チワワの値段の相場は?平均的な価格やタイプなど

チワワの値段の相場は?平均的な価格やタイプなど

お気に入りに追加

チワワの値段はいったいいくらなのでしょうか。近年はお家で一緒にわんちゃんと生活する飼い主さんが増えており、マンションなどでも一緒に生活しやすい小型のわんちゃんが人気です。そのなかでもチワワは毎年変わらず人気がありますよね。みんなに人気のチワワですが、値段の相場などは気になるところ、是非とも知っておきたいですよね。

107775view

チワワの平均的な値段


チワワが遊んでる様子の写真

日本でとても人気のあるチワワですが、ペットショップでもよく目にしますよね。そんなチワワの一般的な値段の相場は、20万円前後。ずば抜けて高価というわけでもなく、決して安価でもないスタンダードな値段となっています。

とある調査では最低価格が5万円前後となっていましたが、ちゃんとした血統を意識すると、やはり20万円前後の子を選んだほうが無難なようです。

しかし、チワワと一言で言っても毛色や毛の長さ(スムースコートとロングコート)などで値段は変わってきますし、当然個体差があるので値段も様々なのです。
では、どのような理由でチワワの値段が変動するのか詳しく解説していきたいとおもいます。

チワワの値段が変動する理由

チワワの月齢(年齢)による違い

わんちゃんは、3ヶ月〜6ヶ月程の仔犬が人気です。人気があるということは、当然それぐらいの月齢のわんちゃんは値段が高めになってしまいます。やはり仔犬時代の可愛らしさを見たいという方が圧倒的に多いのです。

逆にその月齢を逃してしまうと、なかなかお家に迎えてくれる飼い主さんが見つからなくなってしまうため、良い子でも値段が下がることがあります。
さらに大きくなればなるほど、飼い主さんが見つかりづらくなるという事もあって、段々とチワワの値段は下がっていきます。

チワワの親の血統による違い

犬の血統が良いというのは、父犬または母犬、あるいは両方が「チャンピオン犬」である場合を指すのが一般的。このような場合は値段が高めに設定されることが多いです。

「チワワのお手本」のようなスタンダードな姿を保っていたり、また性格が落ち着いているなどという点で、親がチャンピオンであるわんちゃんを望む飼い主さんも多いんですね。

チワワの毛色による違い

チワワの中でも毛色によって値段は変化していきます。

  • チョコタン
  • ブルータン
  • マール
  • ホワイトソリッド
  • ブラックソリッド

などが、どちらかと言われると高い値段がつけられることが多いかと思います。珍しい毛の色や、毛色の出方が綺麗なわんちゃんの値段は高くなる傾向があるんです。

しかし、仔犬と成犬では毛の生え変わりなどで色が変化したりなどすることが多いため、仔犬の頃の毛色は成犬になったらと変わるものと思っておきましょう。

チワワのスタンダードな容姿

どのわんちゃんも理想的な体型というものがあります。その体型にマッチしたわんちゃんは高価になっていく傾向にあります。

チワワだと、頭の形が丸いアップルヘッドか、鼻が短いか、手足が短いか、耳がまっすぐ立っているかなど。このような細かい要素がどれだけ反映されているかで値段は変わってきます。

チワワの性別による違い

性別によっても多少値段は変わってきます。女の子のチワワの方が男の子のチワワより値段は高くなります。

一般的にメスのチワワのほうが性格が落ち着いているとされているんです。さらに、可愛いわんちゃんの子供を取りたいという飼い主さんがいたり、またはブリーダーさんでも血を濃くしないためなどでスタンダードに近い女の子のわんちゃんが求められるためです。

チワワの毛の長さによる違い

チワワにはロングとスムースの毛の長さのわんちゃんがいます。(ロングは日本で人気のある毛の長いタイプのチワワ、スムースは毛が短くてつやつやしているのが特徴的)

現在は毛の長いロングのチワワが人気なこともあり、ロングの方が値段が高くなる傾向があるようですね。しかしスムースだからと言って値段が大幅に安くなるわけではありませんのでご注意を。

チワワのサイズによる違い

チワワの小さい姿が可愛いという飼い主さんも多く、成犬でも1.5キロ以下の極小チワワなどは値段が高くなるようです。

そのため、幼い頃に体が小さめのわんちゃんは成長しても小さいままである可能性があるので、値段が高くなる傾向にあるんですね。しかし、小さい体だから良いということは特にありません。わんちゃんの健康を第一に考えてサイズを選びましょう。

膝関節の強さによる違い

チワワは小柄なため、膝の関節が外れやすいと言われています。ですので、股関節の強さによっても値段が変動していきます。

関節などを心配される方はしっかりとしたブリーダーさんの所よりお家に迎えるのが良いでしょう。

しかし、幼い頃は関節も小さく、股関節の強さの判断がつかないことも多いので、お家に迎えてから床を滑りにくくするなどの工夫をしてあげることが一番かと思います。怪我を未然に防ぐ対策はしっかりと行いましょう。

胸元の毛吹きの良さによる違い

毛吹きとは、毛の質(量や密度、ふわふわ感など)のことを指します。
胸の辺りの毛吹きの良いチワワは見た目にもゴージャスになるので、値段が高くなる傾向にあります。

しかし、仔犬時代は毛吹きが良くなかったけど成犬になると毛吹きが徐々に良くなってくる、というパターンもあることを覚えておきましょう。

チワワが仔犬の頃の様子

チワワの現在の様子

チワワの値段はブリーダーとペットショップで異なる

ブリーダーでの値段

ブリーダーでの値段にはばらつきがあるかと思いますが、20万〜30万円代での値段が多いかと思います。

親がチャンピオン犬であったり、毛色が珍しかったりなどする場合は値段が上がることがあります。

また、体が弱いチワワの販売はしなかったりなど気をつけているブリーダもいたりなどするため、最初は多少値段が張ることもあるかと思いますが、親切に対応してくれるブリーダーと出会えると安心出来るかと思います。

ペットショップでの値段

基本的に、ペットショップからチワワを迎え入れると、値段は15万〜25万円ほどが相場かと思います。

しかし、月齢が大きくなってしまったなど様々な理由により10万円以下での販売もあるかと思います。

値段が高いから良いチワワ、値段が安いからあまり良くないチワワということはないため、特に気にすることはないかと思いますが、お店によっては体が弱いわんちゃんを安く販売して、特価のため病気が見つかっても保証はしないというようなこともあるので、気をつける必要があります。

まとめ

たとえ同じ犬種であっても、様々な特徴を持ったわんちゃんがいるかと思います。そのため、飼い主さんは悩むことも多いことでしょう。

最初はチワワ達それぞれの性格などについて分からないこともあるため、見た目で可愛い子についつい目がいってしまいがちです。

特に毛の色などは見て一番分かりやすいため、多くの飼い主さんが重視する所かと思います。

しかし、毛の色も成長と共に変わることもあるため、子犬を見て判断することは難しいかもしれません。

できれば見た目だけでなく、実際に抱っこした雰囲気など、触れ合ってみてからの相性で決めることが大切かと思います。

わんちゃん達も緊張していることが多いため、本来の姿ではないことも多いのですが、人懐っこいわんちゃんは最初に抱っこした時にある程度わかるかと思うので、出会いの感触などでお家に迎えてあげることが、その後のチワワとの生活のしやすさなどにつながると思います。

もちろんチワワの値段との相談もあるかと思いますが、どちらであれ相性などはありますので、きっちり吟味して選んであげましょう。

どの仔を迎えるか、一番は何よりも相性かと思うので、抱っこしたり触れさせてもらい、どの仔をお家に迎えるかを家族の皆さんで話し合って決めてみてはいかがでしょうか。

そして、縁があって新しく家族となったチワワと楽しい時間を過ごせると良いですね♪

▼チワワについて詳しく知りたい方はこちら
チワワの性格についてはこちら

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 めれんげ

    かなり昔にCMでチワワが出てから、一気にチワワブームが来ましたよね。
    そこから今でもチワワは人気犬種としてたくさんの方に好まれ飼われていますし、ペットショップやブリーダーなんかでもチワワを取り扱っている所は多いですよね!
    スムースコートよりもロングコートの方がよく見かけるので、ロングコートのほうが人気がある気がします。
    価格については、血統があり両親がチャンピオン歴があったり、成犬になった時の予想サイズが小さいほど高い傾向がありますよね。特に両親が小さければ、子犬の成犬予想サイズも小さいだろうと予想されるので高くなりがちです。
    チワワの理想とされる体系の子はさらに値段が高くなります。
    あとは月齢ですよね。だんだん月齢が経つほど価格が下がります。徐々に価格が下がっていき一歳になるチワワだと数万になる事もあります。
    ペットショップで私が見かけたチワワの最高額の子は130万円でした。女の子でしたが血統書つきで両親がチャンピオン犬との事でした。隣にも血統書つきのチワワがいたのですが20数万円でしたが、同じ子犬でどっちも可愛いのにこんなにも違うんだなぁなんて少し切ない気持ちに思ったものです。
    ブランドのように価格が高いから良い犬だ、価格が高いから〜なんて考えで選び飼うのは反対ですが、気に入った子なら価格が高くとも安くとも関係ないと思いますし、大事なのは生涯きちんと見れるか大切に出来るかだと思います。
  • 投稿者

    女性 アップル

    チワワを飼っている方は、なぜか複数飼いの方が多いような気がします。2匹3匹チワワを飼っている方が多いですよね。きっと複数で飼いやすい性質なのでしょうね。身体が小さいからお散歩へあまり行かなくてもいい、とおっしゃる方もいるし、あまり手のかからなそうな犬種ですね。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    他の方もコメントで書かれていますが、確かにチワワを飼われている方は複数飼いが多いです。毛色や柄の出方、被毛(ロングやスムース)など、種類が豊富なのでチワワ好きな飼い主さんのコレクション魂に火がつくらしいのです。どの子もオンリーワンで可愛くて仕方ないそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。