犬と会話できる時代が到来!動物の身につけるコンピューターの開発進む

犬と会話できる時代が到来!動物の身につけるコンピューターの開発進む

あなたは動物と話ができるという時代を想像したことがありますか?もしも、動物とコミュニケーションができるインターフェイスがあったら、世の中はどの様に変わるのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬と会話できるインターフェイスの開発が進む!

マスコット 飼い主と犬

もしも、人間と動物が言葉でコミュニケーションができたとしたらどうなるでしょうか?
そのキーワードは”インターフェイス”、それはもしかしたらあなたを救う手立てになるかもしれません。

人と動物が言葉で触れ合える?夢の新開発!

”インターフェイス”なんて、なかなか聞きなれない言葉ですね。
アニメ好きの中にはこの言葉にピンとくる人もいるかもしれませんが、インターフェイスと言えばアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のパイロットの頭についた機器があります。

これはエヴァンゲリオンとのシンクロ、即ちエヴァンゲリオンの機体とパイロットが通じ合うために必要なものです。
なんともSFチックな話ですが、実はこれが動物にも実用化しようとしています。

アメリカジョージア工科大学のコンピューター科学者、メロディ・ジャクソン氏がその開発者です。
ジャクソン氏の開発したインターフェイスとは、犬が飼い主を助けるために役立つよう開発されたものです。

飼い主の急病時に助けてくれるのはもはや人間ではない?

顕微鏡 アップ

コンピューター科学者メロディ・ジャクソン氏が開発した動物に身に着けるインターフェイス。
その機能とは、とても先進的な技術です。
例えば、犬の飼い主に心臓病や糖尿病があったとしましょう。
これらは突然病状が急変し、処置が遅れれば命を落としかねない病気です。
もしも、その時がきてしまって、自宅には犬しかいなければ、もしかしたら犬が慌てふためいてしまい、他者を呼びに行く行動ができないかもしれませんし、仮に助けを呼びに行ったとしても、犬の呼びかけに誰もが気づけないかもしれません。

しかし、ジャクソン氏の開発したインターフェイスはこの問題を解決してくれます。
ジャクソン氏が開発したインターフェイスは「ウェアラブルコンピュータ」というもので、動物が着用可能なベスト仕様になっています。

このベストには人に言葉を伝える機能が内蔵されており、飼い主の緊急時に犬がそのベストを身に着け、他者のところへ行き、飼い主の容態を伝えるのです。
その仕組みは、ベストにレバーがついており、犬が他者を見つけた時にそのレバーを引くと「わたしのハンドラー(飼い主)が助けを求めています」という音声が発生するのです。
この機能により飼い主の危機を他者に知らせることができます。

夢のインターフェイスは”GPS機能付き”

近未来的 並ぶブラックのコンピューター 背景青

しかし、もう一つ心配なことが残っています。
それは、肝心な飼い主の居場所です。
いくら犬が言葉で他者に飼い主の危機を伝えられたとしても、飼い主の居場所を伝えるのは困難ですね。

他者が飼い主の知り合いやご近所さんでしたらいいのですが、必ずしもそうとは限りません。その場合どのように場所を伝えればいいのでしょうか?

そこは、ジャクソン氏の技術の見せどころです。
なんと、ウェアラブルコンピュータには”GPS機能”が付いているのです。
このGPS機能があれば、その場で予め場所を把握できるので、迅速に救急車を呼ぶことができます。
こんな素晴らしいものが世に浸透すれば助かる飼い主さんが増え、保護犬の数を減らすことに繋がりますね。

今後期待できる用途

柴犬

「ウェアラブルコンピュータ」に期待できることは飼い主の救助だけではありません。
人を助けることができるということは、何に期待できるかというと、災害時に人命を救助するのにとても有効的ではないかと言われています。
つまり、災害救助犬に装着できるようにすれば災害時の救助に役立てることができます。
災害救助犬は人がうまく入り込めない場所へ行き人を助けたり、人間には分からないにおいを辿って人命を救助しています。
その時にこの「ウェアラブルコンピュータ」のベストを着ていれば救助の幅が広がるのです。
また、GPS機能も付いてますし、救助の時間も短縮できますね。
さらに、盲導犬に装着することで、障害者が段差や何かの障害物にぶつかる前に犬が言葉で伝えることができます。
そうなれば、素早く障害者のけがを防ぐことができますね。

犬と会話できるインターフェイスを知って思うこと

ラブと猫 背景草原

動物と会話できるというのはとてもおもしろいことで、このまま救助のため以外の普段使いとして高度なものが開発されることと思います。
今、アニマルコミュニケーションという技術が世の中に浸透しつつありますが、万人がうまくできるというものではありません。
しかし、このインターフェイスの技術で、ペットと話ができるようになればもっと心の距離を縮めることができますね。
そして、ペットの病気やケガの早期発見に繋がることも期待できます。
このような面ではとても魅力的でとても良いものだと思います。

しかし、その反面であまりにもペットと会話ができてしまうことも考え物です。
ペットを飼う時って、この子とおしゃべりがしたくて飼うわけではないですよね。
この子のしぐさや見た目、そして何か運命を感じておうちに迎えるのであって、それは言葉では言い表せない、言葉よりも深い深いものなのです。

そして、ペットをお迎えしてから試行錯誤して、
「今どんなことを考えているのだろう?」
「何か不便はないかな?」
など一生懸命に考え、お世話するのです。

それもまたペットを飼う醍醐味ではないかと思うのです。
もちろん、病気の早期発見など体調に変化がある時には、インターフェイスはあったらいいなと思いますが、あまりにも言葉を交し合ってしまうと、余計な聞きたくない言葉までお互いに伝えあってしまって逆にストレスになってしまうのではないかと思います。

なので、もし、ペットのインターフェイスが一般化されるなら、ON、OFF機能がついたものがあればいいかななんて思いますね。
必要な時、気になる時だけスイッチをONにして言葉を受け取れるようにする、これぐらいが面白くて丁度いいのではないかと思います。

まとめ

女性とハスキー3頭 玄関先

動物と言葉を交わせるというインターフェイス。飼い主の緊急時に犬が他者に知らせ、飼い主の命を救うというのが可能なもので、これにより人命がどんどん救出さるのではないかという期待の膨らむものですね。

そして、飼い主の緊急時以外にも、盲導犬や災害救助犬に装着すれば、障害者の手助けが今よりも素早くできたり、災害救助に役立つことができるという大きな期待も背負っております。そして、もしかしたら近い将来一般家庭のペットに装着するのが当たり前の時代が来るかもしれませんね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ちびまま

    犬と会話出来る日を考えただけで、ワクワクします。今は、アニマルコミュニケーションが浸透していますが、その上をいく事も夢ではないですね。愛犬のチビの気持ちが少し分かってきたように思いますが、会話が出来たらさらに楽しくなります。
  • 投稿者

    女性 ミロ

    犬との会話と言うとほんわかしたやりとりかと思えば随分本格的ですね。飼い主の病気をしらせる機能は有難いことです。愛犬が必死であっても飼い主の急を知らされる人とは簡単に通じない場合があります。これはそう言うもどかしさを軽減して、飼い主の急死により犬が途方に暮れる悲しみもなくしてくれるかも知れません。
    また、マシンは結局限界もあり、動物的な対話の楽しみはこれからも健在でしょう。
  • 投稿者

    40代 女性 MAKI

    幼い時に、「犬が痛いところがどこかしゃべれたらいいのに・・・」と切に願っていたことを思い出しました。言葉が話せない分、飼い主が汲み取ってあげなければいけなのですよね。でも、記事にあるような<インターフェイス><ウエアラブルコンピューター>が当たり前の時代になれば、犬とのコミュニケーションがキチンと取れるかもしれないですね。今後も開発に期待したいです。
  • 投稿者

    30代 女性 さえちゃん

    『インターフェイス』人と飼い主が言葉で通じ合えるなんて、夢のような話ですよね。
    私は愛犬を病気て亡くしましたが、苦しみを見ていることしかできず、看病もどうやってあげたら楽になるんだろう…どうしてほしいだろうか…とずっと悩んだ時期がありました。
    こんな素敵なものがあれば、きっと愛犬の気持ちを少しは理解してあげられただろうなぁと思います。
    使う、使わないは飼い主が決めることですが、私は愛犬の看病中、本当に話したいと何度も思っていたので、この記事は夢のようでしたが、嬉しかったです。
  • 投稿者

    30代 女性 あんず

    わんこの吠える声を判別して今の気持ちを教えてくれるグッズが販売されたりしてましたよね。
    うちの愛犬は普段からそんなに吠えないので試す価値がないのが残念ですが…
    その代わり、目力がスゴくて「あ、今◯◯をして欲しいな」「こうして欲しいな」ってわかるようになりましたね(笑)
    少し前テレビで、糖尿病を患った女の子の血糖値の異変を教えてくれる犬が紹介されていました。
    血糖値が下がり過ぎる(低血糖症)と命の危険があるのですが、その前に本人や周りの人に教えてくれるんです。
    このように、人の異変に対して犬はすごく敏感に捉える事ができるのは人にはない能力ですごいなぁと思いました。
    いつか技術が進歩して本当に犬の気持ちがわかるものができたら…愛犬と会話してみたい気持ちはありますね。
    でもワガママや不満も言われそうで怖いです^^;
    異種族同士、言葉は通じ合えないけれどなんとなく気持ちは感じられる、今の適度な距離感が結局はいいのかなぁとも感じます。
  • 投稿者

    女性 匿名

    あれば良いな
  • 投稿者

    40代 女性 ぱん

    日常の生活で「愛犬が話せたら、なんて言うかな」「愛犬の思っていることが知りたいな」
    などと、どの飼い主さんも思うことですよね。
    もしインターフェイスにより、災害時の救助に活躍するのはとてもいいと思います。
    犬とお互いに協力しあって生活が保てるなんて素晴らしいことです。

    もともと犬は鼻がすぐれているので、人間が気づかない少しのにおいでも察知でき、そのため飼い主さんの体の病気などの問題を知らせてくれたという話しを幾つか聞いたことがあります。また妊娠や、事前に地震などの自然災害を察知できるそうですね。
    すでに私たちに十分教えてくれていますが、もし犬と会話ができるようになったらと思うと、ワクワクします。

    その反面、とても便利なインターフェイスですが、いざ話すとなったらなんか微妙な気持ちもします...犬がストレスを感じるのではないか、飼い主の私たちも要らないことを沢山考え過ぎて悩んてしまうかもしれません。現在の犬のままで満足ですし、愛犬といて毎日とても幸せなので、今のままの犬が持っている力で十分かなとも思いますし、難しいですね…
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。