犬用ケージの使用法からおすすめ商品まで

犬用ケージの使用法からおすすめ商品まで

お気に入りに追加

 家で犬を飼うのに必要とされているケージ。しかし、ケージの使い方を間違うと犬がストレスを溜め、問題行動に発展することもあります。ここではケージの活用法と注意点を取り上げます。

69171view

ケージ

犬用のケージについて

最近では、犬を屋内で飼う方が増えてきています。その増加に併せて犬用ケージのニーズも高まり、様々なタイプの商品が売られています。ケージはサークルとは違い、犬を完全に閉じ込めることができます。持ち運びタイプの物から、家の中に据え置く物、据え置きでもキャスターが付いていて、移動できる物まで様々なタイプがあります。ケージは犬を完全に閉じ込める事が可能な分、犬を長時間閉じ込めたり、犬にとって不本意な状態で閉じ込められることによって、犬がストレスを溜めてしまうことがあります。

ケージの必要性

一般に「犬は巣穴で生きる習性があるために、狭くて暗い所が落ち着く」とされています。しかし、このような説明を動物行動学や心理学の観点から見ると問題が現れてきます。つまり、それは場合によるという事です。犬がケージを心地良いと感じるられるように、ケージの存在を教える事ができないと、犬にとっては心地よい場所とはならなくなります。

確かに犬は巣穴で暮らす野生下の習性を持っています。家の中で見られる犬の行動では、椅子の下に入ったり、ちょっとした隙間にハマったり、とわざわざ狭い所に入ることがあります。しかし、これは犬自身がその場所を選んでいるということを忘れてはいけません。この点については後述します。

ケージを使う最大のメリットとして挙げられるのは災害時です。災害時は場合によって避難を強いられることがあります。その避難に犬が同席できるかは自治体によっても異なります。犬と共に避難できたとしても、多くの人が避難所に住むことになり、多くの場合で犬はケージで暮らすことになります。この時には人も犬も同様に、生活環境が変わることによるストレスを受けることになります。ましてや、日頃からケージに入る練習をしていない犬は、このケージ暮らし生活のストレスは計り知れないものになるかもしれません。ストレスが高まれば、じっとしていられず、吠えるなどの行動にでる可能性が高くなります。

このような非常事態の事も考えて、日頃からケージに入るトレーニングを行っておく必要があります。犬にとってケージが安心できる場所であれば、避難時のストレスの軽減にも役立ちます。

ケージの利用方法について

間違った使用例

ケージを家に設置する際に、よくみられる間違いはケージ内にトイレシートを置くことです。犬は本来の習性で綺麗好きです。寝床である巣穴のそばに排泄をすることはありません。必ず、寝床から離れた場所で排泄を行います。なので、寝床にトイレがあっては不快となります。しかし、犬はその優れた学習能力で、ケージ内のトイレで排泄をするのを覚える事ができます。仮にこれを学習したとしても、生理的な犬の習性に反するので、ストレスを溜めることになります。トイレは別の場所でできるようにしましょう。

またよく見られる間違いでは、犬が一日の中のほとんどの時間をケージで過ごすといったものです。これは深刻な問題行動を誘発する可能性があります。犬の立場になってみれば、一日中閉じ込められている状態です。この状態が心地良いとは思えないはずです。この事が原因となって、犬が攻撃的になったり、興奮しやすい性格になったりもします。ケージは昼寝や、夜の就寝時のみに使うのがベストな使い方でしょう。

おすすめする使用例

ケージを使い始める際は、ケージの扉は外して出入り自由な状態にしておきます。犬が自分の意思でケージに入ってリラックスできるようにするためです。後述するトレーニング方法でケージに対してのイメージを良くしておけば、犬はスムーズにケージが安心できる場所だと認識するようになります。ケージに対して良いイメージができていて、ケージでリラックスできるようになれば、ケージのドアを取り付けてドアを閉める練習をします。このように段階的に慣らすことで、犬にケージに対してのポジティブなイメージを持たせることができます。

ケージは一箇所に決めて置かなくても大丈夫です。時にリビングに置いたり、寝室に置いたりして場所を変えて置くこともできます。気をつけたいのは、犬をケージに入れる際に孤立させないことです。完全に家族のいるスペースから遮断された別の部屋などで、ケージに閉じ込めると犬は孤立したことによる不安と、自由に身動きができないストレスから吠えるなどの行動をすることがあります。家族の姿が見える所や、家族の気配が感じ取れるような場所に設置しましょう。

ケージのトレーニング

犬がケージに対して良いイメージを持ってこそ、はじめてケージでリラックスができます。ケージのトレーニングを適切に行えば、多くの犬は直ぐにケージでくつろげるようになります。以下のような段取りでトレーニングを進めてみてください。

以下の練習方法は、ケージ馴れしていない犬に向けてのトレーニングです。

  • 出入り口の扉は外しておく
  • 餌やオヤツを与える時はケージの中で与える(ケージ以外の場所では与えない)
  • ケージの奥(入り口から一番遠い所)に餌を置いて与える
    →怖がって入らないようなら、入り口付近から始めて徐々に奥に置く
  • 犬がケージに入る時に、同時に飼主は「ハウス」と言う
  • 犬がお気に入りにしているオモチャや毛布などをケージに置いておく
  • 日常で犬が自らケージに入った時は、その直後に報酬を与える

ケージの犬1

このメニューを数週間行えば、犬はケージを安全な場所と認識します。さらに毎回ケージに入る時に飼主から「ハウス」と言われる事で、この「ハウス」のコマンドも覚えます。日常で犬が昼寝をする時などにケージに入るか観察しましょう。自らケージに入っていれば、ケージがお気に入りの場所になっていると判断できます。

それでは更にステップアップして、ケージのドアを閉めるトレーニングです。

  • ケージのドアを取り付ける
  • ケージの中にはお気に入りのオモチャなどを置いておく
  • 「ハウス」のコマンドで犬をケージの中に導く
  • 犬がケージに入ったら、ドアを閉めて数秒で開ける
  • ドアを閉める時間を徐々に長くする

→最初は5秒程度から始めて、10秒・15秒・30秒などと徐々に長くする
→数分間でも大丈夫そうなら、数十分・1時間と伸ばします

ケージの犬2

ここで、犬をよく観察します。ドアが閉まっても犬が困惑していないか、ドアが閉まっていてもリラックスできているかを観察します。ドアが閉められて困惑し、ドアを前脚でかいたり、ケージの中でくるくると回っている(興奮状態)ようなら、ドアを閉めたと同時にドアを開けて報酬(オヤツや褒めるなど)を与えます。そして徐々に時間を長くしていきます。

犬がドアの閉まったケージの中でもリラックスできているようなら、ケージを違う場所に置いて、上記の練習を行います。場所が変わっただけでも、リラックスできないことがあるためです。様々な場所でトレーニングを行っておけば、いかなる状況にも適応できるようになります。

犬用ケージの選び方

ケージの構造

構造がしっかりしている物を選びましょう。小型犬なら、金属製の網状の物でも良いでしょう。大型犬なら木製で強固なものでないと、簡単に破壊されてしまいます。

ケージのサイズ

またケージの大きさも大事なポイントです。売られているケージには、小型犬用や中型犬用などと書かれています。しかし行動学的に見ると、それらは小さすぎます。適切なサイズは以下のようになります。

  • 最低でも犬の身体が3頭分は入るもの(またはそれ以上)
  • 犬が4つ脚で立ち上がっていても、天井には十分なゆとりがあるもの

このようなサイズであれば、ケージに入っても犬はある程度自由に動く事ができます。

ケージの床

多くのケージの床はプラスティック製です。これは掃除を楽にしてくれます。しかし、犬にとっては滑りやすく居心地の良いものではありません。床面にはクッションフロアなどを置くことですべり止めになります。

ケージの床

カスタムケージについて

ケージの中には既成品のサイズではなく、指定の部品を足してサイズを変えたり、家のインテリアに合わせて、配色や材料を選べる物もあります。このようなカスタムケージなら家の中の雰囲気を壊すこと無くケージを置くことができます。さらに大きさについても、先述した条件の通りに作ることもできます。

さらにカスタムケージでは、ケージの壁面や天井も木製の格子タイプだけではなく、アクリル製の板に変えたり、目隠しになる板に変えることもできます。またサイズを大きくして出入口を数箇所付けることも可能です。

こうして部品を組み合わせる事で犬にとって快適なケージを作ることができるのがカスタムケージの魅力ではないでしょうか。

まとめ

よく「犬のしつけの上でもケージやサークルが必要だ」というものを散見しますが、ケージに犬を閉じ込めるのは、しつけの一環ではありません。犬は我々の都合でケージに入れられる事の方が多いのです。なので我々飼主は犬が自然に、かつポジティブにケージで過ごせるように、ケージ自体を最適な物にする必要があります。また犬にとって居心地の良い場所となるように努力もしなければなりません。

一度、犬がケージをリラックスする場所と覚えることができれば、犬は自らケージに入ります。この自主性がないようなら、またはハウスと言っても自らケージに入らないようなら、犬はケージを嫌がっている可能性があります。ケージトレーニングを行って犬が自主的にケージに入るように練習しましょう。だれだって閉じ込められるのは嫌なはずです。愛犬がケージを嫌がらずに、好んで使ってくれるように教えてあげたいものです。それにはサイズの適正と、ケージに対しての印象がとても大切になります。

因みに我が家では多くの犬が家の中で過ごしています。犬達にはケージトレーニングを行った後、ほとんどケージを使っていません。ケージトレーニングを行なうのは先述したように災害時への備えです。普段は家の中で自由に過ごしています。もちろん、家で犬達が自由にしていて困ることなど一つもありません。もし、愛犬がケージに入れていないと何らかの問題を起こすようなら、トレーニングや、コミュニケーションの方法を見直す必要があるかも知れません。

犬にとってケージが居心地の良い場所になるよう、色々と工夫してみてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 いち子

    リッチェル お掃除簡単サークル

    飼い主には、お手入れし易い。取り外し丸洗い可床面は軽くて掃除が億劫でない。
    愛犬には、非常に滑り易い。敷物無いと足腰に悪い。
  • 投稿者

    女性 匿名

    もともとラブラドールとヨークシャテリアが居た頃はケージは使ってませんでしたが、ヨークシャテリアが亡くなった後、偶然、中型犬を保護したところ、保護犬の活動範囲がリビングに集中した為、ラブも保護犬もリビング1部屋を保護犬のテリトリーと認識し始めたので、一般的な大型用・中型犬用のサイズをそれぞれに買いました。
    するとテリトリー意識が、ケージ1つに狭まり、リビングに入ろうとするラブが保護犬に気を使ったり、逆に保護犬がリビングに入られるのを意識して緊張することがなくなりました。
    かといって、どちらかのケージのみ占領したがるわけではなく、それぞれが早い者勝ちで気が向いた方に入って寝てます。
    大型犬用の方が広々寝れて良さそうだけど、なぜか比較的2匹とも、ゆっくり寝たい時は小さい方(中型犬用)のケージの方に入るようです。
  • 投稿者

    女性 匿名

    二つの部屋に分かれているもの。これだとトイレのしつけが簡単で、
    教えなくても自然としてくれました!(^^)!
    あと下の器が少し大きめだといいですね。お掃除簡単のものは下の器が取り外しは簡単ですが、
    もしトイレじゃないところでしたうえ、すみっこにした場合、
    尿がゲージ外へと大変なことになりますので。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    寝床とトイレが仕切られてるケージが便利です。
    床が滑りやすいのでマットを敷いてます。
    写真はチワワに使用しているハウスです。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    10代 女性 みるく♥︎まいまい。

    リッチェルの簡単お掃除サークルがおすすめです!
    台が、引き出せて、おしっこが漏れても、お掃除し易いです☆
    丸洗いもできて、おすすめです☆

    でも少し滑り易いかも、、、しれません
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    トイレとお部屋が分かれてるものが良いと思います。パピーの頃はトイレが分かれていてもお部屋をたまに汚してしまうことがあります。ペットショップで見ましたが、分かれていないとトイレで遊んでしまったり、寝たりする子もいるようなので…。
    区別させる為にも分かれてる方が良いと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 ミミちゃんママ

    これはとても勉強になりました。我が家では新しくパピーを迎えたばかりなのですが、ゲージ内の半分をトイレ、あとはベッドという形にしており、それでお留守番をさせています。どんどんベッドから遠い端っこにトイレをするようになっているのはこういった理由があるんですね。ただ、トイレトレーニングが上手くいっているだけなのだと思い込んでました。
    居心地のよい空間にしないといけないのに、人間都合でストレスを与えてしまっていた事を反省しています。

    現在、4ヶ月になり少し大きくなってきており、今のゲージがお迎え用の簡易的なゲージであることと、トイレトレーニングもでき粗相も無くなってきたところですので、これからゲージの買い替えを検討していますので、こちらの内容を参考にして準備をしてみようと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    確かに、ケージは犬を閉じ込めておくイメージがあるので、可哀想だと思われる方が多いかもしれません。ですが、やはりしつけをする面では有効です。ケージと犬の本能を利用することによって問題行動を抑止することが可能になります。
    飼い主さんの中には、愛犬がお客さんが来ると興奮して吠える。こういった問題行動に悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。犬は自分のテリトリー内に侵入者が来ると警戒するという本能があるのでこういった行動を取ってしまいます。実は、ここでケージの有無が関係してきます。まず、家の中にケージがある場合、犬はケージ内を自分だけのテリトリーだと認識しています。そして、あくまで自分のテリトリー以外はご主人様である飼い主が管理するものと考えます。一方、ケージが無く放し飼いの場合、家全体をテリトリーだと認識してしまいます。そうなると、犬は家にいる時は常に敵が侵入してこないか警戒する必要があり、玄関のチャイムが鳴っただけでも吠えるという問題行動に繋がるわけです。もちろん、個体差があるので一概にそうなるとは言い切れませんが、もし家にいる間ずっと警戒状態でいるならストレスの原因になりかねません。愛犬のためにもしっかりケージトレーニングを行って、ケージを自分の安心できるテリトリーだと認識してもらいましょう!
  • 投稿者

    20代 女性 あめたま

    ワンちゃんは寝床から離れたところで用を足す事が本来の姿だという事を知り、驚きました。

    ケージ内でペットシートを敷いて、そこでトイレトレーニングをする事が当たり前だと考えていたからです。

    ペットショップでも同様に寝床のすぐ近くにあるペットシートを用いてトイレトレーニングをしているので尚更驚きでした。

    また、室内犬に限らず室外で飼育されている犬も寝床のすぐそばで用を足しているワンちゃんが大半です。

    しかし、寝床と同じ場所でのトイレトレーニングも犬だからこそ躾けられる事柄なのだと感じられました。

    我が家では小型犬を飼育しているので本来の姿のように用を足させる事は出来ませんが、長時間ケージの中に放置といった愛犬にとってストレスとなる行動は控えるように気を遣っています。
  • 投稿者

    女性 らずべりーぱい

    犬のケージやクレートの使い方について、とても分かりやすく書かれているので犬を迎える予定の方は読んでみると参考になると思いました。
    ケージやクレートについては、利用するのも利用しないのも飼い主さん次第ではありますので一概には言えませんが、もしもの時に備えてどちらか1つでもあると便利だと思います。
    また、ケージやクレートなどの狭いスペースに入れるように慣れさせておく事は、今度ペットホテルや入院などの際にもケージに入ることになるため、比較的ストレスがかかりにくくなります。

    仔犬の頃はいたずらもしやすく、何を噛んでしまうかも分からないため、お留守番やお風呂などで目を離す際などケージを利用していました。
    ケージやクレートに閉じ込める飼い方は疑問を持ちますが、上手に使えば危険からも守れるので便利です。

    元々少し大きめのケージを置いていましたが、現在は下にキャスターが付いているタイプのケージにしたので移動がしやすいタイプのケージを使っています。(アイリスオーヤマだったかな?)
    多頭飼いなのでご飯の時間はそれぞれケージに入ってご飯を食べます。
    ご飯の準備を始めるとケージで待っていますよ♪
    特にケージトレーニングは、やらなかったですが何点か気をつけていたのは、
    怒った時に躾としてケージに入れる事はしない。ちょっとしたイタズラをした際ケージに逃げ込んだ後は叱らない。など、ケージに入ることを嫌いにならないようにはしていました。
    飼い初めはケージトレーニングをやり始めていたのですが、ケージに入れても騒いだり吠えたりもしない子だったので特に困らなかったですが、わんちゃんの中にはケージやクレートが嫌いで吠えてしまったり、ケージを破壊しようとするツワモノもいます。
    わんちゃんに合わせてケージトレーニングを根気よく練習するのが良いと思いました。
    トレーニング内容や、ケージの選び方なども知らなかったてんもあり、次に新しいわんこを迎える事があれば参考にしようと思いました!
  • 投稿者

    女性 もふころ

    ケージは使っていないのですが犬は狭い場所に安心しますね。うちの愛犬達にも専用の狭いスペースがあるので、そこが落ち着くようです。
    でも、病院の時などを考えてケージに慣れておくというのは大事ですね。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

オススメのケージを教えてください(^_-)-☆

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。