ネグレクト?頭を持ち上げることさえできなかった犬の回復への道のり

ネグレクト?頭を持ち上げることさえできなかった犬の回復への道のり

芝生に寝そべったまま、全く動けない状態のやせ細った犬。足には丸い穴が複数あり、かなり悪い状態に見えました。保護した犬の、長い回復への道のりです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

横倒しのまま水を飲む犬

通報・発見

衰弱した犬は全く動くことができず、芝生に寝そべったまま水を飲んでいます。通報をうけた保護団体Stray Rescue of St. Louis がこの犬「ライリー」を保護しました。

ライリーがこんな状態におちいった原因については不明です。ただ、主に足にケガをして、栄養状態が極端に悪く、やせ衰えていることがわかります。

保護

車でも、布団の上に寝かされたまま動くことができません。

ケア

診察台に寝かせ、検査を始めます。やせ細り、足に数々の丸いケガがあるのがわかります。

丸い穴のようなケガが複数あるのがわかります。これは、故意につけたもの?それとも皮膚病?専門の方でおわかりでしたら、コメントで教えていただけたら嬉しいです。

そんな体の状態とは対照的に、ライリーの瞳は、人をまっすぐに見つめてくれます。

足のケガに薬を塗布しました。

やせ細り、頭が不釣り合いに大きく見えます。

注射器で与える経口薬を素直に飲んでくれました。一生懸命に飲み込む姿が愛おしい。

動けないライリーをワゴンに乗せて、外の空気を吸わせます。

そうか、例えば「療養中の保護犬を週3回、30分外に連れ出す」といったことも、私たちがボランティアでできることの1つかもしれませんね。

きょろきょろとまわりを見る表情がかわいらしい。

足には包帯が巻かれています。頑張れ、ライリー!

ついにワゴンを降りて、包帯の足で体を支えることができました。

じっと立ったまま、あくびをひとつ。

そしてついに、歩いています!まだ足をかばいながら、ヒョコ、ヒョコ、とゆっくりですが、確実に回復軌道に乗っています。体格もよくなったでしょう?

ライリーも歩けることが嬉しそうです。

その後

治療と愛情のおかげで、ライリーは最初の状態から目覚ましく回復してゆきました。おそらく何ヵ月という時間がかかったことでしょう。

弱々しくも尻尾を振ってくれた瞬間、ワゴンの横でじっと立っている瞬間、おぼつかなく歩く瞬間、そして…。色んな瞬間を動画で目撃してください。

ライリーに里親さんが見つかったことを切に願います。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。