小さい子は寒がりなんです!小型犬のわんちゃんとお出かけするときの注意点

小さい子は寒がりなんです!小型犬のわんちゃんとお出かけするときの注意点

ワンちゃんとのお散歩、とても楽しいですよね♪しかし冬になるととても空気が冷たくて、活気も奪われてしまいがちです。そしてそれはワンちゃんも同じなのです。小型犬だと寒がりな子も多いので、今回は冬場の散歩を乗り切るための工夫をまとめてみました。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

毛布にくるまるチワワ

犬は喜び庭駆け回り~♪が唄われているように小型犬も冬も元気!?なイメージがありますが特に小型犬の場合には寒がりな子も多いのが本当です。

そんな寒がりなわんちゃんは、飼い主さんと一緒にお出かけするときにいくつかコツがいります。

冬場のお出かけ

まず愛犬の年齢をよく考えてみてください。
チワワやヨークシャテリアのような小型犬で幼犬の場合には体温調節が上手にできない場合もあります。

主に小型犬の場合には寒さを感じたらまず体を震わせます。
これはかなり寒がっているというサインになります。
お出かけするときには保温をするなど特に注意が必要です。

外に出ること自体を嫌う小型犬の場合には少しずつ慣れさせるか、あまりにも気温が低い時にはお出かけを見合わせても良いと思います。
無理強いが一番いけないことだと思います。

冬場のお出かけも飼い主さんのひと工夫で楽しくなるように色々と試してあげることが大事なのです。

服を着たチワワ

お出かけする日を考えよう

本来は冬場もお散歩を欠かさず代謝をよくするという意味でも大事になって来るのですがよほど暖かい日でない限り無理にお散歩に連れ出すのは避けた方が無難です。

飼い主さんの事情が許せば比較的気温が高めの日中にお散歩に行くのが一つのコツです。
そして、その問いには保温性の高いフリース地のような上着を一枚羽織るだけでもワンちゃんは寒い思いをせずに済みます。

お腹まわりが地面に近いとそこから冷えてしまうので注意してあげてください。

ペットグッズを活用してお出かけ

小型犬だとキャリーバックに入れてあげてお散歩というのも良い方法です。
そのキャリーバックの中にレンジで温めるタイプの湯たんぽや大き目のカイロを布で包んだような簡易湯たんぽを敷いてあげてください。

それだけでもぽかぽかと温かく小型犬は快適にキャリーバックでお散歩出来ることができるのです。

日中の気温が高めだからお散歩!と勢いよく飛び出した瞬間、意外と冬場は路面が凍結している場合もあります。
小型犬は肉球を冷たさで傷つけてしまうかもしれません。

そうなると可愛そうなので路面の体感も飼い主さんが手で確かめて無理のない範囲でお散歩に連れ出してあげてください。

どうしても冬場は歩くのを嫌がるという小型犬の場合にはカートに乗せてお散歩をするという方法もあります。

キャリーバックと同じように保温に気を遣ってあげると快適にお散歩できます。

冬の時期というのは一時なので気温が上がり始める春先まではゆっくりと室内で過ごし時には外の空気を吸うという感じで良いのではないでしょうか。

体調管理に気を遣う方が何よりも先決だと思います。

ペット用カート

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。