長年つながれ放置されていた小型犬を保護。里親宅で心を開いていく過程に涙

長年つながれ放置されていた小型犬を保護。里親宅で心を開いていく過程に涙

犬を手放さず、世話もしない典型的なネグレクトの一例です。動物愛護団体が通い詰めた結果、やっと引き渡しに同意しました。犬はそこから、生き直しです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ネグレクトからの救出

世話

周りに木陰もない開けた場所にポツンと小さく簡素な犬小屋が建ち、小型犬「ジギー」はその前に置かれた重いコンクリートブロックにつながれっ放しでした。

食べ物、水もきちんと与えられていなかったらしく、動物愛護団体PETAのスタッフが通っては面倒を見ていました。

人との接触はそれ以外にほとんどなかったようで、ジギーはコミュニケーションを渇望していました。

引き渡し

ネグレクトを続けるジギーの所有者に根気よく説得を続けた結果、やっとPETAに引き渡すことに同意しました。

犬に情を感じていなくても、所有権を渡すことをプライドが許さないケースが多いのかもしれません。

ジギーはPETAの施設にやってきました。

新しい家庭

それから、ジギーに里親さんが見つかりましたよ!

初日、最初はとても引っ込み思案でしたが、しばらくすると、「あれ、ここは僕の新しいうちかな?」と認識したようだと、里親さんは言います。

「もうちょっと、はしゃいでもいいのかな?」

もちろん、ジギー、弾けて、楽しんでいいんだよ!

この人たちは君の家族、ここは君のうち。

ヒャッホー!

先住猫さんとも仲良くなり…

すっかり家族の一員になりました。

その後

ジギーは毎朝、家の人と散歩をします。ボーダーコリーの「ソニック」は良い犬友で遊び仲間。

里親さん:「施設には里親さんを待っている犬たちが、どこにもたくさんいるんです。ミックス犬も純血種も、きっと子犬もいますよ。ピンと来る子にきっと会えると思います。」

ネグレクトの中で苦しんだジギーは、やっと今、生き生きと、生きています。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。