『ずる賢い犬』がしている5つのこと

『ずる賢い犬』がしている5つのこと

犬はとても頭が良いので「愛犬はときどきずる賢いことをする」といった経験を持つ飼い主はとてもたくさんいることと思います。今回は飼い主の多くが経験している犬のずる賢い行動を5つご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.可愛くおねだり

じっと見つめておねだりをする犬

もはや犬の行動の”あるある”ともいえる犬のずる賢い行動となるのが、『可愛くおねだりする』です。オヤツや人間の食べ物が欲しいときに目を潤ませながら訴えてきたり、首をかしげながら見つめてきたり。わざと不器用にお手や頂戴をして可愛さをアピールしながらおねだりをする。そんな愛犬のあざとい行動に心当たりがある飼い主はとてもたくさんいることでしょう。

まるで留守番中に可愛く見えるポーズを研究しているんじゃないの?と言わんばかりに完成された可愛い仕草や行動は、まさに飼い主の弱点をピンポイントで攻めてくる、犬のずる賢い行動といえますよね。愛犬の可愛い仕草に負けてついオヤツや食べ物をあげてしまう飼い主は数多くいることと思います。

2.オヤツをもらえるときだけいうことを聞く

メガネをかけた賢そうな犬

飼い主が手にオヤツを持っているときだけ、『おすわり』や『待て』、『伏せ』といったコマンドを行うずる賢い犬も割とたくさんいるそうですよ。「タダではいうことを聞かないよ~」といった態度はまさにずる賢さが隠されているといえそうですね。

また、いうことを聞けば飼い主がオヤツというご褒美をくれる。ということをちゃんと理解しているのでしょう。このような犬の行動は見方を変えれば飼い主が犬に操られているともいえるかもしれませんね。

ちなみにしつけをするときに毎回ご褒美としてオヤツをあげていると、犬がオヤツのあるときだけいうことを聞くようになってしまうことがあるそうです。ですので、しつけをするときは少しずつご褒美のオヤツの量を減らしていって、最終的に飼い主の言葉だけでいうことを聞くようにしつけることをおススメします。

3.過保護に育てる人にだけ甘える

飼い主の膝に頭を乗せて甘える柴犬

家族のうち、誰か1人だけが犬を甘やかしていると、犬は「この人に甘えると美味しいものをくれる~」と感じて、その人にばっかり甘えるようになることが多かったりします。例えば、ご飯を食べるときに家族のうち、お父さんだけが犬を甘やかして人間の食べ物をあげていると、犬はお父さんに甘えるとご飯をくれると思って、いつもお父さんの側で待機するようになります。そして可愛くおねだりをしてご飯をもらうのです。

一方で、犬に厳しく接している他の家族に対しては近寄らなくなることが多かったりします。「他の家族は厳しいので甘えても意味がない」と犬は感じながら甘える人を選んでいるのでしょうね。

4.飼い主が見ているときに良いことをする

トイレシートにおしっこをした犬

犬は飼い主が見ているときに良いことをすれば、ご褒美をもらえるということを理解しています。その結果飼い主が来るまで待って、飼い主が来たら良いことをするといった行動をする犬がいるそうです。

「それはウソでしょ」と思うかもしれませんが、実は私の愛犬がそうなのです。私の家では昔からトイレでちゃんとオシッコやウンチができたらご褒美としてオヤツをあげているのですが、そのことを愛犬が理解していて家族の誰かが部屋にいるときにだけトイレをしたり、お出かけから帰ってきて家族が部屋に入ったのを確認してから「待ってました~!」とでもいうかのようにトイレをしたりするのです。

そして「ご褒美頂戴」といった表情でいつもジーっと見つめてきます。おそらく、同じ経験を持つ飼い主は少なからずいるのではないでしょうか?お利口だけど、何ともずる賢さ満載の行動といえますね。

5.イタズラをするときは周りを確認してからする

スリッパを齧っていたずらをするトイプードル

ずる賢い犬はイタズラをするとき、周りに誰もいないことを確認してから行うことが多かったりします。例えば飼い主がいるときは決してイタズラをしない。だけど、飼い主が出かけたりその場から少しの間離れたりすると、すぐイタズラをする。

そんな犬は割とたくさんいるみたいですよ。犬は基本的にダメなことを理解することができないといわれていますが、飼い主がいないときだけイタズラをするということは、飼い主に叱られること=『ダメなこと』だとちゃんと知っているのかもしれませんね。

まとめ

可愛い表情で甘える犬

賢い犬は、ときどきずる賢いと感じるような行動や仕草をすることがあります。そういった愛犬の姿を見ると、「犬はちゃんと自分で考えながら生きているんだな」って思い愛くるしく感じてしまう飼い主はとても多くいるのではないでしょうか。

ただ、愛犬のずる賢くて可愛い姿の虜になりすぎて過保護に育ててしまうと、愛犬のためにならないので、甘やかすのは程ほどにすることをおススメします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。