犬と一緒に自転車に乗るのは『違反』になるって本当?!罰金を科せられることも?

犬と一緒に自転車に乗るのは『違反』になるって本当?!罰金を科せられることも?

愛犬を自転車のカゴに乗せている人を見たことがる方も多いと思います。ホッコリする姿にも見えますが、実は乗り方によっては罰金を科せられる可能性があることをご存知でしたか?この記事では犬と自転車についてご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬と一緒に自転車に乗るのは『違反』になるって本当?!罰金を科せられることも?

自転車のカゴに乗る犬

さほど遠くない距離であれば移動にとても便利な自転車。気候が良い時期は、愛犬とサイクリングするもの楽しいものかと思います。しかし、愛犬との楽しいサイクリングも、乗り方によっては「違反」になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

犬を自転車のカゴに乗せるのは「違反」なの?

実は犬を自転車のカゴに乗せて運転すること自体は、道路交通法では「違反」には当たりません。明確に「犬を自転車のカゴに乗せてはいけない」と書かれているわけではないのです。では、なぜ「違反」になってしまい、罰金を科せられる可能性があるかというと、道路交通法、第七十一条六に『公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項』を守らなければいけないと定められているからです。

このため各都道府県がそれぞれに、条例などで禁止事項を規定しています。多くの都道府県で定められているのが「安定を損なう恐れがある方法で運転してはいけない」というルール。犬は法律上は器物ですが、もちろん「生き物」であり「命」です。

どんなに大人しく、しつけが行き届いたワンちゃんでも、突然の出来事に驚いてカゴから飛び出そうとしてしまったら、飼い主さんはバランスを取ることができず、転倒や車との衝突事故に繋がりかねません。

愛犬はもちろん、飼い主さん自身が怪我を負う、また周囲の方々を巻き込むほどの事故に発展してしまう恐れもあります。愛犬が簡単にカゴから飛びせるような状況で、安全面や安定性を考慮しない乗り方であれば道路交通法に違反してしまう可能性もあるのです。

違反とみなされた場合、罰金は5万円以下。罰金ももちろん安くはありませんし、なによりも大切な愛犬と自分自身を守るため、また周囲の方々へ多大な迷惑をかけないためにも愛犬と自転車に乗るときは細心の注意を払いましょう。

愛犬と安全に楽しく自転車に乗る方法

自転車のカゴに乗り舌を出す犬

愛犬の体重を考慮する

愛犬と自転車に乗るには、まずは愛犬の体重を考慮しましょう。自転車に乗せることができる犬は小型犬から中型犬まで。中型犬でも個体によっては体重も大型犬並みで、体が大きいため自転車に一緒に乗るのは難しくなります。自転車のカゴ自体の耐荷重にもよりますが、体重でいえば10㎏強くらいまでのワンちゃんがギリギリではないかと思います。

愛犬は前にカゴに乗せる

自転車のカゴは前についているものと、後ろについているものがありますが、愛犬の様子を確認しやすいよう前についているカゴに乗せましょう。

ペット専用カゴを使用する

お手持ちの自転車に取り付けることができるペット専用カゴを使用するのもオススメです。手軽に取り付けることができ、安全面を考慮されている商品が多く販売されています。飛び出し防止用の内蔵リードや安全ネットがついていたり、通気性を保つためのメッシュ素材の物もありワンちゃんに優しい作り。また水洗いできる素材の物も販売されており、丸ごと洗うことができるので清潔を保つことができます。

ペット乗せ自転車を使用する

ペットと一緒に乗るための専用の自転車を使用するのが一番安心かもしれません。小型犬専用の自転車が一番多く販売されていると思いますが、中型犬を乗せることができる専用自転車もあるようです。ペット専用なのでキャリーバックにはもちろん、飛び出し防止対策がされていますし、ハンドル操作の安定性が良いのも特徴。安全面も高いですが、自転車が揺れにくいため愛犬の自転車酔いを防ぐことも出来ます。

また、お値段は少々張りますが、ペット乗せ専用の自転車には電動アシスト付きのものもあります。中型犬で10㎏近いワンちゃんであれば、どうしても安定性が悪かったり、漕ぐのが大変だったりと、自転車なのに飼い主さんは疲れてしまいますよね。そんな方には電動アシスト付き自転車がオススメです。自転車での移動が安全で楽に楽しく行えるよう。行動範囲も広がりますよ。

まとめ

自転車の車輪と犬

自転車はとっても気軽に利用できる便利な乗り物ですよね。しかし自転車は軽車両。運転免許はいりませんが、交通規則は定められているので愛犬と一緒に乗るときは注意しましょう。体重の軽い超小型犬や小型犬であれば、飼い主さんが大きくバランスを崩すことも少ないかもしれませんが、元気いっぱいで力が強い中型犬は危険かもしれませんね。無理のない範囲で愛犬との自転車を楽しみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。