寒い冬、お洒落のためだけではない犬の洋服が必要な時

寒い冬、お洒落のためだけではない犬の洋服が必要な時

犬に洋服を着せることはすっかり一般的になりましたが、可愛らしさやお洒落のためだけではない理由で犬に洋服が必要な場合があります。いくつかの例をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の洋服は飼い主の自己満足のためだけではありません

セーターを着たジャックラッセルテリア

犬に洋服を着せることはすっかり一般的になり、特に小型犬では一度も洋服を着たことがないという子は少数派かもしれません。けれど、中型犬や大型犬の飼い主さん、特に男性の飼い主さんでは「犬に洋服なんて」という方もいらっしゃいます。けれども犬種や犬のコートの状態によっては、冬の寒さをとても厳しく感じる犬もいます。

暖かい地方から寒い地方に引っ越ししたなどという場合にも、犬用の洋服で寒さの調節をしてあげることが体調の管理にもつながります。犬に洋服を着せることは、決して飼い主が「かわいい!」と満足するためだけのものではないということをご紹介します。

冬に洋服が必要な犬

セーターを着て飼い主に抱かれたトイプードル

「犬に洋服は必要ですか?」と聞かれると、その答えは「犬による」としか言えません。コートの長さ、体のサイズ、年齢、住んでいる地域などの条件で、答えは何通りもあるからです。

チャイニーズクレステッドドッグなどのようにコートのない犬種や超短毛種、小型犬種では洋服を着せる飼い主さんも多いかと思います。他にはどのような場合に、犬に防寒のための洋服が必要でしょうか。

高齢の犬

犬もシニアと言われる年齢になると、体温の調節機能が低下します。体が冷えると免疫力も低下するため、温かい洋服を着せることは病気を予防するという点でも実用的なメリットがあります。

若い頃から洋服を着慣れている犬なら問題ないのですが、そうでない場合は着脱のしやすいものに少しずつ慣らします。腹巻きのようなものだけでも効果があります。

関節炎の犬

寒い時期に体が冷えると、血管が収縮して体内の熱を逃がさないようにします。しかしこの状態が長く続くと、血の巡りが悪くなり筋肉の凝りが引き起こされて関節にも負担がかかります。寒い時期に関節の痛みが強くなる理由の1つです。

体を温かく保つことで血流もスムーズになり、関節炎の痛みの予防にもなります。関節炎を患っている犬に洋服を着せてあげるのは、大切なケアの一環です。

内臓に疾患のある犬

甲状腺機能低下症やクッシング症候群を患っている犬は脱毛が起きる他に、寒さに弱くなるという症状もあるので、洋服で調整してあげることが大切です。

また心臓に疾患のある犬は、体が冷えると身体中の血管が収縮して血圧が上がり、心臓に負担がかかってしまいます。腎臓が悪い犬は、体が冷えると腎臓への血流が低下して、腎臓の機能がさらに悪化することにもつながります。疾患を持っている犬にとって、洋服で体温を保つことは命を守ることだと言えます。

若くて健康な犬でも極端に体が冷えると免疫力が低下して、感染症などに罹りやすくなります。気温と犬の様子を観察して注意することが大切です。

犬のための洋服を選ぶときの注意点

雪の上に立つ赤いコートのレトリーバー

犬の洋服で大切なのは、人間と同様に体のサイズに合っていて着心地が良いことです。犬の前脚の付け根周り、首の周りに動きやすい余裕があることが大切です。洋服を購入する前に首回り、胸回り、腰回りをきちんと測定します。

洋服に慣れていない犬の場合セーターのように被って着る服は、最初は難易度が高いかもしれません。背中に乗せてマジックテープなどで留めるタイプが着せやすいですが、マジックテープをはがすときのバリバリ音に怯える犬もいますので、着脱は静かにするよう注意します。

素材は洗濯のしやすさを考えるとウールよりも、フリースやウールとアクリルのブレンドなどが扱いやすいでしょう。室内が暖かい場合には、暑くなり過ぎないよう洋服は脱がせておきます。特にパグやフレンチブルのような短頭種の犬では重要なことです。

まとめ

コートを着たローデシアンリッジバック

寒い冬、犬に洋服が着せることが必要な場合についてご紹介しました。住んでいる環境、犬のコンディションによっては、洋服は単なるファッションではなく命を守る役目もある大切なものです。洋服の目的を正しく知って、愛犬のコートやセーターを選ぶのを楽しんでくださいね。

《参考URL》
https://www.petmd.com/dog/seasonal/evr_dg_sweaters_for_dogs?page=show

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬にとっては服は体温調節が第一でしょう。見た目より質を選びましょう。寒さが一段と厳しくなるこの時期部屋でも着せたりする人も出てきます。外との気温差もあるので数着準備するのも良いかもしれません。シニア、子犬は体温調節が難しいので特に注意が必要です。愛犬にとって一番の服を選びましょう。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    洋服を着たワンコは可愛いって思いますが、おしゃれよりも寒くないかな?暑すぎないかな?って、ワンコ目線で考えることが一番重要なのかなって思います。
    日が射す場所、陽射しから逃げられる場所を作るのも重要だと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。