檻に閉じ込められていた小型犬のビフォーアフターがすごい!

檻に閉じ込められていた小型犬のビフォーアフターがすごい!

なぜそんなところに押し込められていたのか、どうして見つかったのか、詳細不明の謎を残して、ボサボサの小型犬が保護され、驚くほどに変身をとげました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

保護の詳細は伏せられて

トリミング

これは犬です。本当ですよ。

動物愛護団体PETAのスタッフは、ケージに入れられて暗い廊下に放置された「マーフィー」を発見しました。

飼い主が犬をPETAに引き渡すことに同意した後、すぐに病院に連れて来たのです。

発見から引き渡しまでの詳細は、動画で一切触れられていません。公開されているのは、この静止画1枚だけ。

体重3kgちょっとのマーフィーが、1kg近い体毛を背負っていました。

50㎏の人が髪の毛を15㎏生やしているようなものです!

そしてこんなにすっっきり!

体が軽くなって喜んでいます!

人にキスして、走って、跳ねる!

そしてこの表情。

その後

あの暗い廊下がどこなのか、誰に、どれぐらいの期間閉じ込められていたのか、説明はないので不明です。マーフィーを引き渡すかわりに公表しない、などの約束があるのかもしれません。

とにかく元気になったマーフィーは、その後老夫婦に引き取られて、幸せ街道まっしぐらです。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。