小児病院で活躍するセラピードッグたちの新しいお仕事

小児病院で活躍するセラピードッグたちの新しいお仕事

イギリスのある病院にはとても素敵なセラピードッグのチームが働いています。思わず頬が緩むセラピードッグたちの仕事ぶりをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

イギリスの小児病院で活躍しているボランティアチームは「ドッグター」たち

男の子を訪問するセラピードッグ

病院でボランティアとして働くセラピードッグと言えば、入院中の患者さんを訪問して寄り添ったり撫でられたりして、精神的なサポートをすることがよく知られている仕事です。

しかしイギリスのサウサンプトン小児病院では、6匹のゴールデンレトリーバーたちがボランティアチームのメンバーとして従来の仕事以外の任務にも就いています。
犬たちの名前はマイロ、ハッティー、クイン、ジェシー、レオ、アーチー。
彼らはドクターならぬ「ドッグター」という愛称をもらって、入院中の子供たちのために働いています。

彼らは子供たちからハグされたり撫でてもらったりすることの他に、医療処置が見た目ほど怖くないよということをデモンストレーションするという役目を担っているのです。

医療デモンストレーションの始まりは7年前偶然に

ゴールデンレトリーバーと男の子

子供にとって入院生活はただでさえストレスが溜まるものですが、見慣れない機械でレントゲンやMRIなどの撮影をすることを怖れて嫌がってしまう子も少なくありません。
サウサンプトン小児病院のセラピードッグたちは、これらの医療処置の説明をするデモンストレーションビデオに出演して、子供たちに「怖くないよ、こんなことをするだけだよ」ということを説明します。

犬たちがこの役目を担うことになったきっかけは7年前に入院中の小さい男の子がちょっと変わったマスクを着用する必要があったことでした。
男の子は今まで使ったことのないマスクを着けるのを嫌がっていました。その時そばにいたセラピードッグの1匹が横に置かれていた予備のマスクに鼻を突っ込んでクンクン匂いを嗅ぎ、嬉しそうな笑顔を見せました。
それを見た男の子も笑顔になり「僕もやってみる」と無事にマスクを着用してくれたのだそうです。

でも犬がデモンストレーションってどうやって?

ゴールデンレトリーバーと女の子

犬が医療機器の使い方をデモンストレーションすると言ってもイメージが湧きにくいですよね。
病院では犬たちを主役にしてデモンストレーション用のビデオを制作しました。
そのうちの一本がこちらで、レントゲン、MRI、CTスキャンの説明になっています。

ゴールデンレトリーバーのレオが受付で手続きをして、レントゲンやMRIの機器についてナレーションが流れています。
「ここにこうやって寝転がっているだけでカメラが撮影してくれて、それでおしまい!」とレオが寝転がって実演してくれます。

セラピードッグが子供に及ぼす影響についての1年間の研究では、犬が存在することで様々な検査を待つ子供の不安が軽減されることが分かっているそうです。
子供たちにとっては「犬もあの機械に入ったんだから大丈夫なんだ」と感じるそうです。

まとめ

走るゴールデンレトリーバー

イギリスの病院で入院中の子供たちのために医療機器の使い方のデモンストレーションをして見せるセラピードッグたちのことをご紹介しました。
こんなに立派に仕事をする彼らですが、いったん専用のベストを脱いだ時には、ビーチや森に連れて行ってもらって思い切り楽しい時間を持つのだそうです。ホッとしますね。

《参考URL》
https://au.news.yahoo.com/dogs-showing-kids-how-to-go-through-medical-procedures-uk-southampton-childrens-hospital-052520665.html?soc_src=social-sh&soc_trk=tw
https://www.rover.com/blog/childrens-hospital-therapy-dogs/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。