犬はキャベツを生で食べても大丈夫!芯は外してあげましょう

11074view

犬はキャベツを生で食べても大丈夫!芯は外してあげましょう

犬がキャベツを食べても問題ないのでしょうか?犬が食べても良い食材を判断するのは難しいですよね。犬の祖先であるオオカミは、腐った肉を食べていたと言われています。もともとをたどると犬はキャベツを口にしなかったんですね。しかしそれが家畜として人間と共存するようになり、その課程で犬の食生活も少しずつ変化し、雑食となったと考えられているのです。では、もともと肉食であった犬に「キャベツ」を与えることが、果たして犬にとって良いのか、悪いのか、考えてみようと思います。

犬にキャベツを与えても大丈夫です

犬とキャベツ

結論からいいますと、犬はキャベツを食べても大丈夫です。愛犬にキャベツを与えてしまったあとで焦っている方がいましたら、安心してください。

まず、当たり前のことですが、キャベツ然り食物がもつ本来の栄養素は、犬が食べても人が食べても変わりはありません。ですが、人と犬は、同じ動物としての基本的な身体の造りは似ているものの、身体の中で分解できるものや消化吸収し生成するものなど、違う部分が多くあり、その違いによって食べられるものと食べられないものがあるのです。

例えば、玉ねぎなどのネギ類やチョコレートなど、人間が食べても平気なものでも犬が食べると危険な症状を引き起こす食べ物があります。
これについては、まだまだ未知なものも多く、日々研究されているところではありますが、今のところ、キャベツが犬にとって良くない食材であるという事例や、そういった発表はないようです。

犬にキャベツを与える時の注意点

キャベツの芯は犬に食べさせないように

愛犬にキャベツを与える際に注意してほしい事があります。キャベツの芯は犬に食べさせるのは控えてくだささい。キャベツの芯の部分には硝酸イオンが含まれるため、芯の部分は取り除いて与えることが望ましいと思います。(キャベツの他の成分については後に説明します。)

硝酸イオンは、小さい子供やお年寄りなど、胃液の分泌が少ないと思われる対象者であれば、「硝酸」が「亜硝酸」へ変化して「メトヘモグロビン血症」が生じ、中毒症状を起こすことがあります。また、何らかの条件が重なれば、発がんの可能性が高まるとも言われています。

この反応は人も犬も同じです。犬は個体が小さいため、そのリスクは抱えていると言えます。少しでもそのリスクを減らすことを考えると、キャベツの芯は取り除いて与えることはそれほど難しいことではなく、手間でもないのでキャベツの芯は最初から与えないでおく事が望ましいです。

犬にキャベツを食べさせる方法

食べさせるキャベツの量とバランス

キャベツが犬の身体に良いからといって、むやみやたらにたくさんそれだけを与えれば良いというわけでもありません。それは、人と同様で、良い物を少しずつ偏らず与えることで効果を発揮し、与え過ぎればバランスを崩し、どこかに悪影響を及ぼすやもしれません。

出来るならば、旬の時期に有機栽培のものや、できる限り無農薬のものを食べさせてあげることをオススメします。

犬に与えるときのキャベツの形状

犬の個体差にもよりますが、可能ならば細かく刻んで食べやすい大きさにして与えた方が良いでしょう。

何故なら、犬は基本的によく咀嚼せず、パクッゴクッと食べてしまいがちですから、細かくしてあげた方が消化を助けます。

キャベツは豊富な調理法が可能

煮ても、焼いても、蒸しても、もちろん生でも大丈夫です。特に春キャベツはやわらかく生食向きです。どんな形の調理方法でも利用可能なので、飽きさせずに与えることができます。

キャベツの特徴

さて、ここでキャベツ本来の特徴について触れておきましょう。

キャベツには味にクセがなく、生食の他にもいろいろな調理方法で使いやすい易い食材で、身体によいとされる多くの栄養素が含まれています。

キャベツに含まれる栄養素の種類と働き

グルコシノレート

抗がん作用のある栄養素です。加熱することで成分は減少しますが、食べやすくなった分、生よりもたくさん食べられるので、生食でも加熱でしっかりととっておきたい栄養素ですね。

イオウ化合物

強い抗酸化作用と殺菌作用があり、活性酵素を除去するとともに発がん性物質の解毒酵素を活性化する血液の循環を促進し、身体を温める作用があります。

イソチオシアネート(スルフォラファン)

がん予防が期待されている成分(スルフォラファンはイソチオシアネートの一種)です。

ビタミンC

白血球の働きを強化し免疫機能をサポートし、細菌やウイルスの侵入を防ぎ、感染症を予防する作用があります。また、ストレスへの抵抗力を高め、体内の発がん性物質の合体を制御し、細胞に侵入するのを防ぐのに役立ちます。

ビタミンK

血液中のプロトロビンの生成に必要な栄養素であり、血液の凝固性を保持し、止血、解毒、利尿作用を有します。

ビタミンU

いわゆるキャベジンが、胃潰瘍を予防して消化不良を防ぐ働きがあります。

パントテン酸

脂肪代謝、炭水化物、タンパク質の代謝に働き、解毒作用を有し、身体の成長と健康の維持に大切な栄養素で、善玉コレステロールを増やし、免疫抗体の産生に役立ちます。

βカロチン

粘膜を強化したり、体内に入ったウイルスを攻撃したりする働きがあります。脂溶性であるのでオリーブオイルなど酸化しにくい油(ごく少量)と一緒に与えるのも効果的といわれています。

上記にあげた栄養素は、キャベツに含まれているものです。そして、抗がん作用が期待できるものでもあります。もちろん、キャベツは、この他にもいろいろな栄養素を含有しています。

食物の栄養素に興味がある方には、「食品成分表」という本で、日頃、私たちが口にしている食物の成分について、その含有率などが記されているものがありますので、参考になさってみてはいかがでしょうか。

新食品成分表 本の表紙

ファイトケミカル

ファイトケミカルとは、いろいろな食物の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。その成分が、抗酸化力や免疫力をアップさせ、健康維持や改善に役立つのではないかと見直されていて、今も研究が進んでいます。
そして、そのファイトケミカルを含む代表的な食材で、効果が高いもののひとつにキャベツがあげられています。

まとめ

ときどき、人ほど強い生き物はないのではないかと思うことがあります。

犬は人よりも個体も小さくデリケートな生き物です。愛犬の健康のために適量を適切な状態で与えることが出来れば、それはとても良いことではないでしょうか。

折角キャベツが人にとっても犬にとっても有益な食べ物であると分かっているのですから、人間の食事を作るときに、ついでに愛犬用のご飯を作ってみるのもいいかもしれません。

その時に、注意することは、味付けをしないということと、その食材の中に犬に食べさせてはいけないものを入れないということです。なれてしまえば、そう難しいことではありません。

そのようなレシピ本も最近ではたくさん出版されています。

それほどに、愛犬の食生活に対するみなさんの関心が高まっているということなのでしょう。

ドッグフードだけに頼らず、キャベツのような存在の食材を自分の中で少しずつ増やしていって、ちょっとだけ足してみたり、組み合わせてみるだけで、愛犬の更なる健康作りに役立てることが出来るかもしれません。

私とわんこのHappyごはん 表紙

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

みんなのコメント

4件

  • 30代 女性 Chappy

    キャベツの芯の部分には硝酸イオンという物質が含まれているとは知らず、愛犬に芯に近い部分を与えていました…。
    愛犬はキャベツが大好きですが葉っぱの部分は嫌いみたいで芯のようなカリカリした固い部分が好きなので、知らずともあげてしまっていました。。これからは我慢してもらわなきゃですね。知ることができてよかったです。
  • 30代 女性 TIKI

    我が家の13歳のゴールデンレトリバーは、幼少期からずっとドライフードにキャベツをレンジでチンしたものを混ぜて主食として与えています。
    お陰様で大きな病気もせず今日まで頑張っています!やはり抗癌作用・抗菌作用が効果あるのだと思います。是非少しづつからでもご飯に混ぜて(小さく切って柔らかくしたもの)試しにあげてみて下さい。お勧めです。
  • 40代 女性 mappy

    キャベツの栄養がとても詳しく書かれてあって、勉強になりました。歯ごたえのある芯を好むわんちゃんも結構いますが、食べさせないほうが安全ですね。私は畑で無農薬のキャベツを育てていますが、バリバリ生で食べたり、毎晩のごはんに調理したり、とても美味しそうに食べてくれます。

    以前、キャベツは薬浸けで育てるんだと、聞いたことがあります。この方の言い方は大げさかもしれませんが、私たちよりも小さな身体にやはり農薬は気になります。この記事に書かれてあるように、わんちゃんにあげる時は無農薬のものを選ぶか、せめて減農薬のものを選び出来るだけよく洗って食べさせてほしいです。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!