犬の重大な病気の兆候は「鼻水・鼻血・咳」に隠れている!

【獣医師監修】犬の重大な病気の兆候は「鼻水・鼻血・咳」に隠れている!

鼻水、鼻血、咳など、人間だったらよほどのひどい状態や慢性化したものでない限り、大病を疑うことは少ないですが、犬にとっては命に関わる病気の兆候であることもあります。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

鼻水、咳、鼻血からみた病気のサイン

伏せる犬

鼻水に現れる病気のサイン

犬の鼻が湿っているのが健康の印、なんてことを聞いたことがありませんか?
ツヤツヤとしてやや湿った鼻は健康な犬によく見られます。

でも、もし、犬が鼻水を垂らしていたらどうなのでしょう?

人間だったら、風邪かな?などと思いあまり心配しませんが、犬も同じなのでしょうか?
実は鼻水は犬の健康状態を表していることもあるのでよく注意しなくてはいけません。
というのは、細菌性やウィルス性の鼻炎や、鼻腔内の異物、腫瘍、寄生虫などが原因のことがあるからです。
また、鼻腔内や鼻周辺部のケガや腫瘍によって鼻水は出たり、 副鼻腔に近い上あごにできた歯周病や歯槽膿漏が原因で、副鼻腔炎を生じることで膿の混じった鼻水を出していることもあるのです。

老犬などがかかりがちですが、歯周病も犬にとってはそれがさらに大きな病気へと繋がることがあるので、予防はとても大切。
子供の頃から、歯磨きなどに慣れさせるなど、早いうちに対処すると良いでしょう。
鼻の長い犬種が比較的に鼻の病気にかかりやすいと言われています。

鼻水の種類

 
さて、鼻水にも粘りっけのあるものや水っぽいものなど様々な種類があります。
いずれの種類でも、ケンネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)にかかっている可能性を疑われます。
この病気の主な症状としては発熱、咳、嘔吐、下痢、そして鼻水などです。
そして、粘り気のある透明な鼻水が出ていたら、鼻腔内の腫瘍を疑うこともあります。
鼻水、くしゃみそして鼻血が初期症状として現れ、進行すると顔が腫れてしまうこともあるといいます。

アレルギー鼻炎なのかなどと思っていても、実は深刻な病気にかかっているかもしれない可能性があるのです。
鼻炎の原因はさまざまありますが、主な原因としては細菌や真菌などに感染したり、異物を吸い込んだことで鼻の粘膜に傷がついたり、アレルギーの発症などが挙げられます。
アレルギー性鼻炎は進行すると、黄緑色した膿が鼻水に混じってきます。

心臓との関係

また、鼻水は、心臓病などで、肺に水が溜まっていることから出ることもあります。
例えば、特に老犬がかかりやすい僧帽弁閉鎖不全症。
この病気は、心臓の弁が完全に閉じないことから、送り出された血液が逆流してしまうのです。
この病気は早期発見することで、病気の進行を遅らせることができますが、完治することはなく、心臓の働きを楽にする薬を投与して様子を見ていきます。

症状が進行した場合は、薬を増量したり、他の薬を併用したりします。
鼻水が出ることは、この病気が進行すると肺に水分が溜まるため、鼻水はこの肺の水分が原因の場合もあると言われています。
肺の水は利尿薬を投与することで、尿から水を出し心臓への負担を軽減させます。

鼻血に現れる病気のサイン

犬の鼻

さて、犬の鼻血ですが、普段から鼻から出血しやすかったり、少量でも慢性的に鼻血が出る傾向があるなどしたら、要注意です。
鼻の中に傷ができていたり、怪我や打撲や骨折などが原因で出血する、または鼻腔内の腫瘍、血液の病気、中毒症や感染症や血小板減少症などといったことも考えられます。
それ以外にも、ビタミン不足や過度な興奮状態に陥るようなストレス環境下で飼育されている事も原因になり得ると言われています。

自分の犬が鼻血を出しているからと、鼻の中に詰め物をして止血しようとするのはやめましょう。
獣医師に診断してもらい、必要があれば、様々な検査が行われ出血の原因を調べることになるでしょう。
鼻血が出る犬は、呼吸がゼーゼー荒くなったり、頻繁なくしゃみ、呼吸困難が起こることがあります。

咳は深刻な病気の兆候

先述した心臓病であるである僧帽弁閉鎖不全症では、症状が進行してくると、咳をしたり喉に何かが詰まったものを吐き出そうとするような咳をします。
また、咳をしすぎで、酸素不足が起こり、犬が眩暈を起こしたり、ひどい場合は気絶してしまうことがあります。
でも気絶したとしても、すぐに何もなかったように起き上がるので、一時的な気絶かと思って病気を見逃してしまうことがあります。
また、運動もしていないのに、息が荒かったり浅くて早かったり、ゼーゼーしたり、コフコフという咳を愛犬がしているのに気づいたら、フィラリアの初期症状を疑うこともできます。

フィラリアはそうめんのような形をした寄生虫で、蚊を媒介して犬の体内に入り、心臓や肺動脈に寄生します。犬がなんだか元気がない、大好きな散歩も一旦家の外に出ても、座り込んで歩きたがらない、今までそんな事なかったのに、散歩の途中で座り込んでしまう、また、気絶するかのように倒れてしまうなどといった兆候も見られるそうです。

毎月服用する予防薬や毎年フィラリア予防注射を受ける事で、フィラリアにかかる事を防ぐ事ができます。

まとめ

口をあけた犬

毎日の生活の中で愛犬のちょっとした変化を見つけるのは、簡単なようで意外に難しいものですが、 口の臭いを嗅いだり、遊びなどを通じて特に老犬は体に痛いところがないかなどを軽くチェックして、 日々ちょっと気になる健康や仕草などを日記などにメモしておくと良いかもしれません。
そんなちょっとした変化から病気を発見できることもありますので、いつも愛犬をよく見て、普段から健康に気にかけてあげたいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 ゆり

    鼻血はさすがに出たらすぐに獣医さんへ行きそうですが、鼻水は出ても様子を見てしまいそうな症状ですよね。咳もそこまでひどくなければ、何か詰まっているのかなぐらいにしか思わないかもしれません。愛犬のちょっとしたことでも、何かの病気と疑ってかかった方がよいですね。犬はただでさえ我慢強いですから、飼い主自身がその小さな声に気づいてやらなければ!
  • 投稿者

    30代 女性 もこじ

    うちの子はまだ8ヶ月のチワワなんですが、よく鼻水が光ってます。子供だなぁ〜とか言って笑ってたんですが、病気のサインだったなんて驚きです!
    垂れてる程は出てないんですが、水っぽいものが鼻の穴辺りに光ってることがよくあるので、次の休みにでも病院で診てもらおうと思います!これを読んでなかったら知らないまま悪化させてたかも!と思うと恐ろしいです。
  • 投稿者

    20代 女性 すず

    今回この記事を読んで色々と不安になりました。いまは我が家のわんちゃんは健康で元気いっぱいですが、この先なにがあるかわかりません。重大な病気にかかる可能性もあります。
    飼い主として出来るだけの病気予防などはしているつもりですが、私達にはどうにもならない場合もあります。とても不安なことですが、この記事を読んで病気の兆候やサインを知れたのでもし愛犬にそのようなサインが現れたらすぐに病院へ連れていこうと勉強できたので良かったです。大切な愛犬を守れる飼い主でいたいです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。