犬はアーモンドを食べても大丈夫?

犬はアーモンドを食べても大丈夫?

最近、健康食材として注目度の高いアーモンド。ミルクやオイルの形でも購入でき、愛犬にも取り入れたいと思う飼い主さんもいるかもしれません。しかし、犬が食べても良い食材なのかわからなくて悩んでいる人も多いはず。そんなお悩みにお答えします。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

犬はアーモンドを食べていいの?

大量のアーモンド

結論から言いますと、アーモンドは犬が食べても大丈夫ですが、積極的に与えるものではありません。

まず、アーモンドには犬に有毒な物質は含まれておらず、犬の健康にも役立つ成分が含まれてはいます。しかし、犬にとっては2つの危険性がある食べ物で、積極的に犬に食べさせるように勧められている食べ物ではありません。

消化にはあまりよくないのですが、栄養成分は非常に優れています。

与え方と与えていい分量

ご飯を待つ愛犬

細かく砕いて与える

喉や腸に詰まらせないサイズを少量だけ、さらには摂取する脂質の量がその子にとって多くなければ、アーモンドを食べても大丈夫だと考えられます。

例えば、ビタミンEやオレイン酸などの健康に良い成分を摂らせたくて飼い主さんが犬にアーモンドを与えたい場合はどうでしょうか?この場合には、適量をごはんの材料やトッピングとして使い、下痢や嘔吐を起こさず、犬も好んで食べるのであれば良いのかもしれません。

ただ、アーモンドを使ったり脂肪分が多めのごはんを食べると犬の体調が悪そう、嘔吐や下痢をするといった時には、そのごはんの脂肪分が愛犬には多過ぎることが考えられます。その場合は、アーモンドを使わないレシピや脂肪分の少ないごはんに変えてみましょう。

与えても良い分量

基本的にアーモンドには与えていい量は明確に決まっていません。ですが、カロリーを目安にするのであれば、一日の摂取カロリー量の20%とされています。例として、小型犬(5kg)であれば、一日に1~3粒までに抑えておくことが無難です。

ただし、これは目安ですので、愛犬の年齢や体質、体格によって適切な分量が異なります。あらかじめ愛犬の体重とフードのカロリーから計算したり、栄養学に詳しい獣医師へ確認しておくと良いかもしれません。

アーモンドを与える危険性

啓蒙をしている女性

食道閉塞や腸閉塞のリスクがある

犬がアーモンドを丸ごと食べてしまった場合、その大きさと形から食道や腸で詰まってしまう危険性があります。これは特に小型犬で問題となります。

もしも人間用に置いていたアーモンドを盗み食いしてしまったら、「いつ」「どれくらいの量を」「どんなサイズで」食べたのかを、かかりつけの動物病院に伝えて対応を相談しましょう。

自宅で無理に吐き出させようとするには危険が伴いますのでやめましょう。すでに気持ち悪そうにえずく様子を見せていたり、元気や食欲がなくなっていることがあれば、すぐに愛犬に治療を受けさせてあげることが必要です。

胃腸炎や膵炎のリスクがある

脂質が多く含まれるアーモンドは、胃腸炎や急性膵炎を引き起こすリスクも指摘されています。

急性膵炎は、激しい嘔吐や下痢などから全身に悪影響が及び、急激に体が衰弱します。早く治療が行われれば回復することも多いですが、治療が遅れると合併症を起こして、最悪の場合は死に至ることがある病気です。

特に、これまで膵炎を発症したことがある子や、脂っぽいご飯を食べるとお腹を崩しやすい子にとっては、アーモンドは避けるべき食材です。

アーモンドを使った食べ物にも注意

アーモンドチーズやアーモンドフィッシュ、アーモンドチョコレートなど、アーモンドを使った人間の食べ物はたくさんあります。

アーモンドが小さく切ってあるアーモンドチーズやアーモンドフィッシュは、少量を食べてしまったとしても、その後嘔吐や下痢などをしなければ大丈夫です。

また、アーモンドチョコレートに使われているチョコレートを犬が食べると、チョコレートの種類と摂取した量によってはテオブロミンという成分による中毒を引き起こします。チョコレート中毒を起こしてしまうと、最悪の場合は死に至る可能性もありますので、やはり与えてはいけません。

関連記事
犬はチョコレートを与えてはダメ!食べたときに飼い主がやるべきこと
犬はチョコレートを与えてはダメ!食べたときに飼い主がやるべきこと

なぜ犬にチョコレートを与えてはいけないの?犬がチョコレートを食べてはいけない原因となる成分は何?どのぐらい食べたら危険なの? そんな犬とチョコレートの関係について詳しく説明していきます。

  • 食べ物
  • その他食べ物・飲み物

加工したものは与えても良いのか

加工したアーモンド

アーモンドは、アーモンドプードル(パウダー)やアーモンドバター、アーモンドオイル、アーモンドミルクなどの形状でも売られています。

アーモンドプードルはアーモンドをパウダー状にしたもの、アーモンドバターはアーモンドを挽いたものですので、基本的にアーモンドと同じです。

ただし、犬も健康を保つために脂肪分を摂取する必要がありますので、犬の手作りごはんの材料として使うオイルにアーモンドオイルを用いることはできるでしょう。

アーモンドミルクは、アーモンドと水が基本的な材料ですので、量あたりに含まれる脂肪分も少なくなり、手作りご飯の材料やドライフードへのトッピングとして使えるかもしれません。

しかし、犬がアーモンドを食べないと摂取できない必須の栄養素はありませんし、ナッツ類には犬が食べてはいけないものもあるので、アーモンドを犬に与えることは積極的には推奨されていないと理解しましょう。

その他のナッツ類は与えても大丈夫?

ミックスナッツ

クルミ、ピーナッツ(大丈夫)

これらはアーモンドと同様に考えることができます。つまり、喉や腸につまらず、少量食べるだけで脂肪分がその犬にとって多過ぎなければ大丈夫だと考えられます。

しかし、実はピーナッツは豆類で、木の実であるアーモンドやクルミ、その他のナッツ類とは区別して考えるべきものだそうです。

現在のところ、アーモンドを含む「木の実」であるナッツは犬に与えることは積極的には推奨されておらず、豆類であるピーナッツは適量であれば(多過ぎなければ)犬に与えても大丈夫だとされています。

マカダミアナッツ(危険)

同じナッツ類でも、マカダミアナッツは犬に絶対に与えてはいけない危険な食材です。なぜ、犬に影響が出るのかといった理由や、どれくらいの量を食べてしまうとダメなのかは分かっていません。ですが、犬はマカダミアナッツ中毒を起こします。

食べてから12時間以内に、元気がない、嘔吐、下痢、高熱などの症状が出ると言われています。

まとめ

アーモンドには犬の健康にも良いビタミンEや不飽和脂肪酸が含まれていて犬に毒性を示す物質は含まれていませんが、犬に与えるには注意が必要で、積極的には犬に与えることが勧められていない食材であることが分かりました。

アーモンドやアーモンドオイルなどを使った犬の手作りごはんやおやつのレシピはたくさん紹介されていますが、その犬の体質に合えば大丈夫、ということなのでしょう。

アーモンドが犬にとって危険になるかもしれない原因の一つである脂肪分は、犬が摂取する必要のある栄養素でもあります。何事も、その犬ごとの適量が大事、ということですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんにアーモンドを与える時のアドバイスをお願いします(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。