トイプードルの毛玉対策!理想的なブラッシングの頻度や仕方

トイプードルの毛玉対策!理想的なブラッシングの頻度や仕方

トイプードルの毛玉をといたり、毛のもつれを整えたりと『毛をとかす』ことは、トリミングにおいて必須の工程です。トイプードルに毛玉ができないよう被毛をキープすることで美しい仕上がりになります。

はてな
Pocket
お気に入り登録

トイプードルの毛玉対策

ブラッシングの中のトイプードル

トイプードルに毛玉やもつれがあった場合は、指を使って裂くようにに少しずつほぐしてきます。ある程度ほどけたら、スリッカーのピンを使い皮膚を傷つけないようにさらにときほぐします。

スリッカーで力まかせにとこうとしたら毛が切れてしまいますので、片手でもつれの根元(皮膚の近く)を持ち、引っ張らないようにしておこなってください。日頃からブラッシングとコーミングをしていれば、それほど毛玉やもつれは出来にくくなります。

トイプードルのブラッシングの頻度

ドッグランで遊ぶトイプードル

トイプードルは被毛のふわふわが特徴です。そんな意味からも毎日のブラッシングは欠かせません。毎日できなくても、2日に1回、3日に1回はしてあげましょう。

ブラッシングをまめにしないと、もつれや毛玉になり、毛玉に菌が付着し、やがて皮膚病にかかってしまうこともあります。また、ブラッシングを毎日行うことで、ノミやダニを発見したり、わんちゃんの皮膚の異常を早期に発見することができます。

トイプードルのブラッシングの仕方と注意点

スリッカーブラシ

ブラッシングは、スリッカーブラシを使用します。老廃毛を取り除いたり、毛玉を取ったり、毛のもつれをほぐします。スリッカーブラシには、ピンの硬さによってソフトタイプとハードタイプがあります。おうちでお手入れされる場合は、ソフトタイプでいいと思います。

ピンが『く』の字になっているのが特徴なのですが、落としたり、長年使ったらピンが曲がってきたりします。曲がったスリッカーブラシを使うと、ワンちゃんの皮膚を傷つけてしまうことがあるので、曲がってしまたら、新しいスリッカーブラシと交換しましょう。

スリッカーブラシの力加減

スリッカーブラシに慣れるまでは、ワンちゃんの体にあてる前に、飼い主さんの腕の皮膚のやわらかい部分で、痛くないか力加減を確認してからおこなってください。

ブラッシングの仕方

①スリッカーを軽く持ち、トイプードルの体に当てる

スリッカーを軽く持ち、トイプードルの皮膚を傷つけないよう、体に当てる角度に注意しましょう。力を入れ過ぎないように注意してください。

スリッカーの持ち方

皮膚面と平行を保ち毛並みに沿ってとかし逆からもとかします。背中からセンター分けにし、ブロックごとに分けて行うと進めやすいです。

ブラッシングセンター分け

②スリッカーで目を傷つけないように、顔の前方から頭頂に向けて毛をとかす

頭部はスリッカーのピンで目を傷つけないように注意しながら、顔の前方から頭頂に向けてとかします。

トイプードルの頭部

③毛玉が出来やすい耳の付け根や脇の下などをブラッシングする

耳の付け根や脇の下などは毛玉ができやすいため、毛玉を残さないよう、十分にブラッシングします。耳はふちに太い血管があり、傷つくと血が止まりにくいので、とかす部分の裏側を手でそえながら丁寧にとかします。脇や足の内側などは、犬を横に寝かせてと行うとやりやすくなります。

トイプードルの耳

寝かせてトイプードルをブラッシング

④コーミングで仕上げる

コーム

仕上げはコーミングです。コーミングはコーム(クシ)を使ってとかしていきます。コーミングはブラッシングと同様に、コームを使って体の下のほうをとかしていくと、トイプードルの被毛が艶やかに仕上がります。

コームの粗い目の方を使って、毛玉やもつれがないか全身を確認します。内股や脇の下、耳の付け根など、とかし残しがないかすみずみまでチェックしましょう。

コームでコーミング

トイプードルのブラッシングの目的

  • もつれや毛玉を取り除く
  • ほこりなどの付着物の除去
  • 血行を促して新陳代謝を高め、毛艶を向上する

トイプードルのブラッシングでの注意点

  • 毛の根元からしっかりコームが通るようにする
  • とかし残しを作らない
  • 皮膚を傷つけないようにする

まとめ

トイプードルがブラッシングをしている

ぬいぐるみのような愛らしさが人気のトイプードルですが、その可愛らしさと健康と清潔を保つためにはこまめなお手入れが大切です。トイプードルの毛は独特のウェーブがかかっており、抜け毛が少ない一方ですぐに毛玉ができてしまいます。そのため、美しい毛並を保つためには飼い主さんのこまめなブラッシングが必要不可欠です。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 とっと

    とてもわかりやすいブラッシング方法でぜひ我が家も参考にしたいです。うちはシュナなのでトイプーちゃんと同じく抜け毛は少ないです。スキンシップもかねて楽しみながらお手入れしていますが、気がついたら毛玉ってできていますよね 泣。わきの下やお腹側、シャンプー後ドライが完全に出来てなかったときはてきめんに増えます。(飼い主が悪いです。。)うちはスリッカーブラシと獣毛ブラシの2つを自宅で使っています。おそらくスリッカーを毛玉に引っ掛けて痛い思いをさせたことがトラウマになっているんだと思いますが、、お腹側は主に獣毛ブラシでのブラッシングになりました。用途は違うのかもしれませんが、うちの子はお腹側の毛が薄いので毛玉がない限り獣毛ブラシで事足りています。また、うちの子の好みは完全に獣毛ブラシのようで、ブラッシング中のくつろぎ方がまったく違います。ブラッシングが苦手なわんちゃんにはぜひ獣毛ブラシもお勧めしたいです。
  • 投稿者

    女性 ぷぷ

    私の愛犬はトイプードルですが、ちょっとお手入れを怠ると毛玉ができてしまいます。トイプードルのモコモコふわふわの毛並みを保つには、日々のお手入れは欠かせません!うちの愛犬を毎月トリマーさんの所へ連れて行っているのですが、ブラッシングはとても大切だということを学びました。記事にも書いてある通り、皮膚の状態を知ることができるし、こまめなブラッシングで皮膚を強くすることもできます。また、トリマーさんからもブラッシングのコツを教えてもらいました。トリマーさんの所へ連れて行っている方は、ぜひコツを直接聞いた方が良いですよ!こちらの記事には詳しくブラッシングのやり方が書いてあって、とても良いですね。参考にさせてもらいますね。
  • 投稿者

    女性 etsuko

    我が家にもトイプードルがいます!頑固な一面もありますが、比較的しつけをしやすいし、とても甘えん坊で可愛いです。実は毛抜けもとても少ないので、掃除も楽なのですよ!犬を初めて飼うという初心者さんにもピッタリの犬種だと思います。ただし、一つだけ「毛玉」ができやすいということは言えます。日々のブラッシングが重要になってくると思います。トイプードルは毛はあまり抜けないのですが、毛がカールしているためにとても絡みやすいのです。これを無理やり引っ張ってしまったり、ブチッとちぎってしまうと、皮膚も傷めることになるので気を付けてください。この記事にもあるように、我が家でもソフトタイプのスリッカーブラシを使用しています。ブラシの先が細いので、ブラッシングしやすのと、カールした毛の中にも入りやすい仕組みになっているので、便利です!
  • 投稿者

    女性 ぼん

    一度毛玉を作ってしまうと、丁寧にほどかないとスリッカーなどで無理にやると切れ毛になって被毛がチリチリになってしまいます。そうなると、一度ほどいた毛玉も時間がたてばすぐ毛玉が再生されて爆発的に増えて行ってしまう悪循環に。結局、地道に定期的なブラッシングをするしかありませんね。
  • 投稿者

    30代 女性 チョコミント

    トイプーって放っておくとあっという間に毛玉ができますよね!本当は毎日ケアしたいところなんですが、なかなか時間が取れなくて週末にやる感じになってしまっています。トイプーは毛が抜けなくて楽とはいいますが、トリミングとかブラッシングとかの手間は他の子にくらべてかかる気がします。
  • 投稿者

    40代 女性 てと

    画像もついていて分かりやすいブラッシング方法でした!うちはコームを使ったことがなかったのでコームを買ってみようと思います!毛玉があると見た目が汚い感じになるな~なんて思ってましたが本当に清潔じゃなくなって毛玉からばい菌が入るんですね(^_^;)しっかりやってあげなくちゃと思いました。ブラッシングは毎日やってます!コミュニケーションにもなるし個人的にはずっとしてても飽きないので(笑)
  • 投稿者

    男性 パル

    うちのトイプードルも毛玉ができやすくてブラッシングは欠かせません。ハーネスをつけて散歩をしているので、ハーネスがこすれる部分は特に毛玉になりやすいです。耳の付け根部分もよく毛玉になっています。スリッカーで直接毛玉をすくと切れ毛になってしまうので、手でほぐしてから優しく少しずつスリッカーをかけるようにしています。スリッカーで毛玉を取ったら、トリートメント成分の入ったスプレーで保湿もしています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。