犬にもほうれん草は栄養満点!ぜひ与えたい野菜

5085view

犬にもほうれん草は栄養満点!ぜひ与えたい野菜

犬にもほうれん草は与えても良いのでしょうか?栄養が豊富な野菜といってまず思いつのがほうれん草です。和食にも洋食にも合う食材として人気がある、ほうれん草についてご紹介します。

犬にほうれん草を与えても良いもの?

緑黄野菜として栄養満点なほうれん草。愛犬に与えても良いものであれば、栄養面としてはぜひ与えたいものですよね。
今回はそんなほうれん草を与えても良いのか、悪いのかを調べたのでご紹介したいと思います。

ほうれん草の写真

ほうれん草は与えてもOK!

与え方さえ注意すれば特に問題はありません。
やはり栄養価が高い食材でもありますので、これを愛犬に与えないのはもったいないですよね。
ただ、与えてはいけないものではありませんが、多く与え過ぎてしまうことに注意が必要な野菜のひとつです。

犬に与えても良いほうれん草の栄養は?

栄養満点と言われていますが、では実際どれだけの栄養が含まれているのでしょうか?

鉄分

ほうれん草に含まれている鉄分は、牛レバーと同じくらいといわれています。さすがほうれん草の代表的な栄養素ですね。
鉄分は赤血球をつくる材料になり、摂取することで貧血予防になります。

βカロチン

抗酸化作用のβカロチンは、活性酸素の働きを抑制するので、がんの予防などに効果があります。
なお、100gのほうれん草で1日に必要な量の40%を摂取することができるといわれています。

ビタンミンC

免疫力を高めて感染症の予防になり、コラーゲンの作成を促進させるので、しみなどを防ぐ美肌効果やアレルギーを緩和する効果もあります。

カリウム

カリウムは取り過ぎた塩分を体外に出す栄養素の代表ともいえます。それだけでなく、血圧を下げる効果があるため、むくみの解消にも有効です。

上記の栄養素以外にも、マンガンやビタミンB12、葉酸、マグネシウム、亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。

このように、ほうれん草の中にはたくさんの栄養素が含まれており、風邪やがん、動脈硬化の予防、血圧低下の効果、皮膚の健康にとても効果的で、ぜひとも愛犬に与えたい食材です。

ほうれん草の写真

犬にほうれん草を与える時に注意すべきこと

前述で、ほうれん草は与えても問題がない食材だとご紹介しましたが、与える際の注意点がいくつかありますのでご紹介します。

与える時は必ず茹でてアク抜きを!

ほうれん草の栄養素の中には「シュウ酸」と呼ばれるものが含まれています。このシュウ酸は、ほうれん草のアクの中に含まれている成分です。
ほうれん草を生のままで与えてしまうと、シュウ酸も一緒に摂取されてしまうため、与え過ぎると尿路結石症になってしまう可能性があります。
ここで注意しておきたいのが、シュウ酸は水に溶けやすい性質があるので、茹でてアク抜きをした後は水にしっかりとさらしてから与えるようにしてください。

※長時間茹でてしまうと、必要な栄養素まで逃げてしまうので、サッと湯通しするぐらいが良いでしょう。

鍋の写真

尿路結石症とは?

尿道などに結晶化した石が詰まってしまう病気です。詰まった結石が尿路をふさいでしまい、尿が出にくくなったり、尿をするたびに激痛を伴うことがあります。
結石が次第に大きくなり、尿を十分に排出できない状況が続くと、血液中の老廃物を十分排泄できずに残ってしまいます。その影響で、神経症状や消化器症状、出血などの症状が現れ、犬の場合は、膀胱炎や尿道炎を併発することも多く、完治するまで時間がかかってしまいます。
また、この病気は、ミニチュアシュナウザー、ミニチュアプードル、ヨークシャテリアなどの犬種や、雄のわんちゃんがかかりやすい傾向にあるので、特に飼い主さんは気をつけてあげてください。

カルシウムと一緒に摂取させる!

シュウ酸は、腸の中でカルシウムと結び付くと便と一緒に排出されるため、カルシウムを多く含んでいるものと一緒に与えるようにしてください。

与えた後はたっぷりのお水を!

ほうれん草を与えた後は、たくさんの水分を取らせることで、結石の予防に効果的です。

コップの写真

茹でてもそのまま与えてはNG!

茹でてアク抜きをしたとしても、そのままの状態で与えてしまうと、消化に悪いので細かく刻んだりすり潰して、消化しやすいように調理してから与えてください。

与え過ぎてしまうとどうなるの?

ほうれん草に含まれているカリウムの作用により、おしっこが近くなったり、場合によってはおもらしをしてしまうこともあります。

また、食物繊維の取り過ぎにより便が緩くなったり、下痢や嘔吐を引き起こす場合がありますので、与えるときはごく少量からにして、変化がないか様子を見るようにしましょう。
稀に、ほうれん草によるアレルギー反応を起こすことがあります。目が充血したり、嘔吐、下痢、湿疹、じんましん、腫れなどの症状が現れた場合は、すぐに動物病院へ連絡し、診てもらうようにしてください。

まとめ

ほうれん草は分量や与え方をきちんと守れば、問題のない食材ということがわかりました。
与えるときは、必ず茹でてアク抜きをしてから、細かく刻み、少量を与えるようにすることが大事ですね。

たくさんの栄養素が含まれている食材ですので、カルシウムが含まれている食材と一緒に、たまの栄養補給として与えるのは良いかもしれません。

ただ、既に尿路結石の疑いがあったり、治療中の場合は控えた方が良いでしょう。
心配であれば、まずは動物病院などで摂取させても大丈夫かどうかを確認しておけば、飼い主側も安心して与えることができますね。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!