ドーベルマンが断耳、断尾するのはなぜ?手術の理由や病院費用について

ドーベルマンが断耳、断尾するのはなぜ?手術の理由や病院費用について

ドーベルマンの断耳とはなんでしょうか?ドーベルマンと言えば、ピンッと立った耳と端正な顔、スタイリッシュな体型、そして短いしっぽ。この姿が思い浮かべる方も多いでしょう。実はこの耳としっぽは、断耳・断尾といって、人工的に作られたものと知っていましたか?ドーベルマンはなぜ断耳や断尾をするのか、その理由と手術についてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ドーベルマンが断耳・断尾する理由

ドーベルマン

生まれたてのドーベルマンは、垂れ耳で長いしっぽなのをご存じでしたか?立ち耳と短いしっぽのイメージが強く、日本では飼育頭数があまり多くないドーベルマンなので、知らない人も多いでしょう。ドーベルマンの断耳・断尾については世界でもさまざまな意見があり、ドーベルマンの発祥の国であるドイツやヨーロッパ諸国では禁止されています。

現在日本では断耳・断尾について禁止されていませんが、動物愛護の観点から反対する意見や、ドーベルマンのブリーダー直販のもとにも「断耳・断尾しないでほしい」という購入者が多いようです。では、なぜドーベルマンは断耳・断尾をするのでしょうか?それは、ドーベルマンの歴史が関係しています。

1890年ごろ、ドイツで税金の徴収をしていたカール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン氏が、常に現金を持ち歩くという不安や危険性を払拭するため、「外見だけで恐怖を与え、人を寄せ付けない犬」としてドーベルマンを作り出しました。その威圧感や勇敢さが人気を集め、ドイツの警察犬として働き、第一次大戦でも軍用犬として活躍していました。

日本にも1930年ごろに大量のドーベルマンが軍用犬として輸入されています。このようにもともとは軍用犬であったため、立ち耳にすることで聴覚を鋭くし、しっぽを短くすることで少しでも弱点を少なくしたり、外見の印象に威圧感を持たせるために、断耳・断尾を行っていました。

また犬種標準(スタンダード)とよばれる、犬種ごとに決められた標準的な容姿をいい、繁殖指針として犬のあるべき姿が定められています。見た目に関することが細かく決められており、ドーベルマンの耳やしっぽに関しては下記のように定められています。

  • 耳:高位に付け根を有する耳は直立して維持され、かつ頭部に比例した長さに断耳されている。
  • 尾:尾は高位に付け根を有し、かつ短く断尾されており、その場合、尾椎骨2個は明白に維持されている。

この犬種標準に合わせるためだけに、ドーベルマンを始めとして断耳・断尾をしている犬種が多くいます。例えば断耳をしている犬種はグレートデーンやミニチュアシュナウザー、断尾をしている犬種はボクサーやミニチュアピンシャーなどが挙げられます。現在は「断耳・断尾に必要性を感じない」として、動物愛護の観点などから断耳・断尾に対する疑問の声も多く上がっているそうです。

ドーベルマンの断耳と断尾について

ドーベルマンの子犬

ドーベルマンの断耳とは

ドーベルマンの断耳は外科手術によって耳の一部を切り、直立耳を作り出します。「子犬の時期に手術による苦痛を与えるなんてかわいそう」と思われる方も多いでしょうが、獣医療の発展と高度な獣医さんの技術により安全に行われ、予後も良好というケースがほとんどだといわれています。

生まれたてのドーベルマンは垂れ耳ですが、生後8~9週齢のときに断耳の手術を行います。これは耳の軟骨が固くなり始める時期が生後8~9週齢であり、手術をしたあとはイヤーパッドにて真っ直ぐに立った状態で固定し、軟骨を固まらせます。2~3ヵ月間固定し続けることで、ピンッと立った耳を作ることができるのです。

やはりピンッと立った耳のイメージが強いからか、垂れ耳のまま成長したドーベルマンを見ても、ドーベルマンだと認識する人が少ないといわれています。垂れ耳のドーベルマンは優しい雰囲気と可愛らしさがあり、こんなにも印象が変わるものかと驚きます。

ドーベルマンの断尾とは

ドーベルマンの断尾は、生後3~5日に外科手術によって根元、もしくは中間部分から切ることで、短いしっぽを作り出しています。切った部分がきれいにまとまらない恐れがあるため、生まれてまもない時期に断尾する必要があるそうです。

ドーベルマンの断耳と断尾は必要?

耳を固定するドーベルマン

日本では飼育頭数が少ないドーベルマンですが、意外とみさなんの周りに断耳・断尾をしている犬種は多いのではないでしょうか。とくに断尾に関しては、家族として迎えたときにはすでに手術が行われているため、「もともとしっぽが短い犬種だと思っていた」と思い込んでいた飼い主さんも多いといわれています。ドーベルマンの断耳・断尾については、さまざまな意見があります。

断耳・断尾をする意見

  • 垂れ耳を立ち耳にすることで耳の中が蒸れず、感染症を予防できる
  • 耳を開けることで、さらに聴覚を鋭くすることができる
  • 軍用犬として仕事をする上で、弱点となる部分を少しでも無くす
  • 軍用犬として仕事をする上で、外敵にしっぽを踏まれるのを防ぐ
  • 犬種標準に合わせることで、あるべき姿としての美しさと完全性を見出せる

などが挙げられます。ケガや病気をしないように、予防として断耳・断尾をしていると考えられます。また、ドーベルマンという犬種に惚れ込み、誰よりも世話をし、誰よりも愛情深く接しているブリーダーさんからしてみれば、ドーベルマンの歴史やあるべき姿を守り続けようと努力していることも確かです。

断耳・断尾を反対する意見

  • 家庭犬として飼っているドーベルマンに、断耳断尾の必要性を感じない
  • 犬種標準に合わせるために断耳断尾をするのは、動物虐待

などが挙げられます。家庭犬として飼っているのに、断耳・断尾をする必要がないという意見が目立ちます。今もなお、実際に警察犬として活躍しているドーベルマンだけでなく、猟犬として飼い主さんと一緒に獲物を狩る犬種、家畜を統率するための働く犬種などが予防として断耳・断尾をしているのは分かりますが、家庭犬として飼われているドーベルマンに果たして断耳・断尾は必要なのか?という疑問の声も上がっています。

ドーベルマンの断耳と断尾の費用について

ドーベルマン

断尾に関しては、生まれた動物病院において獣医さんのもとすぐに行われます。動物病院によって異なりますが、費用はおよそ2~3万円となっています。断耳に関しては行うことができる獣医さんが少なく、通うまでの費用や受診料を考えると、動物病院によって異なりますが費用はおよそ5~15万円となるでしょう。

まとめ

ドーベルマンの親子

「ドーベルマンはピンッと立った耳がかっこいい」「断耳・断尾は動物虐待だ」など、ドーベルマンに限らずですが断耳・断尾について賛否両論です。飼い主さんの趣向、ドーベルマンへの想い、断耳・断尾への考え方などが人によって全く違うので、難しいところです。

結果、断耳・断尾をしようがしまいが、飼い主さんと愛犬が幸せならどちらでもいいのかなとも思います。もしドーベルマンを飼うとしたら、あなたはどちらのドーベルマンを選びますか?ピンッと立った耳と短いしっぽを持つ、ドーベルマンとしてのイメージが強い子か。ドーベルマンのイメージとは違う、垂れ耳が可愛らしい本来の姿か。正直、悩んでしまうところではないでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    難しいですね。。でも私は断耳、断尾の必要性がないならやるべきではないと思ってしまいました。
    もともとはドーベルマンは使役犬だったかもしれませんが、今は一般家庭で飼われているワンちゃんをなぜ断耳、断尾をしなければならないのかがわかりません。ワンちゃんが痛い思いをするだけですよね。
    昔からの歴史などもわかりますが、私はやるべきではないと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 Haru

    考え方としては色々とあると思うんです。
    社会も人の意識も進化してきています。かつては常識だったことが現代では非常識となったり、誰かや何かを傷つけるものであれば、伝統であっても捨てねばならないこともあります。
    さて、以前、TVにもよく出演しておられた有名な獣医さんの本には、ドーベルマンの断尾、断耳は飼い主と犬とが共に乗り越える大切な儀式であり、これによって本当に絆が強まる、というようなことが書かれていたのを読んだことがあります。賛否はともあれ、そういう考え方もあるのか、と思いました。
    いっぽう、断尾した犬はしっぽの付け根が常に緊張して固くなりがちであったり、幻肢痛のようなものを感じているという説もあります。
    過去の歴史に基づいて、ではなく様々な要素を総合して考えるべきことだと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 すず

    この断尾と断耳は必要と思う人とそうでない人が別れる問題ですよね。必要という理由も理論的にはわからないわけではないです。ですが、わたし個人としては必要のないことだと思います。
    わたしはわんちゃんは家族として一緒に生活するだけなので全く必要のないことなのです。わんちゃんがどうやって生きていくのかにより必要なわんちゃんもいると思いますが大好きなわんちゃんがそういったことをされている子もいると思うと胸が痛みます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 小桃のかあやん

    我々がイメージするドーベルマンは、たいてい断耳断尾している姿です。それがその犬種であることの証であり、人間と生きてきたことの歴史だと言うのは、ある意味本当なのでしょう。
    しかし、それは人間によって作られた姿であり、ドーベルマン本来の姿ではありません。
    断耳や断尾が、その犬種独特の病気などを防ぐという意味があるならともかく、人間の都合で犬を傷つけ、形をかえてしまうのはいかがなものでしょうか。
    今、ペットとして飼育されている犬は、人間と同じ環境で暮らし、使役されることはありません。そして、特に必要もないのにわが子(ペット)に傷をつける飼い主がどのくらいいるでしょうか。おそらく、皆さんは自分の大怪我より、ペットの小さな傷の方が心配なくらいではないですか?
    こんな時代に断耳や断尾は不必要です。

  • 投稿者

    20代 男性 go

    非難覚悟で言うと、見た目も愛される要因のひとつだと思うのです。ド―ベルマンの立ち耳と断尾された尻尾が好きな人にとってはそれは大きな要因になります。飼い主と飼い犬の関係でいちばん良いのは、お互い愛されていることだと思うので、一概に悪いことではないような気もします。歴史的な背景を顧みると、断耳や断尾は、きちんと獣医によるケアがされていれば容認されても仕方ないことだと思います。うちにいる犬は、トリミングが必須な犬で、ブリーダーによっては狼爪を赤ちゃんの時に除去します。狼爪はあってもいいけど、先々長いトリミング生活にとっては邪魔なものです。うちの犬は狼爪があるため、良くブラッシングをしていると引っ掻いてしまって邪魔だな、と内心思っていますが…。これもド―ベルマンの断耳や断尾と同じ論争になる話題だと思います。
  • 投稿者

    女性 シューバート

    小さい頃テレビで観たドーベルマンに憧れを抱いた記憶があります。家の都合などもあり、我が家では小型犬しか飼ったことはありませんが、犬が大好きな叔父が飼っていたことがあります。とても賢くて忠実で優しい犬でした。叔父の犬は断尾や断耳はしていませんでしたが、周りのドーベルマンを飼っている人の中にはこれらを犬に行っている人たちもいたようです。叔父も最初はどうしたら良いのか悩んだようですが、結局はしないという決断をしたようです。なぜなら家庭犬は必要が無いという考えでした。昔は働く上で怪我の防止で必要だったのかもしれませんが、近年はほとんどが家庭犬ですよね。無理に手術をしてまでしなくても良いような気がします。しかし、こればかりはその飼い主さんの考え方でもあるので、難しい問題ですよね。
  • 投稿者

    30代 女性 はなぽん

    うちはミニチュアシュナウザーを飼っていますがうちに迎えたときというか、初めて会った時から断尾はおこなわれていました。以前はラブラドールを飼っていたので、断尾に関しての知識がまったくなく今の子を迎えてからいろいろな情報を知りました。使役犬だったころの名残のようですが、断尾の行い方を知ったときはショックでした。生後間もないから痛みを感じないというものでもないと思うのですが。いろいろな方の意見があり様々な見方もあると思いますが、自分で断尾をするとなると決してできないと思いますが、うちの子はすでに短い尻尾です。現実は知っておこうと思い、断尾の方法や失敗した例なども見ました。大切な家族の一員ですので、いいことも見たくないこともちゃんと知ることが最初の一歩かなと思っています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    一般家庭で飼うには必要なしだと思います。が、
    私のドーベルマンのイメージは断尾・断耳を施した外見が強いです。
    それもその犬種の特徴と言えるのではないかと_。
  • 投稿者

    男性 匿名

    何をもって動物虐待とすろのか?に関わる複雑な問題だと思います。
    使役犬としての歴史的背景からの外見を重視するのか、生まれたままの姿で構わないと思うのか、
    どちらの言い分も明らかな間違いとは言えず、現にEU圏内でも断耳、断尾を禁じていない国からドーベルマンを輸入したり、そういう国で手術をする例があるようですし、
    断耳、断尾を禁じたことでドーベルマン人気が低迷したという話も耳にします。
    これはあまりに極論かもしれませんが断耳、断尾をすることイコール虐待と定義付けしてしまうのも些か幼稚な感情論に思えてしまう場合もあります。
    現に断耳、断尾されてなくとも虐待されている犬は存在しますから…
    私としては断耳、断尾を施そうと施すまいと、飼い主が持てる愛情の全てを注いでいるかどうかが犬にとっての一番の幸せではないかと思います。
  • 投稿者

    女性 福ちゃん

    ドーベルマンの断尾と断耳は賛否両論あると思います。私自身は断固として反対です。見た目重視の断耳と断尾ならば、やって欲しくはありません。また、犬のことをよく知らない人はドーベルマンは元から短い尾っぽを持っていると思っている人が多いと思います。人工的に切るということを聞いてショックを受ける人もたくさんいると思います。ドーベルマンを飼う前には、このような事実を知っておいた方が良いですね。
  • 投稿者

    女性 バニラ

    確かにピンっと耳とシッポが立ったド―ベルマンの精悍さはとびきりですよね。本当に美しい。
    でも垂れ耳のド―ベルマンもとってもかわいいです。
    断耳、断尾は賛否ありますが、やはり飼い主さんが考えて決めることだと思います。
    私は犬と飼い主さん家族が幸せならどちらでもいいと思います。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    断耳、断尾に関しては個人的には反対派です。垂れ耳のドーベルマンも十分に凛々しいです。怖い印象も減り温和な雰囲気が出るので、家庭で飼われるなら断耳、断尾しなくてもいいと思います。
    ですが実際に警備など現場に置く場合は、見た目も大事になるでしょうからそれは飼い主さんの判断ですね。
  • 投稿者

    女性 コロ

    例えば猟犬で必要があって断尾している犬種もいるので、そういう場合の処置は致し方ないのかなと思っています。ただ、ドーベルマンのように、外見だけのための断耳断尾は判断に困るところですね。
    外見重視では犬の中身を見ていない気がしています。
  • 投稿者

    30代 女性 はな

    ただ1言、反対です。色々言葉を濁すけど要は美容目的で無駄な苦痛です。
    私はてっきり、そうしなければ重大な病気になるのだと思ってTVなどを観てました。

    慣習で言いにくい雰囲気がある…というだけで今も反対意見をオズオズ言わないといけないなんて。
    「賛否両論」なのがおかしな話です。

    ブリーダーが麻酔を行わず切り落とす(最もお金がかからない方法)のを
    虐待といわずして、なにを虐待と呼べばいいんでしょう。

    必要があるから生えてるものを切り落す人こそ、究極の過激派です。

    「人気が廃れるかもしれない」
    …それで不利益をこうむるのは、その犬種を売り物にして商売をしている
    ブリーダーやペットショップで…犬自身ではありません。
    かえって、無理な繁殖で不幸になる犬がいなくなるくらいでしょう。
    生きものに人気やブームというのが、そもそもオカシイ。

    犬自身は、終生愛情をもって育てられればそれが1番幸せです。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    そうしなくてはならなかった昔と違い、今は家庭で飼われることが多いので、断耳・断尾の必要性は殆どないと考えています。犬が痛覚を感じない時期に手術を行っているとは言っても、実際に本当に痛くないのかはわかりませんよね。
    ドーベルマンのあの見た目が良いとされる方がいるのもわかりますが、整形のように人工的に作られた見た目だとわかっているのかなと思います。産まれたままでいいと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。