバーコートの下にやわらかく短い毛(アンダーコート)が生えているダブルコートの犬種(サモエド、シベリアンハスキーなど)がいます。ダブルコートの北方原産の犬種などでは、比較的寒さにも強いと言われ毛の生え方によっても寒さの感じ方に違いがあり、寒さ対策も変わってきます。

その他、病気で毛が薄くなっている犬や原産国が暖かい国の犬種、耳が多きく放熱しやすい犬種(チワワなど)、幼犬、病中病後の犬、老犬ではより寒さを感じやすくなります。

寒さ対策の具体的な方法

毛布にくるまるチワワ

寒がっているサインについて

寒さ対策をするにあたり、犬が寒がっているサインについて事前に知っておくことが大切です。

  • ブルブルと体を震わせている
  • 体を小さく丸めている
  • ずっと寝ている、じっとしている
  • 散歩に行きたがらない
  • 普段より飲水量が減っている

※逆に暑がっているときは、舌を出してハァハァとあえぐパンティングがみられます。運動直後でもないのにこのようなあえぎが見られる場合は、暖房が効き過ぎていたり、衣類を着せずぎているかもしれません。

犬も私たちと同じように寒さを感じると体の動きが鈍くなり、散歩に行きたがらないときがあります。
しかし、外に出て適度に運動させることは、犬たちの健康を守る上でとても大切なことであり、運動量が減少すると喉も乾かなくなるため飲む水の量が減ります。
上記でも述べた通り、飲水量の減少は泌尿器系の病気にかかるリスクをあげることが考えられます。日中の暖かい時間帯を見計らって外へ連れ出すなど積極的に運動をさせることが大切です。
高齢の犬で、関節疾患やその他体の不調などがみられる場合は、獣医師に相談の上で無理のない散歩を心掛けるようにしましょう。

散歩時の寒さ対策

雪道を歩くマルチーズ

シングルコートの犬や普段から寒さを敏感に感じてしまう犬では、洋服を着せることで寒さ対策をすることができます。最近では、様々なデザインやタイプの洋服が販売されていますが、寒さ対策として洋服を選ぶにあたってはいくつかのポイントがあります。

  • ウールやフリースタイプなどの1枚で暖かく着れるもの
  • 毛が薄いお腹まですっぽり包んでくれるもの
  • トイレの邪魔にならないもの

基本的に、この3つのポイントをクリアしたものであることが防寒をするための洋服を選ぶ上で大切なことです。中には、重ね着をさせたいというオシャレ上級者な飼い主さんもいらっしゃいますが、重ね着は、動きを制限しやすく、それが犬にとってストレスとなることが考えられますので残念ながら避けて頂きたいところです。
どうしても重ね着をさせたい…という場合には、重ね着風のデザインをしたものを選んで頂くようにし、基本的には1枚で暖かく着れるものを選び、寒さ対策するようにしましょう。

室内での賢い暖房器具の使い方

アンティークなストーブ

エアコン

部屋全体を温めてくれるエアコンは寒さ対策できるとても便利な暖房器具と言えます。
しかし、天井近くに設置されるエアコンは、普段犬が生活する床付近にまで温風を届けることが難しい場合があり、エアコンを付けていても床付近は冷え切っているということが少なくありません。サーキュレーターなどを併用し空気をうまく循環させることで温風を犬がいる床付近にまで送り温めてあげましょう。

ホットカーペット・床暖房

床付近で生活する犬にとって下から温める暖房器具は、ある意味寒さ対策にぴったりのものと言えるかもしれません。しかし、過度に温めることで暑くなってしまい犬が逃げ場を失うことが考えられます。ホットカーペットの場合は、床面積よりも小さいサイズのものを使用したり、床暖房の場合には、床にすのこをひいたり、ソファーに乗れるようにしておくことで必ず暑くなったときの犬の逃げ場を設けておくことが大切です。ふせた体勢でじっとしていることが原因で胸~お腹にかけて低温やけどを起こしてしまうこともありますので、ホットカーペットの温度には注意しましょう。

ストーブ

電気はもちろん、石油ストーブなど火を使ったタイプもあり、寒さ対策には効果的です。しかし近づき過ぎることで火傷をおう危険性が高くなります。必ずストーブガードを利用するなどし犬の過度な接近には気を配るようにしましょう。

こたつ

中に入ったまま出てこれなくなってしまったり、中で眠ってしまうことで熱中症になる危険性があるためおすすめできるものではありません。飼い主さんがお家にいるときは犬が中に入らないようにし、犬にはペット用のものや他の暖房器具を準備して寒さ対策してあげましょう。

エコで安全な保温対策について

ベットで休む犬

家を留守にするとき、エアコンやホットカーペットなどの暖房器具をつけたままにすることに不安を感じる飼い主さんは少なくありせん。
そんなときにエコで安全な寒さ対策として湯たんぽを利用することをおすすめいたします。
布でくるんだ湯たんぽを犬用のベットに入れておきましょう。布を破るようないたずらの心配がある犬にはケージやサークルの外に立てかけるようにくくりつけておきます。
ケージやサークルをいらなくなった布で覆うことですきま風を防いで保温効果をアップさせることができます。

外飼いの犬には、ハウスの下や横に発泡スチロールを貼り付けます。出入り口にビニールカーテンをつけると保温効果がさらにあがります。いたずらが心配される犬の場合は、発泡スチロールの上から木の板を貼り付けておきましょう。

おすすめの犬の寒さ対策グッズ10選

Austrake フード付き ドッグウェア

Austrake フード付き ドッグウェア
699円(税込)

防寒のために着せる犬服の一例です。色や柄は飼い主さんの趣味があるので、わんこの冬服を探すときに参考にしてください!この服は、フードがあるので首元まで暖かく、袖もついているので服の中に風が入りにくい作りになっています。サイズはSからLまであり、小型犬から中型犬まで対応しています。色はピンクとブラックの2色から選べます。フリース素材で、柔らかくて保温性があり、わんこの秋冬服として活躍してくれます。お値段も手ごろで、普段使いするのにぴったり!


ジジ・ルシアン もこもこ冬ダウン風ベスト

ジジ・ルシアン もこもこ冬ダウン風ベスト
1,380円(税込)

寒がりなわんこにおススメの散歩着です。ダウン風の仕立てになっていて、暖かいです。サイズはSからXXLまであり、小型犬から中型犬に対応しています。色はグレーとネイビーから選べます。お腹のほうにボタンがついているので、前足を通すだけで着せられます。着脱の苦手なわんこでも、ストレスなく着せられるのがいいですね。比較的ピッタリサイズの作りなので、サイズを選ぶときは、ワンサイズ大きめにするのが無難なようです。もこもこして暖かく、冬の寒い時期でも、これ1着でお散歩に行けるのがうれしいですね。


犬 服 おしゃれ で かわいい ノルディック柄 ニット パーカー

犬 服 おしゃれ で かわいい ノルディック柄 ニット パーカー
580円(税込)

犬用のニットセーターです。伸縮性があり、着たときに犬が動きやすいのが特徴です。かわいいトナカイ柄で、北欧テイストがお好きな飼い主さんにおススメです。色はピンクとブルー、サイズはSからLから選べます。通気性、保温性ともに優れていて、秋口から冬まで活躍してくれそうな服です。人間用の服と同じレベルの技術で縫製されており、着たときのわんこのストレスが小さくて済みます。防寒用としてはもちろん、ドッグカフェなどでの抜け毛防止にも役立ちます。1着持っておくと、便利そうですね。


ユカペットEX Mサイズ

ユカペットEX Mサイズ
5,500円(税込)

犬用の暖房器具です。ケージ内でお留守番させる方、秋から冬に子犬をお迎えしようとお考えの方におススメです。犬用のホットカーペットのようなもので、ケージに設置できます。リバーシブルになっていて、片方の面は約38℃、もう片面は約33℃まで暖まります。わんこの体調や好み、気候によって、高温面と低温面が使い分けられるのが便利です。コンセントに挿すコード式ですが、もし犬が噛んでしまっても壊れにくいカバーがついているため、感電事故などの心配をせずに使えます。防水加工も施されているので、もし汚れてしまっても、水洗いができるのもうれしいです。


ドギーマン レンジでチンしてぽっかぽか

ドギーマン レンジでチンしてぽっかぽか
5,900円(税込)

電気を使う暖房器具は、やっぱり心配…という方におススメです。電子レンジで温めて、ボカボカにできるマットで、小型犬のサイズに適しています。ボアカバーに入れて、床からの冷気を遮断でき、ぬくもりが長時間持続します。使い捨てではなく、何度も繰り返して使えるので、経済的です。お留守番の間や、就寝中に、わんこが寒がらずにいられます。コードがないので、場所をとらないところもいいですね。レンジで温めるときに使うパックがついているので、衛生面も安心です。ボアカバーは洗濯できます。


アイリスオーヤマ ミニ オイルヒーター POH-505K-W

アイリスオーヤマ ミニ オイルヒーター POH-505K-W
4,114円(税込)

わんこのいる部屋では、ストーブは危なくて使えないとお困りの方におススメです。オイルヒーターなので炎が出ず、安心して使えます。高温から低温まで調節でき、部屋全体を暖めることができます。サイズがコンパクトなので、ケージでお留守番するときなど、柵の外に置いてあげるのもいいですね。倒れたときに、自動で電源がオフになるため、犬のやけどや火事の心配もありません。寒がりなわんちゃんのいるスペースを暖めてあげたいときに、ピッタリです。


ΛzICHI オイルヒーター (4~10畳用) OIL-001

ΛzICHI オイルヒーター (4~10畳用) OIL-001
10,800円(税込)

高性能のオイルヒーターです。24時間タイマーがついていて、指定した時間にオン、オフができますので、生活のリズムに合わせて部屋を暖めることができます。日中と朝晩の寒暖差が激しいとき、わんこのいる部屋を暖めるのに便利ですね。ただし、運転中は表面温度が高くなるので、わんこがそばに寄れないように、柵で囲うなどしたほうが良いです。炎が出ないので、部屋の乾燥を防ぐこともできます。部屋全体をじんわり暖めるので、快適な温度を保つことができるのがメリットです。


三鈴星印 犬にも使える 湯タンポ

三鈴星印 犬にも使える 湯タンポ
864円(税込)

電気を使わない暖かアイテムをお探しの方には、湯たんぽがおススメです。電気代の心配もいらず、エコでもありますね。乾燥の心配も無用です。お湯を入れて、しっかりとキャップを閉め、専用の袋に入れて、わんちゃんのベッドなどに置いてあげてください。低温やけどを防ぐため、あまり高温のお湯を入れないように注意しましょう。または、湯たんぽをタオルなどでくるんでから、専用の袋に入れるのも効果的です。ぬくもりを直接感じていたいわんちゃんにおススメの暖房器具です。


ポンポリース レンジOK 湯たんぽハリネズミ

ポンポリース レンジOK 湯たんぽハリネズミ
2,376円(税込)

こちらも湯たんぽですが、お湯を入れるタイプではなく、電子レンジで温めて使うジェルタイプです。レンジで1分ほど温めると、心地よい温度が4時間ほど持続します。お湯がこぼれる心配がないのがうれしいですね。ジェルにはエチレングリコールが含まれていないので、誤飲・誤食のリスクを減らせます。カバーはかわいいハリネズミ型で、ふんわりとした生地でできています。いかにもペット用というデザインがほほえましいですね。サイズはMとL、色はグレーとピンクから選べます。


シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター KC-F50-W

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター KC-F50-W
15,780円(税込)

暖房をつけたときの部屋の乾燥が気になるときは、加湿器を使いましょう。こちらは加湿機能がついた空気清浄機です。色はホワイトとベージュから選べます。プラズマクラスター搭載なので、ホコリの除去に加えて、静電気の発生も抑えられます。長毛種のわんちゃんにおススメですね。給水タンクのキャップに、Ag+イオンカートリッジがついているので、水中の菌が抑えられます。いつでもキレイな蒸気が出てきて、お部屋の空気も良くなるので、密閉性の高いマンションにお住いの方にもおススメです。


まとめ

女の子とハスキー

犬の寒さ対策についていかがでしたか?
犬が快適に過ごせる環境は、室温20℃、湿度40~60%と言われています。
私たち人間目線では、犬がどのように寒さを感じ、そのことによってどのような影響を受けているのか直接知ることはできません。
普段から犬目線の高さにも温湿度計を設置したり、ときにはしゃがみこんで犬と同じ目線に立ったりすることで、犬が生活するスペースの環境を知り、犬種やその特徴に合わせた対策することが大切なのです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 colo

    高齢になると更に寒さに弱くなります。被毛も薄れていくので冷えを感じやすくなっているのだと思います。気管も弱くなっていくので、あまり寒い部屋にいると咳が出てきてしまうわんこもいます。暖かくしてあげることはとても大事だと思います。

    冬によく活用する寒さ対策は人間用ホッカイロです。それも一年使い忘れてしまったようなものの方が良いです。色々理由を調べてみたのですがどこにもなくて確実な証拠はないのですが、一年前のものだとカイロの熱が上がりにくいんです。愛犬に使う場合、あまり熱いと心配なのでこのくらいの方が安心です。
    お散歩など出かける時に服の上から貼っておくこともありました。上からばればれなので、できればポケットのある服を着せるといいと思います。

    帰宅後は愛犬のベッドに貼っておきます。その上からバスタオルやタオルなどを敷き、直接触らないように十分気を付けてください。わんちゃんがベッドに入る前に貼っておいて、寝る時にはベッドの端に移動させてもいいと思います。直接温めるより、ほんのり暖かいくらいの方がちょうどいいです。

    人間用の電気アンカもおすすめです。ぬるく暖かいので、こちらも使う時はバスタオルなどで巻いてからお腹の下に敷いてあげるといいと思います。早朝の冷えた時間の咳はだいぶ治まりますよ。
  • 投稿者

    40代 女性 なっつぼん

    うちの子は室内犬(トイプードル)で、確かに見た目は毛がふわふわでモコモコしているので暖かそうに見えます。
    でも意外にも毛は密集しておらず掻き分けるとすぐに地肌が見えるぐらいです。ということは見た目よりも温度を感じ易いということです。
    記事にもかかれているように、ワンコはお腹側の毛が薄いので思いの外、地面からの冷気を感じているのは間違いないと思います。
    なので寒さしのぎには服を着用させるのが一番ですが、普段、着慣れていないワンコにとって服を着るのは苦痛かもしれません。そういうときはせめて、お散歩の時だけでも腹巻き(私は人間用のものをリメイクして作りました)してあげることをオススメします。
    人間用のものであまりキツすぎない腹巻きをカットし、ワンコが着用してずれない程度の幅に縫い合わせるだけ。もし腹巻きがなければ子供用のマフラーなど、犬種によって大きさも異なるのでそれに合わせてオリジナルの腹巻きが簡単に作れます。
    腹巻きだと袖を通したりする手間も省けますし、ワンコも慣れやすいと思います。

    あと、うちではワンコ用のホットカーペットを使っていますが、これも直接は危ないのでその上にワンコ用ベッドを置いてほんわか下から暖かのが伝わる程度に使用しています。
    直接だと温度調節が難しいので、出来れば厚手のバスタオルやブランケットでくるむほうがいいかもしれませんが電気を通しているのであまりオススメできません。さらにコードやコンセントをひっぱったり噛んだりするクセのあるワンコは控えた方がいいと思います。

    留守番中はエアコンをつけて温度を保っていますが、友人のワンコ(チワワ)はヒーターが大好きでいつも冬になるとヒーターの真ん前で寒さをしのいでいたそうですがある日、火傷してしまい、毛もちょっとチリチリになって皮膚も赤くなっていたようです。
    よほど近づいたのか・・・長時間ヒーターの前に居たのか・・・。
    病院でもこの程度で良かったと言われるぐらいの軽症で済んだみたいですが、一歩間違えれば大やけどを負うところでした。
    ヒーターやストーブを使われているところはワンコの火傷には十分注意してあげてください。

    特に、留守にすることが多い飼い主さんは不在中の室温管理には十分気をつけないといけないですね。
  • 投稿者

    女性 そらりん

    犬はダブルコートだろうとシングルコートだろうと、人間と同じように生活していることで、被毛が冬でも生えにくくなっていますよね。
    特に老犬はどんどん被毛が減っているため、より一層服による体温調節が必要になりますね。

    しかし全ての犬がそうでなく、寒くないと感じる犬もいます。
    人間がこれだけ寒いんだから愛犬も寒いだろうと暖かくしてあげたのですが、途中でハァハァ舌を出して暑そうにしていました。

    寒さ対策は愛犬の様子を観察し、必要であれば防寒対策をしてあげると良さそうですね。

    部屋の中は、暖房以外特に何もしてなく、愛犬のベッドもちょっとふわふわな感じのものを用意しています。
    それでも寒そうなら、ふとんをもう少し分厚いものを用意するだけで、それ以外のことはしていません。
    あまり人が手を加えていってしまうとさらに被毛が減り、本来犬が持っている寒さを凌ぐものがなくなっていきます。なるべく残すように、必要最低限にするよう心がけています。
  • 投稿者

    30代 女性 JM

    我が家はチベット原産で寒さに強いシーズーと、メキシコ原産で寒さが苦手なチワワがいます。両極端な特性を持つ犬を飼っていますので、気温にはかなり気をつけています。
    冬場は24時間エアコンと加湿器をかけて乾燥を防ぎながらも寒くなりすぎない様に気をつけています。ちなみに我が家は温度はシーズーもいるので19度に設定しています。
    プラスして寒がりチワワには湯たんぽとあったかい毛布を与えているので、寒いとその中にくるまっています。
    色々なあったかグッズは出ていますが、やはり電気コードのあるものはどれだけカバーがついていても噛んだり、漏電が心配なのと、やはりお値段も高めなので、色々考えてこのやり方をずっとやっています。
  • 投稿者

    女性 コロ

    高齢になると気温差も負担になるので、なるべく室温も上げ過ぎないように注意しています。湿度を上げると暖かさも違います。あまり寒い時は服を着せたり、毛布も暖かさを感じるタイプの素材に変えたりしています。フリースは軽くて暖かいのですが、静電気が発生しやすいので上からそっと掛け空気を遮断するだけという使い方にしています。
  • 投稿者

    女性 ぼーの

    うちの犬は洋服は苦手ですが、腹巻は大丈夫です。今年も手編みで腹巻を編んであげました。夜寝る時間帯は、部屋の暖房を消すので、愛犬の寒さ対策に毎晩腹巻が大活躍ですよ。特にうちの犬はお腹を出して仰向けで寝るので腹巻のおかげでお腹が冷えることがありません。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家は、動物専用部屋を設け温湿度計も2カ所設置し管理してます。
    就寝は、ケージなのでベッドや上部には使わなくなった敷物を掛け寒さ対策。
    ただ、突発的な停電が起こると困るな〜と思ってるので今年の冬は湯たんぽも用意しようかと考えてます。
    人より快適に過ごしてるとしか思えない我が家の愛犬達です(笑)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。