トイプードルの体重推移について

48767view

トイプードルの体重推移について

お気に入りに追加

まるでぬいぐるみのように、もこもこ小さなトイプードル。その小さな姿は愛くるしいですが、くるくるした毛にごまかされて、身体つきがわかりにくいと思ったことはありませんか?小さいなトイプードルの体重推移を把握していますか?

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

トイプードルの理想的な体重推移とは

体重計

ここでは、年齢別の理想的な体重推移を見ていきたいと思います。トイプードルは、6ヶ月目まで体重の増加が大きく、それ以降は緩やかな増加になると言われています。例えば、2ヶ月で1㎏の小さなトイプードルがいたとしましょう。

このトイプードルの体重推移は、

  • 2ヶ月で1㎏
  • 3ヶ月で1,5㎏
  • 4ヶ月で2㎏
  • 5ヶ月で2,6㎏
  • 6ヶ月で2,8㎏

そして成犬時には3㎏になる、というのが理想的です。もうひとつ例をあげてみます。成犬時に4㎏になると言われた場合のトイプードルの体重推移は、

  • 2ヶ月で1,3㎏
  • 3ヶ月で2㎏
  • 4ヶ月で2,6㎏
  • 5ヶ月で3,7㎏
  • 6ヶ月で3,8㎏

が理想的です。

6ヶ月目まではどんどん成長していくトイプードルに、「この子はどこまで大きくなるんだ…」と驚きを隠せなかったのは私だけではないはずです。うちのくるるは、現在1才の♂ですが、4ヶ月目で4㎏という少し大きなトイプードルでした。

その後1ヶ月に0,6㎏程度体重が増加していき、今は6㎏近くあります。くるるの場合、6ヶ月を過ぎても緩やかな増加はもう少し続きましたよ。ですが基本的には理想的な体重推移と言えると思います。

成犬時の体重を知りたいときは、「3ヶ月目の体重×2」という簡単な計算式を使ってみてください。ただし、これはあくまでも成犬時の体重を知るためのものです。体重推移を気にしてあげることが大切ですね。

トイプードルの健康的な体重推移で必要なこと

犬の写真

理想的な体重推移で成長すると、そうでないわんちゃんと比べ寿命が延びると言われています。ただでさえ、人間と比べると短いわんちゃんの一生。少しでも長く元気に過ごして欲しいものです。体重管理に必要なことは、やはり「食事」と「運動」です。

これは人間と同じですね。ダイエットの辛さは、私は痛いほどわかっているつもりです。そんな辛いダイエットをしないで済むよう、日々の生活を気にかけてあげましょう。

食事について

子犬や老犬は一度に消化できる量が少ないので、3~4回に分けて食事を与えるのが良いでしょう。ここで注意したいのが食事の内容です。今では栄養バランスのきちんと計算されたドッグフードがたくさんあります。トイプードル用、というのもよく見かけますね。ちなみにくるるはこれを食べています。

ドッグフード

何種類か試した結果、今はこれで落ち着いています。(フードを変える際は、お腹を壊しがちなのでよく見ていてあげてくださいね)

飼い犬の1/4が肥満と言われる昨今。人間の食べるものをむやみに与えたり、おやつの食べ過ぎに注意していれば、肥満の心配はないと言っていいでしょう。おやつの種類も豊富ですね。私の経験上、フード、おやつ共に記載されてある用量よりは少なめに与えてあげるのがいいと思います。

おやつ

運動について

小さなトイプードルですので、お散歩の時間は短めに。くるるの場合は1回10~15分、朝と夜に連れて行っています。無理な運動をダイエットと考えるのはよくありません。「犬は走るべきだ!」というのは間違いです。過度な運動で腰や足を痛めてしまったら元も子もありません。

小さな内臓や器官にも負担をかけることになります。お散歩嫌いなわんちゃんもいるでしょう。外は怖いところではないと思ってもらえるよう、少しでも自然があるところを歩かせてあげてください。

うるさい車の音が聞こえない公園や、他のわんちゃんがいない道を選んであげてください。そうすると、少しずつお散歩に興味を持ってくれます。夏のこの時期は特に、熱中症に気をつけましょう。暑いこの時期は、家で出来る簡単なボール遊びがおすすめですよ。

トイプードルの体重推移に関するまとめ

小さなトイプードルの理想的な体重推移を知っておくことは、命を守る上で大切なことです。ここに載せた体重推移の例は、あくまでも「理想的」な例です。体格の差があるのであくまでも例としてとらえ、BCS(ボディコンディションスコア)にも注目してください。 数字の変化にいちいちとらわれる必要はありませんが、ちょっとした変化を見逃さないようにしたいものですね。

もちろん急激な体重の変化があれば、早急に医師に相談しましょう。できるだけ病気知らずの元気な一生を。今からでもあなたに出来ることは、たくさんあると思います。

ユーザーのコメント

  • 50代以上 女性 さきこ

    愛犬のお散歩友達のトイプードルは、くるくるの被毛ですが、全体に筋肉がバランス良く付き、ウェストの引き締まった精悍なスタイルをしているのが傍目にもわかります。その現在の姿を見て健康で長生きしそうだな、なんて思っていたのですが、成長段階での体重推移が寿命に関係していることは知りませんでした。多くのワンちゃんが、健やかで理想的な体重推移を示す成長段階を経て、出来る限り長く元気に過ごしてくれることを願ってやみません。
  • 40代 女性 RIRIKA

    トイプードルの子犬の時から成犬になるまでの体重推移の表や、ドッグフードの紹介や、おやつのこと、お散歩の事など具体的だったので、子犬のトイプードルを飼っている人や、これから飼おうと思ってる人には参考になる内容になってると思います。我が家でもトイプードルを飼っているので、トイプードル、体重推移、というワードに興味津々だったのですが、対象が子犬から成犬までの発育過程での体重推移という意味だったんですね。うちの子はとっくに成犬になってしまってるので対象外でした。
  • 20代 女性 すず

    わたしはトイプードルは飼っていないのですが、お友達がトイプードルを飼ってるので、よく体重管理にはとても気をつけていると聞いています。
    特にその家のトイプードルちゃんはとても食欲旺盛で、ついついごはんをあげてすぎてしまうと体重の変化がすぐに出て、病院の先生に注意されるとのこと・・・・そのお友達も毎日体重の変化を記録してしっかり管理するようにしたそうです。

    わんちゃんの健康を守るのは飼い主の責任なので私も見習いたいと思います。
  • 女性 匿名

    我が家のトイプーは2.5ヶ月の時に、800グラムでやって来て、今12歳になり、夏場の運動不足がたたり、4.3キロになってしまいました。
    普段は、4キロ位で元気で食欲旺盛なおばあちゃんです。良く食べ、良く走ります。フードも
    毎回きちんと量り、その他はキャベツ煮たものや、かぼちゃを少しだけですが、いつまでも器を舐めてます。そんなに美味しかった?と思わずまたあげたくなりますが、こちらがガマンです。
    病気もしないで今まで来れたので、この先長生きしてもらう為に、体重管理と運動不足には気を付けていこうと思っています。
  • 男性 マル

    我が家のトイプードルは昨年3月末に2ヶ月半で我が家に来て最初は1kg足らずでしたが、動物病院の先生の指導の元ご飯をバリバリ食べさせて散歩をいっぱいしたら現在では5.7kgまで大きくなりました☺
    骨格もしっかりしてウエストもしまり問題無いと言われました✋️
  • 女性 雀3号

    シーズーにも4kg級と8kg級がいると言われ、我が家の愛犬は生後5か月の時点で2kgと小さかったのできっと成犬時は4kgなのだろうと思っていました。ただ、オスだったからなのか頭や足の骨が太くしっかりしていたので、シーズーって骨太なんだと勘違いしていました。
    実際半年を過ぎた頃からむくむくと成長し、成犬時には7kgを突破してしまい結果的に8kg級のシーズーになりました。

    獣医さんのお話では、小型犬の中にはさらに小型タイプともう一回り大きく育つタイプがいるそうです。シーズーにも多く、もちろんトイプードルにもあるそうです。
    大きく育ってしまうと、他のトイプードルと違って肥満なのかと心配になってしまうかもしれませんが、骨格や頭のサイズを見ることや、記事にもありました通り生後3か月の体重から算出する目安体重を参考にすると、その子がどのくらいの大きさが適切なのかわかると思います。大きくても目安通りなら問題はありません。無理にダイエットさせないようにしてくださいね。

    トイプードルは太りやすい犬種です。高齢になってから肥満になってしまうと、運動量を増やすことは困難です。若いうちから運動と食事の量に気を付けて、しっかりした筋肉を作っておくことで、肥満予防にも繋がります。
  • 女性 シュナ

    私はミニチュアシュナウザーを飼っていますが、1歳になるまでの体重推移をふと思い出しました。詳しい数字は覚えていませんが、親犬の体重を知らなかったこともあり、この子はどのペースでおおきくなるんだろう、どのペースが普通なんだろう、ととても気をもみました。ネットでシュナウザーの平均体重を調べたりもしました。というのも、うちのわんこもけっこうないいペースで体重増加していったからです。おそらく6kg前後でとまるだろうな~とおもっていましたが、7.5kgが今はうちの愛犬の健康的なベスト体重です。骨格がしっかりしていたみたいです。おっきくなったなぁと感じることもありますが、この子ならではの個性としてとてもかわいいです。犬種によって太りやすいなどもあるので注意が必要ですが、こちらの記事のように目安を計算できると育てていく上でとても気が楽ですね。
  • 30代 女性 匿名

    うちには、5ヶ月と4歳のトイプードルがいます。
    4歳の子は女の子で、ティーカップとまではいかないけど、かなり小さくて、おとなになっても2㎏くらいにしかならないと言われたけど、4ヶ月頃にはすでに3㎏くらいになってたかな~。
    今は7㎏オーバーのジャンボサイズに育ったけど、がっしり体型で、女の子なのに筋肉も適度についてるかわいい娘です。

    5ヶ月の子は、2ヶ月頃に出会った時はすごくやせてて、子犬なのに手足が長く、胴も長くてまるでおとなのトイプードルを小さくしたような体型の子でした。
    店員さんから教わったフードの量では全然足りなくてなかなかふっくら子犬体型にならなくて、食事回数を増やして、おなかいっぱい食べるようになったら、ガリガリだった体にうっすらお肉がついてきて、今では5㎏弱になって、元気いっぱい走りまわってます。

    私の感覚では、彼も7㎏くらいになりそうですね。

    女の子の方はドワーフタイプの体型だけど、男の子の方はスクエアタイプの体型です。
    同じブリーダー出身で、子犬の頃はそっくりだったけど、育ってみると全然違ってきて、まだまだ2匹の今後が楽しみです。
  • 50代以上 男性 匿名

    以前投稿させて頂きましたが、我が家のトイプードルのマルはご飯をいっぱい食べて、お散歩大好きでバランスの取れた身体で6kgを超えました✋️
  • 女性 おふ

    子犬の成長はあっという間ですよね。1才でほぼ大人の体格になっていますから、生後3,4か月でご家庭に迎えられてからわずか7,8カ月の間に大人の身体を作ってしまうんですね。子犬期は骨や筋肉、内臓や脳の成長に十分な栄養が行きわたるよう、食事の管理もきっちり行わないといけませんね。
  • 40代 女性 まる

    トイプードルって散歩10分でいいんですね( º_º )小さいから運動量もそんなに必要ないのと、それ以上やると身体によくないんですかね。そうなるとダイエットするには食事でコントロールになるんでしょうから、量を減らすということも時には必要ですがストレスになってしまうこともありそうなので低カロリーのものをあげて紛らわせるのが良さそうですよね。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。