犬に枝豆 食べていいものわるいもの

4569view

犬に枝豆 食べていいものわるいもの

茹でて塩を振ってお酒のお供に!そんなイメージがある枝豆。お酒は飲めないけど、犬と一緒に晩酌したい飼い主さんもいるのではないでしょうか。犬が枝豆を食べることについて考えてみたいと思います。

犬に枝豆を与えてもいいの?

枝豆

基本的に枝豆を犬に与えるのは問題ありません。
ですが、気を付けなければならないポイントがいくつかあります。
それは与える量、そして与え方です。

枝豆=大豆?

実は枝豆は未成熟期に収穫された大豆なのです。
つまり枝豆と大豆は同じ植物です。
しかし、それぞれに適した品種があるので同じ個体から収穫されることはありません。

大豆と言えば、犬用のお菓子やケーキにも使われていますよね。
豆乳で作るお菓子のレシピも多いです。
「それなら大丈夫だよね?」とお考えの飼い主さん! 
最後までしっかり読んで下さいね!

枝豆は未成熟期に収穫されたものと説明しましたが、逆に大豆は成熟したものなのです。
「犬に未成熟の実を与えるのは良くない」とは、よく言われること、やはり枝豆を与える時は慎重にならなくてはいけません。

最近では健康志向が広まって、枝豆ダイエットなるものまであります。
私達人間にとってはそれくらいヘルシーで栄養的にも良い影響が期待できる食べ物ですが、しかし、犬にとってはそうではないと理解しましょう。

食べさせても大丈夫。だけど?

子犬

注意したい、よくある食べ方

それはもちろん、塩茹でですよね。
まず、お湯が沸騰したら豆を茹で、ザルで水を切りや、茹で上がった枝豆に塩を振りかけて熱いうちに食べると美味しいですよね。
最初からお湯に塩を混ぜて枝豆を茹でる方法もありますが、どちらも美味しいです。

さて、私達人間はこの調理方法で美味しく食べることが出来ますが、犬の場合は少し変わってきます。
味が濃い方が好きな子は多いですが、ここは塩を入れずに茹でて上げるのがベストです。

たまにスーパーで茹で上がった状態で売られている枝豆を目にすることがありますが、塩分が多く含まれている可能性が高いので、わんちゃんに与えるのは避けた方が無難ですね。

人間が丁度良いと感じる塩分濃度はかなり高いのです。
そのまま犬に与えてしまうと、摂りすぎになってしまうかもしれません。

何が含まれてる?

枝豆には亜鉛、カルシウム、ミネラル、マグネシウム、カリウム、鉄などが含まれています。
とても栄養バランスが良いので適当な量を与えれば体の調子を整えてくれるでしょう。

しかし、豊富に含まれるのはマグネシウムやカリウムには注意が必要です。
マグネシウムを多く摂りすぎると、結石ができやすくなり、カリウムを多く摂りすぎると、心臓や腎臓疾患に繋がる可能性が出てきます。
また、枝豆は100gあたり約135kcalもあります。
食べ過ぎは肥満の元になるので気を付けましょう。
与えすぎには注意ですね。

どうやってあげる?

必ず茹でてあげましょう。生は絶対にダメです。
何故ならたんぱく質が消化できなくなるトリプシンインヒビターという物質が含まれているからです。
この物質はたんぱく質を分解する酵素であるトリプシンの作用を阻害してしまいます。

枝豆は粒が小さいので、噛まずに飲み込んでしまう子も多いでしょう。
茹でた枝豆であっても消化しづらいので、そのまま未消化で出てきてしまったりすることもあります。
それでは食べさせた意味がなくなってしまいますよね?
味わわせてあげるためにも細かく切ったり、すり潰したりしてあげましょう。

例えばドックフードに混ぜたり、お気に入りの缶詰にトッピングしたり、手作りおやつに使ってみたりと、工夫してみて下さい。
 

アレルギー

枝豆は大豆と同じ植物ですので大豆アレルギーがある犬は注意しなくてはなりません。
大豆を食べたことのない子に与える時は少しづつ、体調の変化を見ながら与えてくださいね。

症状としては下痢、体の痒み、元気がなくなってぐったりしてしまう、など様々です。もしアレルギー反応が出て、酷い場合は慌てず獣医さんに電話で対処法を聞いたり、病院に連れて行って下さい。

枝豆レシピ

枝豆を使った犬用ずんだ餅の作り方を紹介します。

材料→ジャガイモ1個、枝豆100g、小麦粉適量。

1、まず、ジャガイモの皮や芽を綺麗に取り除きます。水から茹でて、スプーンで潰せるくらいになったらザルに開けましょう。

2、「1」を潰したら小麦粉を混ぜてよく練ります。滑らかになったら丸めて平たく潰します。

3、枝豆は沸騰したお湯に入れて長めに茹でます。茹で上がった枝豆は皮を取り除いて、すり潰し、「2」に絡めて出来上がりです

餅自体は犬が食べても問題ないものですが、喉に詰まらせてしまう可能性がありますので、絶対に使わないで下さい。

まとめ

犬に枝豆をあげる時に気を付けることを以下にまとめます。
まず、きちんと加熱をすること、皮や枝などを取り除いてあげること、細かく切って食べやすくしてあげることです。
アレルギー反応が現れるかどうかも気を配った方が良いでしょう。

人間が食べるものは犬にとって、リスクが高いのです。それだけは心に置いておいて下さい。
キラキラした瞳で近寄ってきても、愛犬の健康のために飼い主さんが我慢をする必要がありますね。
それさえ守れば、愛犬に晩酌に付き合ってもらえるかもしれません。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

みんなのコメント

5件

  • 女性 ロンロン

    枝豆は人間の体にはよい食材だし、犬にも問題ないと思っていました。
    塩分がよくないのはすぐにわかりますが、ほかにも気にしなければいけない成分があるんですね。生の枝豆は絶対ダメですね。
    与え方の注意点や喜ばれそうなレシピがとても参考になりました。
  • 20代 女性 なっちゃん

    我が子も大好きな枝豆。
    そのまんま与えると確かにそのまんま消化されずに出てきました(笑)
    塩茹でしないで茹でて、少し細くして消化しやすいように調理することも大事なんですね。
    とても勉強になります。
  • 40代 女性 まみ

    まずは大豆アレルギーがないこと、これは必須ですね!それをクリアすれば、あとは生であげないという事と、塩分は加えないという事を守ればワンコにとっても枝豆は良い食材なんですね。普段のご飯にトッピングしてあげると喜ぶと思いました。
  • 20代 女性 しずえ

    わが家のわんちゃんも私達がご飯の時にこの時期おつまみに枝豆をよく食べるのであげます。枝豆が好きみたいでおねだりしてきます。ですが記事にもあったように、わんちゃんには塩分は良くないので茹であがったらわんちゃんの分は分けておき、人間用にだけ塩をかけます。与える量と塩なしというのが条件ですが、それだけ守ればとくに問題はないのでわんちゃんと一緒においしい枝豆を食べれるとおつまみが倍おいしくなりますね!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!