ノルバサンシャンプー! その成分や効果について

ノルバサンシャンプー! その成分や効果について

お気に入りに追加

ワンちゃんを健康に保つために、時には薬用シャンプーが必要な場合もあります。その薬用シャンプーの中でも特に有名なのがノルバサンシャンプー!ではそのノルバサンシャンプーは一体どんなものなのでしょうか?

60143view

ゴールデンレトリバー

ノルバサンシャンプーを知っていますか

犬の先進国アメリカで開発された信頼の薬用シャンプー

ノルバサンシャンプーが開発されたのは犬の先進国であるアメリカで、1973年より発売されています。今日までアメリカの動物病院で、信頼され続けている薬用シャンプーです。

そのノルバサンシャンプーは日本での信頼も厚く、多くの動物病院やトリミングサロンで使われています。

犬の皮膚疾患で多い表在性膿皮症やマラセチア皮膚炎、真菌症の皮膚炎に有効なシャンプーで、薬用シャンプーとして使うのはもちろんですが、普段のシャンプーとして皮膚病予防にも役立ちます。

また、ノルバサンシャンプーはリンスインシャンプーなので、シャンプー後にリンスをしなければならないという手間が省けるのもいいところです。

皮膚が弱いワンちゃん、皮膚疾患の治療中のワンちゃんはこの機会にノルバサンシャンプーを試してみてはいかがでしょうか?
もちろん、使用する前には必ず担当の獣医さんに相談してから使用するようにしましょう。

ノルバサン シャンプー 0.5 (236ml)
2,122円(税込)

商品情報
・皮膚や被毛の健康に適した低刺激なリンスインシャンプー
・仔犬にも使用可能
・酢酸クロルヘキシジンを配合
・コンディショナーで仕上がりふんわり

どういう時に使えばいいの?

皮膚が赤い、発疹があればノルバサンシャンプーをしよう

ノルバサンシャンプーの使い所としては、愛犬の皮膚チェックをしていて皮膚が赤かったり、発疹、かゆみを伴う炎症がある場合に使用すると効果的です。
これらの皮膚疾患は、真菌=カビによる皮膚疾患の可能性が高いからです。

そんな時こそノルバサンシャンプーを使いましょう。ノルバサンシャンプーは真菌を殺菌する成分が含まれており、これらの皮膚疾患を改善へと導いてくれます。

もちろん、獣医師の下で診察を受けることも必要です。獣医師から処方してもらった内服薬や外用薬と並行してノルバサンシャンプーで洗浄し、殺菌、保湿することで皮膚疾患が改善されていきます。

また、今は皮膚疾患状態ではないけれど、またぶり返すのが心配というワンちゃんは普段のシャンプーとして使用すれば、皮膚疾患の予防としても効果的です。

特に湿気が気になる梅雨の時期や、気温の高い時期は特にこまめにノルバサンシャンプーをしていきましょう。

シャンプー等のアメニティ

成分や特徴について

殺菌作用の高いクロルヘキシジンを配合!

ノルバサンシャンプーは殺菌、抗菌効果の高いクロルヘキシジン酢酸塩という成分が主成分です。

クロルヘキシジン酢酸塩とは人の口内治療や人用の薬用シャンプーにも含まれている成分で、人に大変馴染みがあると言えます。

このクロルヘキシジン酢酸塩はフェール系と呼ばれる消毒剤であり、細菌や真菌そしてウィルスまでと幅広い殺菌、抗菌作用効果があります。

そしてノルバサンシャンプーはただ殺菌抗菌するでけじゃなく、皮膚の保湿効果をあげるためコンディショニングも配合されているので、皮膚の水分バランスを崩さないように作られた機能的なシャンプーと言えます。

シャンプーの使用感は、泡立ちが少ないので小さな洗面器などにシャンプー液を入れてよく泡立ててから皮膚にのせていくと良いでしょう。

また、なかなか落ちにくく、ぬるっとした手触りが残りやすいので、しっかりとお湯ですすいであげましょう。

このノルバサンシャンプーと同様の成分の『薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー』という物がありますが、こちらは動物病院専用で広く使われている大変効果の高いシャンプーです。ただ、こちらの場合、皮膚疾患にななった状態で使うものなので、ノルバサンシャンプーのように皮膚疾患の予防そしての普段使いはできません。どちらかというと皮膚疾患が進行してしまった状態の時に使う物なので、それ以外の皮膚疾患時や予防にはノルバサンシャンプーが適しています。

まとめ

ノルバサンシャンプーは殺菌抗菌作用が高いクロルヘキシジン酢酸塩の配合されたリンスインシャンプーで、動物病院やトリミングサロンで広く使われている薬用シャンプーです。

このクロルヘキシジン酢酸塩は最近や真菌そしてウィルスを殺菌することができ、皮膚疾患のワンちゃんにはとても有効的な成分です。また、保湿成分も配合されているので皮膚疾患予防としてノルバサンシャンプーで洗うこともとてもおすすめです。

しかし、動物病院へ行かずにノルバサンシャンプーだけで皮膚を治そうとするのはおすすめしません。
皮膚疾患の疑いがある場合は、必ず獣医師に診察治療を受け、ノルバサンシャンプーをどれぐらいの頻度で使用していいか聞いてからにしましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    ノルバサンシャンプーは今まで聞いたことはありますが、実際に使用した事はありませんでした。我が家の愛犬も梅雨時期になるとお腹や尻尾の付け根が赤くなります。
    抗菌作用のあるノルバサンシャンプーなら皮膚疾患がある時でもシャンプー出来るので試したいと思いました。
  • 投稿者

    20代 男性 めだか

    人間にも皮膚の弱いひとのために薬用シャンプーがありますが、これはその犬バージョンですね。特に皮膚炎や皮膚病になりやすい犬種を飼っている飼い主さんは家に1つ2つ常備しておけば便利じゃないかなとおもいます。価格もそれほどまでには高くないようですので、ポイントアップです。
  • 投稿者

    30代 女性 もこじ

    愛犬も一時期体を異常に掻きむしることがありました。トリミングに行った後すぐにでも掻きむしり、なんか病気かなぁ…と思い、動物病院に連れて行きました。動物病院の先生に診てもらったところ、特に病気は見付かりませんでしたが、掻きむしりすぎて皮膚が赤くなってるところがあると言われました。

    薬を塗ってもらい落ち着きましたが、自己判断で「すぐ治るだろう」と病院に連れて行ってなかったらノルバサンシャンプーを使い続ける生活になっていたかもしれないと思うと、本当に良かったと思います。こういう薬用シャンプーがあるのを知ると、痛いのも辛いけど、痒いのも辛いよなぁって、しみじみ感じます。
  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    犬のお風呂は思いのほか体力を消耗すると聞きました。リンスインシャンプーになっているので時短になり、わんこの負担を少なくすることができそうです。飼い主の中腰の負担も軽減されそうで万々歳です。
    皮膚に何らかの疾患がない犬でも予防として使うこともできるようなので視野に入れておきたいところです。殺菌効果や抗菌効果もあるので、梅雨時期やじめじめした時はこういった作用のあるシャンプーを活用するのもいいですね。
    シャンプー液自体にクセがあるようなので、実際に使用している方の口コミが参考になります。実際ネット上で検索をかけると「原液を直接揉みこんで洗う」とあったり、「別容器で泡立ててから」とあったり様々です。わんこの皮膚の状態にもよると思うので、一概にこれだと決めずにその子に合った方法を探り、有効的に使用していきたいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 Connie

    うちも自宅シャンプ―の時にはノルバサンシャンプーを使っています。うちの犬は涙の量が多く、目の下の毛が常に湿っている状態です。そのせいで雑菌が繁殖しやすく、洗濯物の生乾きのような臭いだったり、納豆のような臭いだったりがして悩んでいた時にトリマーさんに勧められました。しかし、体全体に使うと乾燥してしまうので(うちの犬の毛質に合わない)、顔の目の下、頬、口廻りのみこのシャンプーで洗うことにしています。シャンプー液は、桶に入れたお湯に溶かしてから食器洗い用のスポンジなどで泡立て使用しています。シャンプー後は毛の根元から完全に乾くまで念入りにドライヤーをかけ、臭い対策を頑張っています。しばらくすると涙で湿ってしまうことが続いて臭くなってしまうのですが、それでもこの薬用シャンプーの方が束の間改善されていると思います。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちのチワワが子犬の頃から足の毛が無くなるぐらい歯でカミカミしてました。
    このシャンプーを使い始めるとすぐに落ち着きました。
    皮膚の状態が改善したかなぁと思ってトリミングしてもらいお店のシャンプーを使用すると再び毛を毟り始めるました。
    うちの子にはこれが1番みたいです。
  • 投稿者

    20代 女性 R

    トリマーをしています。お店においてある薬用シャンプーはノルバサンシャンプーです。
    去年うちの子が膿皮症(←漢字あってるか分かりません)になった際、お薬と併用してこちらも使いました!!!
    今年も梅雨時期や夏場はノルバサンシャンプーを使用する予定です。
    ちなみにうちの子は泡立てて使用しています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 どんこちゃん

    家の子は雑種10歳です。5年前からアレルギー性の皮膚疾患を夏場のみ発症します。病院で、ノルバサンを処方してもらい、毎年発疹が出始めると、普通のシャンプーからノルバサンに換えています。
    1週間に一度、患部を中心に付けて10分ほど置いて、から充分すすぐように指導されました。完全に完治する訳ではありませんが、安心してシャンプー出来るので、必ず購入します。
    今年のノルバサンは香りも良く、予防効果も有るのならば、一年中使おうかなぁ。
  • 投稿者

    40代 女性 アップル

    うちのわんこは膿皮症がよくできるので、週1回ノルバサンシャンプーを使っています。膿皮症の初期のポツポツがいつもどこかにありますが、ノルバサンシャンプーを使い始める前に比べると軽症で治っていきます。体質のせいか、スッキリ治ることは(抗生物質などを使わない限り)ないのですが、まめにシャンプーして抑えています。ちょっと調子が良いときに他のシャンプーを使うと、すぐにポツポツが増えてしまうところをみると、ノルバサンシャンプーは効果があるようです。ちなみに耳はノルバサンオチックを使っています。
    アップルの投稿画像
  • 投稿者

    女性 ポメ

    ノルバサン、初めて行ったトリミングサロンでお勧めしてもらいました。市販、というよりネットでの購入になるのかなとその時感じた記憶があります。そのときは成分や効果についてよく考えていませんでしたが、こちらの記事を読んでいるととても勉強になりました。うちのワンコも3歳になりましたが、皮膚はあまり強くないようで、特に暑い季節になると赤く炎症を起こしやすくなります。今はオーガニック系のシャンプーを全身にして、局部で炎症が起きたときはその部分に病院から処方してもらったシャンプーを使っています。ノルバサンは赤みを伴う炎症や菌にも効くみたいでとてもよさそうですね。愛犬がかゆがっているのや、皮膚が赤くなって炎症をおこしているのをみるのはとても辛いです。気候にかかわらず、愛犬にはいつもいい皮膚状態でいてほしいでので、うちもノルバサンのシャンプーを一度試してみようと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    もうすぐ9歳になるケアーンテリアを飼っています。
    初め、ブリーダーショップですすめられた無添加のシャンプーを使用していましたが、すぐ全身がベタつき臭いもして、 痒がってもいました。
    獣医さんのすすめで週に一度ノルバサンシャンプーを使い始めたところ、少しずつベタつきも臭いも無くなってきました。
    良くなってからは1ヶ月に一度のシャワプーで充分になりました。
    (毎週シャンプーしなきゃならないと思っていたので、ネットで1ガロン購入しましたが、全然減らなくなってしまいました(笑))

    最初はぬるま湯で薄めて泡だてて使用していましたが、今は背中の広い面は直接かけてます!
    特に問題はありません。

    ただ…
    私の手がカサカサになります^^;
    愛犬は、皮膚も綺麗だし、毛もツヤツヤです!
  • 投稿者

    女性 ちい

    こんにちは。ボーダーコリーを飼っています。たまにボツボツとニキビのように広範囲で出来たり時期にカサカサ乾燥なのかフケのようなものが出たり 毛の抜けがひどい時に使用しています。二回か3回で確実に良くなります病院はたかいのでアマゾンで3.76リットルボトルを買っています。2本目です。うちの子は間違いなく完治します。友人のシュナウザーなのに、肝臓患い抜け毛が酷いと シャンプーしたらかなり良くなりました。と喜ばれれました。
  • 投稿者

    女性 レオン

    涙の量が多い愛犬の顔の匂いが気になってノルバサンシャンプーを使っています。ただ全身に使用したら毛がパスパスに乾燥してしまって、皮膚も乾燥してしまったので、今は目の下と頬部分だけ使用して他の部位は別のシャンプーを使用しています。実際乾燥によるフケなどの場合は保湿をするシャンプーの方が良いそうなので、愛犬の皮膚状態を見極めた方が良さそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

愛犬にノルバサンシャンプーを使ったことがある飼い主さんいますか?

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。