子犬工場で監禁され、後足がマヒした犬の世界は開けた。走る!走る!

子犬工場で監禁され、後足がマヒした犬の世界は開けた。走る!走る!

ノースカロライナ州の子犬工場から救出された犬は、両後足がマヒしたまま放置されていました。救出後、愛情のあるきちんとした暮らしが始まっただけでなく、大きなプレゼントが贈られました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬は環境でこんなに変わる…救出のアフター、ビフォー、そしてアフター

アフター:これでも十分幸せそう

ミニチュアダックスの「リッキー・ボビー」です。下半身がマヒして動かないので、前足の力だけで移動します。

「おいで!」と呼ばれると、ペロッと舌を出して気合を入れ、保護袋に入れた後足を引きずって、一目散に女性の元へかけ寄っていきます。

ラブラドール・レトリーバーのこの子(名前不明)と、とても仲良しです。

ビフォー:動かない後足を引きずって、隠れようとした

ここからはリッキー・ボビーの過去のお話。

米国ノースカロライナ州の郡保安局が目をつけていた子犬工場を摘発し、動物愛護団体The Humane Society of the United States(米国動物愛護協会)が救出に入りました。

施設内は犬の排泄物の悪臭に満ち、感染症の温床のようでした。

多くの小型犬が病気をわずらっていました。

その中に排泄物にまみれたリッキー・ボビーがいました。

後足をひきずって、おろおろと壁際に逃げて行きました。

改めて、アフター:大きなプレゼント

動物病院の技師の女性が、リッキー・ボビーに、大きなプレゼントをします。

それは…

このカート!

後ろ足に装着したら、もうリッキー・ボビーを止めるものは何もありません。

新しい暮らし

リッキー・ボビーの暮らしは、ここから新しく始まります。

犬は環境でここまで変わるのですね!

走り、友達と遊び、おやつを喜ぶリッキー・ボビーを動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。