犬にアボカドを与えると危険!?中毒症状について

29343view

犬にアボカドを与えると危険!?中毒症状について

アボカドは健康的なイメージのある食材。実は犬にとっては中毒症状を起こす危険性のある食品であることをご存知ですか?「ええっ!?アボダームなどアボカドを使ったドッグフードを売っているのにどうして?」と思われる方も多いと思います。アボカドの毒性や中毒時の対応、アボカドを使ったドッグフードの良しあしなどについてわかりやすく説明しました。しっかり理解して、愛犬を中毒症状から守ってあげてください。

犬にアボカドは食べさせないでください

アボカド

最近スーパーでもよく見かけるようになったアボカド。
人間にとっては、ヘルシーで美味しい野菜として人気です。

では、犬にとって大丈夫なのか
そんな大人気なアボカドは、じつは犬にとっては「毒物」であることをご存知ですか?
今回は、身近な食材「アボカド」の危険性についてわかりやすく説明しようと思います。

アボカドは、ドッグフードにも使われているのにどうして危険なの?

ドッグフード

実は、海外の有名ドッグフードメーカー アボガードなどでは、アボカドを配合している商品を売りにしています。

「アボカドは犬に食べさせてはいけない」「アボカドのドッグフード」、この二つは矛盾しているように思えますね。

まず、アボカド入りのドッグフードのメーカーでは、「カリフォルニアでは庭になっているアボカドを犬が食べるのは普通の光景なので大丈夫」だと主張しているようです。

その一方、アメリカの団体であるASPCAはアボカドに含まれる『ペルジン』という成分が犬に中毒症状を引き起こすと警告しています。

矛盾する二つの主張。ではなぜこのような事なった主張が出てしまったのか、確認していきましょう。

アボカドの毒性は品種によってかなり違う

アボカドの毒性成分は『ペルジン』と呼ばれる成分で、摂取することで下痢や嘔吐の原因となります。
アボカドの果肉だけでなく、皮や種、葉っぱなどにも含まれるので要注意ですね。

アボカドにはたくさんの品種があります。
りんごでいえば、フジりんごや津軽リンゴのような違いと理解してかまわないでしょう。
アボカドの場合、その品種の違いこそががペルジンの量を決める大きな要素となっているようです。

一般的に日本のスーパー等で販売されているのは「グアテマラ種」。
この品種はペルジンの量が非常に多いため犬には絶対与えないようにしましょう。

この事からわかるように、カリフォルニアに自生しているアボカドやペットフードに使われているアボカドはペルジン含有量の低い品種を選択していると言えるでしょう。
でも、犬種によっては少しの量のペルジンでも中毒症状に陥ってしてしまうことがあるので注意して下さい。
基本的に犬にアボカドは、体に合わない組み合わせと理解してくださいね。

犬が中毒を起こすアボカドの恐ろしさ

元気ない犬

アボカドは、良質の脂肪を含みビタミンも豊富な健康食材です。
しかし、アボカドに含まれるペルジンという物質は犬の胃腸にはいると、中毒を起こす危険な物質です。

アボカドを食べてしまったらどうすればいいの?

飼い主さんがうっかりアボカドを与えてしまうことはなくても、事故でアボカドを愛犬が食べてしまう場合があります。

アボカドは、品種によりペルジン含有量がかなり違うためどれくらい食べれば中毒するのかはっきりわかっていません。
くわえて、ワンちゃんの体重や体調、年齢などによっても危険量が変わってくると考えて良いでしょう。

ですから愛犬が誤ってアボカドを食べてしまった場合にすべきことは、

  • 嘔吐や下痢に対応できるようにこまめに観察する
  • かかりつけ医の診察時間外になる可能性が高い場合は前もって電話連絡しておく
  • 下痢・嘔吐などの症状が出ている場合は、脱水を起こすと命に係わるので速やかに受診する

以上のように行動すれば最悪のケースは回避できる可能性が高いですが、基本的に食べてしまったアボカドをどうにかすることはできません。
ですので中毒症状による体の負担を一番減らすための対症療法をおこなうのですね。

アボカドの中毒症状には後遺症はあまりみられません。
きちんと対応することで、愛犬の命をまもることができることを知っておきましょう。

アボカドを使用したドッグフードについて

アボカドを使用したドッグフードは、主に皮膚疾患に効果的だという説があります。
たしかにアボカドには消炎効果のあるオイルやビタミン類が豊富に含まれています。

しかし、あくまでもアボカドを原材料としている時点で中毒の危険性はゼロではないことを理解しておきましょう。
アボカドを原料としたドッグフードを食べて、嘔吐や下痢・軟便の症状がみられる場合はすぐに与えるのをやめてくださいね。

まとめ

子犬とボトル

意外と身近にたくさん存在する「犬にとって有毒な食品」。
アボカドはどうしても食べなければならないものではありませんから、知識もなくうっかり与えてしまうことも。

そして果肉だけでなく皮や種の部分にも有毒成分がたくさん含まれていることも知っておくと良いですね。
人間と暮らしているワンちゃん達は、自分で食べるものを選ぶことができません。

苦味が強いものや、刺激のあるものは本能的に避けてくれることもありますが人間と暮らすうちにその防衛本能も薄れつつあります。
だからこそ、飼い主がきちんと選んで管理することの重要性を知っておいていただきたいと思います。

ほんのちょっとだから、ついうっかり・・・などという言葉は言い訳にはなりません。
人間とは違う愛犬の体の仕組み、食べてはいけないもの、気をつけねばならないものを知ることは飼い主の大事な仕事です。

今回、アボカドについて学んだことをきっかけに身近にある犬に危険なものをしっかりチェックして緊急時の対応などを調べておきましょう。
インターネットなどでも、中毒情報サイトなどで調べることができ応急処置で命を救われたケースもたくさんあります。

野菜・果物・洗剤・観賞用植物・肥料などびっくりするようなものが犬にとって有害であることを知ることができますよ。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!