防寒用の服を着せた方がいい犬種6選

防寒用の服を着せた方がいい犬種6選

冬がくると愛犬が寒さで震えている姿を目にしたことはありませんか?犬に洋服を着せることに抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、寒さに弱い犬種は防寒用の服を着せてあげることで体温を保つことが出来ます。防寒用の服を着せた方がいい犬種をご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

防寒用の服を着せた方がいい犬の特徴

ニットを着用したイタリアングレーハウンド

シングルコート

犬の被毛の構造は「ダブルコート」と「シングルコート」の2種類があります。「ダブルコート」はアンダーコートとオーバーコートの2重構造の被毛から成り立っていて、「シングルコート」はオーバーコートのみの1層構造。アンダーコートには体温を保つ役割があるため、アンダーコートを持たない「シングルコート」の犬種は寒さに弱い犬種が多く存在します。

短毛種

被毛自体が短い短毛種も寒さに弱い犬種が多いです。被毛が短いため身体の熱を放散しやすく、体温を保持することが得意ではありません。

小型犬

身体の小さい小型犬も寒さに弱い犬種がとても多いです。小さければ小さいほど体温の維持は難しくなるので、5キロ未満の超小型犬は特に寒がりと言えるでしょう。

子犬や高齢犬

身体が未発達な子犬や体力が落ちてきている高齢犬も寒さに弱く、防寒が必要になることもあります。子犬は体温調節の機能が未熟で、高齢犬は老化により体温調節がうまくできないことがあります。

防寒用の服を着せた方がいい犬種6選

1.イタリアングレーハウンド

イタリアングレーハウンドの子犬

イタリアングレーハウンドは寒さに弱い犬種の代表格。イタリアングレーハウンドを飼うのであれば、気温が低い時期に防寒用の服を用意するのは必須かと思います。シングルコートの小型犬である上に、短毛種で体格もとても細見です。

イタリアングレーハウンドを飼われているご家庭では、気温が下がり始める秋ごろから洋服を着せることもあるようです。真冬の寒さが厳しい時期には、保温性の高い素材や風邪を通さない素材の洋服、また足元から全身スッポリと覆えるオールインワンタイプがお勧め。お散歩時はもちろんですが、室内でも寒がる様子が見られる時は洋服を着せてあげましょう。

2.チワワ

ボーダーの服を着るチワワ

チワワは平均体重が1.5~3キロの超小型犬。また原産国が比較的温暖なメキシコということもあり、チワワには暖かい地域の気候が合っているようです。暖かい地域原産のチワワは身体の熱を放熱することは得意ですが、熱を維持することは難しく、日本の冬の寒さに耐えられる犬種ではありません。チワワも特に寒さに弱い犬種なので防寒用の洋服はもちろん、様々な防寒対策が必要になっています。

3.マルチーズ

舌を出すマルチーズ

フワフワの長い被毛が生えているマルチーズも、実は寒さに弱く防寒用の洋服が必要な犬種。マルチーズのルーツには紀元前1500年頃から長い期間、イタリアの更に南東にある暖かい島に住み着いてたと言うルーツがあります。その島の気候に適応するため、シングルコートになったと言われています。寒さに弱いシングルコートで南国原産のマルチーズにも、本格的な冬がくるまえに防寒用の洋服を用意してあげましょう。

4.トイプードル

クッションで寝るトイプードル

マルチーズ同様、トイプードルもシングルコートの小型犬です。トイプードルもクルクルとした豊かな被毛を持っているので暖かそうに見えますが、シングルコートの被毛は毛の密度が低いため外気の影響を受けやすくなっています。小型犬なので体温維持はもちろん苦手。しっかりと防寒用の洋服で温めてあげましょう。

5.パグ

ベッドから見つめるパグ

愛嬌たっぷりのパグも寒さに弱い犬種のひとつ。短毛種、加えて小型犬なので寒さに弱い犬種の特徴が揃ってますね。その上、パグのような短頭種(鼻ペチャ)の犬種は、寒さに弱いですが、暑さにもとても弱いという特徴があります。冬場の防寒用の洋服はもちろんですが、夏になると暑さ対策も気を抜けません。お散歩に行く時間帯を考慮することや、室内の温度管理などが一年中必要な犬種になります。

6.フレンチブルドッグ

見上げるフレンチブルドッグ

ムチムチでコロコロとした体型のフレンチブルドッグも寒さに弱い犬種です。フレンチブルドッグは比較的寒さに強いと言われるダブルコートの被毛ですが、短毛種であること、また短頭種であることから非常に体温調節が苦手です。フレンチブルドッグ以外でも短頭種は上記のパグと同様、寒さにも暑さにも弱い犬種が多く存在します。

まとめ

洋服を着た5頭のチワワ

「犬は毛が生えているから寒くないはず!」と感じている方も実際に多いようですが、寒さに弱い犬種はとても多く存在します。今回、上記でご紹介した以外の犬種でも、寒さに強くない犬種は多いので、ご自宅の愛犬が防寒が必要な犬種なのか1度しっかりと調べてみてください。

また、寒さに強い犬種であったとしても、室内で飼われることにより、寒さに弱くなってしまうこともあります。個体差も大きいので、気温が低くなってきたら愛犬が寒がっていないか気にかけてあげましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    小型犬でシングルコートは全て寒さに弱いです。部屋でも屋外でも服は着させた方が良いかと思います。うちの犬も既に高齢であるので家内でも屋外でも冬に服は必須です。家内用と屋外用と分けています。気温によっても服を変えたりします。皆さんも気温や気候によって受けるダメージが違うので服を2~3種類用意してみてはどうでしょう
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちは、9歳のパピヨンですが、今の時期は暖かい時間帯に散歩してますが、寒い時は、服を着せてます、昨年辺りから、寒いと抱っこを求めてきたので、薄い服と、少し厚手を着せてます。今の犬は温室育ちなので、結構気にかけてます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。