犬がニラを食べるのは危険!?与えたときに起こる症状とは

2582view

犬がニラを食べるのは危険!?与えたときに起こる症状とは

犬には与えて問題のない食べ物と与えてはいけない食べ物があります。たまねぎやチョコレートは有名な例ですよね。それでは、ニラはどうなのでしょうか。人間にとっては栄養たっぷりのニラにも、実は犬にとって怖い食べ物だったりするのです。

犬にニラを与えても大丈夫?

はじめに結論を言ってしまうと「ダメ」です。人間にとってニラは、健康的で美味しい緑黄色野菜ですが、犬にとっては毒と言っても過言ではありません。決して犬にニラを与えてはいけません!

ニラを食べさせてはいけない理由

NO

ニラに含まれる硫化アリルという成分には、犬の赤血球の内部にあるヘモグロビンと反応して壊してしまいます。この硫化アリルという成分は煮ようが焼こうが蒸そうが消える事はなく、犬にとって有害です。ちなみに、犬に与えてはいけない食べ物で有名な「玉ねぎ」や「ネギ」にも同じような成分が含まれています。

ニラどのくらい食べたら危険なのか

個体差があり、他の犬の例は参考にできません。ともかく、ニラは与えない事が一番です。前述の通り、火を通しても毒性は消えません。もちろん、ニラの入っている鍋物やスープの残り汁にも毒性がありますので、ニラを取り除いたからといって安易に与えるのは禁物です。

ニラを食べてしまったときの症状

それでは、ニラを食べてしまった犬が具体的にどのような症状になってしまうのかを説明していきます。

「貧血」はもっとも一般的な症状の一つです。舌の上がいつもより白っぽかったりしたらそれは貧血のサインです。また、ピンク色や茶色の尿がでるのもまた、血色素尿という症状の一つです。また、下痢や嘔吐を発症する犬もいて、ひどい場合には痙攣をします。最悪の場合には死に至る危険性もあります。

そして、タチの悪い事にニラを食べた直後に症状が現れるというわけではないのです。三日程度経ってようやく様々な症状が現れます。食べた直後に何の変化もなく、油断していると手遅れだという可能性もあるのです。

犬がニラを食べてしまったときの対処法

ニラを誤って食べてしまった時はまず、犬がどの程度食べたのかを確認しましょう。もしも少量であった場合は、犬の様子を見て、もしもいつもより少しでもおかしいなと思う時があれば、動物病院に連れて行きましょう。前述の通り、症状は三日程度で出る事が殆どですので、目安としては一週間ほど、気を付けて犬を見て上げてください。

もしも、大量に食べてしまった場合はその時点で動物病院に行くことをお勧めします。何よりも大事なのは早期的な対処です。素人の知識に任せて民間療法で対処してはいけません。しっかりと獣医さんに診てもらうという選択をしましょう。

ニラは超絶危険!

ぐったりとしたわんちゃん

注意すべきこと

上記の通り、犬にとってニラはかなり危険な食べ物の一つに入っています。犬はさすがに生のニラを好き好んでは口に入れようとしませんが、火を通したり味付けをしたりしていると、案外簡単に口の中に入れてしまう事もあるようです。

料理中や食事中はもちろん、食べこぼしや、残った食べものには注意しましょう。また、特に食べこぼしは飼い主が知らない内に食べてしまっているなんて事もあります。テーブルマナーを気を付ける事は、飼っている犬の安全を守る事でもあるのです。

食べ物の管理も飼い主の責任

ニラに限っての事ではありませんが、無暗に人間の食べ物を犬にあげようとはしないでください。食事中、犬が足元でおねだりしてくるという経験はないでしょうか?犬にとっては、何よりも「あげない」という事が愛である事もあるのです。どうしてもあげたいと思う場合は、事前にあげてよいのか、悪いのかを信憑性のあるソースを元に、しっかり調べてから与えて上げましょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!