犬に絶対やってはいけない『虐待行為』、知らない間にやっていませんか?

犬に絶対やってはいけない『虐待行為』、知らない間にやっていませんか?

愛するが故に起こる虐待があるということをご存じですか?気が付かないうちに起きてしまう“優しい虐待”についてぜひ知ってください。

はてな
Pocket
お気に入り登録

目を閉じて子犬を抱きしめている女性

犬への虐待というと、殴る・蹴るなどの暴力や食事を与えないネグレクトを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は犬を愛する飼い主さんが気が付かずにしてしまう“優しい虐待”があるのです。その虐待は、一見幸せそうな愛犬と飼い主さんの間に起こっていますが、結果的に両方を不幸にしてしまうことがあるため、その事実にできるだけ早く気が付く必要があります。

甘やかしすぎるという虐待

横になった犬に乗って抱きしめる男性

愛犬のことが大好きで、大切に思う気持ちは犬を幸せにすることでしょう。しかし、その愛情の向け方を間違えると、犬の健康を害することになったり精神的に不安定な犬に育ててしまったりすることになるのです。

「厳しくするとかわいそうだからしつけをしない」「欲しがるものを何でも食べさせてあげる」「外は汚いから散歩はしない」などが挙げられ、犬が欲しがるからとチョコレートの入ったお菓子を与える人や汚れないために常にカートに乗せて外出するという人もいます。そしてそれらの行為をしている人は、自分が愛犬を大切にしていると思っているのです。

しかし、喜ぶ顔が見たいからと犬が本来食べてはいけないものを与えたり、栄養バランスの乱れた食事を続けたりすることは犬の健康を害します。結果的に病気を引き起こしたり死を招いてしまったりすることもあるのです。また、愛犬を守りたいからと他の犬や人・自然のものなどに触れ合わせる機会を奪うことで、犬の社会性が育たず分離不安になったり攻撃的になったりすることも。

犬が犬らしさを失わずに人間社会に適応して生きていくためには、飼い主さんが適切なしつけを行い、健康的な食事と運動を心がけることが大切です。甘やかしという”優しい虐待“で、犬にとっての本当の幸せを決して奪わないでください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。