犬のでべそ 原因や腫れる場合の病気について

18022view

犬のでべそ 原因や腫れる場合の病気について

お気に入りに追加

犬の腹部あたりに異常がある場合、それは「へそ」に関連する重大な病気かもしれません。この記事では、犬のへそに関連する怖い病気について説明していきたいと思っています。当てはまる症状があれば、注意していきましょう。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のでべそについて

人間のへそ

犬のでべそは、「安全な場合」と「危険な場合」があります。

  • 安全な場合:先天的なでべそ
  • 危険な場合:病気(臍ヘルニア)によるでべそ

人間にも「でべそ」というものがあるように、犬にも先天的に「でべそ」を持って生まれてくる個体もいます。あまり見かけないだけでじつは、でべその犬も多いみたいです。

先天的なでべその理由はへその緒を切った後、脂肪などの組織が残ってでべそのなってしまったり、へその緒自体が大きいかったためへそが出てしまったりなど、理由もさまざまです。

生まれ持った「でべそ」は先天的な異常ですので、予防方法はありません。ですが、しっかりと対処さえしていればそこまで重大にはならないので、でべそを持った犬が生まれてきても心配ありません。

しかし、犬にとっても人間にとっても「でべそ」などのへその異常は病気にかかるリスクも上昇します。とくに注意したいのが「臍ヘルニア」という病気です。でべそが腫れる場合は注意が必要になります。

また、臍ヘルニア以外にも、放っておくとかかってしまう病気があるので、でべその理由と危険性を十分理解して付き合って行きましょう。

犬のでべそが腫れる場合は「臍ヘルニア」に注意

仰向けになる犬

臍ヘルニアは、へその部位のすきまから、腸や体脂肪といった臓器が、脱出(外に出る)してしまう病気です。

そのため、臍ヘルニアになると「へそが膨らむ」という特徴が見られます。つまり、でべそになってしまいます。

でべそといって、あなどってはいけません。これも立派な臍ヘルニアの症状の一つ。しかし、そのヘルニアが小さいままであるならば、「へそが出る」以外の異常や症状は見られませんし、安全です。

ですが、ヘルニアが大きければ話は別です。ヘルニア部分に体脂肪や腸が入ってしまうのです。入り込んでいる物が脂肪である場合はまだ危険性は薄いのですが、腸などの内臓の場合はかなり危険です。

臍ヘルニアの原因

臍ヘルニアの原因のほとんどは未だに究明できていません。しかし、でべその犬が罹る事から、へそに関する先天的な形成不全によって引き起こされると考えられ治ます。

また、ペキニーズやバセンジー、エアデールテリア等の犬種に至っては遺伝もこの病気に罹る要因の一つではないかと考えられています。

症状

臍ヘルニアに罹ってしまった犬には以下のような症状が見られます。

  • ショック状態になる
  • 発熱
  • 嘔吐

ショック状態になる

ヘルニア部分に内臓が入り込むと、腸が閉塞し、血行が上手い具合に循環してくれなくなります。これは「腸閉塞」という臍ヘルニアの極端な悪化によって引き起こされる病気の事です。

このようにヘルニア部分からはみ出した臓器などが戻らなくなった状態のヘルニアをカントンヘルニアといいます。これによってショック状態を起こしてしまう事もあるようです。この状態になると、普段は圧したらへっこむ「でべそ」が引っ込まなくなります。

発熱や嘔吐

熱を持ち、嘔吐などといった症状も見られる事ができます。また、食欲不振などにより元気を失うのも症状として認められています。ヘルニア部分からはみ出た臓器が壊死することもあります。

犬のでべその治療方法

治療中の犬

治療方法

臍ヘルニアが小さい物(つまりただのでべそ)であるなら、成長と共に閉じていく事もあるみたいです。もしも生まれて間もない犬がでべそである場合は半年間ほど様子を見る必要があります。しかし、もしも閉じない場合は外科手術の必要性があります。

一般的な動物病院では、去勢・避妊手術の際に行う事ができます。もしもそれを放っておいたりすると、上記のように「腸閉塞」になる恐れがあります。もしもこれが生じた場合、すぐに手術が必要になってきます。

臍ヘルニア修復手術にかかる費用

上記の通り、先天的臍ヘルニアの場合、去勢・避妊手術の際に同時に行う事ができます。それにかかる費用は病院によって様々ですが、3万5千円~4万円くらいです。この金額は去勢・避妊手術と合わせた金額です。愛犬の健康を考えるのであれば、決して高くない金額であると思うので、ぜひとも修復手術を実施するようにしましょう。

他の症状や病名で犬の病気を調べる

犬のへその異常の他にも、気になる犬の病気や、普段見ない行動をとっていて心配なときに病気を調べることができる辞典がありますので、ぜひ活用してみてくださいね。↓

まとめ

犬のでべそを侮ってはいけないという事ですね。最も効果的な予防法は上記にある通り、事前に疾患リスクを取り除いておくという事です。痛みが出てからではもうすでに「腸閉塞」になっている可能性が高いからです。臍ヘルニア自体には命の危険に関わる可能性はかなり低いです。

しかし、それによって引き起こされる「腸閉塞」は命の危険を伴います。なので、症状が見られた場合はすぐに病院に行き、緊急手術をする必要があります。

重ね重ねにはなりますが、症状が悪化する前に手術を行って禍根を絶ちましょう。愛犬の健康と命を守るのは飼い主の大切な責任なのです。

ユーザーのコメント

  • 女性 mocmoc

    愛犬ラサ・アプソにもお腹の真ん中にしこりのようなでべそがありました。乳腺炎も経験していたので、また再発したのかと不安になり、そのしこりを何度も確かめては乳腺炎との違いを確認したものです。
    でべその様子をみながら、動物病院に行った際獣医さんに尋ねたところ、触診しカルテを開き一言「でべそですね」。開腹手術の時も気になって見ていたそうで他の乳腺腫瘍とは違っていたし問題もないのでそのままにしてあるとのことでした。
    幸いその後天寿を全うするまでそのでべそは何の問題も起きずに済みましたが、臍ヘルニアという可能性もあったことを知り、ただのでべそと侮ってはいけないんだと再認識させられました。
    メスなら特に乳腺炎も疑いながら、日頃のチェックを怠らないようにすることが大事ですね。
  • 女性 カカオ

    わんこにでべそがあるなんて!まったく気にしていなかったので、早速我が家のわんこのおへそを確認しちゃいました。普段、あまり気にしていなかったので余計ですが、わんこのおへそわかりにくいですね~。たぶん、ここだというおへそをみつけうちはでべそは大丈夫でした。ワンコを飼い始めるときにも、おへそのことは特に気にしていなかったのですがこちらの記事は知っておいたほうがいい内容ですね。いずれ治るかもしれないでべそも病気のときの可能性を知っておいたほうが対処の幅が広がります。それにしても、ワンコもこのおへそにへその緒がつながってお母さんから栄養をもらっていたんですね。改めておへそをチェックしてみて感慨深いです。
  • 30代 女性 匿名

    一昨日うちのバーニーズ(6カ月)が避妊手術といっしょに臍ヘルニアも手術してもらいました。
    うちの子はそんなに大きくなかったと思うのですが、出たり引っ込んだりしていました。
    脂肪の固まりだったそうです。
    どちらもしたので傷口は少し大きめ。痛そうです。
    でも1つ心配がへったし一緒にしてもらってよかったと思っています。
    出臍の写真撮っておけばよかったです(笑)
  • 40代 女性 おん

    うちの犬は生まれつき臍ヘルニアでした。去勢手術の際に、一緒に手術をしてもらったので、その後症状がでることはありませんでしたが、同じトリミングサロンに通う犬が先日トリマーさんからの指摘で病院へ駆け込んだと言っていました。1カ月に1回トリミングに通っていたため、トリマーさんがでべそが大きくなっていると気が付いたようです。病院へ行って検査をしたところ、悪性の可能性もあるからとすぐに手術になったといいます。そのわんちゃんは、うちとは逆で、でべその手術のついでに去勢手術を行ったと言っていました。
    毎日犬と接していても、意外と気が付かないことがあるのかもしれません。飼い主さんは青天の霹靂だったと言っていました。
    念入りに愛犬のケアする時間にはチェックしていかないといけませんね。
  • 女性 コロ

    犬のでべそがそんなに恐ろしいこととは知らず、焦って愛犬をひっくり返してへその位置を確認してしまいました。
    幸いにしてでべそらしきものは見当たらずほっとしましたが、肥満により発症することもあるらしいので、太らせないように注意してみておこうと思います。
  • 女性 ゴン吉

    「でべそ」とあったのでちょこんと少しだけ出ているくらいかな?と思っていたら、臍ヘルニアは思っていたよりも大きなでべそなんですね。大きくなっていくようなら早めに獣医さんに診てもらった方がいいですね。
  • 50代以上 女性 こと

    17歳の老犬ですが生まれつき出べそで最近までおしたらへこんでましたが今はかたくて赤くはれてます食欲はありますてどうしたら良いのか教えて下さい
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

愛犬にでべその修復手術を受けさせた飼い主さん、臍ヘルニアが悪化してしまった飼い主さんに質問です

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。