愛犬にラム肉をあげよう!コレステロール値も低く、心臓病予防にも最適!

12576view

愛犬にラム肉をあげよう!コレステロール値も低く、心臓病予防にも最適!

犬はラム肉を食べていいのか?YES!と答える飼い主さんは多いはず。今ではドックフードやおやつに使われていますもんね♪では、ラム肉はわんちゃんにとってどういいのでしょうか?

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

アレルギー対策で使われるラム肉

ラム肉の塊

ドックフードを選ぶ時、みなさん成分表を必ずチェックすると思います。
着色料が使われていないか、発がん性のあるものは使われていないか、保存料は何か・・・などをチェックする方が多いのではないでしょうか。
そして、一番多く使われている原材料が肉類=タンパク質なのかもチェックするかと思います。
犬はもともと肉食動物なので、肉類が一番多く使われているドックフードを選ぶことは重要です。

1番よく使われているお肉は、チキンだとは思いますが、ラム肉、馬肉、鹿肉、ダック、イノシシ、パイソンと、あらゆるお肉がドックフードには使われています。

その中でもラム肉は、アレルギーの子向けのドックフードに使われることが多いです。
ドックフードで一番よく使われているチキンでアレルギーが出る子が、ラム肉使用のドックフードを選ぶことが多いようですね。

ラム肉がアレルギー対策のたんぱく質源と使われるようになった理由としは、たくさんのわんちゃんが今まで食べたことがあまりないので、抗体ができておらず、アレルギーになりにくいという考えからではないでしょうか。

けれどそういった理由でラム肉に注目が集まったからか、最近はラム肉もチキン同様、よく使われる原材料の1つとなり、ラム肉を摂取する機会が増えたことにより、ラム肉アレルギーになる子がたくさんいるのも事実です。

それとは別に、チキンではアレルギーが出なくても、ラム肉ではアレルギーが出る!という、生まれつきラム肉アレルギーの子もいます。

ラム肉はもちろん、愛犬に与えてもいい良質なタンパク源であり、アレルギー対策として使用されるお肉でもありますが、ずっとそればかり食べていると、アレルギーを引き起こすことがある、元からアレルギーの子がいるということは忘れないでいてください。

愛犬にラム肉を与えてみよう

ペロリな愛犬

ラム肉にアレルギーのないわんちゃんには、是非ラム肉を与えてあげましょう。
ラム肉には、他のお肉と比べても、愛犬の体にいい栄養素がたくさん入っているいるんです。

そもそもラム肉って?

ラム肉とはひつじのお肉です。
生後1年未満の仔羊のお肉のことを「ラム肉」といいます。
それ以上成長したひつじの肉は「マトン肉」といいます。

ラム肉はマトン肉に比べ、独特の臭みもなく、良質なお肉なので好んで食べるわんちゃんも多いことでしょう。

ラム肉の栄養成分

ラム肉はアレルギーではないのなら、積極的に愛犬に与えたいお肉の1つです。
肉類には「カルニチン」という成分が入っているのですが、ラム肉はその成分がほかのお肉に比べ、多く含まれています。

カルニチンの効能

血液

  • 脂肪を燃焼させる
  • コレステロールを下げる働きがある
  • 心臓病動脈硬化予防

ラム肉はコレステロール値も低く、心臓病予防にも最適なうえ、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸がたくさん含まれていますので、動脈硬化や血栓予防にもなります。

また血のもとになる鉄分、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーに変えるのに必須なビタミンB2、老化防止などに役立つ抗酸化作用があるビタミンEも多く含まれています。

そして、必須アミノ酸も多く含まれています。
必須アミノ酸は体内で生成することはできませんので、食べて摂取することはとても大事なのです。

ラム肉は、高たんぱく・低カロリーなうえ、体を温める効果もありますので、ちょっとぽっちゃりなわんちゃんには持って来い!なお肉なのです。

ラム肉を与える

手作り派の方は生であげられる冷凍肉を購入して、愛犬に与えている方も多いのではないでしょうか?
そういう愛犬家さんのために、馬肉、ラム肉など色々なお肉を扱っているお店はネットで調べればたくさん出てきます。

最近注目されている生肉でも、抵抗のある方は火を通せば安心して愛犬に与えることができるのではないでしょうか。

ラム肉を愛犬に!とお考えの方は1度、検索してみてはいかがですか?

原材料がラム肉のドックフードを与えてみる

我が家はドックフードをローテーションして与えています。
それは、色々な栄養素を摂取した方がいいという考えからです。

同じドックフードをずっと与えていれば、ずっと同じ栄養しか取れていませんし、アレルギーを引き起こす可能性があるからです。

次はどのドックフードにするかを選ぶ基準の1つは、以前と違う種類のたんぱく質(肉類、魚類)であることです。
ちょうど我が家の愛犬は今、ラム肉が使われているドックフードを食べています。

  • BLACK WOOD(ブラックウッド)3000 オールライフ

今では色々なドックフードメーカーからラム肉使用のドックフードが出ています。
あなたの愛犬が毎日食べているドックフードのメーカーからも、ラム肉使用のドックフードがでているのではないでしょうか?

まずは食べなれたメーカーのものからチャレンジしてみるのもいいかもしれません。
まだ試したことのない方は、1度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

嬉しそうな愛犬

アレルギー対策のドックフードの主原料として使用され始めたラム肉ですが、今ではわんちゃんが摂取する機会も多くなり、「アレルギーにいいラム肉」と言い切れなくなってきています。
けれど元々は、他の肉より比較的アレルギーにはなりにくいお肉であることには間違いありません。

そして様々な効能のある「カルニチン」、生きる上で必ず必要な「必須アミノ酸」がほかのお肉に比べて断然多いのがラム肉です。

『今日は何のお肉にしようか?』
『次回は何のお肉が主のドックフードにしようか?』

と考えるのは楽しいものです♪

ローテーションに栄養満点のラム肉を加え、健康で楽しい愛犬のための「ご飯の時間」を作ってみませんか♪

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 asami

    うちのわんこさんは、アレルギー体質なので手作りご飯の時にラム肉をあげたりします。おいしそうにいつも喜んで食べています。飼い主の私はラム肉が苦手なんですけどねwアレルギーが出にくいのは、知っていましたが、がん予防になるのは、知らなかったです。これからもどんどんあげよう!
  • 30代 女性 ちびまま

    普段お肉の定番と言えば、牛肉、豚肉、鶏肉です。しかし、ラム肉は、犬にアレルギーにも良く健康に良い事を知りました。愛犬のチビは体が弱く新しく食べ物はあげられないですが、徐々に、犬に関する知識が増えて嬉しいです。
  • 40代 女性 MAKI

    先日我が家の愛犬の血液検査をしたのですが、コレステロールや中性脂肪の値が高く、低脂質のおやつやフードにするようアドバイスされました。
    記事によると、ラム肉はコレステロール値を下げる効果もあるとのことで、とても興味がわきました。1度我が家の愛犬にあうか試してみたいです!
  • 40代 女性 デコポン

    チキンと小麦にアレルギーがあるワンコも多いので、その代替案的に「ラム&ライス」というフードがありますが、実はライスNGのワンコも多かったりします、、
    ラム肉を与えるなら、ドッグフードではなく専門の肉屋さんにあるお肉の方がいいかな?と個人的には思います。焼くと、少々獣臭い香りはありますが、愛犬は大好きですね.。
  • 30代 女性 あんず

    ラム肉が好きなのでわが家はジンギスカンをよくします!
    その流れで愛犬にもラム肉をあげる事が多いです(もちろん味付けなしですよ)
    ラムは独特なクセがあるお肉なので嗜好性があるのか愛犬も喜んで食べてくれます♪
    ラム肉にはカルニチンが他のお肉よりも多く含まれていて、カルニチンは心臓の筋肉を動かす作用があるので、心臓病の治療薬として活用されてたりしますね。
    それからラム肉は脂の融点(脂が溶け始める温度)が高いので、脂肪が吸収されにくい=ダイエットにもいいといわれています。
    愛犬も私もダイエット中なので、ラム肉を食べて健康的に痩せたいと思います^^
  • 女性 匿名

    一般的なフードには小麦粉を主原料にした物が多く以前は食べさせていましたが、穀物が消化に良くないしアレルギーになりやすいらしいので、ラム&玄米のフードに変えました。抗酸化力があるラム肉なら白内障の子の眼にも良いと思います。便の臭いが無くなり硬さも丁度良く快便です。
    毛並みも良く足取りもしっかりしています。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。