犬にプルーンは少量なら与えてもOK!鉄分補給や便秘にも効果あり!

2803view

犬にプルーンは少量なら与えてもOK!鉄分補給や便秘にも効果あり!

プルーンって、ブドウに似ていますよね?大きさはプルーンのほうが大きいですが、色もタネがあることや味も似ていますよね?私は、夏にプルーンをいただいた時に、はて?愛犬にはいいのかしら??と疑問に。さて、犬にプルーンはいいのでしょうか?

犬にプルーンは与えて大丈夫?

人間にとってプルーンは、栄養価が高くて、健康にも良いと言われていますよね?
旬の物を生で食べるのはもちろんですが、ドライフルーツにしても、栄養価が高まるフルーツです。
腸内環境を整えてくれますし、便通が気になる方は食物繊維が豊富なので摂取するといいですし、女性には欠かせないビタミンやミネラルも豊富!
最近では、ポリフェノールもたくさん含まれているので、活性酸素による働きも期待できるといわれています!

プルーン

このプルーンは犬に与えては、ダメ!!と思われている方が多数ですし、ブドウと似ているから、と思われている方も多いのですが、ほんの少量でしたら愛犬の体調改善の助けになります。

ただ、積極的にとったほうがいいとはいいませんが、愛犬の体調によっては与えていい食材の1つです。

プルーンは与えてもいいですが、注意が必要です!

どんな食べ物もそうですが、犬には与える量と与え方には、注意が必要です。
犬に与えていい食べ物かNGな食べ物かの一覧などもよく見ますが、プルーンはサンカクやバツになっていることが多いです。
与える時の注意と量を間違えなければ、プルーンも愛犬の体調によっては与えても問題のない食材といえます。

プルーンを食べても良いけど、注意すること。

プルーンの栄養価については先述しましたが、犬に良い効果といえば、一番は食物繊維が多いので、便通が良くなることでしょうね。
他にも、ビタミンC、B1、B2が他の果実に比べ多いことや鉄分もとれることですね。

ウチの子も、便の出が悪かった時などにほんの少量与えていました。果糖もありますから、ウチでは気になったときには、朝食前に『ごく少量』を小さく切ってつぶして与えていました。
また、冷凍保存もできますので、体調に合わせて与えるために、旬の季節のプルーンをミキサーにかけて冷凍保存してあります。
そして、与える時は解凍して与えています。

与える時の注意

野菜や他の食べ物でも、犬が食べても大丈夫な食べ物もそうですが、外皮や葉や茎、タネはとりのぞき、けっしてあたえないようにしてください。
プルーンの場合も、これらを食べてしまうと、外皮、葉、茎、タネには毒性がありますので、ショック症状や呼吸困難を起こす可能性もあります。
これらは絶対に与えないように気をつけてください。
もちろん、わんちゃんが届くようなところにも置いておかないように気をつけてくださいね。

与える際には、1㎝角ぐらいを食べやすいように刻んだりつぶして、与えて下さい。(本当にごく少量にしてください。)
プルーンは食物繊維が豊富ですから、大量に与えてしまうことによって、下痢を起こしてしまい、必要な栄養分も排出されることもありますので、本当に少量にしてください。

このようなプルーンの与え方はやめましょう。

どのような食材も、ドライ化することによって栄養価が上がりますし、果糖も上がります。プルーンも同じです。
食物繊維が多いプルーンですので、ドライ化することで食物繊維が凝縮されてしまいますので、それは与えるのは絶対にやめましょう。
腸内環境が崩れてしまい、下痢を起こしてしまうことがあります。ドライフルーツは果糖も高いですし、与えないのがベストです。
ドライフルーツ=NG!、と覚えておくとよいかと思います。

ドライプルーン

みなさんもきっと一度はドライフルーツを口にしたことがあるはずですから、わかりますよね?
ドライフルーツのほうが、生で食べるより甘いことや栄養価が凝縮されていることを。
また、果物にはカリウムを含むものが多くありますが、カリウムの量は果物によって様々ですが、特にプルーンはカリウムが多いです。
よって、個体差はありますが、与えすぎることで腎臓に障害を起こす可能性がありますので注意が必要です。

腎臓の数値が気になるわんちゃんや、腎臓に疾患があるわんちゃんには、与えないほうがよいでしょう。

もし、愛犬がプルーンを丸ごと食べてしまったら!?

不注意等で、愛犬がプルーンを丸ごと食べてしまった場合は、基本的にはすぐにどうぶつ病院へ連れて行き、診てもらうことが一番です。
しかし、もしタネが詰まって窒息しかけているときは、飼い主様が応急処置として、すぐに取り除いた方がいい場合があります。
舌を引き出しながら、ピンセットなどでゆっくりと取り出してください。
小型犬ならば、逆さまにして、背中を叩いたりすることで出る場合もあるそうです。

すぐ吐かせる場合には、「食塩水」か「オキシドール」を使って吐かせるようにしましょう。
犬の口を押さえて上を向かせ、食塩水を流し込み、すぐに喉まで指を入れて吐かせます。
このような対応は躊躇されることもあると思いますが、急を要する際にはすぐに行ってください。
吐き出しましたら、優しく愛犬の背中をなでて落ち着かせてあげましょう。
落ち着きましたら、水をのませ、その後どうぶつ病院にて診てもらいましょう。

まとめ

食べる

以上のように、プルーンはあまり積極的に与えていい食材ではないですね。
ですが、我が家ではごく少量を体調を見て与えています。与える注意点をしっかり守ってです。
ただ、もし『少しでも与えるのは不安だわ』と思われる方は、与えなくても問題のない食材です。

食物繊維を与えたいのであれば、白菜やキャベツなどを湯がいて与えたりするとお腹にも優しく、また少量ですが外皮とスジをとったセロリを与えても食物繊維は摂ることができますので、無理にプルーンを与えることはありません。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。