犬の断尾が行われる理由

犬の断尾が行われる理由

犬の中には断尾や断耳といった、体の一部の切除を行う犬種が居ます。特に短いしっぽがスタンダードとされている犬種は、子犬の頃にしっぽを切り落とされている事が多いようです。なぜ犬の断尾が行われるのか、犬の断尾は本当に必要なのか、その理由をまとめてみました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の断尾について

トイプードルやウェルッシュコーギーのコロンとした短いしっぽは可愛らしいものですよね。
しかし、これらの犬のしっぽが生まれつき短いわけではないのです。

みなさんは犬の「断尾」という言葉を聞いた事がありますか?

犬の「断尾」とは、生後間もない頃にしっぽを切り落とす事をいいます。
聞いただけで痛そうですが、なぜこのような事が行われているのでしょうか? 

プードル

犬の断尾の歴史

犬の断尾が古くから行われていたのには意味があります。
昔の犬は使役犬として、狩猟犬や牧畜犬としての役割を担っていました。
このような犬にとって、しっぽがあると仕事上不便な事が多かったため、断尾が行われるようになったのです。

例えば、猟犬は藪の中に入って獲物を追いかけますが、しっぽがあると藪で傷つきやすく、化膿しやすいというデメリットがありました。
コーギーなどの牧畜犬にとっては、牛や羊を追うときに長い尻尾は踏まれてしまう危険性が高く、必要ないものでした。
また、ドーベルマンなどの警備犬にとっては、長いしっぽは引っ張られてしまうと弱点になると考えられました。
このような観点から、犬が安全に効率よく仕事を行うためには尻尾が短い方が都合がよかったのです。

犬の断尾が行われる犬種

断尾をされている犬種としては、プードル、ヨークシャーテリア、ウェルッシュコーギー、ピンシャー、ボクサー、シュナウザー、グレートデン、ドーベルマン、アメリカンコッカースパニエルなどがあげられます。
たくさんの種類の犬が断尾されている事に驚いた方もいるのではないでしょうか。

子犬

犬の断尾が行われる時期と方法について

犬の断尾は生後間もない10日までの時期に行われます。
切除の方法としては、麻酔無しで外科的に切断する方法と、しっぽをゴムバンドできつく縛って血流を遮断することで壊死させる方法の2種類があります。

ペットショップに並ぶ頃には、既にしっぽは切除されてしまっているため、尻尾が付いた状態の犬を購入するためには事前にブリーダーさんに切らないようお願いするしかありません。

犬の断尾は必要か?

後姿

なぜ今も犬の断尾が行われているの?

ほとんどの犬が愛玩犬として飼われるようになった現在でも、断尾の習慣は続いているのはなぜでしょうか? 
それは、断尾された姿がその犬種のスタンダードとして定められており、美容目的という理由が大きいのです。

犬にとってはデメリットが大きい

これまで犬の断尾が行われていたのは、子犬の時期は知覚が発達していないため、しっぽを切断しても犬は痛みを感じていないと信じられてきたからでもあります。
しかしネットで公開されている断尾される子犬の動画では、切断された後に悲痛な声で無く様子が見られます。
これを見ると痛みを感じていないとはいえないのではと感じますし、実際最近の研究では子犬も痛みを感じているという事実も明らかになっています。

また、犬はしっぽで感情表現をしますが、断尾されている犬はしっぽを振って気持ちを伝える事ができません。
このため、他の犬とコミュニケーションが取りにくくなってしまうというデメリットもあります。

ヨーロッパでは犬の断尾を禁止する傾向に

海外では動物愛護の観点からイギリス、ドイツ、オランダなどヨーロッパを中心に犬の断尾は法律で禁止されるようになりました。
今のところアメリカではそのような動きはまだありません。
日本でも「動物愛護法」という法律はありながらも、犬の断尾を禁止する動きはなく、様子見といったところのようです。

まとめ

いかがでしたか?
仕事上の役割がなくなった現在でも犬の断尾が行われ続けているのは、見た目が格好良くて血統書付きの犬に価値があると思ってしまう飼い主にも責任があるかもしれません。

ペットショップに並んでいる可愛い子犬たちは、生まれつきしっぽが短いわけではないのです。
作られた姿ではなく犬本来の自然の姿を選ぶ飼い主が増えていけば、断尾される犬も減っていくかもしれません。

犬好きな私たちだからこそ、まずは断尾という習慣がある事をきちんと知った上で、考えていきたいものですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 sasara

    尻尾が切られているのは知っていましたが、理由までは知りませんでした…狩猟時代からの歴史なんですね。勉強になりました。
    確かに歴史上必要だった事はわかりましたが、デメリット等を考えると今も必要なのかな?とちょっと悲しくなってしまいましたが、尻尾が短いスタイルを好まれる方もいるので人の価値観で左右されてしまいますね。
  • 投稿者

    10代 女性 のりこ

    牧羊犬の仕事をするために邪魔にならないようにする為や、現在ではその形を維持するためにこの形のようですが、残酷だとの声もあります。
    もともとあるものをわざわざ無くしてしまうのは可哀想に思います。痛みがないとの情報もありますがバランスなどか心配です。
  • 投稿者

    20代 女性 しずえ

    犬の断尾についての記事を読みましたが、断尾を行う意味は理解できましたが今の時代それが必要なのかと考えるとわたしは必要ないのではないかと思いました。たしかに尾があるがゆえのデメリットは読んでいてなるほどと思ったことはありましたが、それでもそのデメリットな状況になるようなことがまず起きないと思います。断尾の方法もどちらも考えただけで可哀想なので私は必要のないことだと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 さえさえ

    尻尾が切断される理由を初めて知りました。人間のために働いている猟犬や牧羊犬、警察犬がなぜ尻尾を切られるかは納得しましたが、愛玩犬として飼われている犬たちは容姿のためだけに切られていたんですね。
    私は犬の尻尾が大好きなので、犬に痛い思いをさせてまで短い尻尾の容姿大事なのかなと不思議に思いました。むしろ、短く尻尾を切られているワンちゃんたちが長い尻尾だとどんな容姿なのか気になります。

    日本も愛玩犬の尻尾を切断するのを禁止にしたら良いのにと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 まぴこ

    わたしの愛犬は、母犬がアメリカンコッカースパニエル、父犬がトイプードルです。この記事にあるように、どちらも断尾する犬種です。

    わんちゃんを我が家にお迎えするにあたって、犬種の特性や歴史など少しですが勉強しました。昔は使役犬として断尾することが当たり前に行われていたようですが、今わざわざしっぽを切る必要があるのだろうか?と疑問を持ちました。ヨーロッパでは断尾を禁止している国もあるくらいですから・・・。

    そこで、生まれる前にブリーダーさんに相談をして、家庭犬として育つ上で断尾は必用無いことを知り、しっぽを残してもらうようにお願いしたのです。その時に、生後間もない赤ちゃんの可愛い可愛いしっぽを麻酔無しで切るのだというお話をお聞きして、びっくりしました。

    生まれて数日で断尾は行われるので、早めに相談できて本当によかったと思っています。
    そちらのブリーダーさんで断尾をしなかったのはうちの子が初めてだそうですが、いつも当たり前にしていた断尾について見直すいいきっかけになったと仰って下さいました。

    また、パピーの頃からしつけ方教室に通っていますが、しっぽはわんこ同士の会話にも使われることをそこで初めて知りました。ドッグスポーツを始めてからは、トレーナーさんに「この子はとっても上手にしっぽを使ってバランスをとっていますよ」と言われて、それがとても嬉しかったです。

    うちの子は、いつも陽気で楽しそうで明るい性格です。しっぽもお尻もフリフリして喜びを表現してくれる姿を見て、あの時断尾をしないで本当によかったと思っています。

    嬉しそうにしたり、しょんぼりしたり、ちょっとドキドキしたり・・・しっぽを使って色々な気持ちを表現してくれます。ふさふさのしっぽは可愛い宝物です。

    まだまだわたしの周りでは、「断尾をする」ということ自体ご存じない方が多くて、もっと興味を持って考えて欲しいなと思っています。
  • 投稿者

    女性 コザクラはるこ

    うちのプードルは二匹とも尻尾を切らない上でお渡ししますとブリーダーさんに言われてやってきました。家庭犬では私も切る必要はないと思いましたので二匹とも長いしっぽを持っています。一匹はまっすぐな尻尾で、もう一匹は柴犬のような巻尾をしています。うちで産まれた子犬達も皆尻尾を切らなくてもいいといってくださる方に飼っていただき、皆幸せに暮らしています。
    長い尻尾をぱたぱたさせて私を待ってる姿は本当に可愛らしく、短い尻尾など想像もできません。
    個人の見解ですが、断尾の習慣がなくなってもいいと思います。尻尾は彼らの立派な個性だと思うからです。
  • 投稿者

    40代 女性 ぽりり

    しっぽを切る習慣があるということは知っていましたが、ごくごく一部の犬種だと思っていました。
    こんなにもたくさんの犬種で、しかもとくに必然性もなく、しっぽを切っているなんて、本当にびっくりしました。
    本来の姿のまま、幸せに暮らせるワンコたちが増えますように。
  • 投稿者

    30代 女性 エリー☆

    断尾は虐待としかいいようがありません。今すぐやめるよう皆で声をあげるべきです。
    私のうちには五歳になるコーギーの男の子がいますが、ブリーダーから直接頂いたため断尾はしておりません。足が短いため、下ろせば地面についてしまうしっぽからは、たくさんの表情が読み取れます。
    生まれたそのままの彼らの姿を受け入れ愛するべきです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    そう言う事は知ってましたけど絶対にやめて欲しい❗どれだけ痛いか人間の好みそれだけの為にする事じゃない❗それも生まれてすぐに近い状態で~何て許せないですよね。本当にやめて欲しいです❗
    病気とかやむ得ない事でならともかく、人間の都合でなんて悲しいです❗
  • 投稿者

    20代 男性 KOMA

    ワンちゃんの断尾は普段ワンちゃんに関わらない人はよくご存じないと思われますが、実際かなりの賛否両論が出てるのがわかります。元々は猟犬や牧羊犬としての働きを妨げ無い為の処置なのですが、猟犬等の仕事をする必要が無くなった今でも、断尾された犬は見かけます。確かにコーギー等尻尾の無い方が可愛いいと言う人は多いですが、断尾をされる側としてはたまったものではないと思います。しかも麻酔をしない、バンドで締めて尻尾を壊死させるというのは考えるだけでゾッとしてしまいます。断尾してメリットがあるかと思えばそうでも無く、逆にデメリットばかりなんて切られ損なんじゃないかなとおもいます。昔からその姿を維持してきた為これが普通なんだと思う人はいるかも知れません。ですがワンちゃんの気持ちをしっかり理解した上で断尾の事をきちんと飼い主さんにもわかって貰いたいと思いました。
  • 投稿者

    女性 ここにゃん

    猫の中にはたまにしっぽの短いコが生まれる と聞いたことがあるので、しっぽの短い犬は そういう犬種なのだとばかり思っていました。 人間によって「切り落とされて」いたとは、、えッ? と読み返したほどです。 しかも、子犬の時に麻酔なしで切られたり、壊死させられたり、、人間って残酷。 子犬だから痛みを感じないなんて 絶対 うそッ! 神経が通っているのだから 痛いに決まってる! と、私も思います。 記事によると、昔は「働き手」としての役割を与えられていたため 不便さや危険性を考慮した上での措置(必要性)だったとのこと。 対して、今は ほとんどが「飼い犬」として人間と共に生活しているにもかかわらず「見た目」の好みで「断尾」された犬を求める人がいる、、価値観の違い なんて思いたくない。 本当に犬のことが好き? 本当に犬のことを大事にできる?? と 問いかけたい気持ちです。
    「動物愛護」「動物虐待」が叫ばれている現代社会において、なぜ 今も「断尾」という行為が許されているのでしょう、、か?
    我が家で飼われていた愛犬は いつも フサフサのしっぽで ゆっさゆっさと感情表現をしてくれていました。 犬好きの人にはたまらない瞬間!、、本来の、自然な形での愛犬との生活を心から望みます。
  • 投稿者

    女性 RUKA

    犬の断尾が行われる理由にこのような歴史があったとは知らなかったです。
    ですが現代は美容目的だということに驚きです。
    短い方が美しいと思う人が多いのでしょうか?
    ワンちゃんを飼ってしまえば、家族同様なので容姿は気にならなくなると思います。
    むしろどんな容姿でも愛せますよね。
    私の飼ってるマルプー(マルチーズ×トイプードル)は、おもちゃで遊んでもらっているときや、家族が家に帰ってきたときなど、尻尾をぶんぶん振って嬉しさを表現しています。
    嬉しそうにしているときのワンちゃんを見ると、自分まで嬉しくなって微笑ましくなって、もっと愛が深まります。
    犬は表情を顔だけでなく、尻尾を最大限に活用しているので、美容目的だと思う現代の風習が少しずつなくなればいいなと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 スモモ

    私は、動物愛護センターで保護されたコーギーを引き出して一緒に生活していますが、断尾されているため、犬の感情が読み取りにくくとても不便を感じています。というのも、子犬の時からずっと一緒に暮らして性格を熟知してるわけではないし、犬のことをまず知らなければなりませんでした。引き取った時に犬は既に7~8歳くらいの成犬でした。

    犬の感情を判断するのに一番大事な役目を果たすのはしっぽになります。喜んでいる時は顔に出るので良く判るのですが、怖がっている時や嫌がっている時などは判断に困ることもあり、尻尾があれば、下がっていたりして判断しやすいのですが、その肝心の尻尾がないので最初、とても苦労しました。

    コーギーを牧羊犬として働かせるのであれば断尾も必要なのかもしれませんが、一般家庭で暮らすために不要な断尾はもうやめるべきだと強く思います。何よりも、子犬にとってとてつもない苦痛を強いる断尾に対しては、日本でも禁止する動きが出てくることを願うばかりです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 アメリカンコッカー大好きっ子

    2日前にアメリカンコッカー5匹が自宅で産まれました。
    断尾に ついて かかりつけの獣医師は 反対で 「自分の病院は しません 」と はっきり断られました。
    貴方は、なぜ しなければならないか よく考えて下さい。
    あの言葉が ずっと心の中で渦まいています。
    しかし 貰い手は 断尾した犬の事がアメリカンコッカーだと 言ってしまうのです。
    心が、苦しいけど決断して明日別の病院に行くのです。
    まだ迷う自分がいます。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    私は、ブリーダーの所で働いた事があるので断尾をしたことがあります。
    尻尾を切るなんてしたくなかったのですが仕事なので無理やりやらされました。
    子犬でも痛みはわかると思います。
    断尾をすると子犬達はずっと泣いてました。
    今はペットとして飼われているだけなので断尾は必要ないと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    見映えのいい子が欲しいと言う理由で断尾しているような飼い主に飼われている子は幸せなのでしょうか?
    うちはチワワですが、とてもしっぽを振る子でかわいくてたまりません。
    ブリーダーやペットショップの意識改革が進むような世の中に早くなりますように。
  • 投稿者

    女性 匿名

    断尾はブリだけでなく動物病院でも行いますよ。そして上手な先生は人気です。断耳は麻酔も使うので全て動物病院でしょうね。以前勤めていましたが、「命を助ける現場なのに辛すぎる」と思っていました(当時雇われの身だったので何も言えませんでしたが...)
    断尾断耳未経験ではない限り、殆どの獣医師は断ることはしないです。断耳は減りましたが、断尾はまだまだ需要があるようです。
  • 投稿者

    30代 女性 るいらんまま

    ペットショップでよく見たら断尾された子がたくさん販売されていてびっくりしました

    日本は大丈夫か?
    って思います

    猟犬じゃないし、番犬じゃない愛玩犬、いや家族になる予定で値段をつけているのに、販売する子に断尾はやめてほしいです
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    価値観の違いって本当に残酷ですね。
    昔はまだ事情があったそうなので分かりますが、今は切る必要がないのに切られてるのが本当に可哀想です。
    差別意識や偏見やいじめがなくならない理由と似ていると思います。
    一日も早く断尾が違法になることを祈っています。
  • 投稿者

    女性 ざぶとん

    断耳や断尾については賛否両論、立場や考え方によってさまざまですね。
    反対、と一言で片付かないからきっと断尾賛成派と反対派が混在するんでしょうね。
    犬種の犬種らしさを保持するため、というのも立派な理由かもしれません。家庭犬ならそんな理由はいらない、というのも一理あります。うちの犬は断耳や断尾を行う犬種ではないのでそう深く考えたことはありませんでしたが、犬自身にどれほどのストレスや苦痛が与えられてしまうのか、また歴史ある犬種らしさとは、難しい問題だと思います。
  • 投稿者

    女性 チキン

    断尾や断耳は最近は反対する人ばかりです。なので、一度肯定派の人たちの意見をきちんと聞いてみたいです。ブリーダーさんなどはどうしてペット用の犬でも断尾や断耳をするのか、メリットは何なのか、など。立場が違えばきっとそれなりの理由があると思うんです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 mari

    家にはミニチュアシュナウザーがいます。知り合いの家で生まれたのを譲り受けました。両親は血統書付きで断尾されてましたが、うちの子はされてなくてそれが普通と思ってたら違ってビックリ!思いっきり振ってる時はとっても嬉しいんだなあ、丸くなって寝てても尻尾の先だけチラチラ振ってちょっと嬉しいのがわかる。夢見てる時バンバン振ってるのも可愛いです。長いままが普通になるのがいいなあと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    わが家のトイプードルちゃんは生後60日、体重750グラムの時にお迎えしました。
    とても小さくしっぽの長さを気にした事もありませんでしたが、成長するとしっぽが長く柴犬のようにクルッと丸まって背中に張り付くようになりました。
    切り忘れたのか、長めにカットしたのかプードルらしくはありませんが
    丸まったしっぽが愛らしく嬉しい時は目一杯振ってくれて、長いしっぽごと大好きです!
  • 投稿者

    女性 匿名

    昔の猟犬時代は安全面などを考えていた点もあるから一概に否定しきれないが
    今はもうそういう時代ではない
    個人的に元のほうが可愛いと思ってしまうし(タレミミと長い尻尾大好き)
    何より可哀想過ぎる
  • 投稿者

    20代 女性 さくまま

    うちのマルプーはペットショップでかいました。友人に尻尾切ってないんだ?って言われ調べて尻尾を切る習慣があることを知りましたが理由を知りさらに、ありのままのうちの子をみると切られてなくてよかったと思いました。尻尾をフリフリしてる姿可愛いですよ
  • 投稿者

    女性 あとむ

    個人的には断尾に関しては反対ですが、断尾も考え方によれば犬を危険から守れる場
    合があります。ただ、自分が犬だったら「シッポを切って!」とは頼まないと思い
    ます。以前、ドーベルマンやボクサーで断尾をしているワンちゃんに何度もあった
    ことがありますが、自分が小さい時は普通に短いシッポを持つ犬だと思っていま
    した。海外では断尾が禁止になっているようですね。考えさせられます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 まろん

    ヨークシャーテリアが三頭います。
    二頭は我が家で産まれた子なのですが
    何も知らずに断尾をするものだと思って小さい頃にしましたが
    ヨーロッパ旅行に行って尻尾の長いヨーキーを見てかわいそうな事をしたと後悔しました。日本でもスタンダードに拘らず断尾を禁止して欲しいですね。自然のままが一番いいと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    恥ずかしながら断尾なるものを初めて知りました。我が家の犬はマルチーズ×シーズーのハーフですが、しっぽだけ少し長めに毛をのばして、とても優雅です。
    なんでしっぽが短いことが、美しい見た目なのかさっぱりわかりません。むしろかわいそうとしか思えません。
    せっかく健康で生まれてきた犬をわざわざ傷つけて痛い思いさせて、そんなこと日本人はやるべきじゃないです!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。