老犬のてんかんの症状と適切な対処法は?

39784view

老犬のてんかんの症状と適切な対処法は?

老犬がてんかん発作になってしまうと、飼い主さんがパニックになってしまうことがほとんどだと思います。てんかん発作について前もって正しい知識を得ておくことで、いざという時にも冷静に対処できるようにしましょう。

あおむけのパグ

老犬のてんかんとは

『てんかん』とは、脳の神経細胞に異常が起きることによって発症する病気のことで、てんかんの発作をくりかえし起こすことが特徴です。

てんかんは、大きく分けて以下の2つに分けられています。

  • 特発性てんかん
  • 症候性てんかん
特発性てんかんは、脳の深部に突然、電気的異常が発生することによって起こるものです。

その原因は今の所不明であり、たとえMRIやCTで脳を検査したとしても、異常が見られない事が多いようです。その原因は主に遺伝が関係しているともいわれています。

症候性てんかんは、脳に病気や怪我などのなんらかのダメージがあるために起こる『てんかん』だといえます。

つまり、ワンちゃんの過去に、脳細胞にダメージを与えるような事が、何かあったという可能性も考えられます。

また、脳腫瘍などの病気が原因となって、発症することもあり、特に老犬の場合にはてんかんの原因が、「じつは脳腫瘍だった」というケースが比較的よく見られるそうです。

老犬の場合、目安として「生後1年以内」にてんかんが起きた経験がなく、老犬になって初めて発作を起こしたのなら、遺伝的な原因よりは、他の病気の可能性を考えた方が良いといえるでしょう。

てんかん発作の種類


てんかんの発作の種類としては、

  • 部分発作
  • 全般発作
が挙げられます。

部分発作は、意識が残っていて体の一部分が痙攣しているような状態を指し、全般発作は、全身が激しく痙攣するもので、震えなどとは程度が異なるほど激しく痙攣することがあります。そして、全般発作の場合は、ほとんど意識はありません。
そして、この全般発作の症状にも程度やタイプなどの種類があります。

その特徴としては、急に意識を失ってその場に倒れてしまい、体が突っ張るような状態になることが挙げられます。

老犬によく見られるのも、このような発作であることが多いようです。

そしてその発作は、しばらくの間、激しく手足を痙攣させます。

それ以外にも、手足を突っ張るだけのような症状や、手足の痙攣だけの症状もあります。

このような発作は、脳のどの部分にダメージがあるかによって決まるものなので、てんかんの発作をおこすようになると、いつも同じような症状が起きることが多いいですが、老犬の場合、てんかんの原因となっている病気が進行しているケースも考えられるので注意が必要です。

また、発作の種類を見分けるのに重要なポイントは、意識があるかどうかです。

老犬の様子がおかしいと思ったら、耳元で声をかけてみてください。

飼い主の顔を見るか、こちらに気が付くか、何か反応があるとしたら、ワンちゃんの不安を和らげるためにも、引き続き声掛けを行うようにしてあげてください。

てんかん発作の前兆


伏せしているスパニエル

老犬のてんかん発作は、発作が起こる前に、よだれが出たり、いつもと比べて、そわそわした様子だったりというような前兆が見られることがあります。

老犬に落ち着きがない、というのは、他にも原因が様々考えられますから、それだけで、てんかんの可能性を疑うことは難しいですが、よだれというのは、老犬であっても、普段はそれほど出る訳ではないので、体の不調に気が付くきっかけにもなります。

次ページメニュー

てんかん発作時の適切な対処法
てんかんの治療

てんかん発作時の適切な対処法


老犬が突然、てんかんの発作を起こしたとしたら、あまりの苦しそうな様子に、飼い主はパニックになってしまうかもしれません。

しかし、全般発作を起こしている場合には、老犬自身の意識はありません。

ですから、飼い主は冷静になって、適切に対処することが、今後の治療のためにも大変重要なことなのです。

まず、発作を起こしているワンちゃんを落ち着いて、見守ることが大切です。

ワンちゃんの周りに、危険な物が落ちていないか等チェックし、体を触ったり、口に手を入れたりしないようにします。

そして、以下の点について、確認しておくと良いでしょう。

  • 発作が起こったとき、何をしていたか
  • はじめに異常が感じられたのは、どの部位だったか
  • その後の様子
  • 意識はあるか
  • 発作が起こっていた時間
  • 発作が起こる前に、何か変わったことがあったか
  • 発作がおさまってからの様子
また、意識が回復しないうちに、再び発作を起こすような場合は、てんかん重積発作という、非常に重篤なケースなので、一刻もはやく病院へ連れて行く必要があります。

てんかんの治療


飼い主とパグ

症候性てんかんの場合には、てんかんの原因となっている病気に対する治療を行います。

特発性てんかんの場合は、抗てんかん薬を用いての治療となります。

もし、重責発作を起こしているような場合は、速やかに痙攣を止めるための治療が重要です。

現在のところ、てんかんの治療には、薬を用いる方法が一般的といえます。

基本的に、人間用の薬を使うことになるのですが、人間に比べると、使用できる薬の種類は限られてきます。

その中で、より老犬の体の負担にならないような薬を選んで使っていくことになるのですが、老犬は、体の様々な機能が衰えていることもあり、若い犬と比べても副作用が起こる可能性も少なくありません。

薬の副作用によって、ワンちゃんの具合が悪くなってしまうのを目の当りにすると、飼い主さんはどうしても、投薬をやめたいという気持ちになってしまうようです。

しかし、てんかんの場合、薬を飲まないでいると、発作の間隔が短くなっていったり、結果として老犬の体に負担となってしまいますので、獣医師と相談して、ワンちゃんにあった薬を見つけていくようにしたいものです。

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

みんなのコメント

5件

  • 20代 女性 こなつ

    てんかんは怖いですよね…
    しかも検査ではわからないことがてんかんの原因になってくるなんて!
    そんなこと考えると怖いですね・・・日頃から気をつけないとダメですね。
    少しの変化でもすぐに気づけるように、ちゃんと目を配って毎日わんちゃんと一緒に過ごすことは大切ですね!
  • 30代 女性 Chappy

    初代の愛犬は一歳で病気で亡くなり、今の愛犬はまだ4歳なので、愛犬と老犬になるまで一緒にいられたことがまだないのですが、とても勉強になりました。
    いきなり痙攣を起こしたら、たぶん相当パニックになってしまうと思います。
    てんかんの前兆である、よだれが出たり落ち着きがないと感じたら気をつけて見ていきたいと思います。
  • 30代 女性 MAYO

    実家で飼っていた犬も14歳でてんかん発作を起こしました。
    すでに高齢であったため、麻酔を使用してまで、MRIなどの検査はせずに、発作が起きた時に対応するようにしていました。

    1度、大きな発作が起きてなかなか痙攣が止まらず、体を安静にさせる目的で、点滴で眠らせて、何日も過ごすことがありました。1週間後に退院したときには、筋力もなくなり、歩けなくなっていましたが、少しずつ体を動かせるように訓練をして、なんとか歩けるまで回復しました。

    その後2年間は大きな発作を起こさず過ごしていましたが、16歳のときにまた大きなてんかん発作を起こしたことがきっかけになり亡くなりました。この2年間は、次にまたいつ痙攣が起きるのかわからないため、犬をひとりにさせないようにしたりと、飼い主の精神的な負担も大きく、さらに医療費もかなりかかったようです。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!