犬が失禁してしまう原因とは?そこから考えられる病気など

【獣医師監修】犬が失禁してしまう原因とは?そこから考えられる病気など

お気に入りに追加

犬が失禁をするのは一体なにが原因なのでしょうか?犬の失禁から考えられる病気や、失禁からわかる病気の見分け方についてお伝えいたします。

75180view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が失禁をする原因とは

これまで失禁をしたことがない愛犬が、急に失禁をするようになったら驚いてしまいますよね。犬が失禁をしてしまうのは、いったいどのような原因があるのでしょうか?

失禁の原因

  1. 精神的原因(不安・興奮・さみしさなど)
  2. 病的原因(※1)
  3. 生活環境の変化による原因
  4. 高齢による原因
  5. 先天性の奇形
  6. 多飲が原因

などがあげられます。

※1、病的原因

膀胱炎(膀胱の病気)、尿路結石(膀胱の病気)、腎盂腎炎(腎臓の病気)、子宮蓄膿症(子宮の病気)、尿崩症(ホルモンの病気)、間質性腎炎(腎臓の病気)、尿道括約筋機能不全(ホルモンの病気)、先天的に尿道に異常がある

犬の失禁から考えられる病気

犬のおしっこ看板

犬の失禁の原因には様々あることはわかっていただけたと思いますが、失禁から考えられる病気や、その見分け方についてお伝えしたいと思います。

先天性の奇形

先天的に尿管に異常が見られる病気です。若いメスのわんちゃんに多くみられる病気です。

尿道括約筋機能不全

若いメスのわんちゃんに良く見られます。ホルモンバランスが原因とされる病気です。なので、女性ホルモン剤を投与すると改善される可能性もあるといわれています。

高齢による原因

人間同様、高齢になると犬も失禁をすることがあります。

多飲が原因

多飲が原因で、おしっこの量が増えてしまい、失禁してしまうこともありますが、もしかしたら、

  • 多飲多尿は腎不全
  • 糖尿病
  • 肝疾患
  • 子宮蓄膿症
  • クッシング症候群など
の場合もありますので、このような場合は一度獣医さんに検査していただくことをおすすめいたします。

病的原因

①膀胱炎

おしっこの時に痛がったり、頻尿になったりします。

②尿路結石、腎盂腎炎、子宮蓄膿症、間質性腎炎、尿崩症など

多飲と頻尿が見られるようになります。

病的原因の場合は、動物病院ですぐに検査をすれば分かりますので、できたら、動物病院に尿を採取して持っていくことをおすすめします。

また、おしっこをよく観察するとある程度、病気なのか分かりますので日ごろからおしっこをよく観察してみるよう心がけてください。

  • おしっこの色はどうか(いつもより濃いなど)
  • キラキラおしっこの中に光るものは入ってないか
  • 赤や濃いオレンジ色、また赤茶色などのいろになっていないか

生活環境の変化が原因

引越しなどをしたり、新しい家族が増えたり、お留守番が増えたりなど、精神的なストレスが今まで以上にかかるようになってしまうと、失禁をしてしまうことがあります。

犬はとても繊細な動物なので、もし、環境の変化があった場合は、注意深く愛犬を観察して、精神的ストレスが少しでもかからないよう、声かけをしたり、スキンシップを多めにとってあげたりなど、サポートしてあげてください。

精神的原因

飼い主さんの愛情を感じられなかったり、さみしかったり、不安に襲われたりすると、自分を見て欲しいがために、おしっこを漏らしてしまうことがあります。

これは精神的なものから来ているので、失禁を直すには、犬の精神的不安となる材料、原因を取り除いてあげるしかありません。

このような精神的な原因から失禁をしてしまうわんちゃんの場合は、失禁をした際の対処法も大切となってきます。もちろん、怒ったりしてはいけません。

愛情をしっかりかけて、愛犬の不安を取り除くのが失禁をなおす一番の近道です。

犬が失禁してしまったイラスト

まとめ

犬が頻繁に失禁をするには、やはり何らかの原因があります。

病的原因は日々のおしっこを観察することである程度気が付きますし、頻尿、痛がるなど、愛犬から何らかのアピールで気が付く場合もあると思います。

また精神的なことから失禁をしてしまう場合は、飼い主さんがたっぷり愛犬に愛情をかけて少しずつ、精神的な落ち着きを取り戻してあげることが必要となってきます。

なにはともあれ、失禁が頻繁に起こるときは、動物病院に行って獣医さんにご相談をするのが一番です。その際、できたらおしっこを採取して一緒に持参すると、検査などもスムーズにできますのでなおさら良いです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ゆん

    失禁の原因に、脊椎疾患、骨盤の外傷、末梢もしくは自律神経障害も含まれると思います。例えばよく聞かれるものでは椎間板ヘルニアで脊髄の圧迫により、失禁が起こることがあります。ヘルニア、その他の神経性疾患が改善されるまで、犬のお世話は大変です。決まったトイレで排泄が出来ないし、お尻や後ろ足は尿で濡れてしまいます。そのため、皮膚炎を起こすことがあります。また、神経がうまく働かないと、膀胱炎や腎盂腎炎にも発展することがあります。犬用の紙パンツをこまめに替えたり、温タオルでお尻周りを拭き取り、清潔に保ったりすることなどは少しでもこういった病気を防ぐのに有効な予防法だと思います。失禁の原因は様々ですが、原因治療の他にも、二次的に発生する病気にも注意していきたいですね。
  • 投稿者

    女性 patata

    我が家の愛犬と仲良しのわんこさんによく失禁をしてしまうわんこさんがいます。最初は、私と愛犬が遊びに来たので喜んでうれしょんをしているのかな?等と思っていましたが、飼い主さんのお話を聞いているとどうやらうれしょんの他にもおしっこをおもらししてしまう事が多いようで、ペットショップからお友達のお家にやってきた頃は、うれしょんはしていたけどトイレ以外でおしっこをする事はなかったそうです。しかし、成犬に成長してからトイレを失敗してしまう事が多くなってしまい困っているとの事でした。この記事を読んでいて、そのお友達わんこさんのおしっこの色がこの記事に書かれている特徴と同じ特徴をしていたのと、少し神経質な性格のわんこさんなので、今度お友達に会った時にでもこの記事を紹介したいと思います。この記事を読んでいなかったら、おトイレに失敗してしまうわんこさんとしか思っていなかったと思います。この記事を読んでわんこさんの失禁やその失禁に隠されているかもしれない病気について知る事が出来なかったと思います。今回は、我が家の愛犬のお話ではないですが、この記事を読んで愛犬のおしっこの色などにもう少し注意を払おうと思いました。
  • 投稿者

    女性 miya

    心臓病の投薬治療をしている愛犬も失禁をするようになってしまいました。薬の作用からお水をよく飲むようになったのも原因のひとつですが、高齢によるところもあります。
    ご飯を食べた後などお水を多めに飲みますが、トイレに向かう間にぽたぽた漏らしてしまうことがあります。マナーバンドをしたり、まめにトイレに連れて行ったりして対処しています。
    寝ている間にも少し漏らしてしまうことがあります。おじいちゃんになったんだなと思いながら、ウェットシートを常備し衛生面には気を付けています。

    失禁をしてしまった後、痙攣を起こしたり失神してしまう場合はてんかんの可能性が高いです。急に倒れたりすると焦って触ってしまいますが、痙攣が起きている時は不用意に触らないようにしてください。落ち着いてきたら顔を横にして気道を確保し、なるべく早く動物病院へ連れて行き獣医さんに診てもらってください。

    犬はストレスにとことん弱い動物です。環境の変化や精神的不安からくるものなら、飼い主さんがちゃんと対応してあげなくては治りません。愛犬の出す信号をしっかり受け止めてあげてください。
  • 投稿者

    女性 ポムポム

    メスのわんちゃんはホルモンなどのバランスで失禁してしまうこともあるんですね。うちのワンコは3歳を過ぎ、失禁はほぼなくなりました。少し前までは、寂しいときや不快なときにサインのように飼い主が嫌がる場所(トイレ以外)や嫌がる体制(室内は通常は座っておしっこをするのにたってする)でのおしっこをされたことがあります。今は、どうやって覚えてくれたのはわかりませんが、おしっこに行きたいときは扉をあけてほしいと扉の前で1回吠えたり、外に出たいときは玄関の前で吠えて教えてくれます。毎回外には出してあげられないので、そのときはゲージのトイレに誘導し、終わるまで入っていてもらっています。3歳になってもパピーのトイレ訓練みたいですが、自然とできたこの方法で落ち着いてくれてとても感謝しています。うちのわんこが失禁していたときは健康な状態でしたので完全にメンタルからきていたと思います。思い返せば心当たりは飼い主にあります。来客が続き相手が出来なかったり我慢してもらうことが続いたとき、長いお留守番が急に続いたとき。飼い主が反省ですね。
  • 投稿者

    40代 男性 ひろ

    先日ブリダーさんから、3カ月半のスタンダードプードルの子犬を譲り受けました。眠っているときに、急に
    泣きわめきお漏らしをし、腰がぬけた状態になるのですが、今まで何頭も犬を飼ってきましたが、こんな事は
    初めてでとても心配しています。なにか病気的なものなのか?環境が変わってのストレスなのか?
    こんな経験のある方、知識のある方、どう対処すればいいのか教えてくださる方いらっしゃいましたら
    教えて下さい。ちなみに水を頻繁に飲みます。よろしくお願いいたします。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ととまま

    まさに今、我が家の愛犬に尿漏れの症状が出ています。現在2歳メス、1年前に避妊手術をしています。3ヶ月ほど前に膀胱炎、ストルバイト結晶などありましたが、投薬と水分をたくさん摂らせるように気をつけて良くなりました。もともとあまり水を飲まない子だったので、フードをふやかしたり お水にミルクや鶏肉の煮汁を混ぜて飲むように仕向けるなどして とにかく水分補給には気をつけていましたが、ちょうどその頃から 尿漏れの症状が出始めました。夜寝ている間もシーツがしっとり濡れていたり、昼間も寝ていたクッションの上や私の膝の上でも 流れるような量ではないけれど、気がつくと濡らしています。そんな時はお尻を気にしてなめていることが多いです。
    そこで水分をそれまでより少し控えたら 症状がおさまりました。でも膀胱炎やストルバイト結晶の再発予防を考えると水分はしっかり摂らせたいですし、適量を模索中です。
  • 投稿者

    女性 ザブトン

    うちの犬が失禁したのは子犬の時くらいです。掃除機に驚いてオシッコを漏らしてしまったり、来客に喜んでおしっこを漏らしてしまったり。確かに成犬になってからはありません。失禁はやはり異常なことなんですね。
  • 投稿者

    10代 女性 くっきー

    犬の失禁って色んな原因があるんですね。知らなかったです。わたしもこの記事を見なかったら、ただの失敗かなくらいに思ってそうです。そんなに失敗自体は老犬になればなるほど変な話じゃないと思うので…。ストレスを感じてるのかな?とかは思うけど病気関係にもなるなんて…。知識が増えました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

【教えて!】犬の失禁について

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。