トイプードルのドワーフタイプは大人気!

トイプードルのドワーフタイプは大人気!

お気に入りに追加

皆さんはトイプードルのドワーフタイプをご存知でしょうか?プードルの体型のタイプはハイオン、スクエア、そして最近大人気のドワーフタイプこの3つに分けられます。今回はそんなドワーフタイプの魅力に迫ります!

59187view

トイプードルのドワーフタイプを知っていますか?

アプリコットドワーフ仔犬

最近大人気のドワーフタイププードル

トイプードルは全部で3つの体型に分けられ、その中でも今人気な体型がドワーフタイプです。
トイプードルの体型を決める時のに目安があります。それは、体長と体高の比較で、体高とは胸骨端とという胸の一番突き出ている骨から、坐骨端というお尻の一番突き出たところまでを「体長」と呼びます。それに対して、体高とは犬がしっかりと立った姿勢で、地面から背中のキ甲部と呼ばれる背中の一番突き出た部分を指します。

ホワイトプードルドワーフ体長体高図有り

ドワーフタイプの場合、体長の長さに比べて体高の長さが短い場合の体型のことを言います。つまり、胴長で少々短足なプードルのことを「ドワーフタイプ」と規定されているのです。
どうですか?可愛らしいトイプードルがさらに愛らしく思えますよね。

そもそも、どうしてドワーフタイプの人気が出たのでしょうか。
それは、やはりトイプードルで人気の「テディベアカット」が影響を与えているからです。テディベアといえば、ふっくらとしたお顔にまるまるとした胴体、そこに可愛く短めの足がついているのが特徴ですね。

それがトイプードルのテディベアカットにマッチしていて、胴体が長く足が短い方がより本物のテディベアのように可愛く見えるという理由から人気が出たのだと言われています。それ故に間違った繁殖の仕方をするブリーダーが増えたのも悲しい事実です。しかし、ドワーフタイプのプードルの歩く様子や走り方なんかは見ていた可愛く微笑ましいものです。

トイプードルのドワーフタイプを飼うには

トイプードルのドワーフタイプを飼うにはいくつか覚えておくことやチェックしておくことがあります。それを頭に入れてからペットショップやブリーダーへ足を運びましょう。

トイプードルのドワーフタイプがどういう体型なのかを知っておく

ドワーフタイプは短足というのだけ覚えておけばいいというわけではなく、先程お話したような体長と体高の比較の仕方で覚えておきましょう。体長に対して体高が短ければドワーフタイプです。これなら確実にトイプードルのドワーフタイプが分かりますね。

ホワイトプードル胴長図有り

トイプードルのドワーフタイプの相場

トイプードルのドワーフタイプの相場は一昔前は比較的安めでした。スクエアタイプがJKCのスタンダードで良いとされてきたこともあり、ドワーフは体型が良いとされなかったのです。しかし、現在トイプードルのドワーフタイプが人気になり徐々に値段も上がりつつあります。
相場としてはだいたい13万円程~25万円前後です。

ドワーフタイプでも、お顔が可愛かったり、人気の小さいサイズの子はやはり高くなります。
中には50万円以上する子もいたりします。

神奈川県や東京などの都心のペットショップはお値段が高めなので、地方のブリーダーショップの方がお値段は安めなところが多いです。

ブリーダーショップの見学へ行こう

ペットショップでの購入になると、生まれ育った犬舎が見れませんが
直接ブリーダーショップへ足を運ぶと仔犬たちの暮らしが見えておすすめです。やはり生まれ育った環境は大事で、清潔で大事に育てられているかで後々の精神面や性格にも影響を及ぼしますし、健康面でも大きく関わります。また、親犬を見ることも良い仔犬を選ぶコツです。親犬の大きさや体型がドワーフタイプであるかはもちろんですが、これから仔犬を迎えるにあたって性格がどうなのかも見極めなければなりません。親犬が明るく穏やかであるならばまず心配ないでしょう。

そして、次に大事なのがブリーダーショップのスタッフの対応です。愛情を持って育てているお店はアフターケアにも力を入れていますし、ドワーフタイプを飼うことでの良い点だけでなく、悪い点なども正直に答えてくれるます。また、犬飼いが初めての方にはきちんとした飼育方法を教えてくれたり、普段のお手入れ方法も教えてくれます。逆に良い点ばかり言ってきたり、「飼育は簡単だ」というような感じでなんとか買わせようとばかりに売り込んでくる場合は信用できませんのでそのブリーダーショップはやめましょう。こういうブリーダーショップは利益ばかりを考えて無理な繁殖をしている可能性があります。このような点を気にしながらブリーダーショップをチェックすると、良いトイプードルのドワーフタイプに出会えます。

必ず触らせてもらおう!

トイプードルのドワーフタイプを探す時に、ペットショップでもブリーダーショップでも必ず行って欲しいことがあります。それは仔犬を触らせてもらうことです。体を触ることで骨格はどうか、どこか悪いところはないか、体を触った時に怒ったり噛み付こうとしたりしないかなどのチェックができます。ただし、触る時は優しく触れて、穏やかな声で話しかけるようにしてあげてください。いくら仔犬だからと言っても初めて会う人には少々緊張します。仔犬がリラックスできるように緊張感を与えないように気をつけましょう。

ドワーフタイプ3頭

まとめ

トイプードルのドワーフタイプは愛らしく、本当にテディベアが動き出したような可愛らしさと愛嬌を兼ね備えています。しかし、仔犬を選ぶ時には少々気をつけなければなりません。まずは、トイプードルのドワーフタイプがどういう体型なのか熟知すること、そして仔犬の可愛さだけでなく、ブリーダーショップに足を運んで環境をチェックすること、親犬をみること。スタッフの対応などこれらがとても重要になってきます。

みなさんに、トイプードルのドワーフタイプとの良い出会いがありますように。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    子犬時代はドワーフでも、どんどん脚長になるのが普通です。ブリーダーからでも親犬を見られない場合も多いし、たとえ親犬を見られても隔世遺伝もあるので成犬後もドワーフかはわかりません。
    ちなみに絶対にドワーフが欲しいなら、ダックスとのミックスを選ぶしかないですね。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    胴長短足なトイプードルをドワーフタイプと呼ぶんですね!足の長いトイプーしか見たことがなかったので、そういうタイプがいることも初めて知りました。
    胴長短足の犬が好きなので、一度見てみたいなと思いました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。