老犬介護の実情について

30072view

老犬介護の実情について

❗犬を飼いはじめた、または犬を飼い始めて日が浅い飼い主さんは「犬の介護」と聞くとあまりイメージ出来ないのではないでしょうか。今は若く元気いっぱいの愛犬もいつかは年老いて老犬になってしまいます。そして、老犬が介護を必要とする時は必ずやってきます。その時に飼い主はどうすればいいのでしょうか?私も愛犬の介護を経験したので、その経験も交えて老犬介護の実情について書いていみたいと思います。

老犬の介護方法

老犬を介護できる環境を整える

愛犬の老化が始まると小さな段差につまずいたり、体温調節が苦手になったり、床で滑ってしまったりと、今までできていた事ができなくなってしまいます。愛犬の体の調子や毎日の行動をよく観察して、必要であれば、

  • 段差にはステップやスロープを設置する。
  • 日光やエアコンの風が直接当たらない場所にケージを置く。
  • 滑りにくいようにコルクカーペットを敷く。
  • ぶつかりそうな角にはタオルを巻く。

など、少しずつ愛犬の生活場所の環境を変えていきましょう。また、外飼いの愛犬の場合、なるべく室内飼いにしてあげるのがいいと思います。しかし、ずっと外にいたのにいきなり室内へ入れると、それはそれでストレスを感じてしまうので、まずは玄関に入れてあげて少しずつ室内に慣れさせてあげるのがいいでしょう。可能な限り室内にいれてあげたいのですが、室内がどうしてもダメな犬もいます。・・・うちのラブのように。
初めて室内に入れてみたところ・・・全く寝ない!夜中ずっとごそごそして落ち着かず、何度も外へ連れ出し、私もヘロヘロ。結局ストレスになるならと元の犬小屋へと戻しました。犬小屋に段ボールや板を張り、なるべく冷気が入ってこないようにタオルや毛布で小屋を覆い過ごしていました。夏場だと虫が入って来ないようにネットで覆ったりするといいかもしれませんね。

老犬の介護の方法

老犬の食事の介護

老犬になると食欲がなくなり、まともに食べられない場合や、食欲はあるけど寝たきりで上手に食べられない場合があります。食べられない状態が続くと、みるみる痩せてしまい弱っていきます。ドライフードが食べにくいようならお湯でふやかしてあげる、愛犬の口の中まで食べ物を入れてあげるなどの工夫をしましょう。寝たきりの場合、しっかり体を起こしてあげることも大切です。固形物が食べられない、自分から口を開けなくなってしまった場合は、シリンジという注射器のような物を使って流動食や水を口の中に入れてあげてください。流動食はペットショップなどでも売っています。他にも私はヤギミルクや人間用のスポーツドリンクを薄めてあげていました。ご飯が大好きだった犬が食べなくなるのはものすごいショックで「何でもいいから食べてくれ!」という気持ちになります。無理矢理は良くないですが、色々与えてみて愛犬が食べれるものを見つけてあげてください。

床ずれが出来たとき

寝たきりになりずっと同じ体勢で寝ていると体重のかかる部分の血流が悪くなり皮膚の一部が壊死して床ずれができやすくなります。痩せて骨が出っ張りやすくなる頬、肩、腰、前足首、後足首にできやすいです。症状は皮膚が赤くなり、薄くなってかゆみや痛みを伴います。水ぶくれができ破れてジュクジュクした傷にもなります。床ずれになってしまった場合、悪化しないうちに病院に連れていきましょう。
・・・と書いた私ですが、実は病院に連れて行かずに床ずれを治しました。ラブもジュクジュクのひどい状態でした。調べると「湿潤療法」がいいとのこと。傷口を乾燥させずに湿らせた状態で治す方法です。水洗いした幹部にワセリンを塗り、その上にラップを巻きテープでとめる。それだけ。自分でもビックリするくらい早く治りました。あくまでこれは自己流ですので、ひどい場合は病院に行ってくださいね。

床ずれのあと
骨骨のラブの脚。床ずれの痕が痛々しいです

また、最近ではペット用の化粧水も販売されています。 床ずれの予防だけでなく、お風呂に頻繁には入れなくなってしまった老犬にとって、様々な皮膚トラブルを予防するために活用することができます。 中でもおすすめなのが、温泉成分から生まれた『AVANCE』というわんちゃん用の化粧水です。100%天然成分から作られていて、刺激物質に敏感な老犬の肌ケアに最適です。

化粧水なので治療という意味では使えませんが、不衛生になりがちな老犬の肌を日々お手入れし、事前に肌トラブルから守ってあげることが何より重要かと思います。

老犬のトイレの介護

痴呆になると所構わずしてしまったり、寝たきりになると便秘になってしまう事もあります。老犬になってあちこちにしてしまうのならオムツを使うのが良いです。オムツを嫌がるようならケージ一面をトイレにしてしまうのもいいと思います。トイレを失敗するようになったからといって叱ったりはしないでください。便秘になってしまった場合、食物繊維を多く与えたりお腹のマッサージをしてあげましょう。適度な運動も必要です。寝たきりでも立たせて少しでも歩かせてあげてください。それでも出ない場合は病気になってしまう可能性もあるので、一度病院に連れていきましょう。

老犬の介護用品の活用

今では様々な介護用品が売られています。ペットショップやホームセンターなどでみかけた事のある方も多いのではないでしょうか?床ずれ防止にはクッション性に優れたマットやベッド、ドーナツクッションもあります。歩行補助のハーネスは前足用や後足用など用途に合わせた物がありますし、徘徊してしまう子には当たっても痛くないソフトケージなんてのもあります。体温調節が苦手になるので洋服もあるといいですね。愛犬の様子に合わせて活用していきましょう。
購入しなくても身近なもので代用する事もできます。ソフトケージをお風呂の柔らかいマットをつなげて作ったり、ハーネスがなくてもタオルを使って体を持ち上げる事もできます。「これは使えるかな?」と家にあるものの活用法を考えるのも楽しいかもしれません。ラブの介護で役に立ったのは、子供用のおねしょシーツ。姪っ子のおさがりでしたが、おもらししてもベッドに染み込まないので重宝しました。

ハーネスを着用したラブ
ハーネスを着用したラブ。持ち手が付いているので飼い主は楽でした。手前の赤いのは湯たんぽ。いろいろな物を使ってあったかくしていました。

老犬の介護とは

誰が老犬を介護するの!?

私は三姉妹で三人とも結婚して家を出ている状況でした。両親は「寿命は寿命」という考えだったので病院に連れて行っていませんでした。寝かせたままだったので既に床ずれができていました。田舎なので番犬として外で飼われていたラブ。ハエも寄ってきていました。そんな最悪な状況の中“誰が介護するのか”という問題が浮上します。ラブの場合、たまたま私が仕事を辞め介護する事ができたましたが、一人暮らしの方や、共働きの方、飼い主さんが高齢で犬を持ち上げられないなど様々な事情も関係してくると思います。今では老犬ホームも増えてきたので、どうしても自宅で介護できない方は選択肢の一つとして考えてみてもいいかもしれません。

老犬の介護はもうイヤだ!そう思ったとき・・・

いざ介護が始まると大変な事の連続です。ラブの場合だと、寝たきりなので床ずれ防止の為に数時間おきに体の向きを変えてあげる。おしっこをさせる為に体を持ち上げ排泄させる。体を起こしてご飯を食べさせ水も飲ませる。体を拭いてあげる。などなど・・・。前足は動くので前足をバタバタさせてベッドから落ちて砂まみれになっていたり(外飼いなので)、ご飯を食べなくなったり、お漏らしをしたり、ウンチまみれだったり。ラブが何かを訴えようとしている事は分かるのに、それが何なのかを分かってあげられない自分にイライラする事もありました。ラブに対してイライラする事もありました。ほぼ一人で介護していたので「もー嫌だ!!しんどい!!」って何度も思ったし、「いつまで続くんだろう・・・」なんて思ったりもしました。今考えるとひどい飼い主です。介護のマニュアルには「飼い主さんが辛い顔をしていると犬も悲しいのでなるべく笑顔で肩の力を抜いて介護しましょう」なんて書いてありますが、本当にしんどかった(涙)

そんな時の私を支えてくれたのは、家族でした。両親はほぼノータッチでしたが、母がたまにおかゆを炊いてくれましたし、姉は手作りのご飯をたくさん作って来てくれました。ほぼ毎日点滴に通っていたので金銭面がきつかったのも事実。お金は姉妹で出し合ってカバーしていました。姉が手伝いに来てくれるとラブも本当に嬉しそうにしっぽを振っていました。そんなラブを見て私も嬉しくて気持ちも楽になりました。

ひなたぼっこするラブ
大好きな場所で妹分のモモとひなたぼっこ。穏やかな時間も心に余裕を与えてくれました。

愛犬の老いについて

犬の寿命はどのくらい?

犬の平均寿命は犬種や体格によって異なりますが12~15年といわれています。ちなみに1990年頃の調査では8・6年でした。すごく延びていますよね!外飼いでご飯は残飯という時代から、室内飼いが増え食事内容も良くなり、ワクチンも定期的に接種するなど環境が良くなったことが背景にあります。大型犬は7歳ごろから、中型犬は9歳ごろから、小型犬は10歳ごろから老化が始まるといわれています。老化のサインとしては・・・

  • 被毛のツヤが悪くなった
  • 目が濁っている
  • 口臭がするようになった
  • 呼んでも反応しない
  • 痩せてきた(太ってきた)
  • よく物にぶつかる
  • スムーズに立ち上がれない
  • 寝ている時間が増えた
  • 体をなでても反応しない
  • おもらしをするようになった
  • ご飯を残すようになった

上記以外でも普段と様子が違うと早めに気付けるように、普段から愛犬の様子を見ていることが大切です。

その時は突然やってくる

4年前に亡くなった愛犬のラブも真っ黒だった毛に白い毛が混じるようになり、あぜ道を歩いているときによろけて田んぼに足が落ちたり、走り回ることなく行動がゆっくりになったり。「あ~年とったなぁ」と感じてはいましたが、寝たきりになった時のことなど全く考えていませんでした。「ラブが立てなくなったよ」と姉からメールをもらい急いで会いにいくと、その時は手を貸してあげるとヨロヨロしながらも歩いて側に来てくれましたが、それから数日後には全く立てなくなりました。その時の衝撃は今でも忘れられません。どうしていいのか、これからどうなるのか頭が真っ白でした。そうならない為にも、愛犬が若いうちから老犬介護についての知識をつけて備えることが大切だと思います。

若い時のラブ
2歳の時のラブちゃん。真っ黒でムチムチ

老犬の介護まとめ

かわいい!と犬を飼うのは簡単ですが十数年先を考えて迎えている方はどのくらいいるのでしょう?「この子が老犬になった時、自分は何歳だろう」「寝たきりになった時に介護できるだろうか?」特に大型犬は覚悟が必要です。私は腰を痛めましたよ・・・。
介護は大変でした。終わりも見えないし、「あとどのくらい一緒にいれるんだろう」と暗い気持ちになり、しんどそうなラブを見て「もう頑張らなくてもいいよ」と声をかけたこともありました。ラブは15歳で虹の橋へ旅立ちましたが、大型犬としては大往生です。しかし亡くなった時には「もっとラブの為にできたことがあったはず!」という後悔ばかりでした。いまでも後悔してます。初めて介護される方はとまどう事も多いはずです。
介護で疲れたとき、悩みがあるときは周りの家族や病院の先生に相談してみてください。若い犬を飼っている方は、将来に向けて知識を身につけることも大事ですし、愛犬の健康にも普段から気をつけていきましょう。私も今飼っている愛犬と一日でも長く過ごせるようラブから学んだ事を活かしていきます。

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 20代 女性 すず

    私も4年前に15歳のわんちゃんを亡くしました。亡くなる半年前ほどからは介護が必要なほど動けなくなってしまい大変なことはたくさんありました。まず歩けないので移動や寝返りをうたせてあげたりなどしました。昼夜が逆転しだしたりするので夜中落ち着かないわんちゃんの側にいて眠るように撫で続けたりトイレも歩けないのでオムツになりました。もちろん細かい介護は大変でしたが、私の場合介護が大変というよりは変わり果てた愛犬を見るのが辛かったです。
  • 10代 女性 のんのん

    歳をとって、なかなか思うように動けなくなった愛犬の介護をしてこそ、飼い主さんの愛情が試されます。愛犬が楽に過ごせるような環境の整理がまず介護の第1歩ですね。最後の時がきても後悔を残さないように介護に努めてください。
  • 30代 女性 TIKI

    我が家のゴールデンレトリバーも13歳で、まだ病気もせず食欲も変わらずにあります。ただ、年々耳が遠くなったり、ジャンプ力が衰えたり、現実はどんどん老化が進んでいます。

    自力で歩いてくれるうちはいいですが、大型犬の場合は特に寝たきりになった時が大変だと思います。記事にあったように床ずれやおもらし等(大きい子は量もするので)いつか来る日に向けて心構えが必要だと思いました。参考にさせていただく点が多々ありました。
  • 40代 女性 いおり

    もう我が家のワンコもシニアなので他人事と思えませんので記事を読ませていただきました。 実際わんちゃんの介護をされていた体験も書かれていたので、とても参考になることばかりでした。 床ずれにワセリンを使用されていて目からウロコでした。ケアするときに実践したいと思います。
  • 30代 女性 ミニー

    愛犬のココアは、1歳になったばかりです。老犬には、まだまだ先と考えがちです。
    時々、頭をよぎる事がありまして、それは「もっと楽しい思い出を作ってあげれば良かった」と後悔だけはしたくないと思っています。

    そして、自己満足にならず、ココアに寄り添いながら色々な場所に行き、思い出を作り、いつかは来る介護も最後まで行いたいと思います。
  • 40代 女性 さっちー

    老犬介護の問題で悩んでいる方はとても多いですよね。
    私の周りでも、話を聞くとやはり大変なようで・・・わが家の愛犬も、そろそろ準備を始めるべきか丁度考えている所です。備えあれば憂いなし!記事を読みつつ早速介護の準備を始めてみたいと思います。
  • 40代 女性 はな

    2匹のミンピンのママです。2匹とも今年6歳になりました。年齢が半年しか離れていないので、最悪の場合、2匹をほぼ同時に失う可能性があります。また、2匹同時に介護が必要になるでしょう。子どもがいない私達夫婦にとって、大切な息子たちです。まだ時間はあると思いますが、今から老犬介護の知識を得て慌てずに対応したいです。
  • 女性 匿名

    春のママ
    息子が5歳の時に家にやって来たワンちゃんが今では17年間元気だったのですがこの頃は足腰も立てなくなり目も見えなくなり衰えて行く姿を見るのが辛い毎日です。介護経験が無いので経験の有る方からアドバイスがもらえたら参考にしたいです
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!