犬が痒がる原因 皮膚の症状や部位による病気の見分け方

【獣医師監修】犬が痒がる原因 皮膚の症状や部位による病気の見分け方

お気に入りに追加

犬が皮膚を痒がっているとき、皆さんはその理由について考えたことがありますか?しきりに犬が皮膚を痒がるとき、真っ先に考えられるのは皮膚トラブルですよね。犬は皮膚に痒みを感じると我慢ができず舐めたり、ひっかいたり、口で噛むようになり、ときには脱毛や出血を起こすまで掻きむしってしまうこともあります。犬が皮膚を痒がる要因は様々であり病気によって症状の出方も異なります。ホルモンや免疫異常によって皮膚に異変が起こることもあり、たかが皮膚病とあなどるのは危険です。今回はそんな「犬が痒がる原因」について考えてみます。

64774view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が痒がる原因

具合の悪い犬

犬が痒がる皮膚病の原因は寄生虫などの『外的要因』と、アレルギーや自己免疫疾患などの『内的要因』の2つにわけられます。

  • 外的要因・・・寄生虫・細菌・真菌など
  • 内的要因・・・アレルギー、自己免疫疾患、健康状態の悪化など

どのタイプの皮膚病でも多くの場合、犬は脱毛を起こします。また、皮膚に炎症が起きると細胞の代謝が通常より早くなるため古くなった細胞が固まってフケがでやすくなります。

しかし、これらは犬の皮膚上のトラブルに限ったことではありません。心臓やホルモンバランスの崩れによるものなど内蔵系に障害を起こしているために皮膚の老化が早まっていることも考えられます。また、病気によって毛の抜け方なども異なってきます。

犬が痒がる時のチェックポイント

カラーをつけた犬

犬が痒がっていて、動物病院を受診しに行くときは、以下の点を事前にチェックしておき、症状や病気のきっかけを獣医さんに伝えましょう。

  • 体のどの部位を痒がっていますか?
  • かゆみが強く掻きむしっていませんか?
  • 痒がる時期が決まっていませんか?
  • 家族や同居動物に痒みは出ていませんか?
  • 発疹や赤い腫れはありませんか?
  • 脱毛はしていませんか?
  • フケのようなものがでていませんか?
  • 痒みが出る前に食事内容を変えましたか?

また、次の部位を犬が痒がる場合、病気が原因でかゆみが出ている場合があります。

犬が痒がる部位によって、犬がどのような状態なのかある程度わかります。また、痒みや痛みなどの皮膚の異常が見られやすい部位があるので、そこから考えられる病気についても知っておくようにしておきましょう。

犬が『背中・腰・しっぽ』を痒がる場合の病気

犬の背中

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミの唾液中にあるタンパク質にアレルギー反応を起こすものです。犬の背中から腰やしっぽにかけよく症状が現れ、ブツブツとした丘疹があらわれ痒みがでます。皮膚に炎症が起こるため赤くなり脱毛が見られます。

クッシング症候群

腎臓の上にある副腎というところから副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される病気です。犬のおなかが異常にふくらみ、垂れさがったり、筋肉の委縮や異常な食欲などの症状があらわれ、体に左右対称の特徴的な脱毛が起こります。

この病気自体では体に痒みが起こることはありませんが、免疫力が低下することで犬が慢性的な皮膚炎を起こし、真菌やアカラス、アレルギーや細菌感染などによって痒みが併発します。

  • 目、耳、口、脇のした、腹部→「真菌」の可能性あり
  • 目や口の周り、首、四肢や胴体→「アカラス」の可能性あり
  • 顔、耳の内側、目や口の周り、股の内側→「アレルギー」の可能性あり

犬が『耳の付け根・耳の裏側』を痒がる場合の病気

耳を痒がる犬

ミミヒゼンダニ感染症

ミミヒゼンダニという小さなダニが犬の耳の中に寄生することによって耳道内の上皮や体液、耳垢などを食べて成長し増殖します。耳の中に黒っぽい耳垢がたまり激しい痒みを伴うため犬はしきりに耳をかいたり、頭を振ったりします。

そのため耳やその周囲を傷つけ耳血腫(耳介に傷がつくことで血液や血中の水分が耳介にたまり腫れあがるもの)を引き起こすこともあります。

犬が『足』を痒がる場合の病気

犬の足

膿皮症

皮膚上で犬の皮膚の常在菌であるブドウ球菌などの菌が異常繁殖することにより発疹ができ、その中心部に膿を持っているのが特徴です。

化膿外傷性皮膚炎

その中でも化膿外傷性皮膚炎は犬が痒がることで皮膚の角質層の表面にできた、掻きむしった後などの傷が化膿したものです。

ホットスポット(※.1)とも呼ばれ、皮膚のかゆみや細菌の繁殖、被毛の換気の悪さなどによって悪化します。
※.1 症状についての詳細な診断は必ずかかりつけの獣医師の判断を仰いでください。

まとめ

背中をこすりつける犬

皮膚の痒みについていかがでしたか?犬が体のかゆみを引き起こす病気は、さまざまな種類がありその原因は必ずしも犬の皮膚上にあるとは限られていません。かゆみを抑えるためには、犬が痒がる原因となっている寄生虫やアレルゲンである物質を取り除くのが一番です。

しかし、細菌感染などにより化膿を起こしてしまってる膿皮症では、抗生剤などでの治療となり完治まで数カ月に及ぶケースや、クッシング症候群では副腎皮質ホルモンの働きを弱める薬を用いた治療が、一生涯必要となり治療が途方もなく長期にわたることが考えられます。

飼い主さんの判断によって投薬を中止することが無いよう、根気よく治療を続けていくことで犬が痒がる原因の悪化を避けることが大切です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 さゆみ

    初めて犬と暮らしはじめて数年になり、皮膚疾患が多い犬種でもあり
    膿皮症やマラセチア等の経験をしました。
    さて、初心者にとって何が難しいかというと
    今、愛犬が取っている行動が「痒がっている仕草がどうか」の見極めではないでしょうか?
    症状が進み、皮膚にデキモノが出てきたり、愛犬が出血するぐらい掻きむしれば
    嫌が上にも気がつきますが、初期段階で対応するには
    普段の愛犬の行動を目に刻み付けておくしかありません。
    我が家の愛犬の場合、興奮する場所やキッカケがあれば
    屋内でも屋外でも、ローリングして遊び泥んこになるのは日常茶飯事だったりしますが
    あれ?という行動...
    例えば、普段はしない耳の後ろを熱心に掻くと、黄信号だなという判断がつくようになりました。

    普段とちょっと違うかも?どうかな?と不安になった場合は
    マッサージを兼ねて、全身を触って、被毛の下の皮膚に異変がないか確認しましょう。
    鼻や口の周囲、耳の後ろ等も念入りに見て下さい。また、耳異変がないかも確認です。
    発疹がなくても、垢のようなもの、フケのようなものがあれば
    早めに獣医さんに相談されることをオススメします。
    どんな病気も同じですが、早く治療をするほど、治るのも早ければ、かかる費用も軽くてすみます。
    参考になれば幸いです。
  • 投稿者

    40代 女性 ケーキ

    以前、抜け毛が多いなと思ったら皮膚に湿疹が出来ていたことがあります。
    顔の頬の部分だったのですが、右と左で毛の量が違うなと思ってよーく見たら片側だけ1部毛がぽこっとなくなっていました。
    思い返してみれば、最近顔を脚でかいかい掻いたり、床にこすりつけていました。
    病院へ連れて行き、カビや菌由来の湿疹か検査をして、抗生剤と塗り薬を処方してもらいました。しかしかゆいのか触ってしまって症状は一進一退。エリカラはストレスになってかわいそうだったので、就寝時だけつけていました。私が近くにいる間は、カイカイしだしたら「ダメ」と言うとやめるので。
    ホットスポットと言われる湿疹で、蒸れが原因だと言われました。確かに涙や水を飲んだあとなど濡れやすい箇所でした。そのためそれ以降はこまめに顔をティッシュで拭いて、頬の涙がたまりやすい箇所は薬用シャンプーで洗うようにしています。
  • 投稿者

    女性 aoi

    頭を振ったり、よく掻いている時は耳が赤くなっている時が多いです。垂れ耳で長毛犬なので中耳炎や耳の炎症は頻繁にあります。都度気を付けて乾燥させたりするようにもしているのですが、お風呂後のちょっとの油断で赤くなってしまいます。
    今まではこんなに皮膚も弱くなかったのですが、歳と共に体の機能も弱くなっていっているのかもしれませんね。いざという時のためにミミピュアという点耳薬を貰っておきすぐに対処しているので、今のところそれ以上悪化することはないのですが、心配な時はすぐに獣医さんに診てもらうようにしています。

    シーズーには多いのですが、背中や腰、足の辺りにイボができてしまうことがあります。悪性ではなく、脂肪の塊のようなものなのですが、破裂寸前になると赤くなりむず痒くなるようです。予防は難しく対処するにしても、下手に掻いて雑菌などを入れないように注意することしかできません。それでも痒みはとても辛いものなので、原因を早期に発見して対処していくことが一番かと思います。
    我が家ではコミュニケーションのひとつとして、愛犬の体を撫で回しイボの位置を把握しながら状態を確認しています。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    何年か前にやたらと耳元をかいているな~と思っていて、気になって耳を見てみたものの時に何もなっていなかったのですがいつまでもかくのが止まらないので念のため獣医さんに連れて行ったら、耳の奥の方に湿疹のようなものができていたことがありました。まだかき壊しなどになっていないこともあって、それほどひどくなっていなかったので点耳薬で改善することができました。これは犬のかゆがるそぶりで早めにわかったのでとてもよかったのですが、逆に全くかゆがる姿が見られなかったのに皮膚炎になっていることがあって驚いたこともあります。その時はやたらと一部分だけ抜け毛がひどくてきになっていたんですが、何かにかぶれたようで毛が抜けたところの皮膚が真っ赤でかわいそうでした。毛が密集しているので皮膚が見にくい分、かゆがるようすとかをしっかり観察しておかないといけないなと思いました。
  • 投稿者

    女性 杏子

    今まさに愛犬の皮膚を痒がる原因を探っている所です。愛犬はパグです。パグを飼ってから分かったのですが、かなり皮膚が弱い犬だと思います。以前も掻きむしっていて、掻きむしった後がかさぶたになってしまいました。この時は獣医さんから「シャンプーを変えた方が良い」とのアドバイスをいただき、薬用のものに替えましたが、しばらくは良いのですが、また痒がるのです。最近も数日前からものすごく辛そうにしています。掻きむしると毛までバラバラ落ちるので、掃除も大変です・・・。これから病院へ行くのでホッとはしていますが、本当に頻繁に痒がるので、何が悪いのか心配です。記事を読んで思ったのですが、愛犬の場合はもしかしたらアレルギーなのかもしれません。今回はアレルギー検査を獣医さんに依頼しようかと思っています。
  • 投稿者

    女性 篠

    冬や空気が乾燥している時など、皮膚がかさついて痒くなることもあるようです。愛犬の被毛を分けて皮膚をよく見てみると随分乾燥していることがあります。酷い時はフケもあるので、これは痒くなりそうだなと思いました。シャンプーを変えても乾燥ばかりは他でも対策をしないと防ぎきれないと思います。
    特に新陳代謝の落ちるシニア期以降のわんちゃんの場合、皮膚の機能も衰えてくるので早めの対策が必要です。
    犬の皮膚に存在する常在菌が原因で炎症を起こす膿皮症は、免疫力が衰えるシニア期以降の犬に多い皮膚病です。皮膚(お腹や背中、脇や足の付根など広範囲)にかさぶたのようなものが見られた場合は膿皮症の可能性が高いです。早めに動物病院へ連れて行きましょう。
    皮膚が乾燥しないように加湿器を取り入れたり、フードにアマニ油を足すことも効果的です。免疫力を上げるためにヨーグルトを与えることでも効果が期待できます。
    痒みがあると気になっていい睡眠もとれなくなってしまいます。早めの対策でサポートしてあげたいものですね。
  • 投稿者

    30代 女性 ひまわり

    うちの犬もアレルギー持ちで、1歳ごろから痒そうに体のあちこちを掻くようになってしまいました。幸いクッシング症候群や、厄介な犬の皮膚病ではなかったので良かったのです。現在は食事療法とアレルゲン対策をして普通に過ごしています。ほかにも体調を崩すと痒がる事が多くなるので、健康管理には十分注意しています。
  • 投稿者

    30代 女性 まる

    我が家の愛犬も一度だけすごく痒がったことがあります。原因はハジラミでした。月に一度、フロントラインもしているのにどうして!?と思っていたのですが散歩中にいつも仲良くしていたわんちゃんがいつも身体をかいていたことを思い出してそこからうつったんだと思いました。フロントラインも効果が丁度薄れていた時だっんだと思います…。散歩中にわんちゃんと交流するのも社会性を高めるために必要ですが関わりを多くすると、病気をもらうリスクも高くなるんだなあと感じました…。
  • 投稿者

    女性 しめさば

    この冬にホットスポットが尻尾にできて尻尾が丸ハゲになってしまいました。
    梅雨時から夏場は注意していたのですが、油断していました。この寒い季節にやるなんて!しかも尻尾。傷自体は抗生剤と炎症剤を飲ませて1週間ほどで直りますが、尻尾の毛が元通りになるには1年近くかかりそうです。(長毛のため)
  • 投稿者

    女性 もふころ

    心臓病の薬を飲み始まってから、水を飲む量が増え尿の量も増えました。そのせいか、皮膚も乾燥気味になり、フケも多くなってきた気がします。あまり乾燥すると痒がるので、質の良いワセリンを水で薄く伸ばし、乾燥している部分に軽く乗せて対処しています。
    あとは食べるものから良質な油分を取り入れて乾燥を予防しようと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。