ハイスクールの陸上部と保護犬たちのコラボレーション

ハイスクールの陸上部と保護犬たちのコラボレーション

アメリカのハイスクールの陸上部の生徒たちと保護施設の犬たちがいっしょに走るイベントが注目を集めています。メリットがいっぱいのこのコラボレーションをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ハイスクールの生徒とシェルターの犬のコラボイベント

ランナーと犬たち

アメリカ、カリフォルニア州にあるセントジョセフ高校の陸上クロスカントリーチームと地元の動物保護施設の犬たちが一緒に行ったイベントが話題になり、その後も静かに素敵な流れを作っています。

クロスカントリーチームの監督はある時、チームの生徒たちと地元の保護施設の犬がペアになって走るというイベントはどうだろう?と思いついたそうです。
監督の目的は、生徒たちが地域への貢献を経験すること、施設にいる犬たちに楽しみ、運動、社会化の機会を提供し、できれば新しい家族に迎えられるための手助けをすることでした。
地域への貢献はボランティア活動としてカウントされ、進学の推薦の際のプラスになるので、人にとっても犬にとっても、これは良いアイデアでした。

ラッキードッグのフレッド

ボランティアに抱かれた犬

シェルターランと名付けられたこのイベントは、犬とランナーがペアになって走る様子が録画され、高校のフェイスブックで公開されました。

ビデオの中で颯爽と走っていく犬とランナーの一番後ろでかなり遅れて、犬を抱っこして歩いてくる一人の男子生徒が映っていました。

このビデオの前半に記録されているのがその様子です。

抱っこされていた犬のフレッドは早々に走ることを止めてしまったのですが、ペアになった男子はフレッドを抱いてゴールしました。
この様子がSNS上でたくさんシェアされて、地元ニュースや全国ニュースで大きく取り上げられました。

フレッドを抱いてゴールしたこの男子は、数日後に親御さんといっしょにシェルターを訪れ、フレッドを家族に迎えました。

シェルターランが生んだ活動の広がり

犬とティーンエイジャーたち

こうしてシェルターランは全国的に大きな話題となりました。その結果全国の他の高校からセントジョセフ高校の監督のもとに問い合わせが来るようになったそうです。
他の高校のクラブ活動の監督たちも、このような活動を取り入れたいということでした。こうしてシェルターランは静かに広がりを見せ、今も人気のイベントとなっているそうです。

さらに、上のビデオの後半部分で触れられているのですが、生徒と犬たちがいっしょに走る映像を見たドッグハーネスのメーカー「ラフウェア」が「もっと安全で快適なハーネスを」と動物保護施設にハーネスを寄付したのだそうです。

セントジョセフ高校の監督は「テレビからは大人たちのガックリするような情けないニュースが連日流れて来る。そんな時だから生徒たちに小さなことでも優しくて誇れることにかかわってほしいと思ったんです」と述べています。

まとめ

ランナーといっしょに走る犬

アメリカの高校のクロスカントリーチームの生徒が保護施設の犬とペアになって走るイベントが、全国的に人気を博す流れになったことをご紹介しました。

保護施設の中で退屈な毎日を送っている犬にとっても、このようなイベントは良い意味での刺激になりストレスの軽減につながります。
また若い世代や地域の人々が保護施設にいる犬に注目する機会を増やすという面でも大きな意味があります。
柔軟なアイデアで人にも犬にもプラスになる、こんな活動の仕方もあるのだなと考えさせられますね。

《参考URL》
https://www.rover.com/blog/running-coach-launches-shelter-dog-run-trend-saves-lives-vr/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。