犬にあんこ 食べていいものわるいもの

【獣医師監修】犬にあんこ 食べていいものわるいもの

昔から日本人に親しまれてきた「あんこ」。日本人のソウルフードと言える、このあんこですが、犬にもあげていい物なのでしょうか?今回は犬とあんこの関係についてお話しします。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あんこを犬に与えることについて

どら焼き半分 あんこ見える

たまに、テーブルに置いてあったあんこの入ったお饅頭を犬が食べてしまったという話を聞きます。
いつもと違う食べ物を犬が食べてしまったことに飼い主さんは慌ててしまいがちですが、はたしてあんこは犬にとって危険な食べ物なのでしょうか?
その答えは「NO」です。

ダックス 見上げる 床

つまり、例え犬があんこの入った和菓子を一回や二回食べてしまってもなんの問題もありません。
もちろん、習慣的に食べることは糖質の取り過ぎになってしまうためよくありませんが、犬が万が一食べてしまったとしても、「吐き出させなければ!」と慌てることはないのです。

ではなぜ、食べても問題がないのかお話ししましょう。

あんこの入った和菓子を食べても大丈夫な理由

どらやき 丸々一個

飼い主さんの多くが勘違いされているのが、糖分や塩分を犬が摂取してはいけないということです。
もちろん、人が使用する砂糖は糖度の高いものですから、できるだけ避けるべきではあります。
しかし、犬に糖分を与えることは決して悪いことではありません。

現に皆さんは犬に果物を与えている方も多いかと思います。果物には果糖と呼ばれる成分が含まれています。
これも糖分の一種です。
また、手作りごはんをわんちゃんに食べさせている場合、野菜も食べさせますね。
その野菜ですら糖分を含んでいます。

極端な話、糖質を一切犬に与えない食事を行っていたとしましょう。すると犬の脳の活動はにぶくなり、筋肉の働きなども悪くなってしまうのです。
糖というのは健康な体を維持するためには必要なものなのです。そのため、例え一度や二度和菓子に入ったあんこを食べてしまったとしても問題ないのです。

秘密はあんこの材料にあり

小豆 大量

あんこの材料は皆さんもご存じの通り『小豆』ですね。小豆は実は犬にとって良い食材であり、手作りご飯の食材でも使って良いものです。
小豆にはサポニンという脂肪吸収を抑えてくれる成分が含まれており肥満体が気になる犬に食べさせるといいです。
さらに、むくみ解消や利尿効果もあるので代謝促進に役立ちます。

ただし、あんこにして食べさせる場合は 砂糖はかなり少なめにするか、入れない方が良いです。
甘味を好む傾向にある犬は、人が食べるあんこ甘さに慣れてしまうといつものフードを食べてくなってしまいますし、肥満の原因になります。

また、小豆の皮は硬く消化しにくいので、消化機能が低下気味の犬には不向きです。
ご自身のわんちゃんがそのような症状を持っている場合はあんこは与えない方がいいのでその点を念頭に置いておきましょう。

あんこの与え方と諸注意

煮ているあんこ

あんこは与えても良い物であり、犬にとっても健康に良い食材であることが分かりましたね。では、次にそのあんこの与え方や注意点などをお話しましょう。

よく煮込んでこすこと

犬はい肉以外の穀物や野菜などの食物繊維を消化するのがあまり得意ではありません。そのため消化をよくするために、よく煮込んで柔らかくして与えてやりましょう。

小豆の皮はできる限り取り除くこと。もしくは細かく刻む

小豆の皮は硬く、犬にとっては消化しにくいものです。消化不良を起こさないためにも、できる限り取り除くか細かく刻んで消化に支障をきたさないよう配慮しましょう。

冷ましてから与える

手作りご飯でも基本となていることですが、必ず犬がやけどをしないよう十分に冷ましてから与えましょう。
目安としては人肌ぐらいの温度になったら与えるようにしましょう。
絶対にあつあつのままで与えないでください。

与える量を気をつける

初めてあんこを与える時は犬に無理のないよう、少量ずつ与えるのが良いです。
一度に大量に与えると消化不良を起こしてしまう可能性があります。
一度の量をきちんと調整して与え過ぎのないように気をつけてください。

手作りごはんの一部として与えると良い

あんこを単品で与えても良いのですが、できれば他の食材と合わせてさらに栄養価の良い食事として作ってあげると良いですね。
小豆は他の食材とも相性が良く、特に肉類やかぼちゃなどと相性バッチリなので、味に飽きが来ず、犬がよく食べてくれます。

無理に与えないこと

あんこは無理に与える必要はありません。
犬が好まないのであれば与えないようにしましょう。
あくまでも犬が好んで食べる、または、興味を示している場合に与えましょう。
無理に与えることで、飼い主との信頼関係にも影響が出てしまうことのないようにしてください。

犬の健康状態を把握した上で与える

あんこを与えていいのはあくまで健康体の犬の場合です。
何かの疾患がある場合は与えないようにするか、獣医師と相談しましょう。アレルギー体質、その他病気治療中の場合は与えないようにしましょう 。

まとめ

女性と犬 ポメラニアン

あんこは人の食べ物であって犬には与えてはいけないものだと思われていますが、実はあんこは人にとっても犬にとっても美味しく体にいいものでしたね。
与え方や量に注意すれば栄養価もあり、とても良い食材と言えます。
うまく活用して飼い主さんもわんちゃんも、あんこを楽しんでみてはいかがでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 女性 てとまる

    犬にあんこをあまり食べさせない方が良いようですね。人間でも甘いものは控えるように言われているのですから、量は考えて与えるべきと思います。またあんこの皮は消化されにくいのは知りませんでした。そういった点には気を付けて与えないとならないですね。
    また、あんこに限らず甘いものは虫歯などの原因にもなるので、あんこを食べさせた後はハミガキをしてあげると良いのではと思います。ペットにハミガキをするのが苦手だと言う飼い主さんには、歯ブラシで磨くだけではなく、ガムタイプの歯ブラシも動物病院などへ行くと売っているのでそういうものを利用するとケアしやすくなると思います。手作りフードが流行る中、ハミガキをするという習慣が中々増えていないのが現状のようですが人間と同じものを食べて犬はハミガキをしなくても良いということはないと思うので、ぜひ甘いものを食べたらハミガキしてあげてほしいですね。
  • 投稿者

    女性 すいか

    ・「あんこ」
    小豆(小豆以外の豆類、栗、芋の場合もあります)を煮て、砂糖を加えて練ったものです。
    ご家庭で作った「あんこ」の場合なら、材料は小豆、砂糖、水、そして、ちょっぴりの塩が一般的。

    ・「小豆」
    マメ科ササゲ属に属する豆類の一種。タンパク質が豊富な他、皮にはアントシアニンが豊富なことも知られている。

    小豆自体は栄養価値があるので、柔らかく煮る・細かく刻むという行程をえて消化の負担を減らせば、たまに与えるのは奨励されてもいい食材と考えます。

    しかし、あんこについては、別ですね。
    うっかりペロっと舐めたぐらいで大騒ぎする必要はありませんが、甘いものを好む犬にとって、あんこの甘さは強烈過ぎるものです。あんこを使ったお菓子類には犬に有害な成分が潜んでいることも多くあります。愛犬が1度貰ったら、また貰えるもの、食べていいものと学習してしまうのも、飼い主側が、小豆は身体にいいから...と軽い気持ちで「あんこ」を与えてしまうのは、危険ではないでしょうか。
    「あんこ」と「小豆」は分けて考える必要があると思います。
  • 投稿者

    女性 MIHO

    我が家は和菓子が大好きで、しょっちゅう買って食べています。一度、大福からあんこ
    がぽろっ!と落ちてしまい、犬がすごい勢いで食べようとしましたが、なんとか間に
    合って拾いました。あんこはヘルシーで犬にも食べさせても大丈夫なイメージがありま
    すが、やはり糖分の問題があるので、積極的にあげることは止めた方が良さそうです
    ね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。