犬の『水分不足サイン』3選!必ず見極めて適切な対処を!

犬の『水分不足サイン』3選!必ず見極めて適切な対処を!

一気に気温が高くなり、暑い日々が続きますね。同時に、熱中症に陥る危険性があるため、自身はもちろん、愛犬の水分補給にも気を配る必要があります。今回は犬の水分不足サインをご紹介しますので、脱水症状を正しく見極めて、適切な対応をとりましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

熱中症対策を行おう

青空とゴールデンレトリーバー

愛犬の熱中症対策としては、

  • 日中の散歩は避ける
  • 水をいつもより多めに用意する
  • 室温を管理する(冷房を点け始める)

などが挙げられます。特に、水分補給は非常に重要です。水分が不足してしまうと、熱中症だけでなく、脱水症状も同時に発症するため、最悪の場合、死に至る危険性があるからです。

犬の『水分不足サイン』…脱水症状に注意!

外で水を飲む犬

5月から発症する恐れのある脱水症状。そんな『水分不足サイン』はどのように見極めるべきなのでしょうか。ここでは、体内の水分が不足した際に、犬が見せるサインを3つご紹介します。目安として注意深く観察しましょう。

1.呼吸が荒くなる

舌を出す犬

まず、体内の水分が失われている場合、熱中症を先に発症することが多いです。熱中症を発症すると、発汗作用のない犬は、体内に溜まった熱を外に放出するため、普段よりも呼吸のスピードが速くなったり、荒い息づかいをするようになったりします。これはパンティングと呼ばれる行動です。

パンティングを繰り返すことで、体内の水分が呼気に乗って体外へと放出されてしまいます。そのため、体内の水分が少なくなり、熱中症と同時に脱水症状も併発してしまうのです。

つまり、パンティングが始まったら危険サインです。熱中症と脱水症状を発症している恐れがあるため、すぐに適切な対応をとることが求められます。

2.よだれが大量に出る

犬のよだれ

パンティングを繰り返すことで、よだれが大量に出るという症状も脱水症状にはよく見られます。普段はよだれを出していることが少ない犬種であっても、暑い日によだれが大量に出ている場合は要注意です。

短頭犬種などの普段からよだれが頻繁に出ている犬種の場合は、日頃からよく観察し、普段と比較してよだれの量が多いか否かを見極めてください。よだれと同時に息づかいが荒い場合は、熱中症や脱水症状が起こっている可能性を疑いましょう。

3.動きが遅くなる

普段に比べて、動きがゆっくりしていたり、なかなか動こうとしない場合も、脱水症状が疑われます。脱水症状に陥ると、意識がもうろうとするため、動きが遅くなったり、ふらふらとした覚束ない足取りになったりします。

またその際、愛犬の目を注意深く観察してください。焦点が合っていなかったり、いつもより生気のないうつろな目をしていませんか。これも脱水症状の典型的な症状の1つです。

呼吸が荒くなったり、よだれが多いといった症状よりも進行している段階である可能性もあるため、早急に対処しなければいけません。

もしもサインが見られたら?すべき対処法

獣医師と犬

脱水症状のサインを3つご紹介しました。もしもこのような症状が見られた場合、飼い主としてどのように対処するべきなのでしょうか。まずは、すぐにかかりつけの動物病院へ連れて行きましょう。脱水症状は進行が早いため、早急に行動しなければ命にかかわる危険性があります。

動物病院へ連れて行く際、まず電話をして、緊急性が高いことを伝えておく必要があります。その日混み合っている病院の場合、診察が遅れてしまう可能性もあるため、待ち時間などを尋ね、もしもかかりつけの病院の待ち時間が長いようであれば、すぐに緊急で対応してくれる病院を探してください。

いかに早く診察してもらい、適切な治療を受けることができるかが鍵になります。何度も言うようですが、脱水症状が違われた場合、早急に行動してください。

まとめ

水を飲む犬

いかがでしたでしょうか。脱水症状は命にかかわる恐ろしい症状です。5月に入ると、急激に気温が高くなるため、熱中症対策と同時に、脱水症の対策も行いましょう。また、もしも水分不足サインが現れたら、かかりつけの動物病院に相談してください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。