ペットロスの症状判定チェックリスト

240465view

ペットロスの症状判定チェックリスト

ペットはもはや家族以上の存在、もの言わぬ心の友。そんなペットを愛する誰もがなりうるペットロス。ペットロストとは、どういうものか、どんな症状が出やすいのか、それらを知ることこそが、ペットロストからの回復・克服へ向かう最初の一歩となります。

ペットロスの症状とは

元気ない犬

あらゆることが後悔に

ペットを失ったあとの精神の状態…ペットを失った人の多くが、その直後から後悔と喪失感に苛まれ始めます。それは突然の死であれ闘病の末であれ、また天寿を全うした結果であったとしても、後悔は少なからず訪れるものです。

人は、自らが「果たしたこと」よりも「果たせなかったこと」のほうがより思考に影響を与えると言われていますが、ペットを失ったこと、そのものが「果たせなかったこと」として、多くの後悔を生むに至ります。

ペットは自分で生活の質を決めることはできません。
飼い主である私たちがその子に対する全ての責任を負っているからこそ、「自分がこれまでしてきた一つ一つの選択は本当にそれで良かったのだろうか」「もしかしたら誤った選択が愛犬の死を招いたのではないか」、「少しでも楽にしてあげたいと施した治療が逆に苦しみを長引かせてしまったのではないか」と、自分を責めて罪悪感の虜になってしまうのです。

喪失感のつらさ

後悔よりさらに辛いのが喪失感。例えどんなに小さな体でも、生きてそこにいるという存在感はとても大きなものです。息づかいやにおい、体の温かさしなやかさ、それらが全て失われてしまった後、二度と触れることができないという現実は、時が経つほどに失った哀しみを強めていきます。

ペットロス・・・悲しみの5段階

ペットを失って悲しいのは当然のこと。多くの人が大なり小なりペットロスを経験しています。
どん底の悲しみからの回復については、まず自分の心と体に起きた様々な変化を「ペットロス」として、本人が認識できるかどうかにかかってくると言われています。

ドイツの精神科医、エリザベス・キューブラー・ロス博士が発表した「悲しみの5段階」というものがあります。

エリザベス・キューブラー・ロス博士の「悲しみの5段階」は、死を目前にした人がたどる心の変化を表していますが、ペットを失った人にも共通する部分があるのではないでしょうか。

エリザベス・キューブラー・ロス博士の「悲しみの5段階」を参考に、私なりにペットを亡くしてしまった時の悲しみの段階を考えてみました。

1.否認

ペットの死を受け入れられず、その事実を否認する段階。まだ死んでなどいないのではないかと、なきがらを火葬に伏す決心がつかないような状態。使っていたフードボウルや寝床、おもちゃなどを処分することができない。

2.怒り

自らをせめ、そして後悔が怒りとなる段階。「なぜもっと早く気付かなかったのか」「なぜ病気のあの子を置いて出かけてしまったのか」など自分への怒り、または理由の有無に関わらず家族への怒り、「必要のない治療をしたのではないか、薬の処方が合っていなかったのではないか」と獣医師に対する疑念や怒りがわいて、ペットの死を「何か」あるいは「誰か」のせいにしたくなるります。

3.取引

悲しみの重さを何かに仮託することで和らげたい心理が働く段階。見えない存在に「あの子を返してくれるなら何でもします」と願うなど。

4.抑うつ

強い悲嘆がその他のポジティブな感情や意欲をすみに追いやり、ネガティブなことばかり考えてしまう段階。何事にもやる気が起きず、ただひたすらに気持ちが落ち込む時期です。

5.受容

時の経過に従い悲しみのリアルさが薄れて行くき、徐々にその事実を受け入れて行く段階。まだ悲しみは感じるが、「もうあの子はラクになったのだから」「今頃は虹の橋を渡り切っただろうか」と死を前向きにとらえることができるようになり、徐々にかつての日常のペースを取り戻して行きます。

生前のペットとの関係や個人の考え方によっても異なってくる

ペットロスの程度や回復に至る期間は、その人自身の性格や、日頃の様々な物事に対する考え方も大きく関わってきます。
ショックなことを引きずりやすい人や悲観的になりがちな人、また、ペットを人間の赤ちゃん同様に可愛がり、擬人化した関わり方をしがちな人は、それだけ失った衝撃も大きく、また回復にも時間がかかりがちです。 思いを込めた分だけその反動が大きいのです。

ペットロスの症状判定チェックリスト

悲しむ人

このような症状がみられたらペットロス症候群かも

以下のような、ペットを失う前とは明らかに違う心や体の変化があれば、ペットロスに陥っていると考えられます。
人によって症状の現れ方は様々なので、あてはまる項目の多い少ないは、あまり関係ありません。項目が少なくても、程度が著しければペットロスと認められます。

  • 体の疲労感が抜けない
  • 胃腸の調子が悪くなったり頭痛がするなど、実際に体に不調が起きる
  • 食欲が出ない(空腹のはずなのに感じない)または食べ過ぎる(満足感がない)
  • 何をするにもやる気が起きない
  • 何に対しても興味がわかず、楽しみや喜びが感じられない
  • 孤独感や不安感が強い
  • 気がつくと後悔の念が浮かび、自分を責めてばかりいる
  • ペットの死に関わった人々の判断や言葉をいつまでも責める
  • 視界の端に亡くなったペットが見えたり、声が聞こえたような気がする
  • 予兆もなく突然、悲しくなり涙があふれてくる

ペットを亡くして1ヶ月以上経っても軽減しない、ひどくなる場合は

心には自浄作用という働きがあり、時の経過と共におのずと悲しみが和らいで、入れ替わるように日常の喜びや楽しみが戻ってくるものですが、なかなか回復しない、もしくはどんどん悪化したり他の症状も出てくるような場合は、「うつ」に移行している場合があります。

自分、もしくは家族に下記のような症状が見られる場合は、早い段階でメンタルクリニックに相談することが大切です。

  • ペットを亡くして1ヶ月以上が経過しても食欲が出ない、または食べ過ぎる
  • 不眠や明け方に目が覚めて眠れないことが2週間以上続く
  • 孤独感が激しく、寂しさのあまり死にたくなる
  • 生きることがつらく感じる
  • 2週間以上、家から出ないで引きこもっている
  • 幻覚や幻聴がある
  • ペットの苦しんでいた様子や最後の姿などが、突然リアルに脳裏によみがえる(フラッシュバック)

まとめ

花

ペットを亡くした直後は難しいかもしれませんが、自分の心が今どんな状態にあるのか「気付く」ということは、心の回復において、とても大切なプロセスです。

気付いて初めて「ああ・・・」と納得し、悲しみもまた自然なこととして受け入れることができるようになるのです。

その意味で、悲しみに溺れそうになった時には、「自分は悲しいのだ」「今の自分が陥っている状態はペットロスなのだ」と認めてしまうことです。症状の軽い、重いは関係ありません。どうであれ、悲しいものは悲しいのです。泣きたければ泣けばよく、誰かに話を聞いてもらえるなら、聞いてもらうことです。

認めたからといって悲しみが消えることはなくても、少しだけその感情から距離を置き「悲しむ自分」を客観的に見てみることで、失ったものへの罪悪感や後悔など答えの出ない思考のループから、少しずつ悲しみが昇華されるほうへと心の道筋ができていくものです。

そして、その悲しみが薄れて行くことに罪悪感を覚えないこと。時と共に生じる心の変化に抗わないことです。ペットの死も悲しみも、そしてその悲しみが癒えることも、すべては自然のあるがまま・・・なのです。

つらい時には、「ごめんね」の代わりに「ありがとう」の言葉を繰り返してみてください。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 女性 ろちゃん

    まさに、今、ペットロスの真っ只中。うちの愛犬2匹のうちの1匹が突然なくなってしまいました。自分でもペットロスであることはわかっていて、でも、心の状態をどうすることもできずにいます。記事を読んで、こんなに苦しいのは自分だけではないのだとわかりました。嘆いてばかりいないで、もう1人の子と楽しく遊んであげないと。
  • 30代 女性 おはぎ

    ペットロスは、動物を飼っている人ならみな経験する事だと思います。
    後悔や悲しみを長く引きずるか、今までの事を感謝し思い出として昇華してあげられるか…人それぞれでペットロス状態の期間が長ければいいとか短ければいいとかそういう問題でもなく。

    私自身も、前に飼っていた子を亡くしかなりのペットロスに陥りました。
    完治しない病気を患っていたので、治してあげられなかった後悔と看病で付きっきりな生活だったので突然居なくなってしまった虚無感、「心にポッカリ穴があいた」とはこういう事なのだと思いました。
    当時の状態は、このチェックリストにほとんど当てはまります。「悲しみの5段階」も経験し、抜け出すまで長かったです。
    私の場合、今の子を迎えてからようやくペットロスを抜け出せました。それまでは「もうこんな辛い思いするならペットなんて飼わない」って思ってたのですが…

    ペットロスから抜け出す方法は、人それぞれでどれが正解とかはありません。でもいつか、今まで私たちを癒し愛してくれた子たちへの感謝が悲しみを上回り、乗り越えられる時が必ず来ます。
  • 30代 女性 ケロちゃん

    私は約5年間ペットロスに悩まされました。
    16年半一緒に居た愛犬が亡くなってから、1人で居る時や、ふとした時にポロポロ涙が出てきて、頭の中で自分に対して責めてばかりいました。夢にまで愛犬が出てきて寝ながら泣いていたりもしました。
    ペットロスを克服出来たのは今の愛犬のお陰だと思います。飼うと決めるまでは色々大変でしたが、いざ飼ってみたら昔の愛犬のことを思い出すことが多くなりました。思い出す場面も、愛犬が赤ちゃんの頃や元気いっぱいの頃で「あの子は幸せだったなぁ」と素直に思えるようになりました。今の愛犬が居なければ、今頃もメソメソしてたと思います。昔の愛犬も今の愛犬も、今も大好きです。
  • 40代 女性 匿名

    今月の5日に18歳の愛猫を亡くしました。
    3年間、慢性腎不全と闘ってました。
    亡くなる当日、一緒に寝ていたのですが、ベッドマットと壁の間に挟まってる所を発見して引き上げた時には虫の息でした。
    「起きてー!!」と絶叫して息を吹き返したけど、数分後息を引き取りました・・・
    あの時どうして気が付かなかったのかが未だに後悔の嵐です。
    今もあの光景が目に焼き付いてます。
    翌日、ペット霊園で火葬をしたのですが受け入れられず、泣きながら骨壺に骨を入れました。

    今もひょっこり出て来るんじゃないのかな?とか思ってしまいます。

    周囲は「泣いてばかりいたら天国に行けない」「笑顔で送らないとダメ」とか言われます。
    分かってはいるけど今は無理です。

    何もする気力もわきません。

    気が付いたら愛猫の写真をスマホで観てます。

    他に犬と猫がいるのに。

    そのペット達を大切にしないとダメなのに。

    今は、ペットロスの真っ最中です。
  • 女性 ランラン、ママより

    黒ポメラニアンの、可愛い子でした、突然13、才で、家族留守中に、一人ボッチで、天国経、どんなに寂しかったかごめんね、許してね、楽しかった、ランランに、会えて良かった、またいつか、天国であおうね、またね✋
  • 女性 ランラン、ママより

    ランランが、天国に、行ってから、5年、寂しく✋、今、里親募集で、ペットショップの、ゲージに、いた、痩せて震えて他、二歳近い、パピヨンに会えて家の子になりましタ、ランランランが、旅だった3ヶ月後でした。笑顔と(笑)が、我が家に、癒されてます、おまけに、猫まで幸せです‼
  • 女性 キララママ

    今月の23日に愛犬キララを脳炎で亡くしました。最初の痙攣から1週間でキララはなくなってしまい、ほんとに毎日辛いです。
    私がもっと早く気付いてあげれたらとか後悔ばかりです。
    毎日、私達家族を元気にしてくれて、笑わせてくれたキララ。
    死を受け入れられないけど、火葬してあげて骨も持って帰って来ました。
    今でも家のどこかに居るようで、胸の苦しみが取れません。
    まわりには、泣いてばかりいたらダメって言われるけど、突然に涙が止まらなくて
    たまらなく不安になります、もう1匹のシェリもいるから、キララの分もシェリを可愛いがってあげてと言われるけど。
    2匹居るのが当たり前みたいになって
    毎日、2匹を見て可愛いって思ってたので
    心に穴があいたみたいで、毎日苦しいです。
  • 40代 女性 みぃ

    去年のクリスマス、5歳という若さで天国へと旅立った愛猫くぅ… 腎臓病と診断されてから、あっと言う間の出来事でした。あれから10ヶ月まだまだ悲しくて涙があふれます。もっと早くに気付いてあげられたら、あの時こうしてあげてたら、何であの若さでなの?病院にはよく行ってたのになぜわからなかったの?後悔の念や疑問でいっぱいになります。診断される1ヶ月前、実父の急な他界で、悲しみと忙しさでくぅの変化に気付けなかった私…ただただ後悔しかありません。おりこうさんだったくぅが私に心配をかけまいとしてたのかと思うと更に苦しくなります。でも今は虹の橋で待っていてくれてると信じて、少し前を向こうと思い小型犬を飼い始めました。猫を飼うにはまだ心がついて行けないのであえて犬にしたのですが、耳が大きなところとか似てるところを見つけては喜んでいます。この様子をくぅは優しく見守ってくれてると思います。今までホントにありがう、そして虹の橋で必ず待っててね。
  • 20代 女性 ゆうき

    3日前、うちの犬、ラッキーが亡くなりました。16歳でした。肥満細胞腫がかなり悪性が強く、ステロイドも反応せずに、今年の始めは雪の中をものすごいスピードで散歩していたのに、ここ3ヶ月で肥満細胞腫がどんどん大きくなって衰弱していきました。先生には年末まで持たないから心の準備をしておくように言われましたし、自分も準備しているつもりだったのに、いざいなくなると、ふとした瞬間に悲しくなります。どんなにお世話しても、最期を家族で看取ることができても、悲しさや喪失感が常に湧き出るのです。
    ラッキーが必ず家にいた安心感を前提に生活していたんだということに気づかされました。ペットとか動物とかそういうのではなく、家族同然の存在で、言葉で分かり合えないからこそ、言葉以上のもので通じ合っていたんだと思いました。最期の日も、私が散歩の紐を取り出すと、さっきまでぐったりしていたのにムクッと立ち上がって私に近づいてきました。最期の日も、大好きな散歩に行けてよかった。
    ラッキーはずっとずーっと、私の弟だよ。
  • 男性 ダボダボパパ

    我が家の犬は15歳です。今病気と闘っています。うちは子供がいないのでペットにのめりこんでしまったのだと思います。いつもそばにいるのが当たり前になっていました。獣医さんからは、もう直していく段階ではないと告げられました。まだ、生きているのにペットロスになってしまったような気がします。自分がこんなうつ状態になるとは思いもよりませんでした。
  • 女性 匿名

    私も去年の6月と8月に2匹の愛猫を天国に旅立たせしまいました。6月に娘の様に思ってた子が旅立って1ヶ月も過ぎないうちに弟の様に思っていた子まで急性腎不全で旅立ってしまいました…。
    6月に旅立った子の心の整理がつかないうちに2匹目の子の闘病生活が始まり2匹目の子の方が重病で治療してもらい始めて2週間で旅立ったしまいました。1度に2匹の愛猫を失い只今、ペットロス真っ只中で、近くに話を聞いてくれる人もいなくて毎日辛い日々で毎晩、睡眠導入剤を飲んで寝てあまりにもどうしようもないときは精神安定剤を飲まないと居られない日々を送っています。 よくペットロスには新しい家族(ペット)と生活をすれば改善されると聞きますが我が家には今現在14匹の愛猫がいるのでまた新たに家族を迎える事が出来ないので、やっぱり毎日の同じ生活で旅立ったしまった子の事を思い出してしまい傷心の日々を送っています。気分転換をしに行こうとか外食をしに行こうという気持ちにもなれないのでなかなかペットロスから抜けられそうもありません…。 どうしたら良いのか困っています。
  • 10代 女性 匿名

    現在、来月で15歳になるチワワを飼っています。
    先日体調が少し悪くなり、病院で全身を検査してもらいました。
    検査した結果、異常は何もなく、体の中の全てがキレイで体内年齢が、5歳ぐらいだと言われ、14歳だとは思えないと褒めていただきました。
    それでも、最近たまにふらついたり、壁をじっと見つめていたり、鼻や目の効きが悪くなったりするなど、年齢を感じるようになりました。
    体も更に小さくなり、今まで着ていた服がぶかぶかになって足がよく抜けていたので、昨日、ペットショップに小さめの暖かい服を買いに行きました。
    そこで、ドックフードも買い、あと何回買いに来れるのかな…と思ってしまいました。
    寝る前、布団に入った時もそんなことを考えてしまい、死んで欲しくない…と泣きながら寝てしまい、夢でも妹が死ぬ夢を見ました。
    まだ、散歩でもぴょんぴょん走って元気ですが、ペットロスについて調べました。
    本当に死んでしまったら立ち上がれなくなると思います。。
    年齢のことも考えて心の準備していてもいざとなるとダメになりそうな気がしてこのサイトに来ました。
    今の、元気な時間を大切に過ごしていきたいと思います。
  • 20代 女性 匿名

    今日、13年10ヶ月連れ添った愛犬ラムダが旅立ちました。
    1ヶ月前くらいに初期のヘルニアになり、実家で療養してもらってましたが急に動けなくなって口をパカパカしていたそうです。
    駆けつけてから8時間ほどで旅立ちましたが、その間ずっとそばにいてあげられて良かったです。最期のときは抱きしめてあげられました。
    あまり苦しまずに旅立てたのでよかったのですが、自宅に帰るとラムダと過ごしたリビングやいつも寝ていた場所を見ると、走って帰って来てくれそうに思います。
    ふとした瞬間涙がポロポロってより号泣を繰り返してます。
    まだ一緒に行きたい場所もあったし、ペットと行けるお店を見つけたばかりだったので…。
    ペットロス真っ最中です。
  • 30代 女性 匿名

    只今ペットロス中で後悔ばかり頭によぎったり、携帯の愛犬の写真や動画見てます。
    愛犬の着てた服も捨てられずにいます。
    店で買い物とかしてて犬のエサ売り場視界に入ると思い出し落ち込み、心に穴が空いたような苦しい毎日送ってます。
  • 20代 女性 苺

    1ヶ月前、ハムスターを冬眠させてしまい死なせてしまいました
    温度管理を出来ていなかった自分を責めて1ヶ月立ちます
    なかなか受け入れられなくペットロスを抜け出せないです
    仕事にも日常生活にも支障でてます
    家族にも相談しようと思っても出来ない日々が過ぎ

    寝て醒めたら頭は後悔の念で埋め尽くされてます
    なにをしてもハムスター殺したのにって頭が言ってるんです
    楽しむことも出来なくて
    気を抜いたらハムスターの死でマイナスの感情でたくさんです
    無限のループって感じ
  • 40代 女性 ハッティ

    我が家には14歳と6ヶ月の柴犬がいます。腎臓病になり、治療をしなければ200日持たないと言われましたが、治療のおかげで既に300日を過ぎました。でも日に日に老いていく姿を見てるのが辛くなってきました。勿論最後の時まで側にいますが、我が子の様に溺愛してきたせいか、痴呆も出て来てて辛いです。泣くのはこの子を見送ってからって決めてたはずなのに、ポロポロ涙が出てしまいます。まだ懸命に生きてるこの子に悪いのに。。。淋しくて辛くて仕方がありません。今では頑張って治療してくれているこの子に励まされながら日々を過ごしています。
  • 20代 女性 匿名

    6歳になったばかりの猫を亡くして5ヶ月経ちます。独り暮らし、我が子同然に共に暮らしてきましたが、肝炎で突然のお別れでした。仕事や勉強に追われて寂しさや悲しみを誤魔化し続けていますが、ふとしたときに涙がとまらなくなります。克服しなければと焦ってこのサイトにたどり着きました。
    涙が出る度に、焦りが更に長引かせているんだな、と実感します。
    悲しいものは悲しいと認め、沢山泣いて感謝の気持ちが上回るのを待っています。
  • 10代 女性 ミ

    うちには13才と12才のシーズーが2匹います。先日13才のシーズーのほうが尿が全くでなくなり病院へ行ったところ、尿管結石で、さらに前立腺が大きくなっていて尿が出なくなっていたと言われました。尿をだしてもらって、一ヶ月ほど薬を飲めば治ると言われました。ですが、今まで大きな病気をしたことがなく、病院にもあまりかかったことがないからか、今とてつもなく不安です。
    さらに、13才という年齢もあり病院にいってから急激に元気がなくなった気がします。
    薬で眠いのかもしれませんが、いつかいなくなっちゃうと考えて仕事中などふと悲しくなり涙しそうになります。
    まだ生きているのになんでこんなに悲しくなるんだろうと自分でも不思議です。
    母に怒られたとき、頑張りたいとき、すぐに愛犬のそばにいって元気づけてもらっています。
    それがなくなるのだと考えると、とても悲しいです。
    いつかいなくなっちゃうとは理解してるつもりですが出来てないのかもしれません。
    そのときが来るまで、いっぱい愛してあげようと思いますが、少したつとまた悲しくなり、、、。でも、他のみなさんの投稿を読ませていただいて悲しくなるのは自分だけじゃないんだと思えました。 
    たくさん愛していこうと思います。
  • 50代以上 女性 匿名

    先日、16歳の愛娘(犬)を亡くしました。
    いろいろあって、どん底に落ちた時も支えてくれました。
    本当に、同志のようでした。辛いことや悲しいこと、あの子が居たから乗り越えることが出来ました。
    今、家族関係で抱えている辛いことをあの子なくして、乗り越えられるか自信がありません。あの子は、私ひとりでもちゃんとしなさいって言っていったのだと思います。でも、自信がないのです。
    先日も、あの子がいたから心が収まっていた事が、爆発して主人と喧嘩してしまいました。
    結局、何も解決していなかったことが表面化しているということなのですが。
    乗り越えるには、相当の忍耐力が必要で、今、自信がないのです。
    後悔のない毎日でしたが、自分を責めてもいませんが、
    依存し過ぎた私たちは、どう軌道修正したらよいか、分からないのです。
  • 女性 匿名

    ただただ辛い
    今月の11日に愛犬を亡くしたばかりです
    はるか遠い異国の地から日本にきました
    16歳と7ヶ月でこの世を去りました
    すごく強い子で大きな病気を一度もしたことありませんでした
    なので病院にいくことがほとんどなく、だいぶ年になってきたのと目に傷が入って結膜炎を起こしていたので病院に行きました
    そしたら腎臓の数値が計器で計れないほど高く、末期だと言われました
    昨日まで飛び跳ねて元気だったのに・・・突然こんなことになるなんて・・・
    生前あまり相手にしなかったな、病院にはすぐ連れて行ったけどあまり遊んであげてなかったな、幸せだっただろうかと毎日毎朝寝て起きて思います
    闘病生活は1ヵ月半でした
    その間仕事を休みずっと付きっきりでいました
    看病のためほとんど寝てなく1時間ウトウトしたその瞬間に逝ってしまいました
    ハッとなって起きたら死んだばかりでまだ体はぽかぽかで体もぐにゃぐにゃ
    今にも息しそうなくらいの状態で、、
    1ヵ月半も私は何してたんだろうと後悔ばかりしています
    腎臓病だったのだけど、最後に打った5種混合注射が原因だとネットで見て悲しくなりました
    自分が殺したのだと・・・
    1ヵ月半も付きっきりだったのにも関わらず最後は看取れなかった悔しさ
    あまり相手にしてあげなかった16年
    もう悲しさよりも、最後の二日間の愛犬の苦しそうにグッタリした顔ばかりが浮かんで後悔ばかりしています
    本当に辛いです・・・
  • 40代 女性 匿名

    愛犬を亡くして5日目です。
    ペットロス真っ只中です。
    15歳で悪性リンパ腫の治療中薬に負けて肝不全になってしまいました。最後は輸血が必要な状態になってしまい1度は輸血したんですが数日後には再度輸血が必要になってしまい。。自宅での点滴、2週間以上毎日採血、皮下出血しながらの皮下注射。。もう病院に来て針を刺すのも辛くなり2度目の輸血はしないで家に連れて帰って来ました。 治療をやめた後悔、輸血犬も探さなきゃいけない無力さ。。色々と考えさせられました。
    でも終わってしまうと彼女が居なくなって自分が一番つらくなりました。。
    苦痛がなくなって彼女が楽になれてればと願うばかりです。
  • 30代 女性 こまつ

    昨日17歳オスの愛猫を亡くしました。様子がおかしいと気が付いて二日で急逝してしまいました。こんなにも早くお別れが来るなんて思ってもいませんでした。もうお骨になってしまったけれど、リビングに戻ったらお腹すいた〜とひょっこり現れるような気がしています。もうあのふわふわでおデブなお腹をさわれないなんて信じられない。春夏秋冬、自分の一挙手一投足に彼の思い出があり、何をしても涙が止まりません。
    今はだたひたすらに悲しくて寂しいだけで、辛い気持ちを少しでも吐き出したくてこちらにたどり着きました。
    長く時間がかかると思いますが、沢山思い出し沢山泣いて、ありがとう!死ぬまで愛してるよ!と伝えたいです。
  • 50代以上 女性 こう

    3月11日16歳の愛猫を亡くしました。今まで5匹の愛猫を見送りましたが、本気で死にたい 一緒の処へ往きたいと思ったのは、初めての事です。苦しまず亡くなって、今までの仔達より良かったのに、母のごとく気持ちを包んでくれる仔だったので、完璧にペツトレス状態です。会いたい!
  • 40代 男性 ゆき

    愛犬を亡くして1年になります。
    1年経っても、ロスから抜け出すことができません。毎日、写真や動画を見てしまいます。そういえば数年前にスマホを買ったのは、愛犬の写真や動画を撮りたいからでした。
    玄関のドアを開ければ顔を舐めてお迎えして、リラックスタイムにはヘソ天して、散歩の時は飼い主のペースに合わせて歩いて、知らない人にもかわいいって褒められて、自慢の自慢の愛犬でした。
    亡くなった愛犬の代わりになってくれる相棒は、そう簡単に見つけられそうもありません。
  • 40代 女性 モカちん

    5日前大切な子を、亡くしてしまいました。2ヶ月前に乳ガンの手術し、1ヶ月検診で転移もなく、肺、内臓も綺麗と言われ安心していましたが、5日後少し元気がないので病院に連れていき、ヘルニアかもしれないと言われ痛み止め注射、薬をもらい1週間は元気でした。その後血尿。病院にいき、 膀胱炎と言われ 薬をもらい、その夜息苦しそうなので、病院に連れていき、肺水腫と言われ。治療してもらい、明日朝連れてきてと言われ、夜中息苦しそうなので、病院に電話しようか迷ったのですが、治療してもらったから少ししたら楽になだろ。と軽く睡眠をとりました。起きた時、口から血、血尿、血便。すぐ病院に電話し車に乗せ、病院に着く前に亡くなってしまいました。後悔、夜中すぐに病院に連れて行ってたなら、もしかしてまだ、横にいてくれてるかも‥悲しくて辛くて、胸が痛いです。息ができないです。ペットロス真っ最中です。
  • 30代 女性 びび

    まだ突然亡くなって一週間目です。
    4月26日にも亡くなりようやく五月に入って二日目。
    6月末で17歳になると楽しみにしていたのに、突然亡くなりました。

    亡くなる前の昼に、またねとおやつをあげて食べてから友人のうちに出かけ、早朝家族からの連絡で緊急病院にいきました。
    午後三時半ごろ寝容態が急変。
    家族が来るまでの間お願いして心臓マッサージを続けてもらい、午後四時半頃に家族に見守られながら、心臓マッサージをやめてもらい息を引き取りました。

    最初の20分ほどして助からないならもうどうにもならないと言われながらも、願い通りに家族が来るまで心臓マッサージをしてもらいました。
    多分心臓マッサージしてるスタッフさんは、亡くなってるのを知っていても最後の願いを聞くために形だけでも生きているようにして貰えたのかなと今考えたら感じる部分もあります。
    後悔しないように色々して頂きました。
    そういう部分では、少し後悔が軽い部分もあります。

    亡くなった日の朝、もう意識もなく、呼吸も止まりそうに何度もなりながら搬送した時、かなり酷い脱水症状と血圧低下を起こしていました。
    最後は脱水症状は回復し、脱水からくる血圧低下が回復せずに亡くなったのが直接の死因です。
    脱水した原因が胃がんだったのは、搬送した日の昼過ぎに知りました。

    最近下痢も多くていつも通ってる病院(緊急搬送した病院ではない)で薬はもらってました。

    今思えば、色々予兆はあったと思います。
    若い頃に雷が怖くて逃げ込んだ台所に続くフェンスを、登って台所に行こうとする。
    (お腹痛かったんだろうな)
    飲み水の容器に密着する位間近に頭を置き、そこで眠る。
    眠る時間が増えておとなしくなってきた。
    水飲みをひっくり返し、ドックフードが形を無くなった感じで水浸しになる。
    (その時は解らなかったが、多分かなりひどく吐いていたと思う)
    もう数ヶ月も老化が始まったのかなと家族と話してたので、後悔が沢山あります。

    結局何が異常なのかもわからないまま見逃してしまったので、どこで見抜けたのかなと後悔で一杯です。
    看取って貰った獣医さんは、胃がんの発見は難しいから仕方ないと言われました。

    それでも数ヶ月辛い思いをさせてしまったなと思ってます。
    そして、その子が残した子が落ち込んでいる姿も辛いです。


    気休めにしかならないでしょうが、持ち直したとした場合の残った時間がどのくらいか。
    解らなかったサインはこの場合はどこまで判断出来たのを、かかかりつけの獣医さんに聞いていこうと思います。
    そして残った子の為にも、次は後悔しない別れにしようと努力しようと思います。
  • 40代 女性 モモ丸とモモ太のママ

    3月17日14歳と11ヶ月モモ丸が天国へ旅立ちました。
    結婚して流産した時に私の所へ来てくれました。子供は授かりませんでした。色々あって離婚をし私が引き取りました。一番辛い時に側に寄り添って居てくれました。モモ丸を友達と一緒に霊園に送りに行って家に帰って来て一人になったとたんに夕方荼毘にふされると聞いていた時間になると自分でも抑えきれない気持ちが溢れ過呼吸を起こし駐車場で泣きながら姉に電話をしていました。途中からあまり覚えていないのです。これがペットロスなのかと‥モモ丸は、昨年10月に脳梗塞になりましたが元の様に頑張って歩けるようになってくれましたが歳にはかてませんでした。約5ヶ月朝晩病院の往復と会社の生活でした。最期は、私の腕の中で息を引き取りました。本当に幸せでした。今でも会いたい。抱きしめてあげたい。毎日思い出します。
    でも、奇跡の様な事がありました。
    モモ丸を霊園に送った日、帰り道に病院にお世話になったお礼に行くつもりで病院のワンちゃんにもおやつをと思いペットショップに寄るとモモ丸そっくりな柄のコーギーが居たんです。友達も私もびっくりしました。コーギーの男の子はなかなか見ないのに。モモ丸が亡くなった日にショップに来たそうでした。もう、二度と犬は飼うまいと思っていたのでそのまま帰りました。
    でも、私の様子をみて友達と姉がその子をプレゼントしてくれたのです。びっくりしました。二人からは、モモ丸がお母さんの事を心配してこの子に会わせたんだよ。こんな奇跡みたいな事ないよ。と。
    お兄ちゃんのモモ丸の名前からモモ太と名付けました。これからは、モモ太と頑張って歩いていきます。人それぞれだと思います。亡くなっても心の中にはモモ丸は今も生きています。私があの世に行ったら会えるし、頑張ります^_^
  • 50代以上 女性 匿名

    14年間過ごしたミニチュアダックスが亡くなってから、まだ1か月たちません。少しずつ弱っていく姿を見ながら「どうか安らかに」と願っていました。朝、目覚めると亡くなっていて、覚悟はしていたものの夜中に起きて確認してあげればよかったと後悔ばかりしました。火葬をして今は、お骨壺に入り自宅に居ます。朝は、外に出て散歩をして景色を一緒に見て話しかけています。どこを見ても、思い出がいっぱいで自然に涙が出てきます。「幸せだったのかな」と問いかける毎日です。ゲージやキャリーケース等、友達にあげました。処分するのではなく、次の新しい命のために役立ててもらおうと、少しずつ心の整理をしようと思います。動物霊園で法要をしていただき僧侶のお話を聞きながら、一緒に過ごした14年間は幸せだったと思えるようになりたいと願っています。
  • 40代 女性 スケボンママ

    5月8日、12歳6ヶ月突然私の前から居なくなりました。
    我が家で生まれ姉妹、両親犬と楽しく過ごした日々でした、2ヶ月前乳腺腫瘍が見つかり大きくなった為摘出手術をし麻酔から覚めませんでした。
    後悔しか残りません、     おっぱいも上手に飲めず姉妹が眠った後飲ましたり、怖がりで強い風の日は散歩もままならないくらで一人行かせてしまったこと、何もかも後悔でしか
    何時も笑顔だったみいちゃん、お母さんもそうしたいけどあなたに会うまで難しいよ
    抱きしめたい、撫でたい、会いたいよ



  • 30代 女性 えみちゃん

    まだ亡くなってもいないのにペットロスのような状態です。14歳の愛犬は4月に急に後ろ足の力が弱くなり、今はなんとか歩ける状態です。毎週毎週病院にかかっていますが、先週の触診でそれまでなかったしこりが首元と後ろ足にあるのが分かりました。翌週もしこりは大きくなっていて、細胞の検査の結果待ちですが、リンパ腫の可能性が高いようです。今後は抗がん剤治療になるようですが日に日に弱って行く愛犬を見るのが辛く、でもそばにいたくて胸が苦しい日々を送っています。「しっかりしなくちゃ」「きっとよくなる」「後悔しな
    たくない」色々な思いで頭がぐちゃぐちゃになり、息苦しく、食欲もないそんな状態です。いつかかならず見送る時がくるのでしょうが、まだなかなかそこまで気持ちの整理がつきません。少しでも自分の気持ちが楽になるのかも思って投稿してみました。
  • 50代以上 男性 チェリー

    2016年7月24日日曜14時45分病院のかえりに車の中で心臓まひでなくなりました。原因は点滴をイッキにされたため心臓に負坦がかかったため。まだ10才と10カ月でした。毎晚ベッドで一緒に寝ています。今そっくり人形をたのんでいます。できたら、人形の中に遺骨をいれる予定です。
  • 40代 女性 christy

    皆さんの投稿を読ませていただいて涙が溢れて止まりませんでした。
    私も4月にミニチュアダックスフンドを16歳10ヶ月で亡くしました。
    最期は貧血の数値が上がらぬままでした。
    輸血も2回し一時しのぎと言われましたが
    自分で立って少し歩けたりして奇跡が起きた!と喜んだのを思い出します。
    本当に寂しく、ふと突然涙が溢れてきたりペットロスの真っ只中です。
    家の中の色んな場所に写真を置いていて
    おはようって話しかけたりしてます。そうしてると少し心が落ち着きます。
    これからもずっと一緒だよ。アリス。


  • 30代 女性 ケイコ

    「死に慣れる」ことなんて、絶対にない!
    今まで、自宅で産まれて亡くなる子、拾って(戴いて)亡くなる子、そして亡くなる原因も様々に看取ってきましたが、死に慣れることなんて絶対にありません。
    今回も腎不全で自宅で生まれた猫を亡くしました。
    4ヶ月の闘病生活、私的には尽くしたりないくらい、もっともっと一緒に居たかった。
    でもその子のことを思うと、苦しみから解放されて、次は幸せに暮らして欲しいとも思います。
    産まれて来てくれて、完全人工哺乳で育てて、8年間。
    未熟児で前脚もクル病になりましたが、よく長生きしてくれたと思っています。
    本当にカワイイ子でした。
    そして、私のところに生まれてきてくれて感謝しています。
    最期の1ヶ月の闘病生活は壮絶でした。
    仕事も休み、毎日点滴とビタミンの経口補給。
    私も最期を看取りたくて、一緒にいたくて、看病にあたり、最期は寝たきりだったので抱き上げて体位を変えてあげようとしたら、キレイな顔と目で「ニャー」と元気に鳴いて亡くなりました。
    あまりにもキレイすぎて亡くなったことに信じられず、人工呼吸や心臓マッサージもしましたが、戻ってきてはくれませんでした。
    でも亡くなったその顔を見ると、まるで寝ているように静かでキレイで、ずっとずっと顔を撫でて見つめていました。
    最期に見つめてくれた顔と声は今でも忘れられません。
    ありがとう。
    今度生まれ変わった時は、もっともっと幸せに暮らしてね。
    ありがとう。大好きだよ。
  • 30代 男性 匿名

    2017/5/26に16歳の愛猫ショコラさんが旅立ちました。

    元々亡くなった祖母が飼っていた猫で、当時祖母は末期癌と戦っていたので猫の面倒まではみられなかったのだと思います。
    その影響でショコラさんは人間不信になっていました。
    そして同時に糖尿病も患っていました。

    噛み付かれ、引っ掻かれ、それでも余生を楽しく過ごしてほしくて、少しずつ信頼関係を築きました。

    1日2回決まった時間にインスリン注射を自宅で打ちながら、2年間闘病して、彼は静かに息を引き取りました。

    撫でさせてもらえるようになり、抱っこも嫌々ながらさせてくれて、夕食時には僕の膝に乗って魚や肉を催促し、その内に水を替えて欲しい時や構って欲しい時には鳴くようになり、機嫌が良い時に撫でているとゴロゴロと喉を鳴らしてくれるようにもなり、とても嬉しかったです。

    長くはもたないと獣医から言われていたので、日々後悔しない為にショコラさん中心の生活をしていました。

    ある日突然無駄鳴きをするようになり、しきりに外に出たがり、物を食べなくなり、立てなくなり。
    亡くなる日の前日から、泣きながら、撫でながら、できるだけ笑顔で感謝の気持ちを言葉で伝えたり、とにかくずっと傍にいました。

    亡くなった後は、亡骸と向かい合って、泣きながら、笑いながら、思い出話をしました。それから、もうショコラさんは元気だから、食べたい物を食べて、いっぱい外で遊べるんだよ、と。

    亡骸を病院に預けたあと、家はとても静かでした。
    玄関のドアを開けてもショコラさんが駆け寄ってこない。
    トイレを確認してもずっと汚れない。
    大好きだったお風呂場を見ても、ショコラさんはいない。
    ベランダの網戸が揺れる音がして確認しても、ショコラさんは入ってこない。

    目が勝手にショコラさんを探すんです。
    そしてその度に、もう二度と会えないし触れないのだと実感して辛くなります。

    家の中の明りが、フッと消えてしまったような感じがします。
    物が喉を通らず、かと思えば突然塩分を過剰摂取したりして、睡眠薬を使っても眠れず、何もする気になれません。テレビも点けられません。突然号泣してしまうことも日に数回あります。

    別れが約束された関係で、僕の役目は彼の余生をできる限り充実させ、そして最期まで共にいること。
    そう解ってはいても、この痛みはどうしようもありません。
    せめて今は向こうで楽しく過ごしていることを願うだけです。
  • 50代以上 女性 匿名

    こんなにもたくさんの人がペットロスに苦しんでるんだなぁって、、
    うちのシーズーが亡くなって3年、経ちますが会いたいです。
    経済的に許すなら次の子が欲しいけど病気した時も治療費かけてあげたいし、今は無理なので余計に辛いです。
    周りの人がたかが犬と思ってる(一人は犬嫌い)ので辛いです。
    主人も子供もそんなに悲しんでるように見えないし孤独です。
    やる気が起きずダラダラと日々を過ごしてしまった感じです。
    理解されないと思ってるところが辛いです。
  • 30代 女性 ボン太のお姉ちゃん

    我が家の愛犬コーギーのボン太を失って2年と5ヶ月。1月3日。2日の夜胸騒ぎがして、『何か、私起きてる』と。暖房つけ、ボン太の隣でゴロ寝。3日の朝5時20分、『クゥーン』と「抱っこする?」と声を掛けると、首を動かしてくれました。抱っこ大好きなボン太、買った時も私が抱っこ。亡くなる時も私の腕の中で、苦しまずに逝ってくれました。綺麗にして、次の日火葬場に。帰ってきてから暫く、引きこもり。毎日泣いてるばかり。クッシング症候群と糖尿病を併発。毎日インスリンを。先生に教えてもらい、私がやりました。時々まだふっと思い出して、涙する時も有ります。家には4匹居ます。10歳のポメを筆頭に(苦笑)動物園に。最近10歳のポメが、動かなくなったので、近いのかな・・・と。覚悟していますが、一匹一匹がほんとに大切な家族なので、愛してるよ!!大好きだよ!と毎日言ってあげています。
  • 10代 女性 聖華

    お母さんが家で大事にしてた愛犬が死にました
    お母さんがおかしくなりました
    幻覚見たり犬は死んでないとか言っており子供ながらお母さんはペットロスなんだ‥と思って悲しんでます
  • 50代以上 女性 マルヤマ

    ちょうど百箇日になりました。昨年11月末に悪性腫瘍が見つかり手術や抗がん剤治療の甲斐なく遠隔転移してまして、3月に亡くなりました。まだ9歳の大型犬の男の子でした。でも亡くなる10日位前までは、発病前のような姿を見せてくれてそれが彼らしく、すごく立派で私にとってはとっても宝物の時間です。ご近所や同種の犬友さん達にも可愛がられ亡くなった時は彼を大好きだったと、ありがとうと言う言葉も、彼の死を悼む声も数々ありました。自慢の子ですこれからもずっと。ほんとにあと2、3年は一緒に居られると思ってました。彼が亡くなってからの毎日、涙の流れない日はありませんが、百箇日を迎えそろそろ亡くなった事実を、彼を天に返して虹の橋のたもとで、先に亡くなったお友達や
    後に亡くなったお友達と穏やかに楽しく過ごして私もいつか行くからね、それまで待って居てと願わずにはいられません。それでもこの喪失感はいつ癒えるのか寂しいです。
  • 30代 女性 かおりっち

    恐らく、これからそうなるのだろうと思います。
    昨日の今日だからまだ実感もない。
    いつも一緒に寝てたからまだいてるように思える。
    何であの子がこんな急に…って後悔と気付いてあげれなかったから自分を責めてしまう。
    もう一度抱きしめたあげたい…
  • 女性 匿名

    今まさにペットロス真っ只中です。

    先月大好きな愛犬のフレンチブルドッグを亡くしました。
    今でも亡くなった時の姿がフラッシュバックしてきます。

    夜になると無性に悲しくなって今でもほぼ毎日泣いています。9歳になったばかりだったのに、何故こんなに早く居なくなるんだろう。
    前日まで元気だったのに、その日いつも以上に息苦しそうで病院に二回連れて行き、二回目の診察で病院に治ると信じて預けました。
    しかしその日のうちに、先生に危篤状態を告げられ、愛犬は先住犬と同じ所へ旅立って行きました。

    その子の事を思い出さない日はないです。階段を上がってくる音、起こしに来る気配、ドアのガラスから覗いてくる目、全てが今無くて、悲しくて悲しくて悲しみをまだ昇華しきれません。


    叶うことなら、また抱き締めたい。お腹に触れたい。顔を揉みたい。肉球に触れたい。

    あの子の匂いを体温を感じたいです。



  • 女性 ぽんやん

    もともと私は、うつ病を患っていましたが、そんな私を心配してくっつきまくったり、家族のヒザの上にも乗るのが大好きで、家族ベッタリだった愛猫が20歳、老衰で亡くなり、喪失感がヒドく、私は身体に力が入らず何もヤル気にならず食欲わかず、ペットロス&うつ真っ最中です。が、家族も非常に辛い思いをしているので、家族に気を使っています。ここの皆さんのコメントを拝見させていただいて、自分だけが辛いんじゃないと思いました。家族の心も私の心も、皆様の心も少しでも晴れますように。心配性の愛猫、皆が元気になれるように、見守っていてね。
  • 20代 女性 ゆう

    先日愛亀が急に天国に行ってしまいました。まだ9歳でした。昨年から一人暮らしを始めたので頻繁には実家に帰れていませんでした。でも帰ったら玄関にいる、そんな光景がずーっと続くと思っていました。いつも帰ってくると餌を求めてバタバタしていました。2週間ほど前に帰った時もそうして餌をあげてまたねと言ったのですがそれが最後でした。死んでしまったと思われる日、わたしがちょうど昼寝をしていた時母から亀が動かないとの連絡でわたしは何かを感じて飛び起きました。ベッドに入ってたった30分ほどしかたっていなかったのですが、身体中が熱くて脱水状態で初めて自分の身が危ないと感じたんです。もし夜まで目を覚まさなかったら熱中症で命に危ぶまれていたかもしれません。今思えば代わりに私の命を救ってくれたのかなぁとも思います。
    急なことでまだ実は生きてるんじゃないか、帰ったら生き返るんじゃないかとの思いで今日実家に帰ってきました。そんな現実は待っておらず、泣きながら庭に埋葬しました。今も何故もっと早く異変に気づかなかったのか、こんな飼い主でよかったのかなど後悔しかありません。何事にも集中できずこれから自分がどうなるのかもわかりません。
  • 20代 男性 匿名

    愛犬を亡くした事で母がペットロスになりました。
    この記事を読むまでペットロスというものがある事を知らず、また、私もペットを失ったショックから気が動転してただただ戸惑うばかりでした。
    母は強い人だと思っていましたが、ここまで感情的になってしまうものかと驚いたことを覚えています。
    母に読ませましたが、落ち着きを取り戻したように感じます。
    そして私自身も心が楽になりました。

    この記事を書いたHaruさんにお礼を申し上げたく、コメントさせていただきました。
    本当にありがとうございました。
  • 40代 女性 ワンコーサト

    ペットロスなのかな?
    今月7月22日am6:55家から脱走してしまったうちの子チワワ二人…家の前でドン、ドン…父からやられたの声…えっ…何…二人を見て『イヤー…』駆け寄った時にはピクリともしないひいた車は止まりもしないで去っていたみたい。
    あとの事は、ほとんど、覚えてない…号泣…
    二人とも一緒に逝っちゃった。9歳、7歳で、まだ、一緒に居れたはずなのに。
    なにもする気になれない…
    仕事しててもあの子達の子とばかり…
    凄く、家に変えるのがいや、いつもお迎えしてくれてたから玄関のドア開けるのが寂しい。
    開けるのに時間がかかる。
    本当に誰か助けて、あの子達返して。寂しいよぉ。
  • 40代 女性 ふぇるり

    12年一緒にいた白茶トラのにゃんこを7月24日に亡くしました
    4月末にいつものように身体をなでていたら、「何だろう?」って思うしこりが…
    かかりつけの獣医さんに連れていって、レントゲン・エコー・細胞診をしてもらったところ、悪性腫瘍の可能性が高いので、違う病院でMRIをうけてきてほしいとのこと…
    5月のGWに1日がかりで検査に行って、その結果は同じ…悪性のものですとのこと。肺の近くに影があり、肺の中にも影があるとのこと。水もたまっているようだと…
    できた位置が難しかったので、手術はおすすめできないと言われ、薬での治療もかなり身体に負担をかけるため、おすすめしないと言われました…
    本人の様子を見て、その場その場で対処していきましょうと言われました…
    それからの2ヶ月間、ご飯を食べなくなり水も飲まなくなり、8㎏あった体は痩せて4㎏に…食べるのが大好きだったにゃんこがガリガリになっていきました…
    少しでも食べてくれないかとお箸で柔らかい缶詰をあげて、状態が良いときは家の中を歩いたり、気持ち良さそうに寝ていました。
    しんどい時には、口呼吸で息も荒く、そんな時には、「大丈夫、大好きだよ」と声をかけてなでであげるしか出来ませんでした…
    最後の朝は、お風呂場に歩いて行ったので、お水が飲みたいのかと蛇口をひねってあげたら、飲もうとしたのか頭をつっこみびしょびしょになって倒れてました。
    タオルで身体を拭いてあげて、抱き上げてバスタオルの寝床に寝かせてあげました。
    仕事があったので、様子を見て大丈夫かなと思いつつ、「行ってくるね。そこでじっとお休みしててね。すぐ帰って来るから」と声をかけたら、頭をあげてしっぽをパタパタふってくれました…
    元気だった時は、いつも足にすりすりしてお見送りをしてくれてたので、今日も見送ってくれたんだと思いました…
    仕事が終わって急いで家に帰ってみると…寝床からは少し離れたご飯置き場の前で倒れて亡くなっていました…目を開けたまま…
    その姿を見た後、涙と嗚咽が止まらず、しばらくその場を動けませんでした…
    濡れていたのに、暑いからクーラーをかけて出掛けたから、こんな事になったのか?
    しんどそうだったのに、なんで仕事に行ったんだろう?とか…後悔ばかりで涙が止まらない毎日です…
    今でもまだ、にゃんこの寝床やご飯入れを片付ける気になれず、家に帰るといろいろな物を見たりすると涙が止まりません…

    いつもそばにいるのが当たり前で、まさかこんな日がくるなんて…12年…早すぎます…まだまだ一緒にいたかったよ…
  • 40代 女性 ののママ

    大切な末娘、ののが1歳になったばかりで大動脈血栓塞栓症で突然私の元から居なくなってしまいました。お葬式も火葬も済ませ、動物霊園に納骨し、まだ3日です。
    主人と話して納得して納骨したのに、連れて帰れば良かった、ママ居なくて鳴いてるんじゃないかと悔やむばかり…
    どうすればののにもう一度会えるんだろう、時間を戻して欲しい、そんなことばかり考えてしまいます。
    お兄ちゃん猫達がいるのに、これじゃ駄目だ、と思ってもやっぱり無理。
    自分で感情のコントロールが出来ないままで過ごしています。
  • 30代 女性 なつちん

    8月2日に11歳の愛猫を亡くしました。8歳の時に特発性肝障害となり、そこからずっと治療を続けてきました。発病してから獣医師も驚きの長さで生きてはくれましたが、亡くなる一ヶ月前から肝性脳症となり苦しい姿が増えていき、最期はものすごく苦しんで亡くなりました。まだ亡くなって2日、後悔と喪失感の真っ只中です。涙が止まらず仕事も頭に入ってきません。それでも、あの子の写真や動画を見ては、愛と幸せをくれたことに感謝をしています。そして、本当はもう少し短い命だったはずなのに、私があの子の死を覚悟するまでがんばって生き続けてくれたのだと悟りました。涙は流したいだけ流して、それでもあの子が教えてくれた愛や幸せに応えられるような自分に成長していこうと思います。
    もう一匹の愛猫と共にあの子を失った悲しみや苦しみをしっかりと味わい、抑え込まずに開放し、通り抜けて生きていこうと思います。
  • 40代 女性 るびー

    2017年8月24日に13歳のポメラニアンが旅立ちました。
    3日前の夜に突然立てなくなりました。
    朝は普通に散歩してたのに。
    滅多にいかない一泊旅行が次の日からで後ろ髪引かれる思いで行きました。
    明日帰るからとるびーに言い娘に任せて行きました。
    帰ってすぐるびーの所へ行くと弱々しくも待っていてくれました。
    その日は家族みんなでるびーと一緒に寝ました。
    次の日の昼間に旅立ちました。
    亡くなる数時間前には私が食べていたアイスを欲しそうにするので少し食べ、お土産のカスタードケーキも三口ほど食べました。
    亡くなる直前は息苦しそうでした。
    でもあまり苦しまずに旅立てたので良かったと思うようにしています。
    もっと優しく声をかければ良かった、もっと抱っこしてあげれば良かった、かまってあげれば良かったと後悔ばかりです。
    亡くなって丸2日勝手に涙がこぼれます。
  • 40代 男性 ニューニューパパ

    昨日の朝にニューファンドランド犬のニューニュー2歳10ヶ月をレプトスピラ感染症で亡くしました。病院での死去だったので最後を看取ることができなかったのが最大の後悔です。相棒のゴールデンレトリバーとの散歩と庭でのワンプロが日課でしたが当たり前の光景が思い出になってしまいつらいです
  • 30代 女性 ロンちゃんのママ

    先日、川に落ちて突然愛犬ロンは亡くなりました。
    父が朝の散歩中に、前から車が来たから避けようと思って、端に引っ張ったら欄干の間から落ちたのだそう。15年生きていて足腰が弱くなっていたので、もしかしたら自分からよろけて落ちていったのかもしれません。
    慌てて川に入り、引き上げ、その後シャワーで汚れを洗い流しましたが、その内異変が起き、あっという間に容態が悪くなりました。
    その間、わずか2時間程。
    医者につく前に心臓が止まり、医者からはお役に立てなくて申し訳ない、と臨終を告げられました。
    その日は火葬をして弔い、まだ日中は良かったんです。

    しかし、その日の夜から私はおかしくなりました。

    暗くすると、ロンが怖がるから(暗闇でも平気な子だった)電気を消せない→だから私は寝たらいけない→寝たらロンが寂しがると結局うつらうつら。

    15年も一緒にいたので、あちこち車でよく色んな所へ行きました。
    ほぼ、ロンと一緒に通った道ばかりです。
    そのためどこへ出かけても、ロンがいない、ロンがここでこの前鳴いた、などふいに思い出し勝手に涙が出てくる。

    必要ないのにドッグコーナーに立ち寄り、ロンの餌を見つけて喜んでいる…等

    頭ではロンがいないこと、ロンはもう帰ってはこないことを分かってはいるんです。

    でも勝手に涙が出てきて、勝手にロンのことを考えてしまい気が狂いそうです。

    テレビをつけても、最初はドラマの内容に見入っているのに、たまたま散歩をしているシーンや、たまたま柴犬が映ったらもう泣いているんです。

    母は二度と犬は飼いたくないといいます。
    毎日の世話そのものよりも、年をとって辛いことがあるのを見るのが嫌なのだそうです。母はテレビや、近所の柴犬を見ているだけで良いそうです。

    やっぱり私がおかしいのでしょうか。

    現在失業中で、就活しなければいけないのですが、もう何もする気が起きず、私も虹の橋行ったら会えるかなとか、私が欄干から落ちたらロンが戻ってくるかなとか、くだらないことばかり考えてしまいます。

    私はどうすればいいですか?
    教えてください。
    お願いします。
  • 40代 女性 匿名

    先月15歳8ヶ月で愛犬を亡くしました。私は独り暮らしなので、10年間1人と1匹で暮らし、そして、6年前にもう1匹を飼い始めました。
    亡くなった愛犬は人が大好き、明るく好奇心旺盛で誰からも愛される子でした。大きな病気もなく、とても丈夫だったのですが、13歳の時に乳腺がんになり、その時は手術を乗り越えてくれました。その後はちょこちょこと病院にお世話にもなりましたが、手術したとは思えないほど元気でした。15歳を越えた頃から後ろ足が弱ってきて少しずつ歩けなくなっていきました。がんも再発してましたが、そちらの治療はせず、毎週足腰にレーザーをあててもらい、心臓や肝臓などの薬を飲み、排尿も自力では出来ないため、毎日膀胱をしぼるという日々が続きました。それでも凄く頑張ってくれて、ご飯も一生懸命食べてくれていました。動けなくてもとても明るく前向きな様子を見せてくれていたのですが、何となくそろそろなのかな?と私自身感じ初めて覚悟はしていました。そしてお盆休みに家族旅行の話があがったので、この子の調子が良ければ一緒に行くと言っていたところ、前日も当日も物凄くキラキラした目で本当に調子良さそうだったので連れて行くことに決めました。その数日後の早朝、まるで私の目が覚めるのを待っていたかのように息を引き取りました。前日もご飯は食べられなかったのですが、大好きなガムだけは食べて、グッタリすることもなく、最後の最後まで本当に良い子で……旅行も最後になるとわかっていたのだと思いました。亡くなってからは私も覚悟していたとはいえ、辛かったです。ところが、残った愛犬が私以上に落ち込んでしまったのです。私がお風呂に入ってるだけでも吠えて騒いで、ご飯も食べない、夜もちゃんと寝ない。そして気付きました。私が笑顔でいないとこの子はもっと辛いと。亡くなった子が使ってたクッションを与えたらだいぶ落ち着き、そして私もこれまではあまりかまってあげてなかったなと思い、毎晩のようにボールで遊んだり、クタクタになるまで遊び倒しました。まだ亡くなってから1ヶ月経っていませんが、残った愛犬と前向きに過ごしています。私がいつまでもメソメソしていること自体、亡くなった子は望まないと。勿論思い出して泣いたりしますが、後ろ向きなものではないと思っています。亡くなった子と残った子に救われています。また、私たちのところに来てねと願っています。
  • 50代以上 女性 リュンリュン

    うちにはもうすぐ3歳になるトイプードルのオスがいます。
    子供も独立し、私も仕事を辞め念願の犬を買いました。もともと愛おしむ存在が欲しいタイプの私は溺愛していると思います。

    うちの子はいくつかのパターン、言葉を知っています。多分時間帯で用事の内容も把握しているみたいです。
    私が趣味の練習に行く時そのグッズを持つと自分からくれーとに入り後追いはしません。それも午前中はほぼ鳴きません。
    でもゴミ捨て、外掃除等ちょっとの外出はすごく後追いをします。

    これはきっと子犬の頃に抱っこしてしていたせいなのかもしれません。
    犬はルーティンをちゃんと覚えます。洗濯や二階への用事、それは私の姿が見えなくなるのでくうーんと鳴きますが、ちゃんと待っています。

    が、誰かと出かけるのを見るととても鳴きます。置いていかれるのが嫌なのです。
    私が1人で出かけるときはそんなことはないのに。

    こうして私と愛犬の暗黙のルールみたいものができたみたいです。

    いない生活は考えられないのでかなり心配な飼い主なのですが、私の心を救ってくれた恩人?なので可能な限り一緒に生きたいと思うのです。
  • 50代以上 女性 匿名

    つい4日前、22年間飼っていた愛用を老衰で看取りました。息を引き取る数分前、白内障で見えなくなった目でじっとこちらを見つめていました。それは、今までの感謝の言葉のように受け取れました。私も、「今まで有難う。よくここまで頑張ったね。」と泣きながら頭をなぜてやりました。悲しみは大きいですが、時間が解決してくれると思っています。あの子に会えて良かったと思っています。
  • 50代以上 男性 潮風一番

    今朝愛犬ベロイ(ミニチュアシュナウザー12歳6ヶ月、メス)を失い悲嘆に暮れています。
    18日ヘルニアで毎日注射で病院に通うことになりました。
    ヘルニアはかなり良くなったのですが急性腎炎が併発し9月23日入院する事になってしまいました。
    毎日病院に通いましたが一向によくならず、むしろ吐き気がひどくなり太り気味のベロイもどんどんやせてゆき、病院の進めもあり、急遽引き取ることになりました。
    呼吸も脈拍も荒く苦しそうだったのでお腹をさすってあげると楽になるので一晩中そうしてあげました。
    26日10時半、呼吸も脈拍も弱くなり静かに行ってしまいました。
    隣にいた妻を大声で呼び
    駆けつけ泣き崩れ
    ながら”ベロイチャン!”と叫んだらなんと止まった呼吸も脈も動き出したのです。でもつかの間でまた静かに消えて行きました。
    昨日は一日中二人で泣き崩れ、今日はお寺の手配を済ませましたが部屋中ベロイの物だらけで見る度に涙が出てしまいます。
  • 40代 男性 匿名

    1年前に6歳のトイプードルを亡くしました。7歳まであと3週間でした。
    2歳のときにアジソン病と診断され、4歳でアトピーになり、毎朝晩の薬服用と毎月の検診は欠かせませんでした。体内のホルモンバランスを上手く保てないので、脱水症状で点滴を受けることもしばしばでした。
    我が家には子供がいないので、本当の子供のように溺愛していたと思います。
    そんななか、昨秋に食欲不振・嘔吐を繰り返すようになり、点滴や検査入院を繰り返しましたが原因は特定できず、もう一度精密検査入院をして、それでも判明しなければ東大病院を紹介いただけることになっていました。その日の朝9時過ぎごろ入院しましたが、13時ごろ病院から連絡があり、昏倒して意識不明(危篤)だというのですぐに駆けつけました。駆け付けた際には意識が戻っていましたが、手術台の上でぐったりとしていました。近づいて名前を呼んだところ、私に気付き、なんと立ち上がって抱っこをせがんできました。先生が一度自宅に戻られて、明日また連れてくるようにと言われたので車に乗せて連れて帰りました。車中では意識があったのですが、帰宅直後に急変し、家族に看取られて旅立ちました。
    大好きだった家族に、これまで大半を過ごした家で看取ってもらうために、最後はまさに死力を尽くして頑張ったんだなと思うと涙が止まりませんでした。

    それから1日たりとも忘れませんし、毎日何度も思い返してしまい、時々涙しています。
    新しい子を迎えてもこの子のことほど愛せる自信もなく、こちらのエゴでしかないような気がして先に踏み出せません。
    仕事で紛らわせようとしますが、喪失感・倦怠感はいまだに拭えません。
  • 20代 女性 匿名

    約2ヵ月前に愛犬を亡くしました。
    14歳2ヵ月でした。
    病院でも14歳なのに元気だねって言われていたんですが急に痩せていき初めは夏バテと言われそれで納得していたんですがあまりにも痩せてご飯も食べなくなったので病院に連れていくと自己免疫性溶血性貧血と言われました。即入院でそれから毎日会いに行っていましたが輸血してもあまり良くならない、乳がんも見つかり酸素が無い時があった為脳に酸素が行かず脳障害にもなり膵炎にもなりました。いつ亡くなってもおかしくない状態、今生きているのが奇跡と言われました。入院してから5日後に亡くなったと連絡がきました。正直覚悟はしてましたがあまりにも急すぎて受け止めきれず、そして何よりもっと早く病院に連れていけなった事、最期傍にいてあげれなかった事が後悔しました。1週間ほど泣き続けやる気もなく家から出ることも出来ずひたすらボーっとしてました。周りの人たちのお陰で今は普通に生活していますが、不意に思い出し泣いてしまうことがよくあります。今もまだ自分を責めることがあります。でも虹の橋で元気に待っていることを思うと私も頑張ろうと思います。今も辛いですがまた逢える日を楽しみに頑張ります。
  • 30代 女性 七ママ

    今月、14才になったばかりの愛犬を胆嚢破裂で亡くしました…。肺や心臓が悪いと治療をしてきましたが、実際は胆嚢が破裂していて肺や心臓に負担が掛かっていた様です。なぜ、もっと早く気付いてあげれなかったのか。医療センターに転院し2日で命を落としました。
    傍で看取れずごめんなさい…。先に逝っ犬と仲良く過ごしてね。

    今は、自分を責めてばかりで…生きていくのが辛いです。
  • 40代 女性 匿名

    先日愛犬を亡くしました。
    6歳になったばかりでした。
    免疫介在性溶血性貧血と診断され、初めての入院にストレスからか餌も食べず、排泄も我慢しているように見えました。面会に行くと餌を食べてくれて、排泄もして。
    沢山の点滴や注射、輸血も2回、酸素室に入って抱っこする事も出来ないまま、入院から12日で逝ってしまいました。最後は看取ってあげる事も出来ませんでした。
    病院で弱っていく姿を思い出すと本当にこれで良かったのか、家に連れて帰って一緒にいてあげれば良かったと後悔ばかりで涙が止まらなくなります。愛犬に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
  • 50代以上 女性 匿名

    私もペットロスになりました。今年の8月の、まさにお盆。忘れられません。元気に、トリミングに行ったのに帰って来た姿が目がうつろで、水を飲んでは足は震えてるし、お尻は真っ赤で、お腹は紫。なぜ?何があったの?もちろん答える事はありません。急いで病院に連れて行くと、熱中症と外部の圧力だと。今夜が山と言われても信じられなくて朝の10時に亡くなりました。亡くなった姿を見て後悔しかなく、今も引きずってます。
  • 40代 女性 匿名

    昨日早朝に3歳10ヶ月の愛犬を看取りました。3日前にフードを吐いていて「仕事だから様子をみよう」と。2日前から食べ物、お水も飲まなくなってきたので病院へ。虫下しと抗生剤、痛み止めの注射を打ってもらい帰宅。その夜は外出予定だったため家族にお願いしました。1日前にぐったり感が強かったため別の病院へ。検査結果、胃、腸に異物の影が・・。脱水、血圧低下もありました。まだその時点では歩ける体力はありましたがその病院では手術出来ないから別の病院を翌日に行くよう説明されました。15時頃家に戻り薬や栄養剤などを飲ませ様子を見ることに。定位置のソファから家族の食卓を眺め、足元まで歩いて来ました。10時頃トイレにヨタヨタと歩いて戻るとタール便。慌てて通ったところを見ると点々と便が落ちていました。酸っぱい匂いが体からありそれから毛布で包み温めました。動けなくなっているのに首をよじりながら膝の上に乗ろうと。そのまま抱っこした姿で一緒に寝ました。4時半頃甲高い鳴き声が響き飛び起きると2メートル先で横たわり足だけ動かし泣き叫んでいました。すぐさま抱っこしましたがすぐに息を引き取りました。最後に「抱っこして!」と呼んでいたのでしょうね。お寺で火葬を済ませ愛犬がいない初めての夜を過ごしています。こらからペットロス突入中です。
  • 40代 女性 えみっち

    2017年12月7日午前3時58分、腎不全で、アメリカンショートヘアの女の子が永眠しました。
    享年22才でした。
    動物病院へ連れていって、皮下点滴してもらって、明日も来てくださいと言われていたのに、朝方、急に息をひきとりました。
    苦しかったらしく、目も開けたまま、くちも開いたままの最後でした。
    暖めてくださいと言われていたので、アンカの上にタオルとペットシートしいて、毛布かけて添い寝してたのですが、、、
    あまりにもはやすぎる死でした。
    埋葬は、裏庭の杏の木のそばへ埋めました。
    タオルでくるんで、箱がなかったので、大きい紙袋へ好きだった、ちゅーるとシーバとかつおぶしとカリカリと寒くないようにホッカイロも一緒に入れて、埋めました。
    お墓には、ミネラルウォーターと猫缶とお花を供えました。
    今日、フォトフレーム買ってきて、写真おさめ、花瓶、お水、猫缶供えました。
    昨日、寝ようとふとんに入ったら、右足の上が重く感じて、ああ、そこで寝てるのかなと思いました。
    今日は、視界の右端に横顔が一瞬見えました。
    さっきは、二階から、走り回る足音が聞こえました。
    まだ、この家の中にいてくれてるのかな。
    外は寒く雨が降ってるので、こんな寒いのに雨に濡れて風邪ひいちゃうよー!と泣いたからでしょうか。
    完全室内飼いだったので、外の厳しさを知らない子だったので。
    まだまだペットロスから、抜け出せそうにありません。
    生きる気力も食事する気もおきません。
  • 40代 女性 匿名

    昨日15歳3ヶ月の愛猫を亡くしました。今年の9月頭に消化器型リンパ腫と診断されましたが、7月末に猫ドックを受けて異常なしとの結果でしたので、何かの間違いだと思いました。
    ただ、細胞診と外部検査により、高グレードのリンパ腫であることが確定してしまいました。
    治療は最初の診断時より抗がん剤治療を始め、腫瘍専門の獣医師の指導の下でリンパ腫と闘ってきましたが、最後は溶解性貧血を発症し、病院へ輸血に向かうタクシーの中で亡くなりました。
    こんなことなら家で静かに看取るべきだったのかと後悔する一方、やはりチャンスがあれば同じ選択をしてしまう気がします。
    愛猫に申し訳ないのは、亡くなる時に、しっかり顔を見て、頭をなでて、大好きだよと声をかけてあげられなかったことです。このことは一生後悔するでしょう。
    明日、お葬式を行う予定なので、せめて今日は一緒にいていっぱい話しかけたいと思います。
    でも、これまで生きてきた中で、これほどつらい経験はありませんでした。
  • 30代 女性 匿名

    つい先日、家族のデグーが虹の橋を渡りました。1歳と9ヶ月、7〜8年程生きてくれる子も居る動物ですが、余りにも早いさよならでした。まだまだ珍しい動物なので近隣に診てくれる病院も無く…様子がおかしくなって慌てて2時間近くかけて専門病院に行ったのですが、間に合わずにあっという間に旅立ってしまいました。賢くて可愛くて、甘えん坊で、我が子の様に愛しく感じていたので、余りにも早いお別れに心が着いて行きません。チェック項目の殆どに当てはまり、ああそうかこれがペットロスなのかと思いました。会いたいです。いつか前を向ける日が来るのか…今は後悔と喪失感でいっぱいです。
  • 40代 女性 匿名

    出会ったときは生後20日くらい、訳も分からずペットショップへ駆け込み渡された物は粉ミルクと哺乳瓶。あれから19年。愛猫が天使になって3か月がやっと立ちました 運転中 仕事の休憩中 ショッピングしていてもランチに行っても不意に涙が出ます 3年間 週1~2回の皮下点滴 専用フードとお薬 頑張ったね一人では逝かせない 死ぬときはそばにいると決めていたし覚悟はしていたつもりだったけど やっぱりつらい
  • 20代 女性 匿名

    3番目の8歳の子が熱が出たりと不調が続いたので病院へ行くと肺癌だと言われてそのせいなのか食欲も徐々になくなり投薬を続けていましたが最後は大分辛そうでした。死の瞬間まで傍にいましたが、苦しそうに呻いてから数秒後にふっと生気がなくなる瞬間の姿が忘れられず、思い出すと涙が出てきます。それから2か月後、ご飯も食べトイレもきちんとしていて口内炎もちでしたがその日まで特に問題ないように見えた1番目の10歳の子が誰も家にいなかった昼前に人知れず亡くなっていました。前の子がなくなって数か月しかたっていないのにどうして!?と今でも亡くなった事が信じられません。最近胃の調子が悪いし、頭はぼやっとしてて、数か月前は皆いたのにと思いだすと辛くてしょうがないです。これがペットロスなんですね。せめて十数年は生きさせてあげたかった。もっと一緒に居たかった。・・・ここに辿り着く人は、皆辛い思いを抱えてその解決策を探しに訪れる人が殆どだと思いますが、正直明確な解決策はないだろうと感じます。自分がいけなかった、もっと色々やってあげたかった、私も時々そう思い出しては涙が溢れますが、その別れが訪れるまでにその子との偶然の出会いがあったからこそ一緒に居られたんだなという感謝の気持ちを忘れちゃいけないなと思っています。
  • 10代 女性 ほたる

    丁度、1ヶ月前に愛猫を亡くし、まだ悲しみが抜けない状態です。
    突然、愛猫の最後の瞬間が頭の中に蘇ってきて、号泣する日々がこの1ヶ月間のふとした瞬間にありました。家族は立ち直っているけれど、私だけ、立ち直れず、家族、友達の前では明るく接しているけれど、皆が眠った夜中に1人で静かに泣き続ける日々が何日もありました。猫に手紙を書いても楽になる気配は一向にありませんでした。
    最初は、ペットロスにはなっていないと思っていたけれど、この記事を読んで、初めて自分はペットロスに陥っているんだと気付きました。私以外にも辛い気持ちになっている方々も早く立ち直る事を願っています。
  • 20代 女性 匿名

    就職して飼い始めたフェレットのポコ。一人暮らししていてとなりでねて.ずっとそばにいてくれたポコ。妊娠して、子どもが生まれて子育てにいっぱいいっぱいになり、あまり構ってあげられず、今思えばゲージの中から出して出して!お腹すいたよ!って一生懸命訴えてたね。
    日々の関わりは餌やりのみ。ってほど構ってあげられなかった。狭いゲージの中、寝る部屋も別。寂しい思いをたくさんさせて、子どもの病院から帰り、寝てるのかなと思いおもちゃの筒の中を覗くともう息を引き取ったあとだった。死因もわからないけど、苦しかったよね。寂しかったよね。辛い時にそばに居てくれたのにポコが辛い時は全くそばにいてあげられなかった。辛かったね。ごめんね。本当に眠ってるようで今にも動き出しそうなのに。いつもご飯の音がすると寝てても飛びついてくるのにピクリとも動いてくれない、、。戻ってきてよ、、、もう一度やり直したい。
    ポコ、大好きだよ。ずっとずっと。
    天国では幸せになってね。幸せにしてあげられなくてごめんね。
  • 50代以上 女性 匿名

    4日の立春に16才と5カ月の雄犬が旅立たました。最後の4カ月位は介護状態でした。思い出が沢山頭の中で回り、介護状態になってから半分死を覚悟してましたが、どうにも、果てない寂しさに負け続けて、毎日、気が重たく、涙が止まりません。春が来て花が咲いても私には、色が見えません。きっと。何度も生き返るとかすかな期待を持って冷たくなった体触ります。時間だけが、連れ出してくれると思っています。(;o;)
  • 50代以上 女性 チェリー

    2月9日に、愛犬チェリーを喪いました。18歳5ヶ月。
    私が苦しい時、辛い時、ずっと傍に居て支えてくれた相棒を失った悲しみに沈んでいます。
    乳癌がリンパに転移して5年。
    2年前にはメニエル病も克服して頑張ってくれましたが、腎臓病であっと言う間に逝ってしまいました。
    負けず嫌いの性格で猫の様に駆け巡る身体能力も高かったのに…去年の夏からは声も出せなくなり可哀想でした。
    今はもう痛みや辛さから開放されたかな
    虹の橋を渡っていつかは逢えるかなぁ…そんな事を思いつつ、涙が止まりませんm(_ _)m
    最後は私の腕の中で眠ってくれたのが唯一の慰めですが後悔や反省が沢山あります。
    いのちの儚さと尊さを身を以て教えてくれた最愛のチェリー?
    これからもずっとずっと一緒だよ
  • 30代 女性 匿名

    15年付き添った我が子のような犬が先日旅立ちました。我が子同然といつも思っていたのに、仕事や自分の都合で夜遅くに帰り、朝仕事に出ることも多く、寂しい思いをさせてしまいまったことを後悔しています。
    一日中一緒に居てあげられる人が親になっていたら、あの子はもっと幸せだったのではないか…病気になってからも、歳のせいだろうとすぐに病院に連れていってあげられず、大好きなおやつもご飯も食べられない最期を迎えてしまって、なんでもっと早く気付いてあげられなかったのかと後悔で毎日悔やんでいます。
    仕事の休憩中や、少し時間があるとどうしても顔が見たくなり、写真や動画を見ては泣いてしまいます。
    もうあの重みを感じることが出来ない、触ることができない、匂いを嗅ぐことが出来ない、と寂しくて仕方ないです。
  • 20代 女性 匿名

    我が家の末っ子愛猫が天国に旅立ってから今日で8日目です。
    亡くなってしまった日、
    私が起きたらいつも側に来てくれていたのに
    その日は寝ているようで
    抱き上げて暖房のところに寝かせてあげました。
    ごはんをあげても食べなくて、なんだか元気がなさそうだと思ったので
    今思えば、早く病院に連れていってあげれば良かったのに祝日でかかりつけの病院が休みで
    その日の予定をキャンセルすることも出来なくて
    取り敢えず寒くないようにとアンカをしてベッドに寝かせ、
    愛猫に
    今から出かけなきゃいけないからごめんね。
    明日病院連れていってあげるから
    今はゆっくり安静にして休んでてね、すぐ帰って来るからね、 大好きだよ。と言って
    おでこにキスをして
    私は出かけてしまいました。
    出かけた後もずっと愛猫の事が心配でたまりませんでした。
    早く帰りたいと。
    やっと帰ってきて愛猫の様子を伺うと、眠っているような姿を見て
    胸がザワザワしはじめ、
    眠ってるだけだよねと願いながら、
    だけどもう動かなくなってしまった愛猫を抱きしめて
    信じたくない現実に
    声を出してひたすら泣きました。
    ごめんねごめんね、、
    どうしてあの時、この子の側にいてあげられなかったのだろう、、
    どうしてあの時、強引にでも予定をキャンセルしなかったのだろう、、
    どうしてあの時、かかりつけ以外でも開いてる病院を探して連れていってあげなかったのだろう、、
    どうしてもっと早く気づいて病院に連れていってあげなかったのだろう、、
    見看ることも出来ず、
    大切な家族を守ってあげられなかったことに後悔ばかりです。
    あれから母と愛猫のお葬式をし、お骨をお骨壺に入れ持って帰っています。
    あの時側にいてあげられなかった分、側にいてあげたくて。
    あれから毎日愛猫の名前を呼んでは探してしまいます
    愛猫のお骨壺に毎朝毎晩話しかけては
    涙が止まりません。
    あれから毎日ないてしまっています。

    あの日に戻れたらいいのにと毎日のように願ってしまいます。
    亡くなってしまった愛猫は
    人一倍臆病で人見知りで、それでも段々なついてくれて甘えてきてくれるようになって
    それがいとおしくて、毎日のように側に来てくれることがそんな毎日がこれからも続いてくれると思ってた。
    私は本当にあの子を愛していたからこそ
    守ってあげたかった。
    あの子が最期に言ってた言葉を分かってあげられたら。。
    毎日TVもメールの返信も何も出来ず、
    あの子の動画を見ては
    あの日に戻りたくて恋しくてたまりません。
    他の猫達も居るので、その子達もかまってあげなきゃと可愛がっては居るのですが、
    あの子がいない喪失感に悲しくなります。
    今は悲しくて誰かと会ったり遊ぶ気分にもならないのですが、それですごく理解してくれない人もいて辛いです。
    いくら猫でも私達の大切な家族なんです。
    家族に人も猫も犬も関係ないと思います。
    あの子はこれからもずっと
    可愛い大好きな私達の大切な家族です。


    会いたい会いたいと願っていたら
    夢で会いにきてくれました。
    嬉しかった。。

    でもまた会いたいよ。
    助けてあげられなくて
    あの時、側にいてあげられなくてごめんね。
    でも私達の家族になってくれてありがとう。
    これからもずっと大好きだよ。

    今は悲しみに暮れる毎日ですが、
    もっともっと幸せにしてあげたかった分、
    あの子が天国に旅立たれても
    沢山幸せでありますように。
    今はあの子を想っていたい。ずっと忘れません。
    また会えると信じてるよ。
  • 50代以上 女性 匿名

    愛猫を病院の酸素ボックスでだれにも看取られず旅立ちました。看取る事ができず、悔しく、辛くかなしく後悔でしかありません。獣医の判断ミスあの時連れてかえれば看取る事ができたのにと悔しく悲しくただただ後悔で毎日涙がでます。酸素ボックスから静脈点滴を外してつれてきていたら、看取る事ができたが、愛猫はつらかったのか?どちらがよかったのかはわかりませんが、一人で愛猫が辛かっただろうなっておもうと申し訳ないきもちで、ごめんなさいと毎日なくだけです。なぜあの時病院にいれば安心と自分の安心感を優先し命を欲張ってしまったのだろうかて、看取る事ができなかった後悔です。ごめんなさい。ペットロスつらいです。果たせなかった後悔
    辛いおもいさせてごめんなさい。

  • 20代 男性 匿名

    愛犬を亡くした事で母がペットロスになりました。
    この記事を読むまでペットロスというものがある事を知らず、また、私もペットを失ったショックから気が動転してただただ戸惑うばかりでした。
    母は強い人だと思っていましたが、ここまで感情的になってしまうものかと驚いたことを覚えています。
    母に読ませましたが、落ち着きを取り戻したように感じます。
    そして私自身も心が楽になり、立ち直るきっかけになりました。

    この記事を書いたHaruさんにお礼を申し上げたく、コメントさせていただきました。
    本当にありがとうございました。
  • 女性 ティン

    先週金曜に子供のようにかわいがっていた愛犬を亡くしたばかりです。単身で飼っていたため、本当にこの子だけ、という感情が強い愛犬です。
    翌月曜から職場には復帰しましたが、そのことに触れられるとすぐに泣いてしまう状態で不安定です。
    今は、ごめんね、と、ありがとうが両方湧いてきては涙してしまいますが、正常な反応でみなさん同じようにつらい時期を過ごされていることを知りました。
    それだけ愛せていた、大事にできていた証拠だと自分をいつか許せるようになれれば、と思います。
  • 50代以上 女性 梨花

    私の愛犬プリンが昨年11時27日に虹の橋へと旅立ちました。私は病気で入院中でした。預かってもらっていました。一人暮らしで辛い時も楽しい時間もいつも一緒にいました。もういないなんて信じられない。満足感がないのか食べて満たそうとしていると病院の先生に言われました。元々精神科の病気がありプリンは私が病気だと知っていました。私の受けるショックを考えて、一人ひっそり亡くなったのです。賢いプリン、人の名前を判別して空気を読む賢いプリンでした。今もお気に入りのプリンの写真に向かい話しかけています。納骨はしていません。したら本当に亡くなったみたいで辛いです。まだ亡くなったことを理解出来ないです。眠れないときが多く、薬を飲まないとまったく眠くないです。賢いプリン、プリンの写真を飾り好きだったご飯とお水を備えて毎日過ごしています。まだまだペットロスから抜けられません。プリンを思うと切ないです。プリンと毎日一緒にいたいです。亡くなったなんて信じたくない。プリンただひとりだけを愛しています。虹の橋のたもとで待っていて、お母さんが行くのを。プリンずっと一緒にいようね。お母さん離れないからね。17歳4ヶ月でした。頑張って良く長生きしてくれました。プリンありがとう。
  • 30代 女性 さっちゃん

    今まで動物との別れを何回か経験してますが、みんな愛情持って、家族で協力して育ててました。私は、犬を4匹飼ってました。4匹ともみんな愛情もって育ててました。その中でも一番可愛がってた愛犬が最近亡くなり、ペットロスのチェックリストにほぼ全部当てはまります。仕事中にも思い出して泣きそうになります。食事もあまり進まず、愛犬が亡くなった現実をなかなか受け止められずにいます…。
    ペットロスになって、今凄く辛いです。
    亡くなった愛犬の為にも、前向きにならなきゃいけないんですけど、立ち直るのに時間がかかりそうです…。
  • 20代 女性 匿名

    先日飼っていたラットを失いました。すごくよく懐いていて放し飼いにしても問題がなかったので一緒に寝たりご飯食べたり、一人暮らしの私にとって本当に家族の一員でした。
    初めてのペットだったという事もあり、喪失感は凄まじく、亡くなったというのにデパートでヨーグルトみかけて「これ買ったら喜ぶかな」と無意識に考えては「あ、そうかいないんだった」と落ち込んでいます。
    仕事も手につかず休んでいる状態で、毎日朝から晩までその子の事を考えては泣き崩れ、骨壷を抱えては廊下でうずくまる毎日です。
    戻ってこないのだと、もう遊べないのだと、最早、仕事も在宅ワークにして24時間ずっと一緒にいてあげれば良かった、と後悔している日々。

    でもそうですよね。
    生きていれば必ずいつかは死ぬもの。乗り越える為には今は思いっきり泣いて、その子との楽しかった記憶を思い出して、その子が今はお空を楽しく走り回っているのだと、死を前向きに捉えるしかないですね。
    まだしばらくは辛いですが、今は無理をせずこの子の死と向き合おうと思います。

    このサイトをご覧になっているペットを亡くされた皆様。皆様のペットちゃんも無事に天国に行けますように。
  • 40代 女性 匿名

    3日前に13才7ヶ月の愛猫を亡くしました。

    急性腎不全から慢性腎不全になり、自宅で皮下点滴や強制給餌をしていましたが、
    心不全も併発してしまい、腹水と胸水で苦しそうに息をする我が子を見て、もう助からないないのなら 苦しんで死ぬより早く楽にしてあげたい...と安楽死を選びました。

    安らかに眠る我が子を見て、後悔はしていません。無駄に苦しむより良かったと...

    でも辛いです。

    私の帰りが遅くなると、玄関の前で心配して待っていてくれた姿や、病気で苦しむ姿を思い出し 辛いです。

    最初は涙が溢れて止まらないくらいだったのに、今度は悲しくても涙が出なくなってしまいました。

    心が壊れない為の防御反応なのかもしれません。
  • 40代 女性 りえ

    先日、我が家のワンコが旅立ちました。
    仕事の帰りが遅くても、リビングで帰りを待っていてくれました。
    辛いことがあると、黙って近くに来てくれた。
    たくさん留守番も頑張ってくれた。

    亡くなる前の2ヶ月は、毎日一緒にいれたね。
    幸福だったのかな?
    亡くなる日も、私の帰りを待っていてくれてありがとう。
    また、触れたい。
  • 50代以上 女性 あんみつ

    今日、朝10時58分に13歳の愛猫のチョコちゃんが亡くなりました
    ここ1か月以上ほぼ入院生活、最初は急性腎不全で尿管結石、でも入院して1週間たたないうちに石が動いてあと1日~2日様子見て大丈夫だろうと。しかしもう右の腎臓も尿管結石に。。ただそっちの腎臓はもともと腎臓の機能はあまり無くてなので左の腎臓に負担はかかっていたんだと思います。
    ただ数値的には上がってなかったのでしばらくして石も動いたのでしばらくは皮下点滴で2日に一度の通院ということで退院しました。
    ところが2日後の検査でまた数値が上がり始めて翌日も来てくださいと。すると翌日もさらに上がって、その場でまた入院
    1週間たっても数値は少しづつ上がっていき、石は膀胱のすぐ近くまで移動していたのであと少し動けばと。
    ただ今回は詰まってから時間もたってるのでSUBシステムの前段階でいったん腎臓の機能が戻るか確認で腎瘻というカテーテルを腎臓に入れて体外に出すという手術をしたほうがいいかもというお話が。
    そこで旦那は自然に任せたほうが手術はしないほうがいいと、結局もう少し点滴で流してみてということに。
    しかし2週間たっても数値も石もそのままなので腎臓結石の専門の病院を紹介してもらい2時間半かけて。そこで手術に・何とか麻酔も問題なく水腎症になっていた腎臓の水分はカテーテルで外に、数値も少しづつ下がり始めこのまま正常値まで下がてくれれば、しかしご飯をほとんど食べてくれず、数値が高かったため口内炎、喉の痛み、胃も荒れてということで自分からご飯を食べてくれず3kgちょっとあった体重が最後は2.4kgに
    しかもご飯も食べれないため貧血もひどくなり何とか輸血をして一応大丈夫と。でもご飯は相変わらず数値も一定まで下がったもののそれ以上下がらず、ずっと静脈点滴をしていたので両手を変えながらしていたけど血管もかなり痛めているから一旦休ませる意味でも、静脈点滴をやめてやめてまた数値が上がれば点滴のおかげでということなので、いずれは点滴は外すわけで。
    明日1日外してどうか試しますと。
    翌日朝8時過ぎに電話で、昨日夜から朝にかけて外してみたんですがと。朝には数値が上がり始めています。ということは点滴で抑えられていたということなのでもう腎臓の機能はほとんど残ってないので次のSABシステムの手術はやっても意味がないと・・
    もうできることはないからせめて家で過ごさせてあげてくださいと::
    下手をすれば今日家に帰って亡くなってもおかしくない状態とのこと、朝からバタバタしてその日はご飯ものどを通らず何も食べれませんでした。チョコちゃんはもう体重も減って後ろ脚がふらふらしてよろけて壁にぶつかったり見ていてつらかったです。少しベッドに入ったもののすぐ嗚咽が聞こえて起きてはそばに。
    結局翌日午前中、急に自分の足元でぐたー。机の下の潜ろうとしたのでカテーテルを巻いてるのが引っかかるので引っ張って移動させすると少ししたら急に変な声を出したと思ったとたん頭を動かし、なんか変と思って抱き上げ抱え、すると手足をピーンとのばしたり動かしたり頭もまた変な動きで、痙攣?しばらくしたら抱きかかえていた手から右足がスーッと下に落ちていき。。天に召されたんだと思いました。
    このままでも可哀想なのでお世話になった2つの動物病院に亡くなったことの連絡してさらにペットの葬儀場を教えていただき明後日に予約が出来ました、箱とドライアイスを持ってきてもらいいまは痛みから解放されゆっくりしているのでしょう。まだ箱を開けると触れるしなでたりしてると涙が止まりません。
    あのとき旦那が言っても無理にでもすぐに紹介してもらった病院で早く手術をしていればまだ貧血もなく食欲もあり体力もあったので上手くいけば3年くらい長生きできたかもといわれ、後悔ばかりです、ごめんねごめんねと。まだ亡くなった日なのでしかたないでしょうがこの先もう1匹の17歳の猫がいるのに、こんな状態で大丈夫なのかと旦那のことも恨めしいです。無理にでも手術してさえいればこんなにつらい思いもさせないで長生きできたと思うと辛いです。長文失礼しました:
  • 50代以上 男性 キッチマン

    梅吉(バセットハウンド)を2014.6.16 小梅(プチバセット)を2016.4.08に亡くしました。
    梅吉はリンパ腫。小梅は心臓病とたて続けに。妻のリンパ病と私の心臓病を持って逝ってくれたんだなと感謝しかありません。
    家にいるときは寝る時もピッタリ私のそばを離れなかった我が家族
    忘れられません。いろいろな後悔しか思い浮かばない。悔しいです。辛いです。
  • 40代 男性 わったん

    今日の午後7時20分頃愛猫のナナちゃんが天国へ旅立ちました。16歳5か月でした。
    小柄なキジトラの猫ちゃんでここ半年ほど、体重は1,6キロほどでした。
    甲状腺亢進症と診断されたのは去年の11月、ナナちゃんが16歳になる直前でした。それから半年近く頑張ってくれました。辛いですね、この掲示板で書き込みしている人たちと
    分かち合いたいです。ナナちゃん今まで沢山の思い出と癒しを与えてくれて
    ありがとう。またいつか会える日まで
  • 50代以上 女性 匿名

    5月3日に、長女(マルチーズ)13歳8ヶ月で虹の橋へ行ってしまいました。肝臓癌が判って10ヶ月頑張ってくれました 。先輩犬も膵臓癌でかなり苦しんで、最後は先生から安楽死を提案され当日家族でお別れし、これから病院へと行く時に自宅で亡くした 経験があるので、長女の癌が判った時に苦しくなったら、私達で決断しなければならないと覚悟して、心臓弁膜症の為手術は厳しいのと、肝臓癌の為、麻酔のリスク等話合い 投薬と週1回の点滴でそれ以上の治療はしないと決め過ごしてきました。亡くなる5日ぐらい前から歩けなくなり 3日前から立てなくなり、弱っていくのですが食欲は、あり
    前日の昼まで1日3回の食事はとっていたので、まだまだ大丈夫かなと思いながらも やはり心配で毎週木曜日の点滴でしたが、前の日の水曜日に病院へ行き、点滴の他に睡眠導入剤(少しでも楽に睡眠できるように)を頂き、帰宅後日付けが変わる頃から、今迄に無かった苦しみかたをする様になり、導入剤をスポイトであげても、全く効かず、可哀想で、見てるのが辛かったです 主人と予てから話合っていた様に今日が決断の時なのか 辛いな 刹那いな 悲しすぎるな いろいろな、想いのまま そなちゃん(愛犬の名前)今まで沢山のシアワセありがとう もう頑張らなくていいよ バイバイとお別れし 他の2匹の愛犬ともお別れのご挨拶して。2匹のお散歩が終わったら 先生の所へと行こうね と話して主人が2匹の散歩に出て直ぐに、私の腕の中で逝ってしまいました。先輩犬と同様な亡くなりかたでした。
    安楽死ということを私達にさせたくなくて、お家で逝きたくて、ちゃんと 時間を見て逝ったようです。本当にありがとう感謝しかないです。 ごめんなさいペットロスの投稿ですよね、人によると思いますが哀しみかたは、それぞれであり、私は何頭おくっても、ペットロスに、なります 今も涙が出て堪らないし まだ食事らしい物も取れず 夜中も目が覚め隣を探しますが、人間は生きて行かなければ
    いけないし ましてや私達には、私達が必要な2頭が居るので、この投稿を入力しながら 気持ちの整理をさせていただいております。
    ありがとうございます。
    追伸 色々な方が いる中であと2匹居るからいいじゃないですかと、仰る方が、、、何頭いてもその仔の代わりは居ません。
  • 30代 女性 ひかる

    30年、5月14日、14歳、シナモンが、亡くなり、私の、責任で、死なせてしまいました、。早く、病院に、つれていけば、と、じぶんをせめてます。夜は、ご飯食べて、元気で、兄弟と、遊んでいた。夜中息をするのか、かつくするから、おかしいと、思いながら、朝まで、まち、急いで、車な、のせようとしたら、きついのに、いきなり、ひかるの、ベットに、あがるから、あのとき、もう、そばに、あてあげたら、、、バカだから、また、車にのせて、心臓を、おしたかんじにし、やつと、やっと病院に、ついたら、キャンと、泣いて、目を閉じた、心臓が、止まりそうになり、心臓マッサージして、止まり、息をしたりの、繰り返し、もう、だめだと、わかっていても、先生は、マッサージを、してくれました。そのあと、車に乗せ、わからくなり、途中、いきが、できなくなり、倒れてしまい、近くの、人に、助けてもらってました。その日は、シナモンを、抱いて、苦しい過呼吸に、さいなまれ、家族に、迷惑かけてしまい、死んでもいいと、強く思いました。シナモンが、息をするのに、きつかつたのに、自分が、悪いから、このまま死ねばと。私は、婚約者を、事故でなくし、その時は、泣きも、しなく、よくわからなく、すぐに、大きい病気をし、三回入院し、うつに、なり、死にたいとばかり。その時に、ジョンと、シナモンが、きてくれました、一人で、なくなり、二人から、支えてもらいました。何かが、壊れてしまいました、また、いない。胸が、苦しい、今、横にシナモンが、骨に、なったままを、だきしめてます。まだ、受け止めれなく、身内の、まえでは、なけません、動物を、買うのはしません。いつか、いつか、自分が、強くなったら、動物に、関わる仕事をしたいです。今、会いたい。本当に、亡くなつた婚約者に、そっくりで、人間かなという、シナモン、、ごめんなさい、
  • 10代 女性 空界

    私が飼っていたハムスターが先日亡くなりました。私自身、後悔したり、学校などでハムスターのことを思い出して泣いたり、辛くて早退したりもしました。ご飯も食べれずにいます。しかし、ハムスターのことを友人や先生に言うと少し気持ちが楽になりました。まだ亡くなったばかりで実感がわかないのですが、やはり人に話すことも大事だと分かりました。
  • 20代 女性 もも

    今月初めに7才だったシベリアンハスキーのまやを亡くしました。
    血管肉腫を患い、わかった時にはもう手遅れで数ヶ月と言われ覚悟はしていたものの、日が経つごとに辛く悲しくなります。
    亡くなる前日苦しいのか痛いのか一睡もできないまやを一晩中撫で、翌日家族で見送りました。
    苦しみから解放されたのだとその時は思いましたが、もっと早く気付けなかったのかなどの後悔と、亡くなる瞬間のことが思い出され夜眠れなくなります。
    仕事など日常は過ごせますが、帰宅して物音がしたりするとまだまやが家にいるような錯覚を起こし、その都度いなくなったんだと痛感しとても寂しいです。
    思い出にできるのはしばらく先になりそうです。

  • 50代以上 女性 ラニ


    ロップウサギを肉腫でなくして、二か月経ちますが 自宅にいるのが辛すぎます。
    毎朝、始めて会うかのような嬉しさ満載の笑顔で飛びついて来てくれてた
    その面影が
    朝起きても、今はもういない。
    脚の切断からも生還して走りまわって喜んでいた三ヶ月後、急にお腹が腫れてきたけど
    最後の最後まで食べれてたね。
    けど、だんだん弱り眠るようにスーっと
    息をひきとりました。
    もう、苦しまなくていいんだよね。そう呟いていますが
    あの子がいつも寄り添うように側にいてくれた。
    何もしてくれなくてもよくて
    ただ喜んで側にいてくれたことがうれしかった・・
    あの子の存在が私に安心と安定をもたらしてくれていたのだと
    失ってから気づきました。
    もう、会えないんだ・・・
    あんなに毎日笑っていたのに
    悲しみの顔になってしまいました。

    こんなに辛くなるのだと、
    それだけ私はあの子を愛していたから・・
    しばらくはこの気持ちを引きずりそうです。
  • 40代 女性 yumi

    先月に、16歳9ヶ月の愛犬を亡くしました。長い間一緒に過ごしたので、本当に辛かったですが、最期の最期まで看取る事ができ、腕の中で天国に逝ったので、私自身の中には「後悔」という気持ちはありません。
    2匹いたうち、後に飼った子が4年前に虹の橋を渡った時は、狭いケージの中で1人で逝かせてしまい、後悔と懺悔の気持ちしか残らず、毎日涙が止まりませんでした。
    自分を責め、もっと何かできなかったのだろうかと問い続けました。

    でも、今回の子は最期を見届ける事ができたので、「ごめんね」ではなく、「ありがとう」と伝える事ができました。

    9月に、また新しい子を迎え入れる予定です。骨壺を抱きしめ、きちんと報告をしました。
    忘れるわけもなく、忘れるはずもないです。
    愛していることに変わりはありません。
    大好きな飼い主さんの笑顔が、自分の事で失われている事は、天国にいる愛犬は悲しむだろうな…と思います。

    生きている時も、天国に逝った後も、ワンコにとってのhappyは、飼い主さんのhappyだと思います。
  • 50代以上 女性 ジャスミン

    アメリカンコッカースパニエルのジャスミン10歳が4月に亡くなりました。悪性の子宮ガンで三ヶ月も経たないうちに。まだ写真やおもちゃを見ると涙が流れ後悔ばかりです。やんちゃなときは困ることもありましたが違う意味で命の大切さを知らされた思いです。一緒にいたビションフリーゼのフィオナがなくなったジャスミンを探している姿にさらに悲しみがかさなりました。居なくなったショックでフィオナも体調を壊し、いまは病院で検査中です。悲しくてたまらないのは私たちだけでないことに気づきました。今はゆっくり時間をかけて治していこうとおもっています、体も心も?
  • 10代 女性 パン

    今朝、わたしが6歳のころから飼っていたペキニーズのレオ(♂)が息を引き取りました。12歳でした。幼い頃から皮膚病を患っていて、ここ1年で悪化し、毛も生えなくなりました。治してあげなきゃと思っていたものの、両親は仕事が忙しく、わたしも受験があり、時間もお金もなかったので、両方落ち着くはずの来年に病院に連れていくはずでした。(これもきっと言い訳にしかなってないのがまた罪悪感)わたしの家庭でレオを引き取ったことに後悔してします。別の家族の元なら彼はもっと幸せに暮らせたのではないかと、どうしてもっと愛してあげられなかったのかと、後悔しかありません。まだあげるはずだったエサも、敷くはずだったペットシーツも、なにもかもそのままです。最期を看取ることができず、目を開けて亡くなっていました。なにも信じられず、予備校にも行きたくなかったけど、頑張っていきました。バスではずっと泣きました。抑えられない悲しみと苦しみと罪悪感と自分への怒りが止まりませんでした。彼が家族の中で一番好きだったはずの母の使っていた毛布にくるんで、わたしが予備校、両親が仕事に行っている間に祖父母が庭に埋めてくれました。さっき、大好きだった牛乳と夕飯を置いてきました。
    亡くなる直前はふらついていて、元気がなくて、食欲もなく、大好きだった牛乳も飲みませんでした。毎年なっている夏バテで、かつお年寄りだからこうなんだろうと軽く考えつつ、毎朝息をしているのをみてほっとする毎日でした。ふらついていたのはおそらくヘルニアだったのかもしれません。
    わたしは小一から今年19になる年になりました。まだ人生は続きます。でもレオは生まれてから今日亡くなりました。一緒に成長してきたので、余計つらいです。
  • 50代以上 女性 匿名

    2018年6月4日愛犬が5歳で突然の旅立ちをしました。あまりにも突然で、あまりにも理不尽な別れです。旅行のため、ペットホテル(動物病院)に預けたところ、2日目に、緊急電話が入り、病院側のミスで、病院から飛び出してしまい、車と接触…。そして息を引き取ったというのです。散歩中ではなく、リフレッシュのため、ケージから出して遊ばせていた時の出来事だそうです。元気だから預けた犬を、遺体で引き取ることになろうとは、だれが考えるでしょう。今まで、病気ひとつしなかった健康な犬です。ワクチン等や、避妊手術でお世話になり、信頼できる先生だと思っていたからこそ安心して預けたのです。
     火葬も済み、いつもいる場所にいない日々が始まり、涙涙の毎日です。これからのほうが、悲しみは増してくるのでしょうね。犬の散歩友達に毎日のように、話を聞いてもらい、一緒に悲しんでもらっていますが、いつまでもそうしているわけにもいかないでしょう。老衰や、闘病の果てというのなら、それも悲しいけれど、心の準備ができます。旅行に行かなければ、こんなことにならなかったのかと後悔したり、ホテルの過失に、無性に腹立たしさを募らせている現実です。訴訟を起こそうとは思っていませんが、損害賠償等は考えていますが、市の無料法律相談で弁護士さんにも相談しました。、このような事例は経験ないとのことだが、ある程度の額は慰謝料として請求してもいいそうです。お金では、愛犬は返ってきませんし、気持ちが晴れることはありません。せめてもの愛犬の供養になるでしょうか。
     まだ、心身ともに不安定な状態ですので、支離滅裂なことを書いていると思います。
  • 女性 828

    獣医師1人、スタッフ無資格数名に様子見という1日入院で薬剤を無資格の者に投与され6才の若さで4月に亡くなりました。死亡原因を医療センターで調べてもらい
    証拠があるにも関わらずセンターの医師達と連絡が取れるまで言い逃れをしてた近くの動物病院の獣医師と後でわかったのですが無資格の者に薬剤を混合させて摂取と皮下注射しかもカルテに記載なし何を入れたかすらわからないと言う獣医師、私は今でも亡くなる前と亡くなった後入院前と退院日のあの子の苦しそうに私にすがり浅く早い呼吸をしながら私に尻尾ふり目を見つめて腕の中で亡くなった光景が忘れられません。食欲もなく今では水も飲めません。点滴生活です。朝も晩も涙が止まりません。何したら許してもらえますか?と言っていた獣医師の顔も無資格のスタッフの顔もその光景すら吐き気がきます。なぜと自分を責めたりしてる毎日です。ペットロスを克服するといった言葉すら聞くのも嫌です。証拠書類、録音を収集してる間も悔しくて辛いです。時が解決する心の病は死に至る経緯に問題がない場合のみだと思います。今迄4匹を育て老衰まで看取り、悲しみ寂しさもありましたが四十九日法要には頑張ったんだからこの子はと全てを受け入れる事で時と共に乗り越えましたが、今回は食べれない、脱水症状から飲めない涙が止まらないと色々な症状が消えそうにありません
  • 20代 女性 匿名

    今月2日に私が小学生の時から一緒だった愛猫が亡くなりました
    16歳でした
    おっとりしてて、優しくて、他のにゃんこ2匹(8歳と2歳)の面倒も見てくれて、そのくせすっごい甘えん坊の男の子でした
    高齢ということもあり、肺や腎臓が悪くなってましたが、他のにゃんこ2匹に比べて食欲もあり、いっぱい話しかけてくる子でした
    つい最近、体調が悪そうに見えて、一緒にいるにゃんこにちょっかいかけられないようにと、母にしばらく預かってもらってました
    そして数週間が経って、母が仕事から帰ってきた時には母の家の玄関で息を引き取っていました
    旦那と母と義理の父とでお葬式をしました
    母が凄く悲しんでいた手前、何とか元気づけようと明るく振る舞っていましたが
    帰ってから、息が苦しくなり、頭が痛くなり、泣きたくもないのに涙ばっかり出てきて、その日はまともに寝れませんでした
    翌日仕事に行き、仕事のことだけ考えて思い出さないようにしてましたが、目眩や動悸が酷く、むせ返るような胸の痛みがありました
    帰ると旦那が気を使ってくれたのか美味しいカレーを作って待っててくれて、そのカレーは美味しく食べれましたが…
    本当に体の一部を失ってしまったかのような喪失感、耐え難い孤独が夜になると一気に襲ってきます
    いつまでも泣いてると、亡くなったあの子に悲しい思いをさせてしまう…そう思ってても辛くて辛くて涙ばっかり出てきます
    本当に心の優しい、面倒見が良かった子だっただけにこれ以上心配かけたくないのに…
    頑張って他の2匹の子達と何とかやってくから、もうしばらくは泣くのを許してくれるかな?
    理不尽に怒ったりした事もあったのに、辛い時や苦しい時に傍で励ましてくれて有難う
    本当に心の底から大好きだよ
    私がそっちに行くのは時間かかるかもしれないけど、ゆっくり休んで
    また会えたらいっぱい遊んで、いっぱいお昼寝しようね
  • 20代 男性 へびいし

    約1ヶ月前、愛犬をなくしました。通勤途中の電車の中で知りました。突然のことで何がなんだか分かりませんでした。実家には犬が2匹居て、1匹はかなりお婆ちゃん犬なので、正直、お別れの準備はしとかないと、と常々思っていたのですが、今回突然知らされたのはそのお婆ちゃん犬ではなく、この間7歳になったばかりの方でした。
    死因は、中毒性のものとのことでした。庭にある雑草の、球根をほじって食べてしまったようで、なんか調子悪そうだね、明日医者連れて行こうか?といってた翌朝死んでしまっていたそうです。朝起きて、気付いたときは、まだ温かかったそうで、家族も信じられないまま、生きてるよね?死んじゃって無いよね?と、パニック状態のまま病院にいき、事実を知り、私に連絡したそうです。
    私もその日の夜は家族と電話しながら、涙が止まりませんでした。ただ、我が家に来てくれてありがとう、早く生まれ変わって、庭の手入れも完璧にできているようなお金持ちのお家にもらわれるように祈ろうね、忘れないでいようね、と家族と話して、少しは落ち着きました。
     そして終末、実家に帰り、お墓参りをしまして、やっと、お別れが出来ました。泣かないと決めていたのに、少しだけ涙が出てしまいました。寂しくないように、共同のお墓に入れてもらったのですが、雷や強い風が吹くと吠える子だったので、周りのワンちゃん猫ちゃんに迷惑掛けないか心配です。やっと少し、前を向けています。僕と家族はとっても幸せをもらいました。あのこも少しでも幸せを感じてくれていたらいいのですが。今はとにかく、感謝しかないですね。ありがとう!ほんとにほんとにありがとう!
  • 20代 女性 ニア君まま

    一昨日うちの子が亡くなりました(ʃᵕ̩̩ ᵕ̩̩⑅)
    黒猫の男の子で名前はニア君、とっても人懐っこい甘えん坊で誰からも可愛がられるほんとに特別な子でした、ままの事もいつも大好きだよってキスしてスリスリしてくれる子でした。ぬいぐるみとテレビと同居猫のエリオちゃんが大好きな優しい子でした。尿結石を患っていて、その日症状が再発しておしっこが出なくて唸っていました、しかしその日は夕方から仕事なんですが、いつもより早上がりでしたので仕事にいってしまったんです、次の朝に病院に行こうねと言って…後悔してもしきれませんこの日に戻れるならなんでもします
    帰ってくるといつも御出迎えしてくれるニア君の声がしません、トイレの近くに横たわるニア君の姿が見えました…ニア君の身体はもう固くなって目は遠いい所を見ていました、私はパニックになり生き返ってーと何度も泣き叫び抱きしめました
    24時間営業の病院にも電話して助けて下さい!うちの子を助けてと言ったのですが、固くなってるならもうその子は助からないよと言われました、気が狂いそうな気持ちになりました、仕事場の店長やキャストの子がずっと電話してくれて朝も家にきてくれました、そうじゃなかったら何をしていたかわかりません。火葬する時も泣き崩れてしまい立って居られませんでした。
    あんな大きかったあの子がこんなに小さくなってしまって悲しくて苦しくて、今も泣くことしか出来ませんごはんも美味しくない。でもニア君は今虹の橋の麓にある素敵な場所にいるらしいので、私が死んだらそこで再会して、キスして抱きしめあった後にそこのニア君のお気に入りスポットや楽しい所を案内して貰おうかなっとそれを楽しみに生きるしかないですね(ʃᵕ̩̩ ᵕ̩̩⑅)シクシク
  • 50代以上 女性 匿名

    昨日、8年一緒だったポメラニアンが逝きました、壮絶なガンとの戦いでした。日々悪化する病状、仕事が忙しく残業続きで苦しんでいるのにずっと側にいられないストレス。私の夏休みを待ってたかのように逝きました。お気に入りのソファーの上で、ひどい痙攣の後そのまま戻りませんでした。37度の炎天下の下、動かなくなった子を抱いて必死でタクシー捕まえて…その後の事あまり思い出せません。主人と一緒にひたすら泣いてます。悲しすぎて、淋し過ぎて、受け入れられず、
    でも無理に立ち直ろうとは思わない。しばらくは、思い出に寄り添って生きます。
  • 40代 女性 匿名

    2018.10.08娘の誕生日の4日後16歳4ヶ月で親子の大切な宝物の愛犬きららがお空に旅立ちました。突然でした。今思えば1ヶ月くらい前からお散歩もトボトボ、歯も抜け毛づやもよくなく急に体のお肉もなくなってきてました。はちゃはちゃしてた子もいつの間にかおばあちゃんになったなぁと気付きだした頃でした。こうして段々年取ってよたよた散歩になってごはんもふやかしからゼリー状になってく日々を送る5かなぁなんて思ってた矢先でした。二日前まで散歩によたよた行き朝ペロペロお水をのんでたと思ったらその日の朝からちゃんと立てなくなりあんなに大好きだったささみやゼリーの食事も食べれなくなり、、、もうその日の夜は虫の息。私は心配で心配で体に手を当てながら眠りました。きららは朝まで頑張り私と娘の見守るなか息を引き取りました。。唯一いつもお留守番が多かったきららですがこの二日間は私も娘も連休、すごーくお世話になったお友達、大好きだったパパもお休みでちゃんとお別れできました。まだまだ10日。ゲージも服もかたずけられませんが。なんとか少しずつ前を向いていかないとと思う日々です、悲しい顔ばかりで過ごしていたらなんといっても大好きだったきららが一番悲しむと思うので。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。