犬にとって生姜はスーパーフード!少量なら体に良い!

15682view

犬にとって生姜はスーパーフード!少量なら体に良い!

人にとって生姜は、体を温めてくれて健康にいいスーパーフードとして知られています。しかし、犬とっても生姜は身体に良いものなのでしょうか?今回は、犬が生姜を食べて良いのか悪いのかをお伝えしていきます!

生姜

犬に生姜を食べさせても大丈夫?

犬に食べさせてはいけないことで有名な食べ物は、玉ねぎやチョコレートなどはよく耳にするかと思います。では、生姜は食べさせても大丈夫なのでしょうか?

結論からお伝えしますと、少量であれば問題ないのです。

ただし、大量に食べた場合は中毒を引き起こす場合があります。

玉ねぎもそうですが、生姜もネギ類の仲間になりますので、ここではまずネギ類の中毒成分や作用をお伝えしていきましょう。

中毒になる原因

生姜を食べて中毒を引き起こしてしまう原因は、生姜に含まれる「アリルプロピルジスルフィド」という成分です。

これは、薄黄色の液状で臭いのある化合物です。

この「アリルプロピルジスルフィド」という成分が引き起こす作用についてですが、わんちゃんが過剰摂取してしまうと、血液中の赤血球を破壊してしまい、いろいろな症状をもたらします。

この成分は、熱を加えてもこの作用は変わらないので、加熱調理した生姜でもたくさん食べてしまうと中毒を引き起こしてしまいます。

中毒を引き起こした時の症状

症状で代表的なのは、溶血性貧血といって、血液中の赤血球が破壊されることによって、赤血球の酸素を運ぶ働きも低下してしまい、全身が酸欠状態になってしまいます。

そのため、嘔吐、下痢をしたり、血尿がでたり、黄疸や粘膜の色が白っぽくなり呼吸も荒くなったりして、ぐったりとしてきます。

この症状が進行すると、最悪の場合は死に至ることもあります。発症には、食べてから1日~数日かかるといわれています。

中毒量

個体差はありますが、大体犬の体重1kgあたり生姜15~20g以上となります。

例えば、5kgの犬だと75~100gの生姜を食べると中毒を起こすと言われています。ただし、微量でも反応する子や、たくさん食べても平気な子もいるので、あくまでも目安となります。

生姜は少量なら体にいい!

生姜を食べさせる際は、おうちのわんちゃんの体重から中毒になってしまう量を知ったうえで、中毒量に満たない少量を与えれば、生姜は犬の身体にとっても良い食べ物と言えます。

生姜の作用は、

  • 消炎作用
  • 解熱作用
  • 抗酸化作用
  • 胃を丈夫にする
  • 体を温める
  • 消毒効果

などといったいろいろな効果が期待できます。

最近では、サプリメントやドッグフードに生姜のエキスが含まれているものも増えてきています。このように専門家が研究して、そのサプリメントやドッグフードの基準をクリアして発売されているものは安全に配慮されているので、安心して与えることができます。

では、それらにどのようなものがあるか少し紹介していきます。

サプリメント

乗り物酔い、胃の不快感や痛みを緩和してくれるようなサプリメントがあります。普段から少し胃が弱い子にはいいかもしれません。

ドッグフード

動物病院でおすすめしている、生姜が含まれているフードがあります。それが、最近発売された「Hillsi/dLowFat」という療法食です。

この「i/d」というフードは、胃や腸が弱かったり膵炎などの病気をしている犬に適応したフードで、「i/dLowFat」は、それに加えて高脂血症や脂肪の消化吸収不良などに配慮されているために、消化率が高く、低脂肪に調整されています。

そして、消化管の健康維持のために生姜などを含んでいます。

このフードでの生姜の働きは、消火器の炎症に配慮して正常な胃の運動に役立つ生姜で、消火器の落ち着きと和らぎに配慮しています。

i/dLowFat

こういったサプリメントやドッグフードを使って、生姜を摂取することも1つの選択肢ではないかと思います。

また、家で生姜を与える場合は、そのまま生の生姜では人でも辛みが強く抵抗がありますので、犬も食べてくれないと思います。

なので、すりおろして野菜のスーブなどに入れて煮たりすると食べやすいかと思います。

生姜スープ

もしも、目を離したすきにわんちゃんが大量に生姜を食べてしまっていたら、中毒を引き起こしてしまう可能性は十分ありますので、対処方法としては、まず食べてからすぐに気付いた場合は吐かせて様子を見ておいてあげてください。

家で吐かせる一番手軽な方法は、オキシドールを飲ませる方法です。

オキシドールを飲ませる目安としては、小型犬なら1回に1~2ml、大型犬なら1回に3~5mlを飲ませ、10~20分くらい待ち、それでも吐かなければ動物病院で診てもらって処置してもらうのがいいかと思います。

もし、家でできない、または大量に食べてしまったと思うが自信がない場合も病院で正しく見てもらいましょう。

まとめ

このように生姜は、摂取量によっては体に良い食べ物でもあり、危険な食べ物でもあります。

体に良いので、おうちのわんちゃんにもぜひ摂取させてあげたいという方は、その子の中毒量を知ったうえで調理に使ったり、ドッグフードやサプリなどで摂取させてあげましょう。

だた生姜は、犬が生きる上で絶対に必要というものでもないので、中毒になってしまうリスクを負ってまで与えなくてもいいのではないかと思います。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

  • 30代 女性 KEI

    今まで、ネギ類は犬に与えてはいけないと言われていましたので、イメージ的に生姜もダメだと思っていました。もちろん、記事にあるように大量に摂取すると中毒症状をおこすそうですので気を付けなければいけませんが、少量であれば胃を丈夫にしたり、消炎作用もあるそうですので、気になる症状がある場合はあげてみるといいかもしれませんね。
  • 30代 女性 チョコママ

    最近のフードやサプリメントには、生姜エキスが入っているものが増えてきているんですね。知らなかったです。しかし、やはり少量なら大丈夫、でも大量に食べれば中毒を起こす可能性が高い食材を、あえて与える必要はないのではないでしょうか。
    生姜を摂取することで、悪いことばかりではないのはわかりました。体が暖まり、胃の弱い子にもオススメできるのも、他に生姜に代わる食材があるといいですよね!
  • 30代 女性 おはぎ

    人の食事では、薬味としてわさびや生姜などをよく使いますね。生姜は犬に食べさせても問題ないと知っていましたが、わさび同様に刺激があるので気になってました。
    やはり、体にいいからとたくさん与えるのはダメで適量がよいのですね。うちでは、生姜を加熱したものをごはんに混ぜて与えています。辛み成分を飛ばすのもそうですが熱を加える事で、ジンゲロールからショウガオールという物質に変わるのですが、ショウガオールの方が体の深部まで温める効果が強いからです。

    生姜は、愛犬は特に嫌いでも好きでもなさそう??これからも適量を守って与えていきたいと思います。
記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!