犬のしもやけにご用心!対策から注意点まで

【獣医師監修】犬のしもやけにご用心!対策から注意点まで

冬にワンちゃんを悩ませるもの。そう、しもやけです。人間だけではなく、犬にもしもやけはあります。今回はしもやけ対策・予防グッズや予防方法をご紹介いたします。しっかり対策をして、冬のお散歩を楽しみましょう!

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

足や耳など、意外と多い犬のしもやけ

手袋

この時期悩まされるもの。そうしもやけです。寒さや冷えによって血流が悪くなることで起こる炎症です。人間が悩まされるこのしもやけ、ワンちゃんも同じように悩まされているのです。
寒さや暑さに悩むのは人間もワンちゃんも同じですね。
しもやけになりやすい部位としては外気と触れる部分である耳たぶ、頬、肉球、尻尾などが挙げられます。原産国が寒い国であるワンちゃんでも、露出している部分は寒さに弱いので油断は禁物!毎日しっかりとチェックしましょう。

雪道の散歩などで濡れて冷えた部位をそのままにすると冷えて血行が悪くなるので、ドライヤーやタオルで乾かして、お湯で温めたタオルなどでゆっくりと温めてあげてください。

愛犬のしもやけ対策

しもやけ対策グッズ

スヌード


【PUPPIA】エクスプレススヌード M ブラウン

耳が大きく薄い犬種は耳が凍傷になってしまうこともあります。
そんなワンちゃんのために、耳を汚さない、冷やさないためにスヌードが役に立ちます。外気に肌を触れさせないだけでも効果はありますよ。

洋服との一体型や、スヌードの単体型など様々な種類があるので、飼い主さんも楽しめると思います。
手作りもできますので、裁縫が得意な方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

以下の様な可愛いスヌードも!
来年は申年なので、このスヌードをかぶせて散歩するのも良いかもしれませんね。

さるのスヌード


RADYモコモコスヌード L パンダ(1)

犬用の靴


【Youth】 雨の日 愛犬 のお出かけに!! 犬用 防水 滑り止め ラバー レインブーツ 黒 L 《レインシューズ 4足セット ブラック L》

ワンちゃんの肉球やその周りを保護するために、靴を履かせるというのも選択肢のひとつでしょう。
最初は嫌がるかと思いますが、無理をさせずに、ゆっくり慣れさせていきましょう。まずは靴を履くことから始めてみてはどうでしょうか。

布製やナイロン製、ゴム製などがありますが、凍傷予防ということでゴム製のものが良いでしょう。
靴を履くことに慣れてくるメリットもあります。

災害で非難しなければならないとき

ゴム製の靴を履いていると割れたガラス等の危険なものを踏んでもけがをする可能性は低くなります。

フローリングでの転倒防止

フローリングのお家でワンちゃんを飼っている方も多くいらっしゃると思います。
元気の良いワンちゃんだと走り回り、フローリングで滑って怪我をする子もいます。また、高齢犬になるとただ歩いていても転倒する危険性があります。
そういったときに、裏に滑り止めがついた靴下を履くと良いでしょう。
このようにしもやけ対策が、他の危険なことに対する対策にもなるのです。


【ノーブランド品】犬用 防水シューズ レッド 4号

しもやけに注意が必要な犬種

ビーグル

しもやけになりやすい特徴と、犬種を挙げていきます。
以下の特徴を持った犬種はしもやけに要注意です。毎日の健康チェック、散歩の行き帰りでのしもやけチェックをしっかりと行うことが大切です。

耳が大きく薄い犬種

  • ビーグル
  • バセットハウンド
  • ダックスフンド
  • キャバリア

寒さに弱い犬種

  • チワワ
  • ウィペット
  • ミニチュアピンシャー
  • ボクサー
  • ドーベルマン

まとめ

防寒グッズ

ワンちゃんのしもやけ、人間だけだと思っていたら大間違いですね。肉球や耳など直接外気に触れる部分は人間と同じようにしもやけになってしまいます。
酷い場合には凍傷になり、そこから出血してしまうことも……。
健康的な食生活も重要ですが、散歩のときの対策も大事なことです。

今回ご紹介した、しもやけ防止グッズはほんの一部です。手作りのしもやけ防止グッズを作ることも、冬の楽しみに追加してみてはいかがでしょうか?手作りだと使用時の気持ちも違ってくるかと思いますよ!

しもやけ防止グッズの使用や注意点などを守ってワンちゃんと冬のお散歩を楽しみたいですね!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ととりこさまんさ

    恥ずかしながら、犬もしもやけになる事があるというのを初めて知りました。
    私自身は子どもの時にしもやけに悩まされた(辛い思いをした)経験があるので、知ったからには、愛犬をしもやけには絶対したくないなと心から思います。
    しもやけになるメカニズムは人間の場合と同じようですね。
    長時間寒い場所を散歩したり、冷たい雪の上を散歩して足が濡れたりした際に
    露出している部分(耳、顔、腹、肉球)を冷やし過ぎて血行が悪くなる→室内で急激に温められ
    あの憎たらしい痒みが起こります。
    理由がわかっている人間でも、あの痒みには本当にイライラしますから
    わからない愛犬にとっては、相当のストレスになること、間違いありません。
    冬、雪の中のお散歩で濡れた場合はぬるま湯でしっかり洗い、しっかり乾かすことで
    随分と予防になると思います。
    また、記事にもあるように、ビーグルやキャバリアのような耳の大きな犬種
    寒さに弱い超小型犬は、スヌードやダウンジャケットのようなものも上手に活用したいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 もも

    お恥ずかしながら犬もしもやけになるという事をはじめて知りました。うちのわんこは雪の日のでも歌にあるように雪道を平気で駆けずり回るので気にしたことがありませんでした。普通に考えれば感覚麻痺しますよね、靴もいいものが出来ているようなのでやはりアスファルトを歩かせるとき何か危ないものを踏みつけないかと気になっていたので何度か靴下を履かせたことはありますが、ラバーのすべりどっめがついたものでもあっという間に破けてしまうので、もっと丈夫なものが欲しいと思っていました。
    犬にとって足の裏(肉球)は触られるのを嫌がるくらい敏感な場所ですので常にケアしてあげることが大切かと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。