犬の態度が悪い時に考えられる理由5つ

犬の態度が悪い時に考えられる理由5つ

悪い事をしたから、声をかけたら…なんだかいつもより態度が悪い気がする…。そんなことを愛犬から感じたことはありませんか?犬の態度が悪い場合、様々な理由が考えられます。今回は犬の態度が悪い時に考えられる理由を5つご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の態度が悪いときに考えられる理由

飼い主に怒られて顔を掻く犬

愛犬が悪いことをしたとき、あるいは名前を呼んだとき、こちらに対して何だか態度が悪いなと思うことはありませんか?何も考え無しに態度が悪くなることはないので、犬なりに思うことや理由があるのでしょう。ここでは犬の態度が悪いときに考えられる理由をご紹介していきます。

1.飼い主のことを見下している

ベッドの上でにんまりと笑う犬

常に自分に嫌なこと(怒られる、指示される)を飼い主にされると、とても悪い態度を取ってくるという場合は、もしかすると飼い主のことを見下している可能性があります。

今まで叱っても途中で可哀想だと感じ、しつけが中途半端で終わってしまっていたり、あるいは愛犬がしてほしいと要求してきたことは何でも応じてしまったり、ということはありませんでしたか。
このような行動が続くと、犬は「この人は何でも言うことを聞いてくれる」「僕の方が上なんだ」と勘違いしてしまいます。その結果、飼い主から言われたことに聞く耳を持たなくなってしまっているのでしょう。

2.自分なりに思うことがある

飼い主に怒られて落ち込んでいる犬

いつもはちゃんと素直に聞いてくれるのに、今日だけは何だか態度が悪いように感じる、という場合は、その日、愛犬にとって嫌なことや理不尽なことが起こり、それによりもやもやとした気持ちを抱いてる可能性があります。

例えば、飼い主がその日不機嫌で、いつもなら怒られない行動に対して怒られた…などが挙げられます。いつもはいいのに、何で?と愛犬は理不尽さを感じるでしょう。

このようなことが続いてしまうと、その日だけでなく、信頼関係にも悪影響を及ぼします。気分によって愛犬への態度を変えるということはせず、常に冷静に接するようにしましょう。

3.飼い主に構ってもらえず拗ねている

ずっと飼い主に構ってアピールをしているのに、なかなか飼い主が構ってくれないことで拗ねてしまった場合も、犬はあまり良くない態度を取ることがあります。

中には声をかけると「待ってました!」というように大喜びで駆け寄ってきてくれる犬もいますが、あまりにも放っておかれてしまうと、「もういいや」と思ってしまう犬も多いです。このようなときは、一度「ごめんね」と優しく声をかけ、愛犬の機嫌が直り、自分から近付いてくるのを待つのが良いでしょう。

4.体調が悪い可能性

横になって獣医師に頭を撫でられる犬

態度が悪いように感じたら、実は体調を崩していたという話も珍しくありません。特に季節の変わり目は、元々体温調節が苦手な犬にとって、体調を崩しやすい時期でもあります。

ぐったりとした様子や、呼んでも反応が薄いなどの様子が「態度が悪い」と感じてしまう人もいます。しかし、まずはその日の愛犬の様子を思い返してみましょう。下痢や嘔吐、食欲不振などの症状はありませんでしたか?

このような症状に思い当たるのであれば、かかりつけの病院で診察してもらい、薬を処方してもらうなどの対応をしてもらいましょう。

5.飼い主がボディランゲージを勘違いしている

よくある飼い主の勘違いに、犬のボディランゲージがあります。代表的な勘違いされやすいボディランゲージに、あくびがあります。

犬を叱っていると、あくびをし始めたという状況はよく起こるのですが、人間の感性で見ると「ちゃんとわかってるの?」と思ってしまいますよね。しかし、犬にとってあくびはストレスや不安、恐怖を表す仕草なのです。

他にも目をそらす、体を掻くなど、一見「ちゃんと聞いてる?」と思うような行動も、実は不安や恐怖の表れである可能性があるので、飼い主も勘違いしないよう、ボディランゲージを理解しておきましょう。

まとめ

床を散らかしてお腹を見せて口を開ける犬

いかがでしたでしょうか。犬の態度が悪い理由として、本人の心理的要素も大きいですが、中には体調不良やボディランゲージの読み間違いもあります。愛犬が態度が悪いとき、どの理由に当てはまるか、適切な判断をし、対処しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。