オキシトシンは犬を幸福にする?「幸せホルモン」と呼ばれる理由と効果

オキシトシンは犬を幸福にする?「幸せホルモン」と呼ばれる理由と効果

愛犬の幸せを感じていますか?犬と飼い主が見つめ合うと「幸せホルモン」=「オキシトシン」が分泌され、より人と犬が幸せを感じて良い絆づくりにつながるのだとか。人と犬の幸せは「見つめ合う」ことから始まると言っても過言ではありません。

はてな
Pocket
お気に入り登録

「オキシトシン」は犬と幸せで良い関係作りに貢献する

犬が幸せそうに飼い主にじゃれている様子

犬と人との幸せホルモン、または幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」

まずは近年注目されている、幸せホルモン「オキシトシン」についての基礎知識を。
もともとは女性の分娩や母乳分泌などに働きかけるホルモンとして知られてきましたが、男性でも分泌されることがわかっています。幸せホルモン「オキシトシン」はストレスを軽減し、幸福感を増し、良好な人間関係を築く上で重要な役割を果たすと言われています。

「オキシトシン」は犬と飼い主が見つめ合うことで分泌される幸せホルモン

犬と飼い主の絆における重要なカギ

人と人の「良い関係づくり」に関与するオキシトシン。これが犬と飼い主の間でも同様の作用をしているそうです。2015年4月、学術雑誌 SCIENCEに、麻布大学獣医学部伴侶動物学研究室による「人と犬の絆、オキシトシンとの関係性」に関する実験結果が掲載され、愛犬家の間でも大きな注目を浴びました。

家庭犬30頭と飼い主を対象にした実験で、30分間の交流の後、採尿。その結果、犬と人とがよく見つめ合っていたグループでは、犬も人も幸せホルモン「オキシトシン」の尿中濃度が上昇していることが認められたのだとか。このことから、犬と人とが見つめ合うことが、「絆」という目に見えないつながりを作り上げる重要なカギとなっていることが分ってきました。

人と犬を幸せにする「オキシトシン」の効果

ストレスに対してはコルチゾールというホルモンが分泌されますが、オキシトシンはこれとは真逆の働き方をするそうで、心を落ち着けて親密感や愛情など温かな感情を誘発することが分っています。

オキシトシンが果たす効果としては下記のようなものが挙げられるます。

  • 他者と関わりたい意欲を引き出す
  • 良好な対人関係が築かれている時に分泌される
  • 闘争心や恐怖心を和らげ、相手への信頼感を増す
  • ストレスを和らげる
  • 社交性を高める
  • 良質な睡眠を促す
  • 他者への思いやりを促す

これらは基本的に人対人における効果として知られている内容ですが、上記の研究結果を踏まえ、人と犬に置き換えるとこんなイメージが浮かび上がってきます。

飼い主

  • 愛犬に見つめられる
  •   ↓
  • 信頼されている♪幸せ♡
  •   ↓
  • 充足感、自信♪♪
  •   ↓
  • ますますの愛情♡
  •   ↓
  • 笑顔(^_^)♡♡
  •   ↓
  • さらに犬を見つめながら撫でる♪幸せ♡

  • 飼い主に笑顔で見つめられる、撫でられる
  •   ↓
  • 注目されている、愛されている♪幸せ♡
  •   ↓
  • 安心感♪♪
  •   ↓
  • 信頼♡
  •   ↓
  • 飼い主の心をさらに理解したい♡♡
  •   ↓
  • ますます見つめる♡幸せ♡

このように見つめ合うことによって、ますます人と犬の両者を幸せにする良いサイクルが生まれ、強い絆がきずかれていく・・・幸せホルモン「オキシトシン」とは誠に興味深いホルモンです。

犬のオキシトシンを増やす秘訣「アイコンタクト」

犬が幸せそうに見つめる姿

犬の作業成績が上がる!幸せホルモン「オキシトシン」

犬とオキシトシンに関する別の研究では、オキシトシンを与えられた犬のほうがより飼い主の指示による作業成績が高いことが分っており、これは犬が人のそばで暮らしてきた長い歴史の中で、オキシトシンへの感受性を高めるべく進化してきたからではないか、と言われています。

信頼関係のファースト・ステップは「見つめ合う」こと

犬のしつけは、犬がちゃんと飼い主の目を見られるようにするアイコンタクトから始まります。これまでは、どちらかといえば次に続く指示(おすわり、待て、など)を教えるために「注目させる」という意図に基づき、アイコンタクトの重要性が言われてきました。しかし、犬とオキシトシンについての研究結果を踏まえてみれば、形だけのしつけにこだわるより、互いに見つめ合うことで飼い主と愛犬との間に見えない心の糸をつなぐ重要なファースト・ステップととらえたほうが、アイコンタクトもより深く有機的な意味合いを持ってくるのではないでしょうか。

「犬と見つめ合うこと」社会に貢献する役割

犬からの幸せ効果・アニマルセラピーへの期待

犬と触れ合うことで分泌される幸せホルモン「オキシトシン」には鎮痛効果もあると言われており、アニマルセラピーとして、セラピードッグを積極的に受け入れる病院や施設も見られるようになりました。孤独な気持ちに陥りがちな癌治療中の人や、うつ病で引きこもりがちな人、または認知症の人々に対しても、定期的な交流によってメンタル面の充足度が上がり、身体機能の維持・向上にも効果があり、症状の軽減も期待されることが分っています。

犬のひたむきな目が引き出してくれる自信と幸せ

犬にじっと見つめられると、不思議と「動物に信頼されている」という自己肯定感、ひいては自信が生まれてきます。平常時においてさえそうした感覚を生み出す「犬との見つめ合い」。
病床にある人々にとっては、リハビリへの意欲向上や免疫力を高める精神状態など、より大きな作用を及ぼすことでしょう。今後、心や体の治療・リハビリの現場において、「犬との触れ合い」からさらに一歩進んだ「見つめ合い幸せ」効果を期待する、積極的な取り組みの増えていくことが望まれます。

オキシトシンの効果!犬がいて幸せを感じたとき

犬との幸せイメージ写真

皆さんから寄せられた、愛犬といて幸せを感じるときをご紹介します!


女性 30代
わが家の愛犬と旦那さんが仲良くラブラブしてるのをみて幸せだなぁ…と思います。男の人が苦手な、わが家のワンコと犬が嫌いだった旦那さんとが、お互い恐々しながら仲良くなって、今では私が恥ずかしくなるぐらいのラブラブっぷりですが(笑)。とても幸せだなぁ…と思います。
いつも全身で感情を表現してくれて、家族の事をとても大切に思ってくれている、愛犬の事を、とても愛しく思い毎日幸せに過ごしています。


女性 30代

抱っこされて幸せな愛犬

愛犬のココアを抱っこをして寛いででいる時が幸せを感じます。愛犬のココアは、元々甘えん坊で、私が部屋を歩く度に足元をウロウロしたり、手を良く舐めます。そして、一番ココアが好きなスキンシップは《抱っこ》です。抱っこをおねだりをして私の腕の中で寛いでいる姿をみると幸せです。こちらまで、ほっこりして癒されます。


女性 30代

愛犬きなこの幸せ顔

うちに愛犬きなこがいて、幸せだなと感じるときは…夫が出張で地方や海外にも行くのでひとりきりになる事が多いのですが、きなこがいてくれるとさみしさも紛れなんだか心強いです。^^
普段はベタベタしたくないみたいで距離を置かれてるけど、夜寝るときは、一緒のベッドでそっと私の足元で寝てくれるのが幸せな気持ちになれます♪ 夫婦喧嘩も、大きい声を出すときなこが怖がるので昔に比べたらあまりしないようになりました(笑)
転勤族で新しい土地に来ても、ご近所散歩で犬友達ができその土地に早く馴染めることも、きなこがいてくれたからこそ。そして、ボールやおもちゃで遊んだりおでかけしたり旅行に行ったり色々なものを見たり、一緒に楽しいことや嬉しいことを共有できるのがなによりの幸せ!


女性 20代
寒い夜に愛犬が布団の中に入ってくるときに幸せを感じます。主人と2人で寝ていると、愛犬が枕元におすわりしてくるので掛け布団をめくってあげると、私たち2人の間に入ってきて丸くなります。湯たんぽいらずの幸せな暖かさに包まれ、愛犬が愛しくてたまらなくなります。わんこと一緒の布団で寝ることは良くないという説もありますが、この幸せはどうしてもやめられません。


女性 30代
祖父が他界した際、昼間はなんとか気力で笑顔になれていたのですが、夜一人になると寂しくて泣いてしまう事が多かったです。そんなとき、犬がいつも慰めてくれて、本当に幸せだと感じました。涙をなめてくれて、大丈夫だよって言ってくれている気がして、愛犬と出会えて幸せだと感じました。

最期に

幸せホルモン「オキシトシン」は良好な恋愛関係においても機能するのだとか。犬と人との関係は、時に親子(どちらが親か子か?)、兄弟、そして恋人にも匹敵するほど、たぐいまれな幸せな絆の可能性を秘めていると言えそうです。ここで忘れたくないのが、私たち飼い主だけが、彼ら犬の存在によって幸せホルモン「オキシトシン」の恩恵に浴しているのではなく、彼らもまた私たちの関わり方しだいで同様の恩恵に浴せるか否かが大きく左右されるということ。

犬と人との幸せは、あくまで相互の関わりによって生まれるものだということです。

長い年月ともに暮らす中で、つい居ることが当たり前になってしまい、子犬のときのような積極的な関わりを忘れてしまいがちですが、シニアになって眠っている時間が増えてきたとしても、ただ静かに寄り添い見つめ合う時間も大切にしていきたいものですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 すず

    わんちゃんと見つめあったり触れあったりすると、オキシトシンというホルモンが分泌されるとありやっとあの幸せな気持ちの理由がわかりました!まさかホルモンが分泌されていたとは(笑)
    わんちゃんと居ると、とっても幸せな気持ちになりますよね。
  • 投稿者

    40代 女性 RIRIKA

    なんて素敵な記事なんでしょう!大好きです、こうした内容。私も我が家のワンチャンからたっぷり幸せもらっています。記事の中に、アニマルセラピーについても書かれてましたが、がん患者さんたちにも生きる喜びや力を与えてあがられるなんてすごいです??
  • 投稿者

    30代 女性 MAI

    記事を読んで初めて幸せホルモン「オキシトシン」という言葉を知りました。確かに愛犬と見つめ合う事で癒されて幸福感が増しますよね。
    私はボランティアで愛犬と共に高齢者施設に行くことがありますが、そこでお年寄りがワンコを撫ぜながら目を見つめて「いい子だね~。可愛いね~。」と笑顔で触れ合ってくれる姿を見て、愛犬が何か特別な事をするわけではないのですが、人を幸せにすることが出来るんだな~とつくづく思いました。

    これからも日々アイコンタクトをしながら、お互いに幸せを感じたいと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    本当にワンコは最高の信頼で心を癒してくれますよね。
    見ているだけでほんと幸せ!
    今はこの癒しなしでは暮らせなくなってます。
    どこのワンコも素敵でかわいい。
    世界中のワンコが幸せに生きていけますように。
  • 投稿者

    女性 colo

    わんこと触れ合うとすごく癒されますよね。どんなに落ち込んでいても愛犬の世話をしたり遊んだりすると、いつの間にか回復していたりします。
    幸せホルモンが出ているのは感じていましたが、「オキシトシン」という名称があるほどちゃんとした理由があったことに驚きました。

    アニマルセラピーは高齢者だけではなく、これからも色々な分野で活躍していけますね。
    精神的な病を持つ人や、引きこもりがちな人、日々不安を感じやすい人など、犬はその状態を読み心に語りかけてくれるので、沈んだ気持ちを浮上させてくれる効果が期待できます。
    外国にあるように、会社にペット同伴ができると仕事の能力もアップできるのではないかと思います。

    アイコンタクトをよく取れる犬は甘え方も上手だと思います。我が家の愛犬も甘えん坊ですが人の目をよく見ているので、人間と同じように愛犬も癒されてくれていれば嬉しいですね。
    ちなみに私は愛犬のいびきですら癒しです。
  • 投稿者

    女性 ココさん

    温かくて幸せな気分になりました。今、我が家の愛犬はヘルニア治療中で、思うように動けなくなりました。病気になる前は、「遊ぼうよ!」というキラキラした表情で見つめられていたのに、今は不安そうに見つめてくるので私まで悲しくなり、なんとか励ますことしか出来ませんでした。ですが、こちらの記事を読んで、私がまず笑顔で見つめて話しかけて、愛犬に“幸せホルモン”を出してもらわないと‼と、思いました。動けないストレスもあるので、“幸せホルモン”が、ストレスを軽減してくれるとは、知りませんでした。今は、早く治ってまた一緒にお散歩に行けるようにと私の“愛情ホルモン”いっぱいに願いを込めながら、見つめて撫でています。幸せホルモン『オキシトシン』の大切さを学べたので、今後も実行していきたいと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 さらえもん

    我が家の愛犬、トイプードルのサラは、見つめあって話しかけないと、私たちの伝えたいことを理解しないようです。外出時にトイレシートにトイレすることや就寝時にケージに入り、ケージ内のトイレスペースでトイレすることをその都度伝えますが、きちんと目を見て話さないと失敗してることが多いです。きちんと目を見て話せば、ちゃんとしてくれています。また外出時間が長く、帰宅時に話しかけずに放っておくと拗ねたりします。なので帰宅時は、なるべく目を見て話しかけ、撫でてあげると元気に尻尾を振ってくれます。今回の記事を読んで、目を見て話しかけること、話しかけなくても見つめあうことがとても大切だということが分かりました。
  • 投稿者

    男性 匿名

    犬と見つめ合うのは、犬に敵意を持たせてしまうと何かで読みました!
  • 投稿者

    10代 女性 てとめる

    オキシトシンというホルモンが出ていることは知らなかったですが、愛犬をぎゅっと抱きしめたりしている時に癒やされる気持ちは絶対に何かオーラとかになって放出されている!!と思っていました(*^^*)ホルモンだったんですね。わたしは愛犬と寝る時が一番癒やされます♪いつも愛犬はわたしの頭におしりをくっつけて寝ているのですが必ずへそ天をします。他の家族にはしない行為なので余計に愛らしくて幸せな気持ちになりますね!ぎゅっと抱きしめたり撫でたりするとイヤイヤしてたことも、ふっと気持ちが軽くなって幸せな気持ちになります。この気持ちが愛犬も同じであればとても嬉しいですね( *´﹀` *)これからもどんどんオキシトシンを出して愛犬と仲良くなるぞ~!!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。