犬に豚肉を与えても大丈夫?生で食べることの危険性と正しい与え方

犬に豚肉を与えても大丈夫?生で食べることの危険性と正しい与え方

お気に入りに追加

犬に豚肉を与えてもよいのか悩んだことはありませんか?豚肉には動物性たんぱく質やビタミンB群などが含まれており、犬にも積極的に与えたい食品のひとつです。この記事では、犬への豚肉の与え方や与える時の注意点、おすすめの部位や豚肉を使ったレシピなどをご紹介いたします。

45340view

犬に豚肉は与えても大丈夫

豚肉を食べる犬

豚肉は犬に与えても大丈夫な食材です。豚肉には犬が積極的に取り入れたい栄養素がたっぷり詰まっており、ドッグフードの原材料として使用しているメーカーもあります。豚肉は犬にも安心して与えられる食材と言えるでしょう。

ただし犬に豚肉を与える場合はいくつか注意が必要です。犬に豚肉を与える時の正しい知識を知って、愛犬の健やかな身体づくりを目指しましょう。

犬に生の豚肉は危険

豚肉を銜えた犬

犬にとって生の豚肉は危険ですので与えてはいけません。生肉には大腸菌やサルモネラなどの病原性の細菌が付着していたり、E型肝炎ウイルスやトキソプラズマなどの寄生虫に感染していたりとさまざまな危険性があるためです。

菌やウイルスに感染した豚肉を食べてしまうと、下痢や発熱などの症状が見られます。生肉だけでなく、加熱時間が短く十分に火が通っていない場合も同様のことが言えるので、犬に豚肉を与える時は十分に加熱してから与えましょう。

犬に豚肉を与える効果

餌を食べる三匹の子犬

被毛や皮膚の健康維持

犬に豚肉を与えることで、良質な動物性たんぱく質を摂ることができます。たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されて健康的な被毛や皮膚、良質な筋肉を作り出し、総合的な犬の健康維持に効果的なエネルギー源となります。

疲労回復

豚肉にはビタミンB群が豊富に含まれており、犬の身体づくりにもさまざまなメリットがあります。特に代謝をサポートするビタミンB1は牛肉の約10倍と言われ、疲労回復や夏バテ予防への効果が期待できるでしょう。

ビタミンB2は「成長ビタミン」とも呼ばれることもあり、犬の身体が大きく成長する子犬期には積極的に摂りたい栄養素です。その他、健康的な爪やストレスの軽減など、ビタミンB群から得られるメリットはたくさんあるので取り入れてみましょう。

病気のリスクを下げる

豚肉を食べると動脈硬化の予防、コレステロール値の低下も期待できます。しかし、腎不全や腎臓病を患っている犬の場合は、豚肉に含まれるたんぱく質によって腎臓への負担が大きくなります。病気を悪化させてしまうこともあるので、与えないようにしましょう。

犬にオススメの豚肉の部位

餌を待つ犬

犬におすすめの豚肉の部位はヒレです。ヒレ肉は赤身で脂身も少なく柔らかいので、子犬からシニア犬まで、どの年齢の犬でも食べやすいことが特徴です。

豚のレバーなどの内臓系もおすすめです。内臓系はカロリーが低い傾向にあるので、ダイエット中や食欲旺盛な犬にも適しています。ただし内臓系は傷みやすい部位なので、新鮮なものを早めに調理して与えるようにしましょう。

犬に豚肉を与える時の注意点

餌を食べる犬

加熱する

犬に豚肉を与える時はしっかりと加熱しましょう。生肉や中まで火が通っていない半生の状態ですと寄生虫やウイルス、菌などに感染してしまい命の危険にもつながります。

また、豚肉の臭み取り目的であっても、ネギ類と一緒に加熱することは避けましょう。たとえ茹で汁だけだとしても、犬にネギ類を与えると中毒症状を起こしてしまいとても危険です。

脂身を除く

犬に豚肉を与える場合は脂身を取り除いてあげましょう。犬が1度に大量の脂身を食べると、消化不良によって下痢や嘔吐などの症状が見られる場合があります。脂肪分の摂りすぎによる急性膵炎にも注意が必要です。急性膵炎は、重症化すると多臓器不全や血液凝固異常を起こし、命に関わる可能性もある病気です。

豚のバラ肉や小間肉はスーパーでも安く売られていますが、犬に食べさせる時はしっかり脂身を取り除いてから調理しましょう。豚ひき肉は脂身を取り除くことができないので、与えないようにしてください。

少量から与える

豚肉を初めて犬に食べさせる時は、少量ずつ与えて様子を見ながら量を調整していきましょう。必ず与える必要はないので、犬が嫌がるようなら無理に与えることは控えてください。

豚肉にアレルギーのある犬もいるので、初めて与えた後は体調に変化がないか観察して、異常があるようならすぐに動物病院を受診しましょう。

豚肉は子犬に与えても大丈夫ですが、味がよいのでドッグフードを食べなくなることもあります。メインの餌はドッグフードにして、トッピングやご褒美のおやつなどに豚肉を取り入れるとよいでしょう。

犬への豚肉の正しい与え方と簡単レシピ

肉を前にした犬

簡単レシピ1「豚肉と野菜の蒸し焼き」

【材料】

  • 豚肉(赤身)
  • キャベツ
  • もやし
  • ニンジン
  • 塩(少量)

【作り方】
豚肉に脂身がついている場合は取り除き、犬が食べやすい大きさに切ります。野菜類も同様にカットしましょう。フライパンで豚肉を炒め軽く火が通ったら、野菜類を入れさらに炒めます。少量の水を加えフタをして蒸し焼きにしましょう。食材にしっかりと火が通ったら軽く塩を振り薄味に整えて出来上がりです。

簡単レシピ2「ほっこり野菜のかつお風味スープ」

【材料】

  • 豚肉
  • ジャガイモ
  • ニンジン
  • パプリカ
  • ブロッコリー

【作り方】
豚肉に脂身がついている場合は取り除き、すべての材料を犬が食べやすい大きさに切ります。だし汁に豚肉、野菜の順番に入れ一煮立ちさせましょう。アクが出てきたら取り除き、さらに5分程度煮込みます。豚肉に火がとおり、野菜が柔らかくなったら出来上がりです。

まとめ

肉を食べる犬

豚肉は犬に与えてよい食材であることがわかりました。健康的な身体づくり、疲労回復、病気の予防など、豚肉からはさまざまなメリットが得られそうですね。手作りレシピを参考にしたり、おやつとして与えたり飼い主さんの工夫次第で犬の食生活がよりよいものになります。

豚肉の与え方に注意をして積極的に犬の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ちびまま

    豚肉は、栄養が豊富で良いことばかりです。しかし、生肉は、生命の危険性が高いので細心の注意が必要と分かりました。チビは、体弱いので、犬用の鳥ササミのペーストを食べています。時々、贅沢も愛犬にはさせてあげたいですね。
  • 投稿者

    30代 女性 あんず

    うちは夜が手作りごはんなので、豚肉もよく使います。
    脂肪が多いバラ肉よりモモやヒレ部分などを使いますね。
    ビタミンB1は疲労回復にもいいので、運動した後の回復ごはんとして作ってあげたりしています。
    これからの時期は、ゴーヤチャンプルがおすすめです!
    気をつけなければならないのは、鶏と同じくちゃんと中まで加熱する事ですね。
    たまにスーパーで茹でた豚足など売ってる時があるので、そちらはおやつとしてあげる事もあります。
    食感が楽しいしコラーゲンたっぷりで関節やお肌にもいいですしね^^
  • 投稿者

    40代 女性 まみ

    記事を読んで、確かに犬のおやつはササミ等の鶏肉やビーフが多いと思いました。でも、人間と同様に豚肉に含まれるビタミンB1が犬にも良いと知りビックリしました。必ず加熱したものを与えれば犬の健康にもいいので、今後は少しづつ試してみようと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 まぴこ

    我が家は夜だけ手作り食なので、豚肉は頻繁ではありませんが食べさせています。

    特にドッグスポーツをした日のごはんは、良質なたんぱく質摂取と疲労回復のために、モモやヒレ肉などの赤身肉をあげるようにしています。

    豚肉を焼いて生のキャベツを添えたり、トマトや野菜と煮込んだり、もちろんわんちゃん用には味付けしないで作り、後で人用だけ調味しています。

    美味しいものは家族で一緒に食べたいので、我が家では食卓でわんこも人間も一緒にごはんを食べています。
  • 投稿者

    20代 女性 maimai

    普段から愛犬に手作りごはんを用意することが多く、身近な食材である豚肉も脂肪を落として使用していました。カロリーが気になりムキになって脂肪は避けてきましたが、少量であればコラーゲンも含まれ、むしろ体に良いこともあると知り安心しています。

    そして、犬はビタミンB1を体内にためておくのが苦手で欠乏しないように気を付けないといけない、ということを初めて知りました!牛肉比べると約10倍ものビタミンB1を含む、とのことですし、うちの場合豚肉アレルギーもありません。これからはもっと豚肉を使用する機会を増やしたいなと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 あいちゃん

    豚肉は、うちの家でも与えてます。鳥肉より、豚肉がいいです。豚肉で、お野菜巻いて、作り置きしてます。チ―ズを巻いたり。もちろん、動物用を使ってすが。美味しそうに、食べてますよ。
  • 投稿者

    40代 女性 ベル

    犬用おやつには豚耳や豚肉があるのに、なぜドッグフードには見かけないのだろう?と思っていました。豚肉はアレルギーが出やすいからなのですね。飼い主は疲労回復、ビタミンBの補給のためによく豚肉を食べますが、愛犬にはあまりあげたことがなかったので、これからは調理をして愛犬にもあげようと思いました。

    犬がビタミンB1を体内にためておくのが苦手というのは知りませんでした。ビタミンB1が欠乏すると、脳や神経伝達、運動失調など、障害が出てくるそうです。気をつけなければなりませんね・・。
    また、豚肉が疲労回復・ダイエット・夏バテにも効果的だなんて、高齢犬でぽっちゃりぎみのうちの愛犬にはもってこいの食材です!ビタミンBの補給だけでなく、これから暑い夏を元気にのりこえるためにも、豚肉は愛犬にとっても強いみかたになりそうですね!
  • 投稿者

    女性 KO

    我が家の愛犬のドッグフードは、いつもビーフかチキンが入ったウェットタイプのものです。いろんなものを試していたのですが、結局同じものに落ち着いてしまったので、豚肉をあげてみるという発想が今までなかったです!もちろん、豚肉の入ったフードも選んだことがなかったのですが、そういえばペットショップなどで豚肉入りのフードを見たことがありませんでした。結論的に、犬は豚肉も食べられるようですがアレルギーが出やすいというのも考えておかなくてはいけませんね。興味深い記事です!豚肉がビタミン豊富ということは知っていました。ただ、やはり生肉はウィルスが残っていたりするのが怖いので、ちゃんと茹でたり調理してものを使うようにしたいです。
  • 投稿者

    30代 女性 aoki

    真偽は定かではないですが、豚肉を使ったドッグフードをあまり見かけないのは、原価率が高いからだと聞いたことがあります。また我が家では、肉類のアレルギー発症のリスクを減らすため、定期的にドッグフードの種類をローテーションしています。牛→鶏→豚→魚、のように、同じものを食べ続けないよう気を付けています。
    蛇足ですが中医学で豚肉は体を冷やす作用があるとも言われていますので、我が家では夏になると、人間の食卓に豚肉が上がることが増え、愛犬のごはんも一緒に準備するため、結果愛犬にビタミンBの恩恵を受けさせてあげられていました。豚肉の効能を改めて知ったので、これからやってくる暑い夏に、愛犬のための手作りごはん、満身創痍で臨めそうです。
  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    うちの愛犬は貧血気味なので豚レバーは週1回与えていましたが、豚肉は出したことがありませんでした。こんなに栄養価が高いとは思っていなかったのと、牛肉や鶏肉に比べて脂の部分が多い印象だったので、なんとなくカロリーを考えて与えませんでした。

    疲労回復や夏バテにも効果があるなんて、これからの暑くなる時期に最適ですね!
    豚肉は犬には消化しにくい食材なので毎日は与えられませんが週1回くらい手作り食にした時に取り入れてみたいと思います。ピーマンと一緒に炒めることで、豚肉に含まれるビタミンB1で体力回復、ピーマンに含まれる抗酸化作用のあるビタミンC、血液の状態を改善するビタミンPを同時に取れ、豚肉とピーマンどちらにも含まれる鉄で、夏バテ貧血予防にもなりますね。

    豚肉の取り過ぎはよくないですが、食べさせてはいけない食品ではないので、上手く活用して良いとこ取りに利用したいです。
  • 投稿者

    女性 コロ

    確かに愛犬に与える肉類は鶏肉が多いので豚肉はあまり与えたことがなかったですね。
    豚肉は人間でも疲労回復にいいと言われていますが、犬でも同じなんですね!
    呼吸器系にもいいなんて初めて聞きました。季節の変わり目には咳が出るので、今度手作り食にする時は、豚肉も細切れにして少しだけ与えてみようと思います。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    人間用に買った豚肉を少し与えることがあります。豚肉は脂肪があるのでたまにご飯にトッピングする程度にしています。
    愛犬の調子が良くない時、豚肉を茹でて灰汁を取りそこに白米を入れて炊いたおかゆ(もちろん野菜も一緒に)にしたら、しっかり食べて翌日にはだいぶ回復しました。
    調子が悪くても豚肉は食べてくれたということは、体が欲している栄養だったのかもしれません。
  • 投稿者

    女性 Mae

    以前、犬に関するお店を開いている人から「犬は豚肉などの生肉を食べると良い」と聞いたことがあり、生肉にもビックリしましたが、豚肉にもかなりビックリしました。現在愛犬が食べているフードはほとんどチキンかビーフです。ポークと記載されたものをあまり見たことがありません。しかし、ビタミンも豊富なのでこれから注目できそうな食材ですね!
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家の柴犬、以前豚汁用に用意した生の豚肉を盗み食いしたことがあります(-_-;)
    1パックペロリ、当ワンは美味しかったようですが、その後ゲリゲ~リで病院にかかったり大変でした。
    ゆでたり焼いたりしたやつ少しだと大丈夫なんですけども。
    生肉は平気なコとそうでないコと分かれるようなので、注意が必要ですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんに豚肉を与える時のアドバイスをお願いします(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。