犬の数え方は「匹 or 頭」?思わず人に話したくなる豆知識

犬の数え方は「匹 or 頭」?思わず人に話したくなる豆知識

お気に入りに追加

あなたは犬の数え方に違和感を持ったことはありませんか?そんな悩みをズバリ解消します!「匹」と「頭」の違いを知れば、誰かに話したくなること間違いなしですよ。

76289view

「匹」と「頭」は、どう違うの?

犬の写真

ものを数えるとき、その"もの"によって数え方を変えるのは、日本語の面白いところですよね。今回テーマに挙げる「匹」と「頭」には、実はこんな基準があるのです。これを知れば、きっと誰かに話したくなるはずです!

「匹」の語源

「匹」の語源、それは"馬"です。

馬は、古来より私たち日本人の生活の中で最も身近で、生活に欠かせない家畜でした。荷車を引いたり農耕をしたりと、大切な労働力として扱われていたことは多くの方も知っていることでしょう。

そして、人間はいつもその大きな背中とお尻を見てきました。

いつしかその2つに割れたお尻から、対になっていることを表す「匹」が動物の数え方として使われるようになったのです。

また、綱につないで"引く"ことから、言葉遊びで「匹」となったともいわれています。

そこから馬だけでなく、広く生き物を数えるのに「匹」が用いられるようになったのですが、当時は犬も当然、「匹」で数えられていました。

「頭」の語源

「頭」の語源、それは"head"です。「頭」の歴史は意外に浅く、明治末期にできた数え方だといわれています。

英語の影響を受けたのですね。西洋では、放牧に出した牛の数を確かめるときは"head"を使っていました。それが日本語に直訳され「頭」になったのです。

そこから牛のような大きな家畜を「頭」で数えるなら、他の大きな動物も「頭」で数えるべきだと考えられたのです。

犬の数え方は「匹」?「頭」?

大きな動物は「頭」で数えると述べましたが、"大きな動物"の基準は一体何なのでしょうか。それは、人間が両腕で抱きかかえられるかどうかです。

抱きかかえられれば「匹」、抱きかかえられなければ「頭」になるので、小型犬を匹、大型犬を頭で数える場合もあります。

しかし、特例もありますので載せておきますね。まずこの資料を見てください。

「街で活躍する」の文のある写真

「平成26年度」の文のある写真

数え方が「頭」になっていますね。

これは、人間の訓練によって役に立つようになった犬を「頭」で数える、という興味深いルールにのっとっているからです。

主に盲導犬、警察犬、介助犬などがこのルールの対象になります。

その他に、人間にとって重要、貴重、有益な小動物にも「頭」の数え方が使われます。例を挙げますと、実験用のマウスや希少動物、カイコなどです。

それではペットの犬の数え方はどうでしょうか。

うちのごんた坊主のくるるはトイプードルなので、じゅうぶん両腕で抱えられます。

ですが私にとっては重要で、貴重で、癒しを与えてくれる有益な存在。くるるには、「匹」と「頭」どちらの数え方も使えそうです。

101匹わんちゃんは101「頭」わんちゃん!?

ディズニーの人気映画である『101匹わんちゃん』

101匹ものダルメシアンが出てくる、犬好きには堪らない映画です!

ここで、「あれ?」と思った方もいるはず。それもそのはず、ダルメシアンは大型犬です。それならこの101「匹」わんちゃんは、101「頭」わんちゃんの方がよいのではないでしょうか?

ここからは私の推測になりますが、101匹のうち、成犬は夫婦であるポンゴとパーディタだけ。残りの99匹は子犬です。だから、その子犬らと2頭をまとめて101匹としたのではないかと思います。

もしもすべてのダルメシアンが成犬なら、101頭わんちゃんになっていたかもしれませんね!

こんな面白い数え方もある!?

犬の数え方は人によって様々ですよね。

1匹や1頭以外にも、1わんだったり1シュナ(例えばシュナウザーの場合)だったり。その可愛らしい数え方にほっこり。

かく言う私は、犬のことをひとりと数えてしまいます…(笑)だって、行動や表情がどうしても人に見えてしまうんですものー!!

犬の数え方、あなたはどうしていますか?

ユーザーのコメント

  • 20代 女性 まかろん

    ほんと、へぇ〜と言いたくなる豆知識です。
    匹と頭の語源は知らなかったのですが、なるほどなぁと思いました。
    普段使いでは、ひとり、ふたり、と私にとって愛犬たちは子供のようなものなので、人間の数え方と同じように言っています。
    ですが外では匹か頭を使うようにしています。
    口に出すのは匹が多いですね。書く場合などは頭を使うことが多いかもしれません。

    〝多頭飼い〟と言う言葉がありますよね。
    多匹飼いとは言いませんから、頭が一般的??なんて思ったことがあります。
    抱き抱えれるなら匹、抱えれないなら頭なら、分かりやすいです。
    テレビや雑誌などでも匹と頭と使われているので別になんでもいいんですけどね。
    ひとりでも、ふたりでも好きに呼んでこそです。

    改めて日本語って奥が深いなぁと思いました。
  • 50代以上 女性 未来のママ

    わが家の愛犬未来は、体重が18キロ。紀州犬の標準体重と同じです。主人が、シャンプーをする時に抱き抱えて連れて行くので、匹なのかな?頭なのかな?数え方って奥が深いですねー
  • 女性 MIHO

    確かに!犬を数える時に一匹二匹と数える人が多そうですが、一頭二頭と数えるのも
    大丈夫な気がしますね。また、よく考えると、動物を数える時に大型の場合には「頭」
    を使っていますよね。ねずみなど小さいものは「匹」を使っていると思います。こう
    やって考えてみると、日本語は不思議です。英語などはただ単純に数だけ数えるだけな
    ので、単位はありませんね。面白い記事でした。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。