寒い冬には犬の下痢が増えるのは勝手な思い込みだった!?

【獣医師監修】寒い冬には犬の下痢が増えるのは勝手な思い込みだった!?

お気に入りに追加

あなたの愛犬の下痢、冷えが原因で起きているわけではないかもしれませんよ。人と犬では、下痢を起こす原因が微妙に違うのです。その意外な原因をご存知でしょうか?

10502view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

イメージが先行?冬場に犬の下痢が増えると思われているわけ

寒がりな犬

めっきり寒くなってきましたね。急な気温の低下で体調を崩している方もいるかもしれません。我が家のトイプードルも、寒そうに丸まって寝るようになりました。私が寝転んでいるとお腹にくっついてくるのは、冷え性の私を気遣ってくれているのでしょうか。

こんなに寒いと、犬もお腹を下しがちになるでしょう。可哀想に思い、布団をかけてあげようとすると睨まれてしまいました。そこで犬のお腹を触ってみると、ほかほか温か~い。
あれ?犬はお腹が冷えないの?

冬場になるとサイトの検索率が高くなる「下痢症」。ですが、動物病院の先生のお話によると、冷え性が原因で下痢を起こす犬は稀だそうです。

これは驚きです!私はてっきり、犬も人と同じように、お腹を冷やすと下痢をしてしまうと思い込んでいました。
しかし、よく考えてみると犬はもともと寒さに強い動物ですものね。
「♪い~ぬはよろこ~びに~わか~けまわりっ♪」と歌詞にもされているぐらいです。

それなら、犬の下痢の主な原因って一体何なのでしょうか?

人と犬の下痢の原因の違いとは

雪の上の犬

犬の下痢の原因として考えられることを挙げてみました。

犬の下痢の原因として考えられること その①「ウイルス」

人も、冬になると風邪を引きやすくなりますよね。これはウイルスが乾燥を好むためだと言われています。

Q.犬もウイルスで下痢を起こしているのでしょうか。

A.混合ワクチンを定期的に追加接種していれば、その心配はほとんどないと言ってよいでしょう。

これには一安心。ウイルスによる下痢でないとしたら…。

犬の下痢の原因として考えられること その②「いつもと違う食事」

冬はイベントが盛りだくさん。クリスマスに大晦日、お正月。なんだかそわそわ浮き立つ季節です。一口だけ、といつもと違う食べ物を与えてしまうこともあるかもしれません。

Q.いつもと違う食事でお腹を壊しているのでしょうか。

A.可能性は大いにあります。

しかし、この場合なら飼い主が気づきそうなものです。ですから、これが原因でインターネットで「下痢症」と検索する人が急増しているとは考えにくいですね。

実は、犬の下痢の原因の第1位は「ストレス」だった!

ウイルスでも食べ物でもないとすると、一体何が原因なのでしょう…。

実は、犬の下痢の原因で意外と多いのが「ストレス」なのです!

年末年始は来客が増えたり、ペットホテルに預けられたりと、いつもと違う環境に置かれることがあります。これが犬にとって大きなストレスになり、下痢症を引き起こしているのかもしれません。

私たち人間も、緊張感からお腹を下してしまうことってありますものね。しかし、犬と人はこんなところも微妙に違うのです。
人はストレスを感じたら下痢を引き起こすことが多いですが、犬の場合は、状況が落ち着き緊張状態が解けてから症状が現れます。そのため、飼い主が原因に気づきにくい。だから、人と同じように冷えからくる下痢だろうと考えてしまいがちなのです。

まとめ

雪の上の犬

犬の下痢は、めずらしい症状ではありません。
食べ過ぎたときや、いつもと違う食べ物を食べたときにお腹を壊しているようであれば、食の調整をすることで改善されます。犬にストレスがかかっていないか、今一度生活を見直すことも大切です。

ここで注意したいのが、下痢と合わせて嘔吐・元気がないなどの症状が見られた場合です。
このように下痢以外の症状も併発しているようであれば、最悪の場合命に関わる恐れもあります。すぐに病院に連れて行きましょう。
他の症状が見られないときでも、血便が出ているようであれば一度受診することをお勧めします。

医師にとって重要なのは、飼い主による情報です。
特に、

  • 便の状態
  • におい
  • 回数
  • いつもと違う食べ物を与えていないか
  • 誤飲の可能性
  • 環境の変化はなかったか
  • 普段と違う様子はなかったか

など、出来る限り詳しく伝えられるよう、愛犬の様子を観察しておくことが必要です。

ちなみにうちの場合は、便を持っていき検査してもらうことにしています。これはかかりつけの病院の先生に教えてもらった方法なのですが、てっとり早くておすすめです。

現在1才3ヵ月のわが家のトイプードルは、もともとお腹が弱いようで、何度も病院に足を運びました。
6kgあった体重が500gも減ってしまい、お腹を痛がる姿を見ているのは本当に辛かったです。ですが、その度に先生がいろんな方法を提案してくださったので、私たち家族がしょげていてどうする!と強い気持ちになれました。

愛犬が下痢を起こしたとき、犬の下痢の原因第1位である、ストレス性の下痢症を疑ってみてください。それでもおかしい、何か気になると思ったときはプロに頼ってみてください。たかが下痢、されど下痢ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。