犬を『お風呂好き』にさせる方法4つ

犬を『お風呂好き』にさせる方法4つ

『犬を“お風呂好き”にさせる方法』をまとめました。なぜ、犬はお風呂を嫌がるのでしょうか。その答えがわかると、お風呂好きにさせる方法を発見できます。一緒に考えてみましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

①「床を温めておく」

シャンプー中のポメラニアン

浴室の床って、素足で踏み入れてみると、ひんやりとして冷たいですよね。犬の手足の裏には肉球があります。とってもデリケートで敏感な肉球です。ひんやりとして冷たい浴室の床に、手足や肉球が触れることを嫌がることがあります。そのため、シャンプーをするどころか、浴室に足を踏み入れることさえも嫌がってしまうんです。

床が冷たいときには、温かいシャワーをかけ、床を温めてから犬を浴室へ連れて行くと良いと思います。夏場の暑い季節にも、なぜか浴室の床って、ひんやりとするんですよね。とくに、冬場の浴室の床は、氷のように冷たいことがあります。

②「床を乾かしておく」

シャワーを浴びるビーグル

手足の裏が濡れてしまうことを嫌がる犬にとって、濡れたままの浴室の床に足を踏み入れることは、とても嫌なことです。濡れているとわかるだけで、拒否してしまうことがあります。手足の裏が濡れてしまうことを嫌がるのであれば、タオルで拭いておくなどし、床をしっかり乾かしておくと良いです。

シャンプーをするわけですから、これから全身が濡れてしまうことは理解しています。しかし、手足がいきなり濡れてしまうことは、どうしても嫌なようです。

③「プロのシャンプーに慣れてから自宅シャンプーをする」

サロンでシャンプー中のヨーキー

犬をお風呂に入れることに慣れていますか?愛犬に快適なお風呂を提供してあげる自信はありますか?お風呂を嫌がるようになってしまう原因として、“飼い主さんのシャンプーの仕方が下手”なんてことがあります。顔にシャワーのお湯が勢いよくかかり、怖かったのかもしれません。

耳や鼻にお湯が入ってしまったのかもしれません。シャンプーが目に染みて痛かったのかもしれません。ゴシゴシと洗われて、不快だったのかもしれません。

飼い主さんが犬をお風呂に入れることに慣れていないとき、犬に適切なシャンプーをしてあげることができないとき、犬は不快に感じ、不安や恐怖に感じ、お風呂嫌いになってしまうんです。

犬をお風呂好きにさせるためには、お風呂やシャンプーをされることが“快適なことだ”、“気分の良いものだ”と感じてもらう必要があります。子犬の頃から、数回でも良いので、トリミングサロンや動物病院でプロにシャンプーをしてもらい、お風呂が良いものであるということを認識してもらうのが良いと思います。

そうすることで、その後、自宅でお風呂に入るときも、ちょっと不器用な飼い主さんのシャンプーでも、嫌がることなく受けてくれると思います。

④「犬のお風呂の入れ方を学ぶ」

浴槽の中に座る犬

シャンプーをする前に、必ずブラッシングをすることをおすすめします。抜け毛があるかもしれません。被毛が絡まっているかもしれません。そのままの状態でシャンプーをしてしまうと、抜け毛と被毛が絡まり、毛玉になるなどし、皮膚が引っ張られることで痛みを感じます。

犬に適切なお湯の温度を把握していますか?熱すぎてもいけませんが、冷たすぎてもいけません。また、犬によっても、快適なお湯の温度が違うかもしれません。愛犬が心地よいと感じるお湯の温度を理解していますか?

シャンプーは犬用のものを使っていますか?人間用のシャンプーは、香りが強く、犬の鼻や喉に刺激を与えてしまうことがあります。また、人間用のシャンプーは洗浄力が高く、皮膚が薄く皮脂の少ない犬の皮膚に使用すると、皮膚が乾燥し、痒みや赤み、痛みを引き起こす可能性が非常に高いです。必ず犬用とシャンプーを使用しましょう。

犬用のシャンプーにもいろんな種類があります。犬の皮膚も、季節によって変化します。年齢によって変化します。健康状態によっても変化します。シャンプーをする前に、今の愛犬の皮膚の状態を把握し、適切なシャンプーを選ぶと良いと思います。

このように、犬それぞれに適切なお風呂の入れ方があります。基本的な犬のお風呂に入れ方から学んでみましょう。そして、愛犬に合ったお風呂の入れ方を考えてみましょう。

まとめ

ピンクのタオルを巻いたポメラニアン

犬を“お風呂好き”にさせる方法について、

  • 床を温めておく
  • 床を乾かしておく
  • プロのシャンプーに慣れてから自宅シャンプーをする
  • 犬のお風呂の入れ方を学ぶ

の4つのテーマでお話しました。うちの愛犬の男の子も、浴室でおたけびをあげるほど、お風呂が大嫌いでした。ご紹介した4つのことを意識しながらシャンプーに挑戦し続けた結果、今では「シャンプーしよう!」と言うと、自分から脱衣所まで行ってくれるようになりました。

みなさんの愛犬にもお風呂が大好きになってもらえるといいなと思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    シャンプーの時話しかけながら行うとストレスを軽減させることが出来ると思います。シャンプーもスキンシップのひとつと思わせればいやがる可能性は少なくなると思います。ただし慣れされるには少しずつなのには変わりありません。そもそも犬には体を洗う習慣もありませんし濡れることを嫌います。なのでシャンプー嫌いは少しずつ、シャンプー時のストレス軽減法はスキンシップにすると良いと思います
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。