【凶暴】家族が手に負えなくなった『咬む柴犬』のビフォーアフターに驚き

【凶暴】家族が手に負えなくなった『咬む柴犬』のビフォーアフターに驚き

『もう手に負えない…』関係修復が見込めず、家族がリタイアした凶暴柴犬を救う『愛の手』

はてな
Pocket
お気に入り登録

凶暴な咬む柴犬がまるで別犬のように変貌!

大阪府富田林市で保護犬シェルター、犬の問題行動のリハビリトレーニングセンターを運営をするポチパパさん。『殺処分ゼロ』を目指すポチパパさんの『愛の手』は、日々多くの犬達を救っています。

凶暴な噛む柴犬『巧』くん

こちらは、秋田県からポチパパの元へ迎え入れられた柴犬の巧くん。ご家族が訓練所に預けた後、更に巧くんの状態が酷くなってしまい家族が触れることもできなくなってしまったのです。

『こんな子じゃなかったのに…。』ご家族は何とか改善しようと尽力したものの、全員が巧くんに咬まれてしまう事態に。『私達家族だけではもうどうしようもない…。』そんな悲痛なSOSに応えたのがポチパパさんでした。

手を近づけると唸り咬み付く

迎え入れ当日の巧くんはクレートの中から必死で唸り声をあげ、咬み付こうと牙を剥いていました。『ケージの中の食器がとれない』ほどに人を、人の手を警戒していたのです。リードを付けるだけでも一苦労でした。

まるで『別犬』表情も柔らかくなった巧くん

そしてこちらが現在の巧くん。顔つきもとっても柔らかく優しくなりましたね。迎え入れ当日の巧くんとは、まるで別犬のようです。巧くんへ話しかけるポチパパさんの声にはたくさんの『愛』が込められているのがわかります。

ポチパパさんに信頼のアイコンタクトを送る

ポチパパさんが『笑って~』と声を掛けると、素敵な笑顔も見せてくれました!ポチパパさんへの信頼感が伝わってきますね。ポチパパさんとの出会いから数ヵ月、巧くんはすっかり落ち着いた様子。

ポチパパさんと一緒にのんびりお散歩をする巧くん。『おすわり』などのコマンドはもちろん、ポチパパさんの手からおやつを食べる姿もみられました!

新たな未来へあともう少し…?

巧くんがおやつを食べていると『これを邪魔したらどうなるかな…』ポチパパさんが手を近づけても…無反応な巧くん。思わずポチパパさんも『あれ…?何ともないね』と笑ってしまうほど。

『もう少し様子をみれば、里親募集できるんじゃないかな?』巧くんが新たな未来への第一歩を踏み出す日は、もうすぐそこまできているのかもしれませんね!

今回もポチパパさんの『愛の手』によってひとつの命が輝きを取り戻しました。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。