犬に食べさせてはいけない絶対NGな『冬の食材』3選

犬に食べさせてはいけない絶対NGな『冬の食材』3選

この記事では「犬に食べさせてはいけない絶対NGな『冬の食材』」をテーマに、ワンちゃんに食べさせてはいけない冬の食材をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に食べさせてはいけない絶対NGな冬の食材1:ネギ

長ネギ

まず紹介する食べさせてはいけない、絶対NGな冬の食材は「ネギ」です。ご存じの飼い主さんもいるかと思いますが、ワンちゃんがネギを食べることによって中毒を引き起こす危険性があります。血尿、貧血、嘔吐、下痢、動悸が主な中毒の症状で、食べた直後ではなく、数時間〜二日ほど経過してから症状が出ることもあるため、万が一食べてしまったのであればしばらくはワンちゃんの様子を見るようにしてください。

犬に食べさせてはいけない絶対NGな冬の食材2:刺身

刺身の盛り合わせ

刺身をワンちゃんに食べさせることも絶対にしてはいけない行為です。愛犬に魚を与える際は生ではなく必ず加熱をする必要があります。

野生で暮らしていた犬の祖先は生で魚介類を食べる機会がありましたが、家庭内で飼われているワンちゃんは生魚に対する耐性がありません。このような理由から、刺身を与えることによって食中毒になってしまう可能性があるため与えないようにしてください。

犬に食べさせてはいけない絶対NGな冬の食材3:お餅

炭火で焼いたお餅

最後に紹介する食べさせてはいけない絶対NGな冬の食材は「お餅」です。お餅の原材料はもち米で決して消化できないわけではありません。ただし、お米に対してアレルギーがある場合はやめておきましょう。

また、ワンちゃんは噛まずに早く食事をすることが多いため、あまり噛まずに飲みこんでしまい詰まらせる可能性もあります。人間と同様で餅を詰まらせると窒息し命に関わる可能性があることから、どうしてもワンちゃんにお餅を与えたい場合は、細かく刻み少量ずつ与えるようにしてください。

与えすぎもNG

蒸したサツマイモを待っている犬

食べさせてはいけない食材を与えないのは当然ですが、与えても平気な冬の食材であっても与えすぎには注意しなければいけないものもあります。

代表例として焼き芋です。甘くて温かく食物繊維も豊富なため寒い時期に合いますが、与えすぎるのは禁物ですす。なぜかと言いますと、焼き芋には糖分が多く含まれているため、多く摂取してしまうと肥満になってしまうからです。また、食物繊維が多く含まれていることから下痢をしてしまうリスクもあります。

しかし、それ以上に焼き芋を与えて得られるメリットや、もらって嫌がるワンちゃんが少ないことから、愛犬の身体の大きさに適した量を与えてあげると、このような心配もなく喜んで食べてくれると思います。与える際は、当然ですが熱いまま与えるとヤケドをしてしまう恐れがあるため冷ましてから与えるようにしてください。

まとめ

舌舐めずりをしているダックスフンド

その中でもネギは与えてはいけないものとして有名なためご存じの方もいるかもしれませんが、甲殻類や刺身など肉食の犬なら一見食べても平気そうなのに、盲点となる食材も含まれています。美味しい旬の食べ物を愛犬と一緒に食べたいですが、ワンちゃんの身体のためにも絶対に与えないようにしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。